Innergie C6 Duoレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

Innergie C6 Duo 63Wレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

今回ご紹介するのは、「Innergie C6 Duo」という2つのUSB-Cポートを搭載する充電器です。急速充電規格「USB PD」に対応し、合計最大63WとノートPCも充電できるパワフルな充電器。

Innergie C6 Duoレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

Innergie C6 Duoは、複数デバイスを同時に急速充電したい方、ノートPCを充電したい方におすすめです。

Innergie(イナジー)は、本社を台湾に置く電源メーカー「デルタ電子」が展開するブランドです。太陽光のパワコンで有名らしいのですが、個人的には「パソコンのAC電源アダプタでよく見るメーカー」というイメージがあります。設立50年以上の歴史をもつ実績のある老舗メーカーとのこと。

電源関連の製品は、特にメーカー・ブランドの信頼性が重要です。万が一のことがあっては大変です。その点、有名なメーカーが展開するInnergieは安心です。

それではレビューに入っていきましょう!

【PR】本記事は提供品を用いて作成しています。
PR記事について – 読者様とのお約束

\ Innergie C6 Duoを使ってみた感想 /

良かった点
気になった点
  • 最大60WとノートPCを充電できるほどの充電性能
  • PPS対応で対応デバイスを効率的に充電できる
  • 折りたたみ式プラグと、持ち運びに困らないレベルのコンパクトさ
  • スマートに電力を振り分けてくれるため、どちらのポートに挿すかを考えなくていい
  • 60Wクラスの充電器では140 gと重め
目次

Innergie C6 Duoの仕様・外観

まずは、Innergie C6 Duoの仕様・外観を見ていきます。

Innergie C6 Duoの外箱

Innergie C6 Duoの仕様

Innergie C6 Duo(Amazon)
出典:amazon.co.jp

Innergie C6 Duoの仕様は以下のとおりです。

製品名Innergie C6 Duo
入力AC 100-240V / 1.6A 50-60 Hz
搭載ポートUSB-C × 2
USB-C出力5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3A
PPS出力5V-11V/3A
単ポート使用時最大60W
2ポート同時使用時最大45W + 18W
最大30W + 最大30W
合計最大63W
サイズ56 × 47 × 30 mm
重量140 g
メーカー保証2年
価格5,990円(税込)
Innergie C6 Duoの仕様

搭載するUSB-Cポートは、最大60WのPD充電に対応とパワフル。ノートPCといった、PD充電に対応する大型デバイスへの充電が可能です。

USB PD 3.0の「PPS」による充電にも対応し、Androidスマホの一部といったPPS充電対応デバイスは恩恵を受けられます。

USB PD 3.0 PPSとは?

PPS(Programmable Power Supply)とは、流動的に電圧・電流を細かく調節し、効率よく充電してくれる機能のことです。

2ポート同時使用時は、接続されたデバイスに応じて最大45W + 18W、最大30W + 最大30Wと電力を振り分けてくれます。

Innergie C6 Duoレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

複数ポート同時使用とき、ポートごとに決められたワット数でしか充電できない充電器がほとんど。この点はInnergie C6 Duoの大きな強みです!

外観・パッケージ内容

外箱には製品の特徴や仕様が書かれていました。しっかりめにパッケージされています。

Innergie C6 Duoの外箱2

パッケージされていたのはInnergie C6 Duo本体と取扱説明書のみ。

Innergie C6 Duoのパッケージ内容
Innergie C6 Duoのパッケージ内容
  • Innergie C6 Duo
  • 取扱説明書

UBS-Cケーブルは付属されていないので、必要な場合は別途用意する必要があります。

Innergie C6 Duoの外観

無駄のないシンプルなデザイン。サイドにある「Innergie」ロゴは目立たず、さりげなく配置されています。

Innergie C6 Duoの折りたたみ式プラグ

折りたたみ式プラグが採用されており、持ち運び時には折りたたんでおけます。

Innergie C6 DuoのPSEマーク

「PSE」マークもしっかりあります。

Innergie C6 Duoの重量

重量をスケールで量ってみると、約138 gでした(公称は140 g)。

Innergie C6 Duoのサイズ感

サイズは56 × 47 × 30 mmとなっており、60Wクラスの充電器で特別コンパクト、というわけではないものの、持ち運びには困らないレベルです。スリムなフォルムなので、上のようにコンセント差し込み口が連なる電源タップでの使用も問題ないでしょう。

Innergie C6 Duo レビュー

それではレビューに入っていきます。

ノートPCを充電できるほどの充電性能

Innergie C6 Duoは、最大60Wに対応するUSB-Cポートを備えます。

M2 MacBook Airを充電
最大60WでノートPCも充電できる

15インチ、16インチクラスのノートPCとなるともうちょっとワット数の高い充電器を用意しなければいけませんが、13インチ・14インチクラスのノートPCを充電するななら60Wで必要十分。

