BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源

BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源

今回ご紹介するのは、BLUETTI(ブルーティー)の小型ポータブル電源「EB3A」という製品です。

搭載するバッテリー容量は268.8Whと控えめではありますが、そのぶん機動性は抜群。「持っていっておきたいけど、重いしどうしようかな」と迷う場面でも、躊躇なく持ち出せるサイズ感が魅力のポータブル電源です。

BLUETTI EB3Aを使ってみて、私は、ポータブル電源というよりコンセントが使える大型モバイルバッテリー、という表現がぴったりな印象を受けました。

BLUETTI EB3Aはモバイルバッテリー感覚で活用できる
超大型モバイルバッテリー感覚で使えるポータブル電源

ポータブル電源は必要なときにそこにないと意味がありません。そういう意味では、「持ち出すまでのハードルの低さ」はポータブル電源選びの大事なポイントです。BLUETTI EB3Aは、まさにそのポイントのをカバーしてくれるコンパクトなポータブル電源です。

もちろん、サイズと同じくらい重要な電源供給性能もばっちり。BLUETTI EB3Aは最大600W(電力シフト機能で最大1200W)のAC出力に対応、小型ポータブル電源のなかでもパワフルな性能を備えます。

小型でもしっかり使えるポータブル電源をお探しの方に、BLUETTI EB3Aはハマるはずです。また、比較的選びやすい価格で初めてのポータブル電源にもいいでしょう。興味のある方はぜひチェックしてみてください!

本記事はBLUETTI JAPANより提供いただいた製品を使用し作成しています。PR記事についてのポリシーはこちら

目次

BLUETTIの小型ポータブル電源「EB3A」

BLUETTI(ブルーティ)とは?

BLUETTIは、ポータブル電源やソーラーパネルなどで有名なブランドです。

BLUETTIブランを展開する会社(パワーオークグループ)は中国深センにありますが、日本法人の「BLUETTI JAPAN」が神奈川県にあります。保証などのアフターフォローを行ってくれる拠点が日本国内にあることは安心要素です。

BLUETTIではEB3Aのような小型ポータブル電源から、5000Whを超えるものまで、さまざまなバッテリー容量のポータブル電源がラインアップされています。それらにすべて、より安全性が高く長寿命な「リン酸鉄リチウム電池」が採用されています。これもBLUETTIの特徴のひとつです。

BLUETTI EB3Aの仕様

BLUETTI EB3Aの仕様は以下のとおりです。

製品名BLUETTI ポータブル電源 EB3A
BLUETTI EB3A
バッテリー種類リン酸鉄リチウムイオン電池
バッテリー容量268.8 Wh
入力AC:最大430W
PV(ソーラー):12-28V, 最大200W
シガーソケット:12V/24V
出力AC x 2(正弦波、50/60Hz切り替え可能、最大600W)
5521 x 2(12V/10A)
シガーソケット x 1(12V/10A)
USB Type-A x 2(5V/3A)
USB Type-C x 1(最大100W)
Qiワイヤレス充電(最大15W)
その他機能電力シフト機能(最大1200W)
簡易UPS
LEDライト
サイズ約255 x 180 x 183 mm
重量約4.6 kg
カラーカラー:ブラック/ベージュ
パッケージ内容EB3A本体
ACアダプタ充電用ケーブル
取扱説明書
保証カード・合格証明書

モバイルバッテリーやUSB充電器をレビューすることが多い私にとっては、やはりUSBポートやワイヤレス充電の充電性能が気になるところ。充電性能についてはこのあと詳しくレビューしています。

安全性が高く長寿命のリン酸鉄リチウム電池を採用

BLUETTI EB3Aに採用されているリン酸鉄リチウムイオン電池は、複数あるリチウム電池のなかでも安全性の高い種類です。他と比べてエネルギー密度が低いことから耐熱性に長け、さらに充放電サイクル数が多く長寿命という特徴があります。つまり、安全でエコな素材ということですね!

BLUETTI公式サイトによると、EB3Aの充放電サイクル数はなんと2500回以上

BLUETTI EB3Aの充放電サイクル数

仮に毎日充放電を繰り返したとしても、6.9年以上使える計算になりますね。実際の仕様では10年以上はもってくれるでしょう。

モバイルバッテリーの充放電サイクル数は、一般的に300回~500回ほどと言われています。2日1回の充放電で約2年使える計算になるのですが、体感的にも2、3年を超えると「バッテリー残量が減ってきたな、そろそろ買い換えか」という感じ。

その点、リン酸鉄リチウム電池を採用し充放電サイクル数が2500回以上のBLUETTI EB3Aなら長く使えますね。長く使えるということは、環境にもサイフにも優しい!

