Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

今回はAnker(アンカー)の新製品「Eufy Security SmartTrack Link」をご紹介します。

Eufy Security SmartTrack Linkでできること
  • 持ち物を探す
    • Apple「探す」アプリ、Eufy Securityアプリに対応
    • 音を鳴らす、あるいはアプリからマップ上で位置を確認する
  • スマホを鳴らす
  • 置き忘れ、忘れ物防止の通知
Ankerの紛失防止・忘れ物防止タグ
Ankerの紛失防止・忘れ物防止タグ

カギや財布、バッグなど大事なものに取り付けておける、いわゆる「紛失防止タグ」「忘れ物防止タグ」と呼ばれる便利アイテム。音を鳴らして居場所を探せる機能も搭載されているので、「よく自宅内でものを紛失してしまう」という方にも便利なアイテムです。

私は普段からAppleの紛失防止タグ「AirTag(エアタグ)」を愛用しており、カギやバッグ、カメラバッグ、バイク、車などあらゆるものに取り付けています。

Appleの紛失防止タグ「AirTag」
Appleの紛失防止タグ「AirTag」

Appleの「探す」アプを開けばどこに何があるということがひと目で分かるので安心。非常に気に入っています。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

SmartTrack LinkとAirTag、何が違うの?

SmartTrack Linkの機能をご紹介しながら、「AirTagと比べて何が違うのか」ところについても書いています。気になっている方はぜひ参考にしていただければと思います。

目次

Eufy Security SmartTrack LinkとAirTagの違いを比較

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか
SmartTrack LinkとAirTagの違いは?

おそらく多くの方が気になるのは「AirTagと何が違う?できることの違いは?」というところでしょう。

SmartTrack LinkとAirTagの違いは?

SmartTrack LinkとAirTagそれぞれの違いをまとめました。

製品名Eufy Security SmartTrack Link
Eufy Security SmartTrack Link
Apple AirTag
Apple AirTag
対応OSiOS/iPadOS/watchOS/AndroidiOS/iPadOS/watchOS/macOS
Apple「探す」アプリ
Apple「探す」ネットワーク
持ち物を探す
正確な位置を見つける
スマホを鳴らして探す
スピーカー
NFC
電池寿命最大1年
電池は交換可能(CR2032)
1年以上
電池は交換可能(CR2032)
耐水性能IPX4等級
(生活防水)
IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
サイズ約 37 x 37 x 6.5 mm直径:31.9 mm
厚さ: 8.00 mm
重量約10 g11 g
価格(税込)2,990円4,780円
製品ページAmazonAmazon
Apple

両者の違いをまとめると、

  • SmartTrack Linkは、iPhoneやiPadだけでなくAndroidスマホにも対応する
  • SmartTrack Linkは「正確な位置を見つける」機能に未対応
  • SmartTrack Linkはスマホを鳴らして探せる(AirTagは未対応)
  • SmartTrack LinkにはNFCが内蔵されていない
    • AirTagのNFCは、タグを識別したり拾った人が持ち主の情報を確認するのに使用する
    • SmartTrack Linkの背面には、拾った人が読み込めるQRコードが表示されている
  • SmartTrack Linkのほうが価格が安い

このようになりますね。

なお、「正確な位置を見つける」機能とは、探し物までの距離と方向をiPhoneで表示してくれる機能です(iPhone 11以降)。SmartTrack Linkはこの機能には対応しません。

AirTagの「正確な場所を見つける」機能
AirTagが対応する「正確な位置を見つける」機能

SmartTrack LinkはAppleの「探す」アプリに対応

SmartTrack Linkは、AirTag同様にAppleの「探す」アプリ・「探す」ネットワークに対応しています。これが大きなポイントです。

Apple「探す」アプリ
Apple「探す」アプリ

iPhoneをはじめApple製品を利用されている方にとって、「探す」アプリはお馴染みですね。Appleデバイスや持ち物(AirTagなどの紛失防止タグ)、家族の位置情報などをマップ上で確認したり紛失モードにしたりといった操作を行えるアプリです。

SmartTrack Linkは「探す」アプリに対応しているので、AirTagと同じように位置情報の確認・操作を行えます。

強力なAppleの「探す」ネットワークにも対応

さらにAppleの「探す」ネットワークにも対応します。

AirTag(Apple公式サイト)
出典:apple.com/jp

日本中、世界中のAppleデバイス(iPhone/iPad/Apple Watch/Mac)によって張り巡らされた「探す」ネットワークが、SmartTrack Linkの居場所を探し出してくれます。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

