※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

CIO NovaPort TRIO 140Wレビュー|USB PD 3.1・最大140W対応のコンパクトなUSB-C充電器

CIO NovaPort TRIO 140Wレビュー|USB PD 3.1・最大140W対応のコンパクトなUSB-C充電器

今回ご紹介するのは、「CIO NovaPort TRIO 140W」という超パワフルなUSB-C充電器です。USB PD 3.1・最大140Wの充電に対応し、3つのUSB-Cポートを搭載。あらゆるデバイスを高速に充電できます。

後半では「他の140W USB-C充電器との違いは?」というところについても比較・解説しています。興味のある方はぜひチェックしてみてください!

CIO NovaPort TRIO 140Wと他製品の比較
140Wクラスの他のUSB-C充電器との比較も!
CIO NovaPort TRIO 140W
CIO NovaPort TRIO 140Wレビュー|USB PD 3.1・最大140W対応のコンパクトなUSB-C充電器
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • USB PD 3.1 EPR対応で最大140Wの充電が可能
  • 3ポート搭載で複数デバイスを同時に急速充電できる(合計最大142W)
  • 140W USB-C充電器のなかでトップクラスのコンパクトさ・軽さ
  • 接続デバイスに応じ適切な電力を振り分けてくれる
  • 発熱が少ない、温度監視による安全設計
デメリット
  • そもそもUSB PD 3.1 EPRによる充電に対応するデバイスが少ない
  • オーバースペックにならないか確認が必要
  • 複数デバイス同時充電時に充電の瞬断が発生する

この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

CIO NovaPort TRIO 140Wとは?

「CIO NovaPort TRIO 140W」とは、株式会社CIO(大阪府守口市)がクラウドファンディング「Makuake」にて発表したUSB充電器です。応援購入総額は2,100万円以上、サポートは2,500人以上と、いかに注目度が高いプロダクトなのかがうかがえます。

Loading…

なお現在においてはプロジェクトは終了しており、応援購入した筆者の手元には2023年5月24日に届きました。

CIO NovaPort TRIO 140Wの特徴は以下のとおりです。

CIO NovaPort TRIO 140Wの特徴
  • USB PD 3.1 EPR対応で最大140Wの充電が可能
  • 3つのUSB-Cポートを搭載し、あらゆるデバイスを同時に急速充電できる(号駅最大142W)
  • 充電デバイスに応じて各USB-Cポートに自動的に最適な電力を振り分け(Nova Intelligence)
  • GaN(窒化ガリウム)採用で放熱性に優れた設計
  • 温度を監視し発熱を自動コントロール(Nova Safety)
  • 140WクラスUSB充電器では最小・最軽量クラス

仕様

CIO NovaPort TRIO 140Wの詳しい仕様は以下のとおりです。

CIO NovaPort TRIO 140Wの仕様

製品名CIO NovaPort TRIO 140W
外観CIO NovaPort TRIO 140W
入力100-240V~ 50-60Hz 2A
USBポートUSB-C x 3
USB-C1/C2/C3出力5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15V⎓3A / 20V⎓5A / 28V⎓5A(最大140W)
【PPS】3.3-11V⎓5A
合計出力最大142W(3ポート同時使用時)
サイズ約69 x 63 x 29.5 mm
重量約227 g
カラーブラック/ホワイト
パッケージ内容CIO NovaPort TRIO 140W
取扱説明書
価格(税込)12,980円(一般販売価格)
製品ページ Amazon

届いた製品にはUSB-Cケーブルは含まれていませんでした。すでに持っているものを使用するか、お持ちでなければ別途用意する必要があります。

CIO NovaPort TRIO 140Wのパッケージ内容
パッケージ内容

61W〜100Wの充電を行う場合は5Aに対応するUSB-Cケーブル、100Wを超える充電にはUSB PD 3.1 EPR対応のUSB-Cケーブルを使用する必要があります。詳しくは「100W対応のUSB-Cケーブル」でご紹介しています。

仮に60Wを超える充電に3AのUSB-Cケーブルを使ってしまうと、ケーブルの充電性能がボトルネックとなり充電速度が最大60Wに抑えられてしまうのでご注意ください。

対応する急速充電規格

CIO NovaPort TRIO 140Wは、USB PD 3.1規格に含まれる給電モード「Extended Power Range(EPR)」に対応し、最大140Wの充電が可能です。