バッテリー容量「268.8Wh」で何をどれくらい充電できる?

BLUETTI EB3Aのバッテリー容量は268.8Whとなっています。

スマホ(10W)約15〜20回GoPro(47Wh)約46回
LEDライト(20W)約10〜12時間Osmo Pcket(6.378wh)約32回
タブレット(30Wh)約7回ドローン(60Wh)約3.6回
Switch(13.6Wh)約16回電動工具(80W)約2〜2.3時間
ノートPC(50Wh)約4.3回ミキサー(100W)約2時間
デジカメ(16.4Wh)約13回CPAP(40W)約5.4時間
BLUETTI EB3Aで何回充電できる?(BLUETTI公式サイトを参照)

上はBLUETTI公式サイトで紹介されていた目安です。1泊以上のキャンプに持っていくとなると心もとないバッテリー容量ですが、日帰りのデイキャンプや釣り、ロングドライブなどの比較的ライトなら必要十分でしょう。

BLUETTIアプリで入出力を確認・操作できる

AppleのApp Store・Google Playで配信されている「BLUETTIアプリ」を使うことで、アプリからBLUETTI EB3Aの入出力状況を確認したり、AC・DCオン/オフを操作できます。

BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
BLUETTIアプリ

LEDライトや本体のバージョンアップなどを行えます。

BLUETTI EB3AとスマホがBluetooth圏内にあれば遠隔での操作が可能。リモコンのように操作できるので、車内など狭い空間での操作に便利です。

BLUETTI EB3Aレビュー

それでは本題のレビューに入っていきましょう!まずは外観からチェックしていきます。

外観

BLUETTI EB3Aのパッケージ内容
パッケージ内容
BLUETTI EB3Aのパッケージ内容
  • EB3A本体
  • ACアダプタ充電用ケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証カード
  • 合格証明書

パッケージ内容は本体を含め上記の5点です。

BLUET
正面

AC・DCオン/オフボタンやバッテリー残量・出力状況を表示するスクリーンなど、表示・操作系はすべて前面に集約されています。

BLUETTI EB3Aの上部
上部

上部のマークされている部分でワイヤレス充電できます。ワイヤレス充電対応のスマホやワイヤレスイヤホンなどの対応デバイスを最大15Wで充電できます。

BLUETTI EB3Aのハンドル
ハンドル

持ち運び時にはこのようにハンドルを立てられる構造となっています。ハンドルを寝かせると完全なフラットになります。

BLUETTI EB3Aの吸排気口(右)
右側面
BLUETTI EB3Aの吸排気口(左)
左側面

吸排気口は左右側面に配置されています。

BLUETTI EB3Aの底面
底面
BLUETTI EB3Aの底面に表示されている仕様
仕様の表示

底面の四隅には滑り止め用のゴムがあります。また、中央部分には製品の仕様が表示されています。

BLUETTI EB3Aの外観
高級感はないが安っぽさもない!

決して高級感がある外観・デザインというわけではありませんが、安っぽさはありません。デジタル表示のスクリーンは見やすく分かりやすいですし、ボタンの操作性も問題なしですね!

持ち出すハードルが低いサイズと重量

BLUETTI EB3Aのサイズは約255 x 180 x 183 mm、重量は約4.6 kgとなっています。

BLUETTI EB3AとiPhoneのサイズ比較
iPhone 14・iPhone 14 Plusとのサイズ比較

iPhone 14とiPhone 14 Plusと並べてみました。両者は過去モデルの「小さいほう」と「大きいほう」とほぼ同じサイズですので、お手元にあればサイズをイメージしていただきやすいかと思います。

実際のところ、コンパクトなポータブル電源はたくさんあります。しかし、このサイズでAC出力が600Wに対応するものはなかなかありません。600Wでこのサイズ、となるとやはりコンパクト。

約4.6 kgと子供でも持てる重さ
子供でも持てる重さ

このように子供でも楽ラク持てます。ポータブル電源を持ち出すとき、保管場所から車に持っていくまでが第一のハードルになります。約4.6 kgと軽くはないものの、難なく片手で持てる重さ。「使わないかも知れないけど、一応もって行っておくか」という場面でも迷いなく持ち出せます。

BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
車内でのガジェット類の充電が捗りそう

私はノートPCやiPad、カメラ、モバイルディスプレイなどのガジェット類をよく車内に持ち込みます。いつもはそれらを充電するのにモバイルバッテリーを使うのですが、BLUETTI EB3Aならこれ1台で済むので便利。サイズ的にも邪魔になりません。

BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
本体・ケーブルともに収納に困らない

ポータブル電源本体を充電するのに巨大な電源アダプタが必要になることが多いですが、BLUETTI EB3Aは付属のAC電源ケーブル1本で充電できます。本体と一緒にラクに持ち出せます。

ポータブル電源本体の充電は1時間で完了

BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
BLUETTI EB3A本体を充電中

付属のAC電源ケーブルをAC入力コネクタに接続、BLUETTI EB3A本体を充電します。

BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
3つの充電モードに対応

充電には「標準モード」「静音モード」「高速モード」の3つのモードがあり、デフォルトでは標準モードに設定されています。

  • 標準モード:最大268W(約2時間でフル充電)
  • 静音モード:ファンの動作を抑えるモード(約100Wで充電)
  • 高速モード:最大430W(約1時間でフル充電)

BLUETTI EB3A本体をフル充電するのにかかる時間は、高速モードでたったの1時間。40分の充電で70%も充電可能。持ち出す当日に充電し忘れに気付いても、まるでスマホ感覚でサクッと急速充電できてしまうのは便利ですね!

BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
高速モードで充電中(約430W)

高速モードで充電中は、仕様どおり約430Wで充電されていました。

なお、充電モードの切り替えはBLUETTIアプリで行えます。

BLUETTIアプリで充電モードを野切り替え
アプリから充電モードを切り替え

これはどのようなバッテリーにも言えることですが、一般的に急速充電はバッテリーに負担がかかります。通常は標準モードで充電し、急ぎの場合のみ高速モードに切り替えるのがいいでしょう。

最大600Wに対応するACコンセント

BLUETTI EB3AのAC出力は最大600W(電力シフトで最大1200W)に対応します。このサイズ感のポータブル電源で600Wはかなりパワフル。

BLUETTI EB3Aで充電池・バッテリーを充電
充電式乾電池・カメラ用バッテリーを充電
BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
ゲーミングノートPCに給電
BLUETTI EB3Aに電気毛布を接続
電気毛布に給電
BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
スイッチ x モバイルモニターで遊ぶ

このようにあらゆるものに給電できます。ちなみにスイッチは、BLUETTI EB3Aからスイッチのドックとモバイルモニターに給電しています。電源のないキャンプ先でスイッチで遊ぶ、プロジェクターで映画を観る、なんて使い方もできますね。

私の場合はガジェット系製品の充電が多いですが、小型の炊飯器やIHクッキングヒーターなども合計600W以内であれば使用できます。

BLUETTIアプリから電力シフト機能をオンにすれば、最大1200Wまでの家電を動かせます。これは600Wを超えて消費電力の高い家電を動作させられる機能。

この電気シフト機能、私は「へーそんなことができるんだ」と驚いたのですが、電力を余計に消費したり、電気ケトルでお湯を沸かすにしても通常より時間がかかったりといったようにメリットだけではないようです。あくまでもおまけ機能的に思っておいたほうがいいでしょう。

嬉しい最大100WのType-Cポート

BLUETTI EB3AのUSBポート
パワフルで頼りになる最大100WのType-Cポート

BLUETTI EB3Aが搭載するType-Cポートは最大100Wに対応、スマホからタブレット、ノートPCまで充電できます。

BLUETTI EB3Aの対応する急速充電規格
Type-Cポートが対応する急速充電規格をチェック

USB充電チェッカーで対応する急速充電規格を調べてみると、USB PD 3.0のほかにサムスンやファーウェイなどのメーカー独自に急速充電にも対応しているようです。なんでもこいと言わんばかりの高い充電性能ですね。

対応する急速充電規格(Type-C)
  • USB PD 3.0 / PPS(最大100W)
  • Fast Charge Protocol
  • Adaptive Fast Charging
  • Smart Charge Protocol
  • Pump Express+ 2.0
  • Quick Charger 4+
  • Apple 2.4A
BLUETTI EB3AでMacBook Proを充電
MacBook Pro 16インチを充電

USB PDに対応する15インチクラスのノートPCをポータブル電源単体で充電できるのは便利!