M2 MacBook Airを充電
M2 MacBook Airを充電

M2 MacBook Airを充電してみると、20V/3A(60W)でネゴシエーションされ、58W前後で充電されていました。

Innergie C6 Duoレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

M2 MacBook Airでは、60Wの充電器を使用すれば、30分ほどで50%充電できる高速充電が行えます。

Xperia 1 IIIをPPS充電
Xperia 1 IIIを問題なくPPS充電できるかを確認

また、問題なくPPS充電できるかを確認するために、Innergie C6 DuoでXperia 1 IIIを充電してみました。

Xperia 1 IIIをPPS充電
Xperia 1 IIIを充電

リアルタイムに電圧が細かく動き、問題なくPPS充電できていました。24W前後と非常に高速に充電できています。

同時充電時はスマートに電力振り分け

複数ポートを搭載する充電器は、同時充電時においては「このポートは最大●W」「こっちのポートは最大▲W」とポートごとに最大ワット数が決められているものがほとんど。

その点Innergie C6 Duoは、どちらのポートにどのデバイスを接続しても、最大45W + 最大18W、最大30W + 最大30Wと自動的に最適な電力を振り分けてくれます。

Innergie C6 Duoレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

どっちのポートにどのデバイスを接続しなくちゃいけない、ということを考えずに済むのでラクです。

M2 MacBook AirとiPhone 12 Pro Maxを充電

M2 MacBook AirとiPhone 12 Pro Maxを同時に充電してみると、より電力が必要なM2 MacBook Air側に45W(20V/2.25A)が振り分けられていました。

M2 MacBook Airを異なるほうのUSB-Cポートに差し替えてみても、挙動は同じ。つまり、より電力が必要になるほうを充電器が判断してくれているようです。これは賢い!

Innergie C6 Duoの注意点
使用しないポートはケーブルを抜いておこう

なお、未使用のUSB-Cポートはケーブルを挿しっぱなしにせず抜いておくようにしましょう。たとえデバイスが接続されていない状態でも、ケーブルが挿さっていれば電力が分配されてしまうようです。

コンパクトなサイズ、でも普通

Innergie C6 Duoのサイズは、56 × 47 × 30 mmとコンパクト。折りたたみ式プラグ採用ということもあって、持ち運びに困ることはないサイズ感です。

Innergie C6 Duoをバッグに収納
持ち運びに困ることはないサイズ感

ただ、「とにかくコンパクトさを重視したい」という方には向いていない印象です。

Innergie C6 Duoのサイズ比較
60Wクラスの充電器のサイズ比較

手元にある60Wクラスの充電器を並べてみました。どれもコンパクトな充電なのですが、こうやって並べてみるとInnergie C6 Duoは「普通」ですね。むしろ他の充電器よりも大きめ。

タイトルAnker PowerPort III 3-Port 65W Pod
Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod
Anker Nano II 65W
Anker Nano II 65W
UGREEN 65W
UGREEN 65W
Anker PowerPort III 65W Pod
Anker PowerPort III 65W Pod
Innergie C6 Duo
Innergie C6 Duo
ワット数最大65W最大65W最大65W最大65W最大63W
サイズ約68 × 45 × 33 mm約44 × 42 × 36 mm約66 × 40 × 31 mm約66 × 38 × 29 mm56 × 47 × 30 mm
重量約121 g約112g約130 g約130 g140 g
タイトルAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon
Apple 30W USB-C電源アダプタとのサイズ比較
Apple 30W USB-C電源アダプタとのサイズ比較

MacBook Airに付属される「Apple 30W USB-C電源アダプタ」と並べてみました。だいたい同じくらいのサイズ感です。Innergie C6 Duoは特別コンパクトではないものの、決して大きくはありません。

重量も140 gと、他社の60Wクラスの充電器と比べると重めです。とはいえ、大きな差はないのですが、コンパクトさと軽量さにこだわりたい方が選ぶ充電器ではないな、と感じました。

Innergie C6 Duoレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

特別コンパクトではないけれど、持ち運びに困るレベルではありません。

Innergie C6 Duoレビューまとめ

Innergie C6 Duoを使っていて、良かった点と気になった点をまとめました。

\ Innergie C6 Duoを使ってみた感想 /

良かった点
気になった点
  • 最大60WとノートPCを充電できるほどの充電性能
  • PPS対応で対応デバイスを効率的に充電できる
  • 折りたたみ式プラグと、持ち運びに困らないレベルのコンパクトさ
  • スマートに電力を振り分けてくれるため、どちらのポートに挿すかを考えなくていい
  • 60Wクラスの充電器では140 gと重め

充電性能の高さだけで言えば、他メーカーの充電器も含め優秀な充電器はたくさんあります。しかし、スマートな電力振り分けに対応するものは少なく、ここがInnergie C6 Duoの大きな強みと言えそうです。

Innergie C6 Duoレビュー│最適な電力を振り分けてくれるPD/PPS充電器

何も考えず空いているUSB-Cポートに挿せばいいのでラク!

そして、安心して選べるメーカー、ブランドということもポイントです。60Wクラスの充電器をお探しの方は、ぜひチェックしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次