※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

Belkin BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー 10000mAh【レビュー】

Belkin BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー 10000mAh【レビュー】

今回ご紹介するのは、Belkin(ベルキン)のApple Watch磁気充電に対応するモバイルバッテリーです。

「Apple Watchの急速充電(磁気高速充電)に対応」といううたい文句に惹かれ購入したのですが、検証してみた結果、期待していた充電速度は出ませんでした

私のように、Apple Watchを急速充電できることが決め手となり本製品を選ばれる方は多いかもしれません。ただ実際には、Appleが定義する急速充電ほどの充電速度は出ません。詳しくは記事内の「Apple Watch磁気高速充電を検証」で解説しています。

本記事では充電性能についての検証を含め、外観や有線の充電性能のチェックしておりますので、レビューとしてご紹介します。

Belkin BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch急速充電 モバイルバッテリー 10000mAh
Belkin BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー 10000mAh【レビュー】
総合評価
( 1 )
メリット
  • Apple Watch磁気充電に対応するモバイルバッテリー(10,000mAh)
  • USB-Cポートは最大20Wの入出力に対応
  • 2台同時充電&パススルー充電に対応
  • Made For Watch(MFi認証)取得
デメリット
  • Apple Watchの急速充電に対応していることを確認できない
  • 価格が高い

この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

Belkin BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch急速充電 モバイルバッテリー 10000mAhの仕様

製品名はBelkin「BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch急速充電 モバイルバッテリー 10000mAh」となりますが、長いので本記事では型番である「Belkin BPD005」と表記させていただきます。

BPD005の仕様は以下のとおりです。

製品名BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAh
型番BPD005btBK
外観BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAh
バッテリー容量10,000 mAh
充電目安iPhone 14を約2回、Apple Watch Series 8を約14回フル充電
USB-C(入出力)最大20W(USB PD 3.0)
2台同時充電〇(Apple Watch + USB-C)
パススルー充電
Made For Watch(MFi認証)
サイズ136.5 x 56 x 28.7mm
重量約231.5 g(実測)
カラーブラック
パッケージ内容BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー10000mAh
USB-C to Cケーブル(30 cm)
価格(税込)14,256円
販売ページAmazon

Apple Watchの磁気充電に加え、USB Power Deliver(USB PD)対応・最大20WのUSB-CポートでiPhone 8以降を急速充電できます。

10,000 mAhバッテリーを搭載し、Belkinによると、iPhone 14を約2回、Apple Watch Series 8を約14回フル充電できるとのこと。普段使いにはちょうどいいバッテリー容量です。

BPD005のパッケージ内容
パッケージ内容

パッケージ内容は上のとおりです。iPhoneを充電するには「USB-C to Lightningケーブル」が必要ですので、手持ちのもの利用するかお持ちでなければ用意する必要があります。

外観・デザイン

まずはBelkin BPD005の外観・デザインを見ていきます。

Loading…

外装にはシリコン素材が使われています。手触りが良く、またグリップが効くので持ちやすいですね。モバイルバッテリーにはプラスチッキーで安っぽいと感じてしまうものが多いですが、これは高級感があります。

BPD005の外観・デザイン
外観・デザイン

カラーはブラックのみ。シリコン素材ということもあり、ホコリや糸くずが引っかかりやすく、またブラックで目立ちやすいと感じました。

BPD005のApple Watch磁気充電部分とUSB-Cポート

白いまるい部分がApple Watch磁気高速充電モジュールです。ここにApple Watchをくっつけて充電します。

側面に見えるのは最大20Wに対応するUSB-Cポート、バッテリー残量の目安を4段階で確認できるLEDランプ、電源ボタンです。

  • 4つ点灯:75% ~ 100%
  • 3つ点灯:50% ~ 75%
  • 2つ点灯:25% ~ 50%
  • 1つ点灯:25%以下
BPD005の形状
Apple Watchを充電しやすい設計

横から見ると、Apple Watch磁気充電部分がスリムになっていることが分かります。Apple Watchにバンドを装着した状態でも充電しやすい設計となっています。

BPD005本体に表示された仕様とPSEマーク
本体に表示された仕様と各種マーク

Apple Watch磁気充電部分の裏側に、製品の仕様やPSEマークが表示されています。

Belkin BPD005とiPhone 13のサイズ比較
iPhone 13とのサイズ比較

Belkin BPD005のサイズは136.5 x 56 x 28.7mmです。iPhone 13(146.7 x 71.5 x 7.65 mm)と並べてみました。10,000 mAhクラスのモバイルバッテリーとしては大きめのサイズとなります。

belkin BPD005の重量を計測
重量は実測で231.46 g

重量は実測で231.46 gでした。毎日持ち運ぶモバイルバッテリーとしては重いと感じてしまうかもしれません。

ただ、Apple Watch磁気充電モジュールを搭載してのこのサイズ・重量なら許容範囲内という印象です。

Apple Watch磁気高速充電を検証

Apple Watch Series 8/7、Ultraは急速充電に対応しており、Series 8/7では45分程度で最大80%充電、Ultraでは1時間程度で最大80%充電できます(Apple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブル使用時)。

