仕事効率化アプリ

超快適!iPadをMacやWindows機のサブディスプレイにするアプリ「Duet Display」

投稿日:

パソコンを「マルチモニター」環境で使う、というと外部ディスプレイを別で用意しなければいけなかったり、設定が難しそうというイメージからなんだかハードルが高いように聞こえます。

「わざわざ外部ディスプレイを購入してまで…」とあれば便利だけどそこまで必要としていない、と感じる人は結構多いんじゃないでしょうか。

今回はiPadを気軽にパソコンのサブディスプレイとして使えるようにするアプリ「Duet Display」を紹介します。

このアプリはアップルのベストアプリ2015にも選ばれた超優良アプリです。

iPadユーザー、もしくは使っておらず家に眠ってしまっているiPadがあるなら、サブディスプレイとして再活用できちゃいますよ!

マルチモニター環境でできること

マルチモニターはほかにデュアルモニター、デュアルディスプレイとも呼ばれますね。

「そもそも、マルチモニター環境を構築するとどんなメリットがあるの?」ってところです。マルチモニター環境にするとこんなことができます。

作業領域を拡張できる

デュアルモニターにすることによって単純に作業できる画面範囲が広くなります。

「じゃあ大きいディスプレイを搭載したパソコンにしたらいいじゃないか」という話ですが、これも場所やコストの問題がありますからね。そう単純にはいきません。

そして常に広い作業領域がが欲しいというわけではない人がほとんどかと思います。例えば、気軽にネットサーフィンするためにノートパソコンを起動するときもあれば、腰を据えてヘビーな作業をしたいときもあるということです。

そんな使用したい目的に応じて臨機応変に対応できるのがデュアルモニター環境なのです。普段は自宅で持ち運びしながら使用し仕事したいときは書斎のデュアルモニター環境でガッチリ仕事する、というわけです。

僕はデュアルモニター環境で作業をするときはディスプレイごとに作業を使い分けています。メインPCのディスプレイで執筆作業、サブディスプレイで画像編集や情報集という具合です。作業領域が狭ければ都度ウィンドウを切り替えなければいけません。これが結構手間なんです。毎日の作業ですから、ウィンドウを切り替える手間が軽減されるのはめちゃくちゃ便利。

初めてデュアルモニター環境を構築して作業してみたときは、クリックする回数が減ることでこんなに効率が向上するのか、と感動すらしましたね。

ながら作業が捗りまくる

これは作業領域が広がることによって受けれる恩恵でもあるのですが、とにかく「ながら作業」が捗りまくります。

ながら作業が捗ることによって恩恵を受けられるのはプログラマーやデザイナーなど限られた職業の人だけではありません。学生や営業職、資格取得を目指している人など同時に2つ以上のソフトを使う人であれば誰でも効率アップが期待できます。

デュアルモニターは仕事だけでなく趣味としてパソコンを利用するときにも活躍します。映画やドラマを見ながら、ゲームをしながらと便利な場面は多々あります。

しかしながら作業が捗るからといって大好きなアニメを見ながら仕事・・・という使い方をしてしまうと逆に生産性が下がるのご注意を。

「Duet Display」を選んだ3つの理由

iPadをサブディスプレイ化するためのアプリとして「Duet Display」のほかかに「Air Display 3」というアプリも有名ですね。

結果的にはDuet Displayを選んだわけですが、なぜこのアプリを選んだかのか、それには主に3つの理由があります。

1、多くの人に選ばれている

冒頭書いたとおりDuet displayはアップルのベストアプリ2015に選ばれた超優良アプリです。ベストアプリに選ばれるって結構すごいことなんです。それだけ多くの人に選ばれているというのがDuet Displayを選ぶ大きな理由となりました。

ちなみにDuet Displayは元アップルのエンジニアが開発したアプリなんだそう。高い完成度であることにもうなずけます。

2、MacのほかにWindows機にも対応している

僕はメインPCのMacBook Pro 2016にBootcampでWindows10をインストールしています。

それは仕事上どうしても必要になるソフトを使うためなのですが、Windows10でもデュアルモニター環境で使いたかったんですよねぇ。

Duet DisplayはMacとWindowsどちらにも対応しているのでMacとWindowsどちらも使う僕にとっては都合が良かったわけです。ちなみにAir Display 3は現状Macのみの対応です。

3、有線接続で遅延が起きにくい

Air Display 3はLightningケーブル経由のほかにWi-Fi経由でiPadに接続できるのですが、Duet Displayが対応するのはLightningケーブルで接続する有線のみ。

Wi-Fi経由での接続は遅延が発生しよく言っても快適だとは言えないのでもともと考えていませんでした。カーソルの動きにタイムラグがあっては実務的に問題がでてきますからね。