BLUETTI EB3AでMacBook Proを充電(ワット数)
MacBook Pro 16インチ充電中のワット数(約94W)

このとおり、約94Wと非常に高速に充電できています。

BLUETTI EB3AをXperia 1 IIIをPPS充電
Xperia 1 IIIをPPS充電

Type-CポートはUSB PD 3.0のPPS充電にも対応します。上ではXperia 1 IIIを充電していますが、しっかりとPPS充電できていることを確認できました。

Type-Cポートの充電性能は申し分ないのですが、欲を言えばもうひとつかふたつType-Cポートが欲しいですね。

もちろん使い方にもよりますが、「スマホとタブレット、ノートPCなど複数デバイスを同時に充電したい」というパターンはよくあるかと思います。小型デバイスの充電はType-Aポートでカバーできるものの、私の環境・使い方だともうひとつくらいType-Cポートが欲しいところ。

BLUETTI EB3AにUSB充電器を接続
USB充電器でUSBポートを拡張できる

といっても、2口のACコンセントを搭載するBLUETTI EB3Aならこれができますからね。別途USB充電器を用意すればいくらでも拡張できます。

BLUETTI EB3AにUSBカーチャージャーを接続
USBカーチャージャーの接続も!

シガーソケットにUSBカーチャージャーを接続するのもありですね。これができるのはポータブル電源の大きな強みでしょう。

ワイヤレス充電が地味に便利

BLUETTI EB3Aが対応するQiワイヤレス充電が地味ながら便利だと感じました。

BLUETTI EB3AでiPhoneをワイヤレス充電
iPhone 12 Pro Maxをワイヤレス充電
BLUETTI EB3AでXperia 1 IIIをワイヤレス充電
Xperia 1 IIIをワイヤレス充電

ワイヤレス充電の利点は、充電ケーブルがなくても置くだけで充電できること。とにかく楽チン。

iPhone 8以降の最大7.5Wワイヤレス充電に対応していますし、Androidスマホでは最大15Wのワイヤレス充電に対応。一般的に販売されているワイヤレス充電器と同等の充電性能です。

BLUETTI EB3AでAirPodsをワイヤレス充電
AirPodsをワイヤレス充電

Qiワイヤレス充電に対応するデバイスならスマホでなくても充電できます。上ではAppleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」をワイヤレス充電しています。ちょっと充電可能位置がシビアな気がしますが、充電ケーブルが手元になくても置くだけで充電できるは便利です。

BLUETTI EB3Aはモバイルバッテリー感覚で使えるポータブル電源

今回はコンパクトでパワフルなポータブル電源、BLUETTI EB3Aをご紹介させていただきました。サイズが約255 x 180 x 183 mm、重量が約4.6 kgと気軽に持ち出せるサイズ感のポータブル電源なのに、AC出力が最大600Wと非常にパワフルです。

バッテリー容量は268.8 Whと少なめではありますが、だからこそ実現できているサイズ・重量だと思いますし、普段からガシガシ使うポータブル電源としては、さまざまな面でちょうどいいスペックだと感じました。

冒頭でも書いたように、超大型のモバイルバッテリーという感覚で活用できるところに大きなメリットがありますね。

  • 車での旅行時に家族共有のバッテリーとして。
  • カメラやドローンなどでの撮影機材として活用。
  • ソロキャンプや釣りなど比較的ライトな使い方。
  • 車中泊などでのちょっとした調理。
  • ゲームやプロジェクターなどのエンタメ用途。
  • サブのポータブル電源として
  • 初めてのポータブル電源として

とにかく小さく軽いので、どのようなシーンにも気軽に持ち出せます。それに安全性の高いリン酸鉄リチウム電池採用ですので、車内に持ち込むときにも安心感があります。

モバイルバッテリーの延長線のような感覚で使えるポータブル電源をお探しなら、BLUETTI EB3Aがハマるはず。ぜひチェックしてみてください!

BLUETTI EB3A
BLUETTI EB3Aレビュー|モバイルバッテリー感覚で使えるコンパクト・軽量なポータブル電源
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • コンパクトで軽量、持ち運びしやすいサイズと重量
  • AC出力が最大600Wに対応(最大1200Wの電力シフト付き)
  • 安全性が高く長寿命のリン酸鉄リチウム電池を採用
  • たった1時間の充電でフル充電できる(高速モード)
  • 最大100WのType-Cポートを搭載
  • アプリで入出力状況の確認や遠隔操作できる
  • 比較的価格が安い
デメリット
  • バッテリー容量が268.8 Whと少なめ
  • Type-Cポートが1つしかない(Type-Aは2つ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次