iPhone 13とiPhone 12を比較!なにが違う?

Apple Watchはどこで買う?安くお得な6つの購入方法

【2021年版】Apple Watchはどこで買う?安くお得な6つの購入方法

一度使えばもう手放せなくなる便利なApple Watch(アップルウォッチ)。「充電が必要な腕時計なんて……」と、かつてはApple Watchに対し否定的な考えを持っていた私ですが、それが実際に使ってみるとこれまた便利。いまでは睡眠時間を計測するために寝るときにも腕に巻いているほどです。

新型モデルの「Apple Watch Series 7」が出たこのタイミングということもあって、「Apple Watchが気になる!」「Apple Watchが欲しい!」という方は多いかと思います。

本記事では「Apple Watchを購入する6つの方法」をご紹介。同じ商品なら少しでも安くお得に買いたいですよね。ぜひこの記事を参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

Apple Watchのラインアップと価格

まずは現行のApple Watchのラインアップ・価格を確認しておきましょう。

Apple Watchのラインアップ

新型モデルが登場し、現在のラインアップは3つとなっています。

新モデルとしてApple Watch Series 7が登場したわけですが、SEとSeries 3はそのままラインアップに残っています。

あなたにぴったりのApple Watchは?比較する – Apple公式サイト

Apple Watchの価格まとめ

次にApple Watchの正規の価格(Apple Store・Apple公式サイト)を確認しておきましょう。

発売直後だったりクリスマスシーズンだったりで品薄状態になっているタイミングでは、Apple Watchが定価以上の価格で販売されているところを見かけることがあります。

Appleから直接購入する、あるいはAppleと正式な販売契約を結んで販売している販売店から購入する場合は心配する必要はありません。しかし、これに当てはまらない販売店で購入する場合は「定価以上に高くなっていないか」を確認しておきましょう。

Apple Watch Series 7の価格

Apple Watch Series 7の価格

Series 7の価格はGPSモデルで48,800円(税込)から、GPS + Cellularモデルで60,800円からです。

GPSモデルを選べるのはアルミニウムケースのみで、ステンレススチールケースとチタニウムケースにはGPSモデルがなく選べるのはGPS + Cellularモデルのみ。

コラボモデルであるNikeモデルはアルミニウムケースにあたり価格は同じ。Hermèsモデルは選択するバンドによって大きく価格が変わります。

Apple Watch Series 7 – Apple公式サイト

Apple Watch Series 7 Hermèsモデル – Apple公式サイト

Apple Watch SEの価格

Apple Watch SEの価格

SEの価格はGPSモデルで32,800円から、GPS + Cellularモデルで38,800円からです。

Series 7が対応するディスプレイの常時表示と血中酸素濃度センサーには対応しませんが、S5プロセッサはまだまだサクサク動いてくれます。

Apple Watch SE – Apple公式サイト

Apple Watch Series 3の価格

Apple Watch Series 3の価格

Series 3はGPSモデルで22,800円からです。GPS + Cellularモデルはラインアップにはなし。

Series 3が発売されたのが2017年9月ですので発売から時間は経っているものの、Apple Watchの便利さを体感するには十分。「まずはApple Watchはどういうものなのかを知りたい」という方にはぴったりです。

Apple Watch Series 3 – Apple公式サイト

スポンサーリンク

Apple Watchをどこで買う?安く買う方法は?