そのうたい文句どおりの仕様を持っているか、また他の急速充電規格への対応状況を確認してみました。

CIO NovaPort TRIO 140Wが対応する急速充電規格
対応する急速充電をチェック(USB-C1/C2/C3)

手元のUSB充電チェッカーでは、USB PD 3.1 EPR以外にも急速充電規格が検出されました。

対応する急速充電規格

USBポート急速充電規格
USB-C1
USB-C2
USB-C3
USB PD 3.1 / PPS
Adaptive Fast Charging(Samsung)
Fast Charge Protocol(Huawei)
Smart Charge Protocol(Huawei)
Quick Charge 4+(下位互換あり)
Apple 2.4A
※ 筆者調べ

USB-Cの規格上、本体はUSB PD以外の急速充電規格への対応を許可していません。つまり、CIO NovaPort TRIO 140Wは規約違反状態にあるUSB-C充電器ということになります。

実際には同じように規約違反状態になっているUSB-C充電器がほとんどで、私が知っている範囲で言えば規約を遵守しているのはApple純正充電器くらい。USB PD以外の急速充電に対応していても使用には問題ないので私は気にしていませんが、気になる方はご注意ください。

続いてはUSB PDのPDO(Power Date Objet)を確認してみました。

CIO NovaPort TRIO 140WのUSB PDのPDO
PDOをチェック(USB-C1/C2/C3)

製品に表示されている仕様のとおり、最大140W(28V/5A)の充電に対応しています。

USB PDのPDOとは、USB-C充電と接続されたデバイス間でやりとりされる電流・電圧の組み合わせリストのことです。PDOのリストの中から接続デバイス側が最適なものを要求し充電される仕組みとなっているため、CIO NovaPort TRIO 140WのようなパワフルなUSB-C充電器にスマホなどの小型デバイスを接続しても安全に充電できます。

同時充電時の電力振り分け

CIO NovaPort TRIO 140Wには3つのUSB-Cポートが搭載されています。複数のデバイスを接続したときには、それぞれのデバイスに最適な電力を自動的に供給してくれます(Nova Intelligence)。

複数ポート使用時の振り分け

ポート使用数USB-C1USB-C2USB-C3合計出力
1ポート140W最大140W
140W最大140W
140W最大140W
2ポート100W + 30W /
67W + 67W /
30W / 30W /
45W + 20Wなど
最大134W
3ポート67W + 45W + 30W /
45W + 45W + 45W
最大142W
複数ポート同時使用時のW数(VOLTME Revo 140W GaN充電器)

複数ポートを搭載するUSB-C充電のなかには、同時使用時の最大ワット数が固定されているものがあります。CIO NovaPort TRIO 140Wなら、スマホ+タブレット、タブレット+ノートPC、ノートPC+ノートPCなどあらゆる組み合わせにおいて自動的に最適な電力を供給してくれます。

CIO NovaPort TRIO 140Wの外観・デザイン

CIO NovaPort TRIO 140Wの外観
CIO NovaPort TRIO 140Wの外観・デザイン

CIO製品をお使いの方にとってはお馴染みのデザイン。無駄な装飾がなく、かといって安っぽくないバランスのとれたデザインだと感じます。

CIO NovaPort TRIO 140Wの表面に施されたシボ加工
表面にはCIO製品の特徴である「シボ加工」が施されている

外装はプラスチック素材となっており、表面にはCIO製品の特徴とも言える「シボ加工」が施されています。これにより傷が目立ちにくくなっており、またざらざらとした肌触りは個人的にも好みです。キラリと光るアルミも高級感を演出していますね。

USB-Cポート挿し込み口のカラー
挿し込み口に見える「紫」

全面に並ぶUSB-Cポートをよく見ると、挿し込み口にCIOのコーポレートカラーである紫が使われています。機能とは関係のないところですが、このような細かい部分にCIOのこだわりが見えます。