Amazonの販売ページやBelkin公式ページにも「Apple Watchを45分で0%から80%まで急速充電されます。」と書かれており、これはSeries 8/7を指しているものだと思われます。

Belkin BPD005の急速充電性能をチェック
Apple Watch Ultra/Series 7で急速充電できるかを検証

手元にあるApple Watch Ultra・Series 7を使って、Belkin BPD005で急速充電できるのかを確認してみた結果が以下になります。参考にApple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブル使用時のバッテリー残量の推移も載せています。

モデル充電器開始時のバッテリー残量30分経過45分経過60分経過
Series 7Belkin BPD00514%45%58%
(44%アップ)
Apple Watch磁気高速充電ケーブル8%68%87%
(79%アップ)
UltraBelkin BPD00510%39%49%61%
(51%アップ)
Apple Watch磁気高速充電ケーブル1%49%66%80%
(79%アップ)
※ 「バッテリー充電の最適化」をオフにして計測。BPD005はバッテリー満タン状態で計測。

Apple Watch磁気高速充電ケーブルを使用したときは、Series 7が45分の充電で79%アップ、Ultraも60分の充電で79%アップとほぼ公称どおりの充電速度で充電できています。

しかし、Belkin BPD005では、Series 7が45分の充電で44%アップ、Ultraが60分の充電で51%アップという結果に。急速充電できているとは言いがたい充電速度です。

Belkin BPD005は「Made for Watch(MFi認証)」を取得しており、Apple純正の磁気高速充電モジュールが使われています。にもかかわらず急速充電できないのはなぜなのでしょうか。

これはあくまでも筆者の憶測ではあるのですが、メーカーがApple純正の磁気高速充電モジュールを採用=急速充電できるっしょ、と安易に書いちゃってるのではと。

ちなみに、急速充電対応とうたうエレコムのApple Watch充電器でも、Series 7を45分で80%の充電はできませんでした。

Belkin BPD005もそうですし、エレコムのApple Watch充電器もそう。急速充電(高速充電)とうたいながら、実際には急速充電できないのダメでしょう。はっきり言ってがっかりです。

Apple公式ページを再度確認すると、「高速充電するには、Apple USB-C 磁気高速充電ケーブルが必要です。」とだけ書かれており、サードパーティ製のApple Watch充電器やモバイルバッテリーには触れられていません。

Apple Watch の高速充電について(Apple公式サイト)
出典:apple.com/jp

Apple以外のサードパーティ製のApple Watch充電器・モバイルバッテリーを選ぶときは、急速充電対応もしくは高速充電対応とうたわれていても疑ってかかったほうがいいのかもしれません。

USB-Cは最大20W対応でiPhoneを急速充電

Belkin BPD005は、USB PD・最大20Wに対応するUSB-Cポートを搭載します。

Belkin BPD005でiPhone 13を充電
iPhone 13を充電(実測約20W)

iPhone 13を充電してみると、約20Wと高速に充電できていました。iPhoneの急速充電では30分で最大50%もバッテリー残量を回復できます。

Belkin BPD本体を充電
Belkin BPD005本体を充電(実測約19W)

出力だけでなく入力も最大20Wに対応しており、モバイルバッテリー本体を高速に充電できます。

2台同時充電&パススルー充電に対応

Belkin BPD005は、Apple WatchとiPhoneを同時に充電できます。

Belkin BPD005でApple WatchとiPhoneを同時充電
Apple Watch UltraとiPhoneを同時充電

USB-CポートはUSB PD・最大20Wに対応するので、iPhoneだけでなくAndroidスマホやiPadも充電OKです。

Belkin BPD005でパススルー充電
パススルー充電に対応

パススルー充電にも対応し、モバイルバッテリー本体を充電しながらApple Watchを充電することも可能です。

レビューまとめ

今回はApple Watch磁気充電に対応する「Belkin BoostCharge Pro 2-in-1 iPhone + Apple Watch 急速充電モバイルバッテリー 10000mAh」をご紹介させていただきました。

「Apple Watchの急速充電に対応」がセールスポイントの本製品ですが、残念ながらうたい文句どおりの急速充電はできませんでした。

急速充電できていない原因として、検証したApple Watch Ultra/Series 7の不具合も考えられますが、AppleのApple Watch磁気高速充電 USB-Cケーブルでは急速充電できていることから、可能性としては低いと考えています。考えられるのは製品の初期不良ですね。

現段階におけるBelkin BPD005の評価は、「買わなくていい」というよりは「買っちゃダメ」となります。筆者としても期待外れというか、騙された気分です。これまでもBelkinの製品をレビューしてきており、どれも素晴らしい製品だっただけに非常に残念です。

Apple Watchユーザーのあなたにはこちらの記事がおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次