それでは本題の「Apple Watchを購入する方法」、そして「安く購入するには?」というところをご紹介していきます。それぞれの購入方法のメリット・デメリットについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

クリック or タップして該当箇所にジャンプできます。

Apple公式サイトでApple Watchを購入する

まずご紹介したいのは、Apple Watchを「Apple公式サイト」で購入する方法です。私自身、Apple製品のほとんどをApple公式サイトで購入しています。

「間違いない」という大きなメリット

私がApple公式サイトを選ぶ理由は「間違いない」から。Appleから直接購入するわけですから当然といえば当然なのかもしれません。

ネットでなにか商品を購入したとき、なかなか商品が発送されなかったりして「いまってどういう状態?」と不安に感じたことはありませんか?それがよく知らない販売店なら、余計に不安になりますよね。Apple公式サイトなら、注文してから手元に届くまで不安になる瞬間が一切ないんです。購入後の状態は注文詳細ページにリアルタイムで反映され、安心して到着を待てるのです。

Apple公式サイトの注文の詳細
リアルタイムで注文の詳細を確認できる

これまで数え切れないほどApple公式サイトを利用してきましたが、トラブルに遭ったことは一度もありません。一度私のミスで発送先住所を間違えたことがありましたが、そのときはAppleのオペレーターさんが丁寧・迅速に対応してくれました。とにかく安心です。

安心という点では、「製品の受け取りから14日以内であれば、例え開封してしまっていても返品・返金を受け付けてくれる」ことも安心要素として挙げられます。極端な話、いざApple Watchを使ってみて「やっぱり自分には合わないかも。今回は返品しよう。」も14日以内ならOKということ。

返品ありきの購入や、落下などで傷をつけてしまった場合はさすがに対象外ですが、「最悪返品できる」という安心があります。これはApple公式サイトならではですね!

購入をサポートするシステムが充実

Apple公式サイトでは、購入をサポートするシステムが多数用意されています。

例えば、Apple Watchを手数料0円で分割払いできる「ペイディあと払いプランApple専用」(手数料0円は口座振替・銀行振込)。ペイディは他のショッピングサイトでも使える決済方法なので、すでに利用されている方もいらっしゃるでしょう。そのApple専用版です。

分割回数はApple製品によって異なり、Apple Watchの場合は3回払い。3等分した金額を翌月から3か月かけて支払いできます。ペイディあと払いプランApple専用を使ってみましたが、特に煩わしい点もなくすんなり利用できました。計画的に利用すれば便利な決済方法です。

ペイディあと払いプランApple専用と何ですか? – Apple公式サイト

またAppleの下取りサービス「Apple Trade In」も活用したいシステム。

「正常に動作するか?」「ガラスに深い傷はないか?」などのいくつかの質問に答えたあと、オンライン上で下取りの見積価格を確認できます。発売から時間が経っているモデルでも値がつくので、買い換え時にはぜひ活用したいサービスです。

逆にシステムに関連してApple公式サイトのデメリットと言えるのが、「ポイントシステムがない」ということ。よく利用している身としては、ぜひポイントシステムを作って欲しい!

Apple公式サイトのメリット・デメリット

  • 公式サイトで安心して利用できる
  • 製品到着から14日以内なら、例え開封していても返品・返金できる(詳しくはAppleの返品ポリシーを参照)
  • 購入をサポートするシステムが充実(メディペイあと払いプランApple専用 / Appleローン / Apple Trade In)
  • ポイントシステムがない
  • 取り扱いは現行モデルのみで旧モデルはない
\ Apple公式サイトでApple Watchを購入する /

購入方法一覧に戻る

AmazonでApple Watchを購入する

「買えないものはない」とまで言われるほど豊富な商品数を取り扱う「Amazon」。もちろんApple Watchを含むApple製品も購入できます。

Apple Watchを購入できるショッピングサイトはいくつもありますが、そのなかでAmazonを選ぶ理由になるのは、

  • Appleと提携していて安心して利用できる
  • ポイントが貯まる・使える

この2点です。

Apple製品を安心して購入できるようになった

いまAmazonで販売されているApple製品はすべて、Amazon自身が販売しています。

2019年頃までは、Apple製品はマーケットプレイス出品者(Amazon以外の販売店など)によって販売されていましたが、定価を大きく上回る価格で販売されているところをよく見かけました。海外版の製品を販売していることも珍しくなかったと記憶しています。