CIO NovaPort TRIO 140Wに複数ケーブルを接続
十分な間隔があり干渉や抜き差しのしづらさはない

USB-Cポート間の間隔は広めにとられており、複数のUSB-Cケーブルを挿しても干渉することはなく、また抜き差しのしづらさもありません。

CIO NovaPort TRIO 140Wの折りたたみ式プラグ
持ち運びしやすい「折りたたみ式プラグ」採用

「これ1台持っていけばすべてのデバイスの充電をカバーできる」と言うほどのスペックを持つCIO NovaPort TRIO 140Wですが、コンパクトに持ち運べる「折りたたみ式プラグ」が採用されています。持ち運ぶUSB-C充電器には折りたたみ式プラグが必須です。

CIO NovaPort TRIO 140Wに表示された仕様
底面に表示された仕様と各種マーク

底面に製品の仕様と各種マークが表示されています。

CIO NovaPort TRIO 140Wのミニマムなデザイン
持っていて嬉しくなるデザイン

CIO NovaPort TRIO 140Wのシンプルでミニマムなデザインを気に入る方は多いのではと思います。「持っていてちょっと嬉しくなる」ような魅力があります。

CIO製充電器のデザイン
ひと目でCIO製品だと分かるデザイン

CIO製品についてはCIO NovaPort TRIO 140Wを含めいくつか所有していますが、ひと目でCIO製品と分かる一貫したデザインがいいですね!ついコレクションしたくなります。

⇒ Amazonで「CIO製USB充電器」をみる

140Wとパワフルなのにコンパクト&軽量

CIO NovaPort TRIO 140Wのサイズ感

CIO NovaPort TRIO 140Wのサイズは約69 x 63 x 29.5 mm、重量は約227 gと、140WクラスのUSB-C充電器ではトップクラスにコンパクト&軽量です。

CIO NovaPort TRIO 140Wの重量
重量は実測で234.8 g

重量を確認してみると実測で234.8 gでした。公称では約227 gですが、一般販売前のタイミングになるので若干前後する可能性があります。

CIO NovaPort TRIO 140WとApple 140W USB-C電源アダプタのサイズ比較
Apple 140W USB-C電源アダプタとのサイズ比較

MacBook Pro 16インチ(2023/2021)に付属されているApple 140W USB-C電源アダプタのサイズは約96.2 x 75.1 x 28.5 mm(筆者調べ)。CIO NovaPort TRIO 140Wは、Apple 140W USB-C電源アダプタと比較して約37.7%小さい計算になります。

USB PD 3.1による充電に対応するデバイスはMacBook Pro 16インチや一部のWindowsノートPCなど限られますが、それらの代用充電器にぴったりです。

そのほかUSB PD 3.1対応で最大140Wの充電に対応するUSB-C充電器と比べても、CIO NovaPort TRIO 140Wはトップクラスのコンパクトさ&軽量さです。

CIO NovaPort TRIO 140Wと他の140W充電器との比較
同じ充電性能を持つUSB-C充電器のなかでもコンパクト&軽量

以下はUSB PD 3.1・最大140Wに対応するUSB-C充電器の比較表です。

製品名CIO NovaPort TRIO 140WVOLTME Revo 140Apple 140W USB-C電源アダプタUGREEN Nexode 140WAnker 717 Charger (140W)MATECH Sonicharge 140W
外観CIO NovaPort TRIO 140WVOLTME Revo 140W GaN充電器Apple 140W USB-C電源アダプタUGREEN Nexode 140WAnker 717 Charger (140W)MATECH Sonicharge 140W
搭載ポートUSB-C x 3USB-C x 2
USB-A x 1
USB-C x 1USB-C x 2
USB-A x 1
USB-C x 1USB-C x 2
USB-A x 1
USB-C最大140W140W140W140W140W140W
USB合計最大143W140W140W140W140W140W
サイズ約69 x 63 x 29.5 mm約77.5 x 73.5 x 31.5 mm約96.2 x 75.1 x 28.5 mm約75.9 x 75.9 x 34.7 mm約68 x 59 x 31 mm約73.2 x 73 x 29 mm
重量約227 g約270 g約277.6 g約294.5 g約235 g約257 g
価格(税込)12,980円11,980円13.242円14,980円
1Wあたりの価格91.41円85.57円94.59円107.00円
1Wあたりの体積0.90 ㎤1.28 ㎤ 1.47 ㎤1.43 ㎤ 0.89 ㎤ 1.11 ㎤
1Wあたりの重量1.60 g1.93 g1.98 g2.10 g1.68 g1.84 g
販売ページ Amazon Amazon Apple公式 Amazon Amazon

