CIO SMARTCOBY TRIO 65Wレビュー|20000mAh・合計最大95Wの優良モバイルバッテリー

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wレビュー|20000mAh・合計最大95Wの優良モバイルバッテリー

今回ご紹介するのは、20000mAhバッテリー・最大65WのType-Cポートを搭載するモバイルバッテリー、「CIO SMARTCOBY TRIO 65W」です。

スマホを複数回フル充電できる十分なバッテリー容量と、65W + 30Wの合計95Wのパワフルな出力。スマホだけでなくノートPCも充電できるパワフルなモバイルバッテリーです。

20000mAhと大容量ということもあり、それなりのサイズ・重量があります。それでも20000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては小さく軽いですし、これだけのバッテリー容量があれば出先でもバッテリー残量を心配せずに済むという安心感があります。

詳しくはレビュー内でご紹介していますが、充電性能は申し分ないですし、それでいて持ち運びしやすいサイズ感が魅力のモバイルバッテリーです。モバイルバッテリーをお探しの方はぜひ参考にしてみてください!

CIO SMARTCOBY TRIO 65W
CIO SMARTCOBY TRIO 65Wレビュー|20000mAh・合計最大95Wの優良モバイルバッテリー
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 20000mAhと持ち運びしやすくかつ安心なちょうどいいバッテリー容量
  • Type-Cポートが65W + 30Wの合計最大95Wに対応
  • 最大65Wの入力に対応し本体を高速に充電できる
  • 本体を充電しながら同時に接続デバイスを充電できるパススルー充電に対応
  • バッテリー残量を1%単位で確認できる
デメリット
  • ドットタイプのLEDが若干見づらい
  • ホコリ・指紋汚れが目立つ(ブラック)
目次

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの仕様・急速充電規格

まずは「どんなモバイルバッテリーなの?」ということ仕様についてまとめました。対応する急速充電規格についてもチェックしています。

仕様

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの仕様は以下のとおりです。

製品名CIO SMARTCOBY TRIO 65W
CIO SMARTCOBY TRIO 65W
バッテリー容量20,000 mAh
搭載ポートType-C x 2
Type-A x 1
Type-C1入力5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15⎓3A / 20V⎓3.25A(最大65W)
Type-C1出力5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15⎓3A / 20V⎓3.25A(最大65W)
PPS:3.3-6.0V⎓3A / 3.3-11V⎓5A
Type-C2出力5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15⎓3A / 20V⎓3.25A(最大65W)
PPS:3.3-21.0V⎓3.25A
Type-A出力5V⎓2.4(最大12W)
USB合計出力合計最大95W
パススルー充電
サイズ約150.5 x 72.5 x 26 mm
重量約410 g
カラーブラック/ホワイト
パッケージ内容CIO SMARTCOBY TRIO 65W
取扱説明書
製品ページAmazon

仕様についての主なポイントは以下の3点。

  • 20000mAhバッテリーを搭載
  • Type-Cポートは最大65Wの入出力に対応
  • USBポートの合計出力は最大95W

Type-Cポートの入出力がともに最大65Wに対応するので、ノートPCへの充電もカバーしてくれますし、本体への充電も高速です。65W以上のType-C充電器を使えば、たったの1.6時間でフル充電が完了します。

高い出力ワット数に対応するモバイルバッテリーのほとんどは、入力ワット数も高く本体を高速に充電できます。「最大65Wも必要ない」という方にとっても大きなメリットがあります。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wのカラーバリエーション

カラーバリーエーションはブラックとホワイトの2色あります。私はブラックを購入しました。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wのパッケージ内容
パッケージ内容

パッケージ内容はCIO SMARTCOBY TRIO 65W本体と取扱説明書の2点のみ。Type-Cケーブルは付属されていないので、手持ちのものを使用するか別途用意する必要があります。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wには、60Wを超える充電が可能な5A対応Type-Cケーブルがいいでしょう。おすすめは以下でご紹介しています。

対応する急速充電規格

USB充電チェッカーを用いて、CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの各USBポートが対応する急速充電規格をチェックしました。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wが対応する急速充電規格
対応する急速充電規格(Type-C1)
USBポート対応する急速充電規格
Type-C1USB PD 3.0 / PPS(3.3-6.0V⎓3A / 3.3-11V⎓5A)
Fast Charge Protocol
Quick Charge 4+
Apple 2.4A
Type-C2USB PD 3.0 / PPS(3.3-21.0V⎓3.25A)
Fast Charge Protocol
Adaptive Fast Charging
Quick Charge 4+
Apple 2.4A
Type-AApple 2.4A
※ 筆者調べ。USB電流チェッカーでの結果です。

USB PD 3.0、そしてUSB PD 3.0のオプションであるPPS充電に対応していますね。急速充電にはさまざまな規格が存在しますが、基本的にはUSB PDがメインになるかと思います。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WのPDO
USB PDのPDO(Type-C1)

USB PDのPDOについても確認してみました(Type-C2)。商品ページや製品本体に表示されているものと相違ありません。

同時充電時の電力振り分け

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wには、Type-Cポートが2つ、Type-Aポートが1つの合計3つのUSBポートが搭載されています。複数ポートを同時に使用したとき、各USBポートの最大ワット数は以下のようになります。

同時充電時の電力の振り分けられ方
  • Type-C1 + C2:30W + 65W(合計最大95W)
  • Type-C1/C2 + A:65W + 12W(合計最大77W)
  • Type-C1 + C2 + A:18W + 65W + 12W(合計最大95W)

2つのType-Cポートを同時に使用したときに30W + 65Wの合計最大95Wで充電できるのはありがたいですね!ノートPCを急速充電しながら、同時にスマホの急速充電も可能です。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wレビュー

ということで、CIO SMARTCOBY TRIO 65Wのレビューに入っていきます。以下の点に注目してご紹介していきます。

  • 外観・デザイン
  • サイズ・重量
  • 充電性能
  • パススルー充電

外観・デザイン

まずは外観・デザインからチェックしてきましょう。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの外観

CIOのブランドロゴのみが配置された、非常にシンプルなデザインとなっています。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wを手に持つ様子
肌触りのいいシリコン素材

外装はシリコン素材で肌触りがよく、グリップ感もいい感じ。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの外観(寄り)
高級感のあるデザイン

CIOのブランドロゴとエッジ部分には、光沢のある加工がなされています。シンプルながら高級感のあるデザインです。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WのUSBポート
USBポート

2つのType-Cポートに挟まれるようにType-Aポートが配置されています。「IN/OUT」の表記があるように、出力+入力に対応するのはType-C1ポートのみとなります。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの仕様・PSEマークの表示
仕様とPSEマークなどの表示

USBポートのある反対側に、製品の仕様やPSEマークなどが表示されています。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WのドットタイプのLEDランプ
バッテリー残量は1%単位で確認できる

ドットタイプのLEDランプがバッテリー残量を教えてくれます。1%単位で確認できるので便利ですし、シンプルな本体デザインと合っています。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの電源ボタン
サイドにあるバッテリー残量確認ボタン

バッテリー残量はサイドにあるボタンを押すか、充電するデバイスを接続することで表示されます。

CIO SMARTCOBY TRIO 65W本体を充電中のLEDランプ
本体充電中のLEDランプ表示

CIO SMARTCOBY TRIO 65W本体を充電中は上のような表示になります。

外観・デザインについては概ね満足していますが、「ブラックはホコリや指紋汚れが目立ちやすい」という印象を受けました。気になる方はホワイトを選んだほうがよさそうです。

また、ドットタイプのLEDランプが私にとっては若干見づらいですね。18%が81%に見えたりして、パッと見て一瞬分からないことがあります。といっても致命的なものではありません。