大事なものにSmartTrack Linkを取り付けておけば、紛失物が移動してしまっても「探す」ネットワークにひっかかれば居場所が分かります。

「探す」ネットワークによる位置情報の更新は、暗号化・匿名化された状態で行われます。だれのAppleデバイスを通じて位置情報が更新されたかは、Appleを含め誰も一切分からない仕組みとなっています。

Eufy SecurityアプリとApple「探す」アプリの違い

Eufy Security SmartTrack Linkの居場所の確認・操作は、Ankerが提供する「Eufy Security」アプリでも行えます。

Eufy SecurityアプリはAndroidデバイスにも対応
Eufy SecurityアプリはAndroidデバイスにも対応

Eufy Securityアプリは、iPhoneだけでなくAndroidスマホにも対応。Apple「探す」アプリでできることの違いはありますが、できることはほぼ同じです。

アプリEufy Securityアプリ
Eufy Securityアプリ
Apple「探す」アプリ
Apple「探す」アプリ
持ち物を探す
Bluetooth接続圏外で探す
(Apple「探す」ネットーワーク)
スマホを鳴らす
置き忘れ通知
(Androidのみ)
紛失モード
持ち主の情報の設定
デバイス共有
(複数アカウントでの情報共有)

(最大6つのアカウント)
対応OSiOS/iPadOS/watchOS/AndroidiOS/iPadOS/watchOS/macOS

Eufy Securityアプリをダウンロード

Appleの「探す」ネットワークを利用できるかどうかが大きな違いですね。

ただEufy Securityアプリにできて「探す」アプリでできないこともあります。AndroidスマホユーザーはEufy Securityアプリを使うことになりますが、iPhoneユーザーでもふたつのアプリを併用するのもありでしょう。

Eufy Security SmartTrack Linkを使ってみた【レビュー】

SmartTrack Linkを使ってみた感想をレビューとしてご紹介したいと思います。

SmartTrack Linkの外観・サイズ・重量

まずは、外観・サイズ・重量から。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか
SmartTrack Linkのサイズ感

SmartTrack Linkのサイズは約 37 x 37 x 6.5 mmと小さく、持ち運びに困ることはまずないサイズ感。AirTagよりも少し大きく見えますが、この次元になるとサイズ感的な差はほぼありません。

SmartTrack Linkの重量
スケールで量ると約9gだった(公称は約10g)

公称では電池込みで約10gです。実際に量ってみるとほぼ公称値どおりの重量でした。

絶縁シートを引き抜く
電池(CR2032)はもともとセットされている

SmartTrack Linkの内部にはコイン型電池(CR2032)がもともとセットされています。電池持ちは最大1年。バッテリー残量の目安はアプリから確認できます。

コイン型電池の交換
コイン型電池は交換できる

このようにパカッと開いて電池を交換できます。CR2032はコンビニにも置いている定番のコイン型電池。入手に困ることはありません

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか
ただフタを開けづらい……(傷は私が付けたものです)

ただ、このフタが開けづらいです。指だけではどうにもならず、結局カッターの先端を押し込んでフタを浮かせ取り外しました。雑にやっちゃうと上のように傷を付けてしまうのでご注意ください。

カッターで無理矢理こじ開けようとすると傷を付けてしまいます。カッターの先端で開けようとせず、押し込むだけでフタを浮かせ、浮いたところを指で引っ掛ければばうまく開けられるかと思います。

SmartTrack Linkのストラップホール
SmartTrack Linkのストラップホール

SmartTrack Linkにはストラップホールがあり、紐状のストラップや細めの物ならカラビナを取り付けることも可能です。

AppleのAirTagにはストラップホールがなく、何かに固定するためにはケースを用意する必要があります。その点、SmartTrack Linkはストラップホール付きなので便利です。

Apple「探す」アプリに追加する

SmartTrack LinkをAppleの「探す」アプリに追加します。手順は以下のとおり。

【操作手順】Apple「探す」アプリに追加する
  1. iPhoneもしくはiPadの「探す」アプリを開く
  2. 「持ち物を探す」タブを選択した状態で、右上の「+」ボタンをタップ
  3. 「その他の持ち物を追加」をタップ
  4. 「持ち物を探索中…」と表示されたら、SmartTrack Linkを音が鳴るまで2秒間長押し
  5. 「接続」をタップし、持ち物の名称を設定
SmartTrack Linkを探すアプリに追加する