もちろん、マーケットプレイス出品者が悪いというわけではありませんが、少なくともApple製品に関してはとても安心して購入できる状態でなかったことは確かです。

いまではマーケットプレイス出品者がApple製品を販売することはできなくなり、Apple製品はすべてAmazon自身が販売。Appleと正式な販売契約を結んでのことですので、当然値がつり上げられるようなことはありません。Amazonでも安心してApple製品を購入できるようになりました。

ポイントが貯まる・使える

Apple製品は、Apple Watchに限らずどこで購入しても大きい価格差はありません。ただし、Amazonでは「ポイントが貯まる・使える」という大きなメリットがあります。

日頃の買い物で貯まったポイントをApple Watchの購入に充てらますし、Apple Watch購入時に付与されたポイントをバンド購入に充てることもできます。

上のApple Watch Series 7(GPSモデル/45mm)はApple公式サイトでは52,800円。Amazonでも同じ価格ではあるのですが、ポイントが3%(1,584pt)付きます(記事執筆時点)。これがあるのとないのとでは大きいですよね。

10月9日現在、AmazonでのApple Watchの価格が、Apple公式サイトの価格を上回っているケースが散見されます。事前にApple公式サイトでの価格を確認するようにしてください。

選べるモデル(ケースの素材など)が限られる

Apple Watch Series 7では「アルミニウム」「ステンレススチール」「チタニウム」と3種類のケース素材が展開されています。さらにケースサイズの41mmと45mm、多数のバンドとなると、その組み合わせ数はかなりの数に。

つまり、欲しい組み合わせがAmazonにない可能性があります。現時点で調べてみると、チタニウムケースはないですね。あとNikeモデルやHermèsモデルの掲載もありません。またバンドの組み合わせもAmazonはスポーツバンドが中心で、その他のスポーツループやソロループ、レザーリンクといったバンドとの組み合わせもかなり限られています。

Amazonのメリット・デメリット

  • Amazon自身が販売するので安心して利用できる
  • Amazonポイントが貯まる・使える
  • すべての組み合わせ(付属バンドなど)が揃えられているわけではない
\ AmazonでApple Watchを購入する /

購入方法一覧に戻る

楽天市場などでApple Watchを購入する

ショッピングサイトといえば「楽天市場」も有名で愛用されている方は多いかともいます。Amazonと同じように取り扱い商品は多く、Apple Watchも販売されています。

しかし、楽天市場やYahoo!ショッピングのような、各販売店がおのおのが出品しているようなショッピングサイトでの購入はおおすすめできません。

ポイントのメリットを差し引いてもおすすめできない

例えばApple公式サイトでのApple Watch Series 3の価格は22,800円(38mm)。楽天市場を見てみると、24,000円〜30,000円ほどので販売されています。しかも万が一、その商品がすでにどこかで買われた転売商品なら、購入してから1年間有効なAppleのメーカー保証が受けられない可能性も。

現状、新型のApple Watch Series 7はまだ販売されていないようですが、おそらくしばらくはApple公式サイトの価格を大きく上回る価格で販売されることでしょう。

価格や販売店の評価を確認する必要がある

それでも「ポイントをたくさん持っているから、どうしてもそれをApple Watchの購入に充てたい」という場合もあるかと思います。

その際は、「Apple公式サイトの価格を大きく上回っていないか」ということと、「信頼できる販売店か」ということも確認するようにしてください。

これは個人的な感想ですが、Apple公式サイトを上回る価格で販売している時点で信頼できないと思っています。もちろん商売ですから仕方のないことかもしれませんが、Apple製品は特に値がつり上げられやすいので注意してください。

楽天市場などのショッピングサイトのメリット・デメリット

  • ポイントが貯まる・使える

  • Apple公式サイトの価格を上回る価格で販売されていることがある
  • すべての組み合わせ(付属バンドなど)が揃えられているわけではない
\ 楽天市場・Yahoo!ショッピングでApple Watchをみる /

購入方法一覧に戻る

家電量販店でApple Watchを購入する

家電量販店でiPhoneを購入する

続いてはApple Watchを家電量販店で購入する方法です。足を運べば実物を確認でき、販売元が見えにくいショッピングサイトよりも安心して購入できるメリットがあります。ポイントが貯まる・使えるというメリットも大きいですね!