サイズ・重量

続いては、サイズ・重量について見ていきます。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WとiPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較
iPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wのサイズは約150.5 x 72.5 x 26 mm重量は410 gです。縦横のサイズはiPhone 12 Pro Max(160.8 x 78 mm)よりもひとまわり小さい感じ。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WとiPhone 14とのサイズ比較
iPhone 14・iPhone 14 Plusとのサイズ比較

iPhone 14・iPhone 14 Plusと並べてみました。上はモックアップとなりますが、サイズは実物と同じ。もしお手元にあればサイズをイメージしていただきやすいかと思います。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WとiPad(第10世代)とのサイズ比較
iPad(第10世代)とのサイズ比較

10.9インチのiPad(第10世代)とのサイズ比較です。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WとM2 MacBook Airとのサイズ比較
M2 MacBook Airとのサイズ比較

13.3インチのM2 MacBook Airとのサイズ比較。CIO SMARTCOBY TRIO 65Wは最大65Wで充電性能は高いですし、20000mAhとバッテリー容量も十分。持ち運ぶ機会の多いいわゆるモバイルノートPCとの相性は抜群です。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WをPCバッグに収納
13インチ向けPCバッグに収納

大容量モバイルバッテリーなのでそれなりにサイズ・重量がありますが、個人的には20000mAhくらいが気軽に持ち運べるギリギリのライン、という感覚。25000mAhクラスになるとちょっと気軽には持ち出せないので、20000mAhくらいがバランス的にちょうどいいと思います。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの重量
重量を計測

スケールに乗せてみると、約393 gと表示されました。公称の約410 gよりも少し軽いですね。個体差と言える範囲でしょう。

最大65WのType-Cポートであらゆるデバイスを急速充電

続いては、CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの充電性能をチェックしていきます。さまざまなデバイスをType-Cポートに接続、どれくらいのワット数で充電できているかを確認しました。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの充電性能をチェック
CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの充電性能をチェック

iPhone 12 Pro Maxを充電

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでiPhone 12 Pro Maxを充電(ワット数)
iPhone 12 Pro Maxを充電中(約22W)

iPhone 12 Pro Maxでは約22Wで充電できていました。

iPhone 8以降はUSB PDによる急速充電に対応します。なかでもiPhone 14シリーズ・iPhone 12/13 Pro・12/13 Pro Maxは、20Wを超える充電が可能。CIO SMARTCOBY TRIO 65WならiPhoneをフルスピードで充電できます。

Xperia 1 IIIを充電

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでXperia 1 IIIを充電(ワット数)
Xperia 1 IIIを充電中(約25W)

Xperia 1 IIIでは約25Wと高速に充電できていました。

Xperia 1 IIIの仕様との相性のせいか、PPS充電できていたのはType-C2ポートのみでした。ただPPS充電できなかったType-C1ポートでも、同じく25W程度の充電でしたので、充電速度にはさほど違いはでないかと思われます。

iPad・iPad Proを充電

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでiPad(第10世代)を充電(ワット数)
iPad(第10世代)を充電中(約27W)

iPad(第10世代)では約27Wで充電できていました。これはiPad(第10世代)のフルスピード。付属のApple 20W USB-C電源アダプタよりも高速に充電できます。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでiPad Pro 12.9インチ(第5世代)
iPad Pro 12.9インチ(第5世代)を充電中(約37W)

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)では約37Wで充電できています。

30WあればほとんどのiPadをフルスピード充電できるのですが、iPad Pro 12.9インチでは30Wを超える充電が可能です。

USB PD充電に対応するiPadモデル一覧

モデル世代搭載ポート付属充電器のワット数発売年
iPad第8世代Lightning20W2020年
第9世代Lightning20W2021年
第10世代Type-C20W2022年
iPad mini第5世代Lightning12W2019年
第6世代Type-C20W2021年
iPad Air第3世代Lightning12W2019年
第4世代Type-C20W2021年
第5世代Type-C20W2022年
iPad Pro
10.5インチ
Lightning12W2017年
iPad Pro
11インチ
第1世代Type-C18W2018年
第2世代Type-C18W2020年
第3世代Type-C20W2021年
第4世代Type-C20W2022年
iPad Pro
12.9インチ
第2世代Lightning12W2017年
第3世代Type-C18W2018年
第4世代Type-C18W2020年
第5世代Type-C20W2021年
第6世代Type-C20W2022年