今回私はPCバッグに取り付けたかったので、名称を「PCバッグ」に設定、追加しました。

Apple「探す」アプリに追加できた
SmartTrack Linkを追加できた

「PCバッグ」と書かれたものがSmartTrack Linkになります。その他に表示されている持ち物はAirTagを取り付けているもの。

SmartTrack Linkの音を鳴らして探す
使い勝手はAirTagと同じ

音を鳴らして探したり、持ち物までの経路を表示したりと、「正確な位置を見つける」機能が使えない点を除いては、使い勝手はAirTagと同じです。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

ちなみに、SmartTrack Linkから発せられる音はAirTagよりも聞き取りやすいです。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか
離れたときに通知してくれる忘れ物防止機能も問題なく使えた

忘れ物防止・置き忘れ防止の機能も問題なく使えました。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

「手元から離れたときに通知」をオンにしておくと、このように通知してくれます。SmartTrack Linkをカギなど携帯しておきたいものに取り付けておけば、忘れ物防止・置き忘れ防止に役立ってくれます。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

ご紹介したように、「探す」アプリにおける使い勝手はAirTagとほぼ同じです。「サウンドを鳴らす」や「手元から離れたときに通知」、「紛失モード」といった主要な機能はどれも問題なく使えています。

Eufy Securityアプリの使い勝手は?

続いては、「Eufy Security」アプリでの使い勝手を確認してみます。上でもご紹介しましたが、Apple「探す」アプリとの違いは以下のとおりです。

アプリEufy Securityアプリ
Eufy Securityアプリ
Apple「探す」アプリ
Apple「探す」アプリ
持ち物を探す
Bluetooth接続圏外で探す
(Apple「探す」ネットーワーク)
スマホを鳴らす
置き忘れ通知
(Androidのみ)
紛失モード
持ち主の情報の設定
デバイス共有
(複数アカウントでの情報共有)

(最大6つのアカウント)
対応OSiOS/iPadOS/watchOS/AndroidiOS/iPadOS/watchOS/macOS

「探す」アプリを使えるiPhoneユーザーであっても、「スマホを鳴らす」機能や「デバイス共有」機能を使うにはEufy Securityアプリが必要です。また、紛失モード時に見つけてくれた人に表示する連絡先・メッセージもEufy Securityアプリを使用する必要があります。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか
Eufy Securityアプリ

UIはなんとなく「探す」アプリに似ていますね。「探す」アプリと同じように、持ち物の居場所をマップ上に表示してくれます。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか
「スマホを鳴らす」機能

「スマホを鳴らす」機能はぜひオンにしておきましょう。SmartTrack Linkを2度押しすると、スマホのEufy Securityアプリ経由で音が鳴ります。

Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

「スマホを鳴らす」はAirTagにはない機能です。

また、「紛失モード」をオンにしたとき、拾ってくれた人に確認して欲しい持ち主の情報・メッセージを設定しておけます。

紛失モード時の情報を入力
拾った人に確認して欲しい持ち主の情報を入力(紛失モードオン時のみ)

SmartTrack Linkの紛失モードをオンにした状態で、背面のQRコードを読み込むと、下のように設定した情報が表示されます。

Eufy Security SmartTrack Linkを見つけたときは

SmartTrack Linkの背面には、QRコードとともに「SCAN ME IF FOUND」と書かれています。

Eufy Security SmartTrack Linkの「「SCAN ME IF FOUND」
Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか

設定しておけば優しい拾い主がきっと連絡してくれるはずです。

Eufy Securityアプリの使い勝手についてですが、普通にいいです。UIは見やすいですし、とくに動作が不安定なこともなし。誰もが使いこなせるかと思います。

Eufy Security SmartTrack Linkレビューまとめ

本記事では、Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」をご紹介させていただきました。実際に使ってみると、「AirTagとほぼ同じ感覚使える」ことが分かりました。

AirTagのみが対応する「正確な位置を見つける」機能は、実際のところほとんど使う機会がありません。音を鳴らせばかんたんに見つかるからです。そう考えると、AirTagよりも価格の安いSmartTrack Linkでこと足ります。

最後にまとめとして、メリットとデメリットについてまとめておきます。

Eufy Security SmartTrack Link
Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」レビュー|AirTagと何が違うのか
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • Apple「探す」アプリに対応
  • Apple「探す」ネットワークに対応し、Bluetooth接続圏外でも居場所を確認できる
  • AirTagにはない「スマホを鳴らす」機能が便利
  • Eufy SecurityアプリでAndroidデバイスでも使える
  • ストラップホール搭載で取り付けやすい
  • AirTagより価格が安い
デメリット
  • 電池交換する際にフタを開けづらい
  • カラーがブラックのみ

関連記事

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次