家電量販店が運営するショッピングサイトがおすすめ

そもそも、Apple Watchを取り扱っている店舗は限られます。都市型の大型店なら取り扱いがありますが、そうでない郊外店ではApple Watchを取り扱っていないことも珍しくありません。

交通費をかけてApple Watchを求めてあちこち探し回るよりも、各家電量販店が運営するショッピングサイトで買ってしまったほうが早く楽チン。

ちなみに、ビックやヨドバシ、ヤマダ、ジョーシン、エディオンといった家電量販店は、Amazonと同じようにAppleと販売契約を結んでApple製品を販売しています。つまり、値がつり上げられているというような心配は要りません。

嬉しいポイント還元

やはりポイントは魅力。利用されている方が多いであろう「ビックカメラ.com」「ヨドバシ.com」「ヤマダウェブコム」でのApple Watchの価格をリサーチしてみました。

Apple公式サイトとほぼ同じ価格。ですがポイント分がお得ですね。

もちろんすでに持っているポイントを使用できます。「そういや冷蔵庫を買ったときに付いたポイントが余ってるな」ということなら、そのポイントをApple Watchの購入の足しにできます。

家電量販店のメリット・デメリット

  • 実店舗では実物を確認できる
  • ポイントが貯まる・使える
  • 家電量販店が運営するショッピングサイトでもポイントが貯まる・使える
  • 実店舗に赴く場合、手間や交通費がかかる
  • 郊外店ではApple Watchの取り扱いがないことが多い
  • すべての組み合わせ(付属バンドなど)が揃えられているわけではない
\ 家電量販店のショッピングサイトでApple Watchを購入する /

購入方法一覧に戻る

キャリアショップでApple Watchを購入する

Apple Watchはドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアショップでも購入できます。スマホと同じように分割払いが可能で、スマホと一緒に代金を払えるので楽チンというメリットも。

ただし、キャリアショップで購入できるのはGPSモデルのみでGPS + Cellularモデルの取り扱いはないのでご注意ください。

キャリアショップでApple Watchの価格まとめ

各キャリアのApple Watch(GPS + Cellularモデル)の価格をまとめました。

auショップ・auオンラインショップでは、2021年10月15日から、au契約中の方がApple Watch Series 7(GPS + Cellularモデル)を購入したau契約中の方を対象に5000円分のPontaポイント還元のキャンペーンを実施しています。

ソフトバンクでは、25ヶ月目に買い換えることを条件に残債の支払いが不要になる「トクするサポート+」がApple Watchで使用できます。ただ、破損などで査定条件を満たさない場合は22,000円(付加税)の支払いが発生するなどの条件があります。

各キャリアのApple Watch向けオプションサービス

iPhoneが近くにない状態でもApple Watch単体で電話通話・ネット通信するには、各キャリアのApple Watch向けオプションサービスに加入する必要があります。お金に関するところなので、この月額金額もご紹介しておきましょう。

オプションサービスはオンラインでかんたんに加入できます。私の場合はApple公式サイトでGPS + Cellularモデルを購入したのち、キャリアのサポートページからオプションサービスに加入ました。

GPSモデル、GPS + Cellularモデルどっちがいい?というところですが、私はApple Watchひとつで出掛けられるメリットを魅力に感じGPS + Cellularモデルを購入しました。

オンラインショップの利用がおすすめ

各キャリアではネットでApple Watchを購入できるオンラインショップがあります。

オンラインショップなら比較的在庫が安定しており、わざわざ実店舗に足を運ぶ必要もないのでラクにに購入できます。

オンラインショップと聞くとハードルを感じてしまう方もいるかもしれませんが、実際に利用していると本当にかんたんで楽チン。これまで利用したことがないという方もぜひ活用してみてください。