M2 MacBook Airを充電

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでM2 MacBook Airを充電(ワット数)
M2 MacBook Airを充電中(約63W)

M2 MacBook Airでは約63Wで充電できていました。上ではMagSafe 3ケーブルを使用して充電していますが、Type-Cポートでも同等のワット数で充電できます。

このワット数はM2 MacBook Airのフルスピード。M2 MacBook Airは30分の充電で最大50%充電できる急速充電に対応しています。その超高速な急速充電ができている状態です。

60Wを超える充電には5Aに対応するType-Cケーブルが必要です。試しに3AのType-Cケーブルで充電してみると以下のようになりました。

3Aケーブルで充電
試しに3AのType-Cケーブルで充電してみる

充電ワット数が下がっていますね。これでも十分高速に充電できていますが、最大65Wの充電性能を最大限に活かすなら5Aに対応したType-Cケーブルを用意しましょう。

スイッチを充電

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wでスイッチを充電(ワット数)
スイッチを充電中(約15W)

ニンテンドースイッチでも試してみると、約15Wで充電できていました。これはスイッチ付属の充電器と同じ程度のワット数。出先でも付属充電器と同等の速度でスイッチを充電できます。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wをモバイルモニターとスイッチに接続
モバイルモニターに給電、スイッチのテレビモードで遊ぶ

上ではCIO SMARTCOBY TRIO 65WのType-C1ポートをモバイルモニターに接続、Type-C2ポートをスイッチに接続し、TVモードで動作している状態です。65W + 30Wの合計最大95Wに対応するCIO SMARTCOBY TRIO 65Wならこんなこともできちゃいます。

合計最大95W対応で2台を同時に急速充電

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでiPadとMacBook Airを同時充電
iPad(第10世代)とM2 MacBook Airを同時充電

続いて、2つのType-Cポートを同時に使用したときのワット数もチェックしました。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでiPadとMacBook Airを同時充電(ワット数)

上ではM2 MacBook AirとiPad(第10世代)を同時充電しています。それぞれ約27W + 約63Wで充電できており、2台同時にフルスピードで急速充電できています。

コンセントのない環境で、USB充電器を使わずに、これだけのワット数で充電できるのですから非常にパワフルなモバイルバッテリーですよね。特にノートPCを持ち歩く方にとっては非常に心強いのではないでしょうか。

ただ 「Type-C1/C2ポートのどっちが65Wでどっちが30Wだっけ?」と迷う場面があります。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの同時充電時の最大ワット数

単ポート使用時はどちも最大65Wとなるのですが、2ポート同時使用時は上のように振り分けられます。これを覚えておかないと、充電性能をフルに発揮できません。

USBポートの周りにマークがついていれば分かりやすいんですけどね。細かいところですが、「これは迷ってしまうかも」と気になりました。

最大65WのType-C入力で本体を高速に充電

最大65Wの出力だけでなく、入力も最大65Wに対応するCIO SMARTCOBY TRIO 65Wは、20000mAhと大容量バッテリーを搭載しながら最短約1時間40分でフル充電が完了します。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wは最短1時間40分でフル充電できる
最短1時間40分でフル充電が完了!