Duet Displayを選んだ3つ目の理由は「遅延が起きにくい」と高く評価されているからです。遅延がどれくらいあるかというのは、iPadでなくても外部ディスプレイを選ぶポイントとなります。

実際に「Duet Display」を使ってみた!導入から使い方まで

僕の環境はMacBook Pro 2016(High Sierra)と10.5インチiPad Pro(iOS11)。

Duet Displayの動作可能環境はiPhone、iPadであればiOS7.0以降、Macは10.9(Mavericks)以降、Windows機であればWindows7以降です。

このアプリを使うにあたって言わずもがなですが、App StoreからDuet Displayをダウンロードしておきましょう。

Duet Display(1,800円)

1,800円(記事公開時点)と有料アプリではあるものの、この金額でiPadをサブディスプレイ化できると考えれば安いものです。

パソコンにもDuet Displayをインストール&アプリを起動

公式サイトにアクセスし、「ダウンロードMac」もしくは「ダウンロードPC」をクリック、ソフトをパソコンにダンロードします。「ダウンロードPC」はWindows用のファイルです。

Duet display ダウンロード

ここからは僕の所有しているMacBookを使っての説明になります。基本的にはWindowsでも手順は同じです。

Duet display review02

まずはダウンロードしたアプリのファイルを開きます。

「開始」をクリック、使用条件を確認したら「認証してインストール」をクリックします。

案内にしたがって再起動するとDuet Displayが使える状態になります。

Duet Display

画面上部にアイコンが表示されていればOK!この状態でiPadをMacBookに接続、iPad側でDuet Displayを起動します。

すると…

Duet Display サブディスプレイ化

iPadをサブディスプレイ化できました!

設定でディスプレイの配置を変更しておこう

上の画像のようにサブディスプレイ化できたら、「ディスプレイの配置」の設定を確認しておきましょう。

これは画面をどの位置に拡張するか、という設定です。

Duet Display 設定

画面上部のアイコンをクリックします。右下の歯車アイコンから詳細設定を開きます。

ちなみにTouch Bar表示をオンにするとiPad側でTouch Barを表示できます。僕はあまり使いませんが、使用するアプリによっては便利かもしれません。

Duet Display ディスプレイの配置

「ディスプレイ配置」をクリックするとMacの「システム環境設定」が表示されるので、「ディスプレイ」>「配置」と進みます。

Duet Display ドラッグして好きな位置に配置

ここで画面をどの位置に拡張するかを設定することができます。おすすめはiPadを縦向きにして左右どちらかに配置。MacBookの画面がiPad分横長になり作業が捗ります。

全く遅延がないわけではないが、許容範囲内

「遅延ゼロ」とうたっているものの、「まぁこんなもんかな」といった感想。普通に気にならない程度です。このサブディスプレイ環境をiPadで実現できることを考えると十分許容範囲内でしょう。

ただ正直なところ、毎日常用するにはちょっとしんどい部分があるのは確か。毎日使うなら安いディスプレイを買ってしまったほうがもちろん快適に使える。

ずばりDuet Displayはこんな人におすすめだと言えます。

こんな人におすすめ!

  • iPadを所有している
  • 毎日使うほどではないがふとサブディスプレイが欲しいと思うことがある
  • Macアプリを邪魔にならない場所に常時表示させたい

いずれにせよ多くの人に支持されているDuet Display。iPadユーザー、もしくは自宅にiPadが眠っているという人はぜひ試してみてください!

Duet Display(1,800円)
  • この記事を書いた人
テン

テン

携帯業界で働きながらブログを運営。世界一かわいい娘を持つ一児の父。野球好き。

おすすめ記事

【最新】ショップ店員が選ぶiPhone8/8Plus/X向け最強おすすめアクセサリー 1

iPhone8/8Plus/Xを購入したならぜひ一緒に揃えておきたいのが周辺アクセサリーです。 星の ...

【保存版】本気で選んだiPhone・iPadおすすめアプリ55選|このアプリがなければ始まらない!? 2

[2017.10.28更新]情報を最新にしました。 いくらiPadという便利なツールを持っていても、 ...

3

僕は絵を描かない(描けない)のでApple Pencilの用途はもっぱらメモやノートです。 今までの ...

4

2017年6月に新型iPad Pro(10.5インチ、12.9インチ)が販売開始となりましたね。個人 ...

【Pasonomi】デザインがかっこいいワイヤレス充電器 5

2017年9月に発売となったiPhone 8とiPhone 8 Plus。そして11月3日の発売が予 ...

-仕事効率化アプリ
-, , , ,

Copyright© リブウェル! , 2017 All Rights Reserved.