キャリアショップのメリット・デメリット

  • スマホの代金・通信品と一緒に支払える
  • 分割で購入できる
  • 実店舗に足を運ぶ必要のないオンラインショップが便利
  • 購入できるのはGPS + Cellularモデルのみ
  • ショップに出向く必要がある(実店舗)
\ キャリアのオンラインショップでApple Watchを購入する /

購入方法一覧に戻る

中古ショップ・フリマ・オークションでApple Watchを購入する

最後にご紹介するのは、中古ショップやフリマアプリ、オークションでApple Watchを購入する方法です。中古品とはいえ状態が良く割安であればお買い得感がありますよね。

モデルによっては価格的なメリットは少ない

大手の中古ショップ、フリマアプリのメルカリ、オークションでは定番のヤフオクをリサーチしてみると、いまのタイミングで狙い目なのは「Apple Watch Series 6」でしょう。Series 5になるとさらに価格帯が下がりますが、現行モデルのApple Watch SEとほぼ変わらない価格帯に。

中古のApple Watch Series 3になると1万円台のものもありますが、あと数千円出せば新品に手が届くところ。この辺は買い手の考えにもよりますね。

上で書いたようにいまのタイミングでの狙い目はApple Watch Series 6。新型モデルにこだわらないのであればチェックしてみる価値ありでしょう。

個人間取引でApple Watchを購入するリスク

これは特にフリマアプリの利用時に言えることかもしれません。オークションもそうですが、個人間取引の性質上、万が一トラブルが起こった場合には当事者同士で解決しなければいけません。出品者に明らかなルール違反があるなど悪質な場合は運営者が対処してくれることもありますが、基本的には自己責任のもとで利用する必要があります。

中古のApple Watchを購入するときの注意点

Apple Watchは人の肌に密着した状態で使われます。そしてあせを掻いたり、水しぶきがかかったり、砂埃を被ったりと、Apple Watchはハードな環境で使われることの多い製品。中古品によって状態の違いに大きな差がでるはずですので、状態の詳細なチェックは必須です。

また「アクティベーションロック」の問題もあります。紛失時や盗難時などで第三者に使われることを防止する機能。アクティベーションロックがかかっている状態では、Apple Watchはまったく機能しません。詳しくはApple Watchを中古で買うときに注意すべきポイントで解説していますので参考にしてください。

中古品を購入するなら大手中古ショップがベスト

中古のApple Watchを購入するとき、いちばんおすすめしやすいのは大手の中古ショップの利用。

個人間取引のような面倒なトラブルは起きません。それに明確なルールによって状態にランク付けされていることが多く、状態に関する認識の相違も起こりにくいよう工夫されています。また期間は長くないですが、販売店保証として保証期間を設けているショップもあります。

中古ショップ・フリマ・オークションのメリット・デメリット

  • 中古品を低価格で購入できる
  • モデルによってはお得感の少ない場合も
  • アクティベーションロックのリスク
  • 中古品によって状態にバラツキがある
  • 個人間取引特有のトラブルに注意する必要がある
\ 中古ショップでApple Watchを購入する /

購入方法一覧に戻る

スポンサーリンク

まとめ:Apple Watchはどこで買うのがベストか

私自身はApple公式サイトでApple Watchを購入しました。上でも書いたように「間違いない」のと、「チタニウムケースを選びたかった」という理由もあります。Apple公式サイトなら選べるバンドも多いですね。

「Apple Watchを安く購入する」という点を重心するなら、ポイントが付きかつ安心して利用できる「Amazon」「ビックカメラ.com」「ヨドバシ.com」がおすすめ。3%程度といってもポイントはないよりあったほうがいいに決まってますし、すでに持っているポイントがあればそれをApple Watchの購入に充てられます。

こちらの記事もおすすめです!

コメント