価格帯の安い大容量モバイルバッテリーでは、フル充電に約10時間かかる、なんてのも普通にあります。モバイルバッテリー本体をどれほど高速に充電できるかは、使い勝手に関わる大事なポイントです。

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)でCIO SMARTCOBY TRIO 65Wを充電
Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)で充電

CIO SMARTCOBY TRIO 65W本体を最短の1時間40分でフル充電するには、65W以上のType-C充電器を別途用意する必要があります。すでに持っていればそれを使ってもOKです。上では、最大65Wに対応するAnker 735 Charger (GaNPrime 65W)を使って本体を充電しています。

CIO SMARTCOBY TRIO 65W本体充電中のワット数
CIO SMARTCOBY TRIO 65W本体充電中のワット数(約61W)

USB充電チェッカーで確認してみると、60Wを超えるワット数で充電できていることが分かります。

「最大65Wに対応するモバイルバッテリーなんて、スマホとタブレットの充電がメインの自分には必要ない」と方でも、モバイルバッテリー本体を高速に充電できる大きなメリットがあります。

パススルー充電対応で本体とデバイスを同時充電できる

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wは、本体を充電しながら接続デバイスも同時に充電できるパススルー充電に対応しています。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでiPad(第10世代)をパススルー充電
本体を充電しながらiPad(第10世代)を同時充電

Type-C充電器をType-C1ポートに接続、Type-C2ポートにiPad(第10世代)に接続しています。本体とiPadを同時に充電できている状態です。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wレビュー|20000mAh・合計最大95Wの優良モバイルバッテリー
パススルー充電時のワット数(iPad)

iPad(第10世代)には約25Wで充電できていました。65WのType-C充電器を使ってパススルー充電しているので、余った電力で本体に蓄電されていることになりますね。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WでMacBook Airをパススルー充電
パススルー充電でM2 MacBook Airを充電

パススルー充電でM2 MacBook Airを充電してみると、約63Wで充電できていました。ただこのパターンだと、CIO SMARTCOBY TRIO 65W本体への充電はほぼ行われておらず、パススルー充電する意味がありません。本体の充電にまわす電力が余っていないからですね。

それでもスマホやタブレットの充電であれば、十分な速度で本体と接続デバイスを同時に充電できます。

20000mAhと十分なバッテリー容量

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wは20000mAhと大容量のバッテリーを搭載します。スマホなら複数回フル充電できるほどのバッテリー容量。旅行や出張などのお出掛け時に持っていけば、スマホのバッテリー残量を気にせずに済みます。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WM2 MacBook Airをどれくらい充電できるかをチェック
M2 MacBook Airをどれくらい充電できるかをチェック

ここでは、CIO SMARTCOBY TRIO 65WでM2 MacBook Airを充電したときに、どれくらい充電ができるのかをチェックしてみました。

経過時間0分30分60分
M2 MacBook Airのバッテリー残量26%71%93%
CIO SMARTCOBY TRIO 65Wのバッテリー残量100%49%31%

M2 MacBook Airを1時間充電し、バッテリー残量が26% → 93%となりました。その時点でCIO SMARTCOBY TRIO 65Wのバッテリー残量が31%でしたので、M2 MacBook Airの場合は1回分はフル充電できそうです。これだけ充電できれば十分でしょう!

まとめ:持ち運べる大容量・パワフルなモバイルバッテリー

今回はCIO SMARTCOBY TRIO 65Wをご紹介させていただきました。外観から充電性能のチェックまでひととおりレビューしましたが、率直に言って弱点が見当たりません。あえて言えば、ブラック色のホコリ・指紋汚れが目立ちやすいということくらい。

65W + 30Wで合計最大95Wに対応する充電性能は申し分ありません。そして20000mAhのバッテリー容量はあらゆる面でちょうどいいと感じます。これ以上コンパクトなモバイルバッテリーだとバッテリー容量が少なくなってしまいますし、25000mAhクラスになると持ち運びがツラくなってきます。

持ち運びしやすい大容量モバイルバッテリー」「ノートPCを充電できるパワフルなモバイルバッテリー」をお探しの方は、ぜひCIO SMARTCOBY TRIO 65Wをチェックしてみてください!

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次