3辺の長さを掛け合わせた体積とUSB合計最大ワット数から「1Wあたりの体積」を算出しています。CIO NovaPort TRIO 140Wがトップクラスにコンパクトで軽量で軽量であることが分かります。

CIO NovaPort TRIO 140WとAnker 717 Chargerのサイズ比較
Anker 717 Charger(140W)とのサイズ比較

もっともサイズ・重量が近いのはAnker 717 Charger(140W)です。ほぼ同じサイズ感ではありますが、ポート数の違いを考えるとCIO NovaPort TRIO 140Wに軍配が上がります。なお、Anker 717 Charger(140W)は販売を終了しているようです。

CIO NovaPort TRIO 140W、MacBook Pro 16インチ、iPhone 13のサイズ比較
MacBook Pro 16インチ、iPhone 13

高い性能を持つUSB-C充電器ということもあり、サイズ・重量ともそこそこありますが、この充電性能・3ポート搭載でこのサイズ感は魅力的です。

USB PD 3.1 EPR対応で最大140Wの充電が可能

続いてはCIO NovaPort TRIO 140Wの充電性能についてみていきます。

CIO NovaPort TRIO 140WでMacBook Pro 16インチを140W充電
MacBook Pro 16インチを充電(実測138W)

上ではMacBook Pro 16インチを充電しています。USB充電チェッカーで確認してみると、約138Wと140W近いワット数で充電できていることが分かります。チェッカーにも表示されていますが、しっかり「PD 3.1 EPR」で認識されていますね。

MacBook Pro 16インチ(2023/2021)では、最大140WのUSB-C充電器を使うことで約30分でバッテリーを最大50%も充電できます。最大140Wの充電に対応するのはMagSafe 3コネクタのみです。USB-Cポートからの充電は最大100Wとなります。

続いて最大140Wの入出力に対応するモバイルバッテリー「Anker 737 Power Bank」を充電してみます。

CIO NovaPort TRIO 140WでAnker 737 Power Bankを充電
Anker 737 Power Bankを充電(実測123.3W)

このモバイルバッテリーには入出力のワット数を確認できるディスプレイが搭載されています。「約123.3W」と表示されており、100Wを超えるワット数で充電できていることが確認できます。

続いて手元にあるASUSのゲーミングノートPCを充電してみます。

CIO NovaPort TRIO 140WでASUSのゲーミングノートPCを充電
ゲーミングノートPCを充電(実測92W)

すると約92Wで充電されていました。このノートPCはUSB PD 3.1には対応しておらず、USB PD 3.0の最大100Wの充電までとなります。

続いてM2 MacBook Air(2022)を充電してみます。

CIO NovaPort TRIO 140WでM2 MacBook Airを充電
M2 MacBook Airを充電(実測68W)

こちらでは約68Wで充電できています。M2 MacBook AirもUSB PD 3.1に対応していません。このワット数がこのデバイスの最大値となります。

CIO NovaPort TRIO 140Wでどれくらいのワット数で充電できるかは充電デバイスの仕様によります。現状USB PD 3.1に対応するデバイスはごく限られており、最大140Wの恩恵を受けられない場合がほとんどですのでご注意ください。

とはいえ、USB PD 3.1に対応するデバイスはノートPCを中心にさらに増えてくるはず。CIO NovaPort TRIO 140WはUSB PD 3.1に対応するデバイスを高速に充電できる次世代のUSB-C充電器です。

あらゆるデバイスを同時に急速充電

CIO NovaPort TRIO 140Wには3つのUSB-Cポートが搭載、合計最大142Wの充電に対応します。もうなんでもこいの充電性能ですね。

CIO NovaPort TRIO 140Wで3台同時充電
3台同時に充電

3台同時に充電してみると、M2 MacBook Airでは約63W、iPad Pro 12.9インチでは約34W、iPhone 13では約24Wで充電できていました。いずれもフルスピードで充電できている状態。

この3台セットは個人的に持ち運ぶことが多いので、それらをまとめて充電できるのは非常に便利!CIO NovaPort TRIO 140Wを手に取る回数は多くなりそうです。

CIO NovaPort TRIO 140Wでは接続デバイスに応じて自動的に電力を振り分けてくれます。上の場合ではおそらく67W + 45W + 30Wで振り分けられているかと思いますが、「どのUSBポートにどのデバイスを挿すか」を意識する必要がないのでラクですね!

CIO NovaPort TRIO 140Wで2台同時充電
ノートPC2台を同時充電

上ではMacBook Pro 16インチとM2 MacBook Airを充電しています。MacBook Pro 16インチでは約64W、M2 MacBook Airでは約62Wで充電できています。この場合は67W + 67Wで振り分けられているかと思われます。

高い充電性能はもちろんですが、「とりあえず挿せば勝手にいい具合に充電してくれる」というのは非常にラクです。この点はCIO NovaPort TRIO 140Wを選ぶ理由にひとつになりそうです。

なお、複数デバイス同時充電時において、ケーブルの抜き差しによって充電の瞬断が発生します。これは電力の再振り分けにともなう瞬断かと思われます。その後すみやかに充電が開始されるため使用に問題ありませんが、気になる方はご注意ください。

【比較】他のUSB PD 3.1対応・140W USB充電器と何が違う?

私はMacBook Pro 16インチユーザーということもあり、USB PD 3.1・最大140Wに対応するUSB-C充電器を複数所持しています。

140WクラスUSB-C充電器の比較
最大140Wの充電に対応するUSB-C充電器

再掲

製品名CIO NovaPort TRIO 140WVOLTME Revo 140Apple 140W USB-C電源アダプタUGREEN Nexode 140WAnker 717 Charger (140W)MATECH Sonicharge 140W
外観CIO NovaPort TRIO 140WVOLTME Revo 140W GaN充電器Apple 140W USB-C電源アダプタUGREEN Nexode 140WAnker 717 Charger (140W)MATECH Sonicharge 140W
搭載ポートUSB-C x 3USB-C x 2
USB-A x 1
USB-C x 1USB-C x 2
USB-A x 1
USB-C x 1USB-C x 2
USB-A x 1
USB-C最大140W140W140W140W140W140W
サイズ約69 x 63 x 29.5 mm約77.5 x 73.5 x 31.5 mm約96.2 x 75.1 x 28.5 mm約75.9 x 75.9 x 34.7 mm約68 x 59 x 31 mm約73.2 x 73 x 29 mm
重量約227 g約270 g約277.6 g約294.5 g約235 g約257 g
価格(税込)12,980円11,980円13.242円14,980円
1Wあたりの価格91.41円85.57円94.59円107.00円
1Wあたりの体積0.90 ㎤1.28 ㎤ 1.47 ㎤1.43 ㎤ 0.89 ㎤ 1.11 ㎤
1Wあたりの重量1.60 g1.93 g1.98 g2.10 g1.68 g1.84 g
販売ページ Amazon Amazon Apple公式 Amazon Amazon
※1 筆者がクラウドファンディング「Makuake」で購入した価格です。

残念ながらAnker 717 Charger(140W)とMATECH Sonicharge 140Wは在庫なしで買えない状態ですが、それぞれを比較するとコンパクトさと軽さではCIO NovaPort TRIO 140Wが有利です。

ただし、CIO NovaPort TRIO 140WにはUSB-Aポートがないことには注意です。最近ではUSB-Cが主流と言えども、USB-Aポートが必要な場面もまだあります。USB-Aポートが必要な方には「VOLTME Revo 140」がおすすめ

CIO NovaPort TRIO 140Wよりはサイズ・重量ともアップしますが、搭載ポートや価格を含めバランスのとれたUSB-C充電器です。

USB-Cポートのみで問題なければ、CIO NovaPort TRIO 140Wを買いでOKです。

CIO NovaPort TRIO 140Wレビューまとめ

今回はUSB PD 3.1・最大140Wに対応する超パワフルなUSB-C充電器「CIO NovaPort 140W」をご紹介させていただきました。

同等の充電性能を持つUSB-C充電器は選択肢が少ないものの、そのなかでもCIO NovaPort TRIO 140Wのコンパクトさ・軽量さはトップクラス。最大140Wの充電が可能なノートPCをお持ちの方にはドンピシャにハマるはずです。

対応デバイスをお持ちでない方でも、中型・大型デバイスを同時に急速充電したいという方であればCIO NovaPort TRIO 140Wを選ぶメリットがあります。ノートPCを2台、あるいは3台同時に充電できるほどのUSB-C充電器はなかなかありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次