【2019年版】Apple Watchはどこで買う?安くお得な6つの購入方法

一度使えば手放せなくなるほど便利なApple Watch。スマートウォッチというものに対して、「充電が必要な腕時計なんて」と僕は否定的な考えを持っていました。それが実際に使ってみたら、完全にApple Watchの虜に。いまでは睡眠時間を計測するために寝るときにも腕に巻いています。

「Apple Watchが気になる!欲しい!」このような人は多いと思います。同時に「Apple Watchってどこで買えるの?安く買う方法は?」という人も多いでしょう。

同じ製品なら、ちょっとでも安く購入したいと思うのは当然です。この記事ではApple Watchを購入する6つの方法を紹介しています。ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

Apple Watchの正規の価格を確認しておこう

Apple Watchに限らずですが、Apple製品は定価以上の価格で販売されていることがしばしばあります。特に発売直後の品薄状態になっているタイミングでこういったことが起こりやすく、そういったタイミングで購入する際は「定価以上に高くなっていないか」を確認しておくことが大事です。

Apple Watchを購入する前に、Appleでの正規の価格を確認しておきましょう。

在庫が在庫が潤沢にある状態では、価格が定価以上に高騰することはほぼありません。しかし悪意を持って値を釣り上げられる、ということも無きにしも非ずですので、念のためにも価格を確認しておきましょう。

ちなみにApple Watch Series 5の発表に伴い、Apple公式サイトのラインアップからApple Watch Series 4は消えています。

Apple Watchをどこで買う?安く買う方法は?

Apple Watchの購入場所によって、それぞれメリット・デメリットが存在します。どれが正解か?ということはひとえには言えませんが、必ずあなたの正解があるはずです。

購入方法と合わせて、それぞれのメリットとデメリットについてもまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

1. Apple公式サイトで購入する

まず紹介したいのは、Apple公式サイトで購入する方法です。

僕はすべてのApple製品をApple公式サイトから購入しています。これにはいくつか理由があるのですが、一番大きい理由となっているのはApple公式だという「信頼性の高さ」「何かあったときに楽ちんだから」です。

信頼性が高いということは、ユーザーが安心して購入できるということです。例えばApple公式サイトでは、製品の受け取りから14日以内であれば、例え開封していたとしてもほぼ無条件で返品・返金できます。手を滑らせて落としてしまった…という場合はさすがに対象外ですが、開封してしまっていても返品できるという対応はAppleならではでしょう。

他にも購入した製品に不具合や故障があったとき。Apple公式サイトで購入すれば、その購入が履歴として残るので、オペレーターとのやりとりもスムーズそのもの。製品のシリアル番号は自動的に紐づけられるので、トラブルがあってもAppleとスムーズにやりとりできます。

あと挙げられるメリットとしては、購入時における下取りシステム(Apple Trade In)。シリアル番号や端末の状態を入力、その場で下取り価格の見積もりを確認できます。

また製品の支払いを分割で行いたい場合は、金利0%(最大24ヶ月)で購入できる「Appleローン」も利用できます。

逆にネガティブなポイントとしては、販売価格は定価であることと、ポイントシステムがないこと。と言っても、Apple製品はどこで購入しても定価販売が基本ですので、そういう意味では価格的なデメリットは大きくはありません。ポイントシステムはぜひ作って欲しいと思いますが。

僕がApple公式サイトでの購入を選ぶのは、安心であるということと、楽であるということ2点が大きな理由になっています。最もおすすめしやすい購入方法です。

「Apple公式サイトで購入する」メリットとデメリット

2. AmazonのApple公式ショップで購入する

AmazonのApple公式ショップでApple Watchを購入する
出典:Amazon.co.jp

「買えないものはないのでは」と言われるほど豊富な取り扱い製品を揃えるAmazon。もちろんApple Watchを含めAppleの製品も販売されています。

Apple製品を購入できるショッピングサイトはいくつかありますが、Amazonを選ぶ理由になるのは「AmazonにはApple公式ショップがある」というところ。

Amazon内にApple公式ショップが開設されたのは2019年で、実はつい最近のこと。それまでは一般の出品者によるマーケットプレイスでの販売のみで、価格が定価以上に高騰していたり、ひどい場合だと粗悪品が売られていたり…ということもありました。もちろんすべてのマーケットプレイス出品者が悪い、という訳ではありません。しかし、大幅に値下げされることが少ないApple製品を悪用している出品者も確かにいました。

以前はこういった事情がありましたが、いまは違います。Apple公式ショップがあるので安心して購入できます。

安心して購入できるという理由だけであればApple公式サイトを利用すれば済むのですが、Amazonで購入できるのなら「ポイントが使える・貯まる」というメリットが出てきます。Amazonのポイントが貯まっているということであればそのポイントを使えます。Apple Watchを購入した際に付いたポイントでApple Watchバンドを買う足しにする、ということも可能です。

安心して購入でき、さらにポイントも使える・貯まるということを考えるとAmazonで購入するメリットは大きいでしょう。

ただApple Watchの場合、GPSモデルやセルラーモデル、ケースの素材、付属のApple Watchバンドなど、その組み合わせは多岐に渡ります。Amazonではそれらすべての組み合わせをカバーしている訳ではないので、この点はデメリットになります。

「AmazonのApple公式ショップで購入する」メリットとデメリット

3. 楽天市場・Yahoo!ショッピングで購入する

ネットショッピングサイトと言えば、Amazonのほかに「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」も有名です。Amazonと同様取り扱い商品も多く、その中にはもちろんApple Watchもあります。

