MagSafe対応クリアケース レビュー。iPhoneにケースを装着したままMagSafeアクセサリーが使える!

MagSafe対応クリアケース レビュー。iPhoneにケースを装着したままMagSafeアクセサリーが使える!

新しく登場したiPhone 12シリーズは、側面がソリッドデザインに変更されました。iPhone 12にはアルミニウム製、iPhone 12 Proにはステンレススチール製のフレームが採用されています。

デザインの変更とともに新色も登場しました。「せっかくなら、iPhoneのデザインとカラーを隠さないクリアケースを選びたい」と考えている人は多いはずです。

今回の記事では、Apple純正ケースの「MagSafe対応クリアケース」をご紹介します。Apple純正らしく完成度が高いケースで、iPhone 12 Pro用にクリアケースを探していた僕も非常に気に入りました。

ただ、MagSafe対応クリアケースを使っていて「ここが惜しいな」と感じる点もありました。検討中の方はぜひ参考にしていただければと思います!

Apple純正「MagSafe対応クリアケース」レビュー

購入したのは「MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケース」。僕はApple公式サイトで購入しましたが、Amazonなどでも販売が始まっています。

iPhone向けのクリアケースは、Apple純正だけでなくさまざまなメーカーから販売されています。それらのサードパーティ製クリアケースと比べると、Apple純正ケースの価格は高めです。

安くない価格であることは確かなのですが、Appleならではの高い品質やMagSafe対応など、Apple純正クリアケースを選ぶ理由はあります。それではレビューに入っていきましょう!

iPhone 12のデザインを邪魔しない透明感

MagSafe対応クリアケース
抜群の透明感の高さ!

開封してまず感じたのは、透明感の高さ。一切のくすみがなくiPhoneのデザイン・カラーを隠しません。

MagSafe対応クリアケースをiPhone 12 Proに装着
クリアケースをiPhone 12 Proに装着

iPhone 12 Proに装着してみましたが、いい感じですね!サードパーティ製のクリアケースだと、透明感が低かったりして「安っぽく見えてしまう」ことが多いんですよね。Apple純正クリアケースはいい意味で存在感がなく、iPhone 12 Proの高級感を損ないません。

iPhone 12のデザインを邪魔しないMagSafe対応クリアケース
変更されたフレームの質感も楽しめる

素材はポリカーボネートと柔軟性がある素材を組み合わせているとのこと。確かに柔軟性がありながら、触ってみるとポリカーボネートの硬い感触を感じられます。

マグネットを内蔵

iPhone 12シリーズのモデルには、MagSafeアクセサリーのためのマグネットが入っています。ケースを装着した状態でMagSafeアクセサリーを使うには、「MagSafe対応のケース」である必要があります。

MagSafe対応クリアケース MagSafe充電器

この「MagSafe対応クリアケース」は、その名のとおりMagSafeに対応。背面部分にマグネットが組み込まれており、ケースを装着しながら、MagSafe充電器やMagSafe対応レザーウォレットなどのMagSafeアクセサリーを使用できます。

いざ装着!が、魔法のようにはいかない

Apple公式サイトのクリアケースには「取り付けや取り外しは魔法のように簡単」と書かれていますが……全然魔法のように簡単ではありませんでした。

やり方が悪いのでしょうか。てっきりマグネットの力でかんたんに脱着できるのかと思っていましたが、どうやらそうではないようです。

特にケースの取り外しは他のケースと同じくらい「しにくい」ですね。まぁ意図せずケースが外れてしまうことはないですし、頻繁に脱着するわけでよしとします。「魔法のように簡単」という文言には少し引っかかりますが……。

表面はツルツルだが、滑りやすいわけではない

クリアケースをiPhone 12 Proに装着、手に持ってみます。

MagSafe対応クリアケース 手に持つ
グリップ力は裸の状態と変わらない

クリアケースの表面はツルツルなのですが、決して滑りやすいわけではありません。裸の状態とあまり変わらない感じですね。「滑りにくさ」を重視するなら、クリアケースではなくシリコンケースのほうがいいでしょう。

出っ張ったカメラを保護

iPhoneを平置きしたときにカメラレンズが接触しないように、クリアケース背面のカメラホールには高さが付けられています。

MagSafe対応クリアケース カメラホール

裸の状態だと、このカメラレンズがガシガシ当たっちゃうんですよね。iPhoneのカメラレンズには非常に頑丈な強化ガラスが使われており、このカメラレンズが他のものを傷つけてしまうことも考えられます。例えば、iPhoneを裸の状態でガラステーブルに置くと、おそらくiPhoneのカメラレンズがガラステーブルを傷つけてしまうでしょう。

MagSafe対応クリアケース ディスプレイ

ディスプレイ側も、接地面にディスプレイが接触しないように高さがつけられています。地味ながらここれも安心して使えるポイントです。

各ボタンへのアクセスは若干悪くなる

少し気になったのは、クリアケースを装着することでサイドボタンや音量ボタンの操作が硬く感じられること。

MagSafe対応クリアケース ボタンが硬くなる
ケースを装着したことによってボタン操作が硬くなってしまった

致命的に使いにくいわけではありませんが、少し力を入れてボタンを押し込まないと反応してくれません。

装着しながらMagSafeアクセサリーが使える!

MagSafe対応クリアケースを選ぶ最大の理由になるのは、装着しながら「MagSafe充電器」や「MagSafe対応レザーウォレット」といったMagSafeアクセサリーが使えるという点でしょう。

iPhone 12シリーズのモデルは、背面中央部分にマグネットが入っています。そこにMagSafeアクセサリーがくっつく仕組み。

iPhone 12 ProのMagSafe
iPhone 12シリーズにはマグネットが内蔵されている

MagSafeに非対応のiPhoneケースだと、MagSafeアクセサリーがくっつきません。MagSafe対応ケースなら、ケースを装着しながらMagSafeアクセサリーが使えるというわけです。

現時点では、MagSafeに対応したサードパーティ製ケースはまだ出てきてないようですが、もう少し時間が経てば出てくるはずです。今回ご紹介しているクリアケースでなくても、「MagSafeに対応しているかどうか」がケース選びのポイントになります。

MagSafe対応クリアケース まとめ

Apple純正ケース「MagSafe対応クリアケース」の特徴・使ってみた感想をまとめます。

  • MagSafeに対応
  • 透明度が高くiPhoneのデザイン、カラーを隠さない
  • ポリカーボネートと柔軟性のある素材が組み合わせられている
  • ケースの脱着は魔法のようにいかない
  • グリップ力はさほど向上しない
  • ボタン押下が若干硬くなる

ネガティブなポイントもありますが、僕自身は大満足しています。全体を覆ってしまう手帳型ケースだとせっかくのiPhoneのデザイン・カラーが隠れてしまいます。このクリアケースならiPhone 12シリーズの特徴的なフレームの存在感がしっかり分かりますし、新色のカラーも楽しめます。

サードパーティ製のiPhone 12・iPhone 12 Proケースが増えてくれば、そちらのレビューもしていきたいと考えています。ぜひまたチェックしてください!

iPhone 12・iPhone 12 Pro向けの保護ケース・カバーをチェック!

Apple公式サイトでみる
Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

こちらの記事もおすすめです!

コメント