楽天市場やYahoo!ショッピングで購入するメリットは、ずばり「ポイント」です。特に楽天ポイントは貯められる場所が多いですよね。外食チェーンやガソリンスタンド、ホームセンターなど、多くのお店が楽天ポイントを扱っています。そうして貯めたポイントをApple Watchの購入に充てられるわけです。

デメリットとしてはApple Watchのラインアップがすべて揃えられているわけではないこと、そしてAmazonのようにApple公式ショップはないので、販売価格や出品者の評価を確認、信頼できるかどうかを確かめる必要があることです。少なくとも定価より高くなっていないかは確認しておいたほうがいいでしょう。

「ポイントが貯まっていて、それをApple Watchの購入に充ててたい」という場合は、上記の点を確認した上で購入するようにしましょう。

「楽天市場・Yahoo!ショッピングで購入する」メリットとデメリット

4. 家電量販店で購入する

続いてはApple Watchを家電量販店で購入する方法です。実店舗を構えているので実物を確認でき、販売元が見えにくいネットショッピングよりも安心して購入できるというメリットがあります。

ただApple Watchを取り扱っている店舗は都市型の家電量販店が主で、郊外店にはApple製品を取り扱っていてもApple Watchまでは置いていない場合が多くあります。

僕自身は家電量販店で購入するという方法はとりません。まずお店に出向く手間があるのと、「ポイントをもうちょっと付けてほしい」という交渉をしてみると、いつの間にかクレジットカードの勧誘になってしまっていたりします。

ポイントが使える・貯まるというメリットはあるものの、そもそもApple製品はポイントが付きにくく、往復の交通費を考えると安くなってない…という結果にも普通にあります。

もしポイントを使いたいという理由で家電量販店を利用したいのなら、その家電量販店が運営するネットショップで購入する方法がおすすめです。例えばヤマダ電機が運営する「ヤマダウェブコム」では、実店舗と同じようにヤマダのポイントが使えます。

その他の家電量販店もネットショップを運営しているケースが多いので、ポイントを持っているのならチェックしておいていいでしょう。

「家電量販店で購入する」メリットとデメリット

5. キャリアショップで購入する

キャリアショップとはドコモ/au/ソフトバンクの実店舗のことです。Apple Watchのセルラーモデルのみの取り扱いですが、キャリアショップでも購入できます。GPSモデルを購入したい場合は、その時点で他の選択肢になります。

セルラーモデルの「iPhoneがなくてもApple Watch単体で電話通話・ネット通信できるという機能」を使うには、ペアリングするiPhoneにキャリアのSIMカードが挿さっている必要があります。「iPhoneを格安SIMで運用している」という場合は、単体で通話・通信できる機能は使えません。この点には注意しましょう。

さて、それでは各キャリアのApple Watch(セルラーモデル)の価格を見てみましょう。

うーん、微妙ですね。Apple Watch Series 5の価格はApple公式サイトの価格と同じか少し高め。ドコモではオンラインショップでの取り扱いがないようです。Apple Watch Series 3を購入する場合は、Apple公式サイトのほうがかなり安いので注意です。

価格をみる限り、キャリアショップやオンラインショップで購入するメリットは感じません。

メリットがあるとすれば、Apple Watchの本体価格をスマホの利用料金と一緒に支払える、というところでしょうか。

あと参考に、セルラーモデルの機能を使うための各キャリアのオプションサービスの価格についてもまとめておきます。

上記のオプションサービスは、ネットからかんたんに申し込み・利用開始できます。キャリアショップで購入するよりも、Apple公式サイトで購入しオプションはネットから、という流れが一番シンプルで楽でしょう。

「キャリアショップで購入する」メリットとデメリット

6. 中古ショップ/フリマ/オークションで購入する

最後に紹介するのは、中古ショップやフリマアプリ、オークションなどを利用する方法です。中古品はいい状態であればお買い得感がありますが、正直なところおすすめしにくい部分があります。

まずは「Apple Watchのアクティベーションロック」の問題。アクティベーションロックとは、Apple Watchを紛失したり盗難に遭ったりしたときに第三者に使われないようにするもので、ロックされている状態だとApple Watchはまったく機能しません。仮にAppleに助けを求めても、決して解除はできないので要注意です。

知名度の高い中古ショップであれば、アクティベーションロックについては必ず確認しているはずです。しかし個人間取引であるフリマやオークションの場合、そのリスクが高まります。

あと、Apple Watchは常に人の肌身に密着している状態で使われます。汗をかいたり、水しぶきが飛んだりとハードな環境で使われているはずです。現物をしっかり確認中古品を購入する際はApple Watchの状態を細かくチェックしておきましょう。

Apple Watchは長く相棒として活躍してくれるアイテムです。個人的には中古品ではなく新品を選ぶことをおすすめします。

「中古ショップ/フリマ/オークションで購入する」メリットとデメリット

Apple Watchの購入はApple公式サイトがおすすめ

Apple Watchを購入する方法として、6つの方法を紹介しました。おすすめの購入方法はApple公式サイトです。

やはり安心であることと、ユーザーにとって楽だということが大きなメリットです。ポイント利用を考えなければ、Apple Watchの価格に大差はありません。となれば安心な購入方法が一番です。

セルラーモデルの購入もキャリアショップはメリットがあまりなく、Apple Watchで購入し、その後にネットからオプションサービスを申し込むという流れがベストでしょう。

もちろん楽天ポイントがたんまり貯まっているという場合は、楽天市場で買うのもあり。ぜひ参考にしてください!

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント