アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

今回は「Apple Watchはいらない?買って後悔するパターンとは?」というテーマです。

私が初めてApple Watchを購入したのは、Series 3が発売された2017年9月のことですので、かれこれ5年近くApple Watchを使っていることになります。私は気に入って使い続けていますが、Apple Watchをおすすめしにくい人やApple Watchが合わない人がいるのも事実です。

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

Apple Watchが気になるけど、自分に合わなかったらどうしよう?

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

いざApple Watchを買ってみて、後悔してしまうのは嫌だな……購入するにあたってデメリットもしっかりしておきたい!

本記事は、このような不安を抱えている方の参考にしていただける内容となっています。ぜひ最後までチェックしてみてください!

目次

アップルウォッチはいらない?後悔するパターン

Apple Watch価格決して安くありません。数千円で買えるものであれば失敗してもダメージは少ないですが、数万円となれば話は違ってきます。

「Apple Watchを買ってよかった」と多くの愛用者がいる一方で、「自分には必要なかった」と購入を後悔してしまう人もいます。ここでは、Apple Watchを買って後悔してしまうパターンについてまとめました。

メインのスマホがiPhoneでない

大前提として、Apple Watchを使用するにはiPhoneが必要になります。

新しいApple Watchを初期設定して使うには、iOS 15以降を搭載したiPhone 6s 以降が必要です。

引用:Apple

Apple Watchのセットアップするときだけ、引き出しに眠らせていたiPhoneを使う、なんてことも方法として可能ですが、メインのスマホがiPhoneでなければ、Apple Watchならではの便利さを体験することはできません。

「メインでAndroidスマホを使っていて、サブでiPhoneを使っている」という方がApple Watchを買ってしまうと、後悔してしまう可能性大です。

関連記事

上の記事でも書いていますが、スマートウォッチはメインのスマホを軸にして選ぶことをおすすめします。Androidスマホの場合は、Googleのウェアラブルデバイス向けOS「Wear OS」を搭載したスマートウォッチですね。

Amazonで「Wear OSスマートウォッチ」をみる

Apple Watchを活用するには「メインスマホがiPhone」ということが前提になります。

「腕時計」の感覚で買うと後悔する

一般的な腕時計に求めるものは人それぞれかと思います。

  • デザイン性やファッション性
  • ブランド、希少性、ステータス性
  • カレンダー表示やストップウォッチ、多国時刻表示などの機能性

腕時計の魅力として特に大きいのは、ファッション性やステータス性でしょうか。身だしなみとして腕時計をつけている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、そのような一般的な腕時計に求められることに期待してApple Watchを購入してしまうと後悔してしまう可能性大です。

Apple Watchは腕時計というよりは、どちらかというとスマホに近いデバイスです。電話通話したり、LINEメッセージを送受信したり、マップアプリで現在地を確認したり、NFC決済したりと、できることはほぼスマホです。

Apple Watchは腕時計というよりスマホに近い
Apple Watchは腕時計というよりスマホに近いデバイス

Apple Watchはスマホと同じように充電が必要なります。それにひとめ見ればApple Watchだとわかるデザイン。高級腕時計のようなデザイン性、ファッション性、ステータス性はApple Watchにはありません。

一般的な腕時計と同じ感覚でApple Watchを買うと、後悔してしまう可能性大です。

毎日の充電が面倒に感じる人

バッテリーで駆動するApple Watchは、毎日の充電が欠かせません。

Apple Watchを充電

Apple Watchのバッテリー駆動時間は、公称で最大18時間となっています(Apple Watch Series 7)。最大18時間というのは諸々の操作込みの駆動時間。私の感覚だと、だいたい1日半くらいはもってくれます。

  1. 入浴中の1時間程度でフル充電
  2. 睡眠トラッキング
  3. 日中は通知の確認や電話、カレンダーアプリの使用、LINEがメイント(この時点でバッテリー残量が20%〜30%程度)
  4. 入浴中に充電

私の場合は上のようなサイクルです。入浴中にフル充電しておけば、次の日の入浴時には20%〜30%ほどのバッテリー残量、という感じですね。

私はこのサイクルに慣れ、充電を苦に感じることもなくなりましたが、なかには「毎日の充電が面倒」と感じてしまう人もいるかと思います。

さらに、Apple Watchを充電するには、専用の「Apple Watch磁気充電ケーブル」が必要です。

Apple Watchには専用の充電ケーブルが必要
充電には専用の充電ケーブルが必要

マグネット式でケーブルの抜き差しが必要ないのはラクでいいのですが、専用の充電ケーブルだけに「コンセントとUSB充電器があっても、肝心の充電ケーブルがない」ということも。

複数本の充電ケーブルを用意すれば解決するとはいえ、そもそもこの面倒さは充電が必要なApple Watchだからこそ起こることです。Apple Watchを使っていく上で、充電とは切り離せません。

Apple Watchを使うなら、毎日の充電を受け入れるしかありません……。

個性を出しにくいデザイン

「個性を出しにくい」という点は、紛れもないApple Watchのデメリットです。文字盤のカスタマイズやバンド交換、ケースの装着といった方法はあるものの、ひとめでApple Watchだと分かるデザインは変えられません。

Apple Watchは個性を出しにくい
ひとめでApple Watchだと分かるデザイン

「あの人、Apple Watchを手首に巻いているな」とApple Watchユーザーさんを発見することも多くありますが、「他人と被るのは嫌だ」と感じてしまう方もいるはずです。

Apple Watchを使う限り、誰かと被ってしまうことは避けられません。

通知のコントロールが必須になる

Apple Watchには、「確実に通知に気づける」という大きなメリットがあります。Apple Watchは手首に密着している状態。その状態でバイブが作動すれば、経験上、まずそれに気づきます。

しかし、同時にしっかりと通知をコントロールしておかないと、毎日シャワーのように浴びせられる通知に振りまわされてしまう恐れがあります。せっかくのオフの日に仕事関連の通知は見たくないですし、逆に仕事中にSNSの通知を見てしまうと仕事が進まなくなってしまうかもしれません。

Apple Watchを活用する上で、通知のコントロールは必須です。通知設定からコントロールできますが、このへんが面倒だと感じてしまう方だと、Apple Watchを買うことで「頻繁に届く通知がうっとうしい」となってしまいます。

Apple Watchの通知は、iPhoneの「Watch」アプリ>「通知」からアプリ単位で通知のオン/オフを設定できます。

Apple Watchの通知設定
iPhone「Watch」>「通知」

また、通知をコントロールする上で「集中モード」も活用したい機能です。集中モードでは、そのシーンに最適な通知設定にかんたんに切り替えられます。独自の設定を作成することも可能です。

Apple Watchを活用する上で、通知のコントロールは必須です。

アップルウォッチがなくて困るシーンは限られる

Apple Watchにはたくさんの便利機能が搭載されていますが、それらのほとんどは「あれば便利な機能」で、「なくては困る機能」は限られます。

Apple Watchを家に忘れてきても、iPhoneがあれば困ることはありません。「忘れてきてしまったけど、困らないしまぁいいか」となり、それが「別にいらないかも」となってしまうパターンが考えられます。

もちろん、Apple Watchだからこそできることも少なくありません。たとえば、心拍数・血中酸素濃度・心電図の測定は身につけているApple Watchだからこそできることです。

「Apple Watchだからこそできること、実現できること」に魅力を感じるかどうか、というところがポイントになります。

Apple Watchで○○をしたい!という目的がはっきりしてないと、後悔してしまうかもしれません。

とりあえず買ってみるのもあり

「デメリットを知ってもなお、Apple Watchが気になる!」という方は、とりあえず買ってみるのもありです。

こう書くと乱暴に聞こえるかもしれませんが、Appleストア・Apple公式サイトで購入した Apple製品は、製品到着(製品受け取り)から14日以内なら、たとえ開封して使用していたとしても返品・全額返金が可能なんです。返品理由は「やっぱり自分には合わないかも」といった自己都合でもOKです。

Apple公式サイト(Apple Watch)
出典:apple.com/jp

開封後の返品、ましてや使用後の返品はできない、というのが一般的な感覚ですが、Appleストア・Apple公式サイトで買えばこれが可能です。「とりあえず買ってみて、気に入らなければ返品」というのはAppleストアでもよく聞くセールストーク。このルールは裏技でもなんでもありません。ぜひこの制度を利用させてもらいましょう。

関連記事

「とりあえず買って使ってみる」のもあり!ただし、14日以内の返品・返金がOKなのではAppleストア、またはApple公式サイトで購入した場合のみですのでご注意ください。

私がアップルウォッチを手放せなくなった理由

冒頭で書いたように、私はApple Watchを使い始めて5年近く使い続けています。Series 3から始まり現在愛用しているSeries 7まで、世代が更新されるたびに買い換えるほど気に入って使っています。

ここでは、私がApple Watchを手放せなくなった理由をご紹介します。あくまでもいちユーザーの感想ではありますが、Apple Watchを購入するかどうか悩まれている方の参考になればと思います。

iPhoneを取り出さずに通知を確認できる

なんといってもこれです。iPhoneを取り出すことなく手首で通知・通知内容を確認できるのは非常に便利です。

通知の内容を手元で確認できる(Apple Watchでなにができる)
通知・通知内容を確認できる

iPhoneを取り出しにくいシチュエーションでも、Apple Watchなら素早くかんたんに通知を確認できます。

Apple Watchに対応するアプリでは、通知の確認だけでなくさらにアクションを起こせるものもあります。たとえばLINEアプリでは、メッセージやスタンプの返信をApple Watch上で行えます。

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

「通知に確実に気づける」ということもポイントです。

Apple Watchで電話通話できる

iPhoneに電話の着信があったとき、着信はApple Watchにも通知され、そのままApple Watchで電話通話することができます。

Apple Watchで電話通話
Apple Watchで電話通話

私の場合、スピーカーホンで通話できる環境にいるときは、ほぼApple Watchで電話通話してしまいます。Apple Watchのスピーカー性能・マイク性能は必要十分。iPhoneを手に取る理由がありません。それに両手がふさがっている状態でも電話通話でき便利です。

スマートウォッチ単体で電話通話する
Apple Watch単体でも電話通話でき便利!

GPS + CellularモデルのApple Watchでは、iPhoneが近くない状態でもApple Watch単体で電話通話できます(別途キャリアが提供するオプションサービスに加入する必要あり)。iPhoneの有無に関わらず電話を受けられる(LINEのメッセージも確認できる)ことで、iPhoneを自宅に置いて出掛けることも多くなりました。

「iPhoneは常に携帯しているし」という方がほとんどかと思いますが、たとえば趣味でサーフィンをされる方ならiPhoneがなくても海上から電話通話できますし、ジョギングを習慣にしている方なら、出先からiPhoneなしで電話通話ができます。

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

Apple Watchでの電話通話は、意外と使う機会が多い機能です。

iPhoneを探す機能が便利

Apple WatchからiPhoneを探せる機能は、地味な機能ながら使用頻度の高い便利機能です。

iPhoneの居場所を探せる2(Apple Watch)

Apple WatchのコントロールセンターにあるiPhoneアイコンをタップすると、iPhoneが音を鳴らし場所を知らせてくれます。iPhoneアイコンを長押しすると、音とともにiPhoneのLEDフラッシュが点滅します。車内など暗い環境でも光らせば一発でiPhoneを見つけ出せます。

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

「あれ、iPhoneをどこに置いたっけ?」とiPhoneを探し回ることが多い私にとって重宝する機能です。

Apple Payが便利

Apple WatchではNFC決済(非接触型決済)を利用できます。駅の改札を通るのも、コンビニでの買い物も手首をかざすだけで決済できます。

Apple Watchで電子マネー決済ができる
Apple Watchでの決済が便利!

Apple WatchでApple Payを利用するときは、再度ボタンをダウブルクリックするだけで生体認証は不要です。iPhoneで決済するときは、Face IDやTouch IDによる生体認証が必要になりなす。マスクを着用していたり、指が汗で湿っていたりして認証に手こずってしまうことがよくありますが、Apple Watchなら関係なし。スムーズに決済できます。

交通系ICカードを「エクスプレスカード」に設定しておくことで、サイドボタンのダブルクリックも不要に。エクスプレスカードは、iPhoneの「Watch」アプリ>「WalletとApple Pay」>「エクスプレスカード」から設定できます。

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

ちなみに、Apple WatchでのNFC決済はネットに接続されていない状態(iPhoneが近くにない状態)でも利用できます。

「転倒検出機能」が安心

Apple Watchには、着用者の転倒を検知してくれる「転倒検出機能」が搭載されています(Series 4以降)。

Apple Watchで転倒検出 & 緊急通報機能で万が一に備えられる
万が一に備えられる転倒検出 & 緊急通報機能

転倒を検知してから着用者が反応できないでいると、自動的に緊急通報するよう設定することもできます。

Apple Watchが転倒を検出してから緊急通報されるまでの流れ
  1. Apple Watchが転倒を検知
  2. 「緊急SOS」もしくは「大丈夫です」をタップ
  3. 「緊急SOS」を選択すると、「警察(110)」「火災・救急(119)」「海上保安庁(118)」のどこに通報するかを選択できる
  4. 転倒を検出してから1分間になんの動作・操作も認められない場合は、30秒間のカウントダウン(振動と警告音)の後に自動的に緊急通報され、転倒を検出した旨と位置情報を知らせる音声メッセージが再生される

私は趣味でバイクに乗ります。ひとけのない道を走ることもあるのですが、もし一人で転倒してしまい、通報してくれる人もなく、自分自身も反応できない状態だとしたら……。想像するだけで恐ろしいですが、Apple Watchを着けていれば自動的に緊急通報してくれるため助かる確率が上がります。

バイクだけでなく車や自転車に乗車しているときに事故に遭う可能性もあります。たとえば持病の発作が起き、救急車を呼んでくれる人が近くにいない、なんてことも考えられまよね。転倒検出機能は、まさにそんな万が一のときに備えられる機能です。

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

Apple Watchの転倒検出と緊急通報機能は、私がApple Watchを使い続ける理由のひとつです。

充実したヘルスケア関連機能

Apple Watch最大の魅力は、充実したヘルスケア関連機能です。私は、睡眠時間や睡眠の質を自動的に計測してくれるアプリ「AutoSleep」を日常的に使用しています。Apple Watchを着けて寝るだけで睡眠データを自動的に計測、睡眠データの詳細はアプリで確認できます。

睡眠時間や睡眠の質を計測できる3
「AutoSleep」で睡眠トラッキング

寝ても疲れが取れなかったり、昼間に強い眠気を感じたりと睡眠の悩みはつきなかったのですが、AutoSleppで睡眠トラッキングするようにしてからは、自分の睡眠の傾向を知ることができ、生活習慣改善のきっかけとなってくれました。

他によく利用しているのは、プリインストールされている「呼吸」アプリ。集中力が切れてしまったときは、呼吸アプリでマインドフルネスを実践するようにしています。

Apple Watchでマインドフルネス瞑想を実践できる
Apple Watchの「呼吸」アプリ

マインドフルネスに取り組むようになったのも、Apple Watchの購入がきっかけです。

他にも歩数や消費カロリーなどの運動データを記録してくれたり、血中酸素濃度や心電図を計測できたりとできることはさまざま。

Apple Watchの心電図機能
Apple Watchの「心電図」アプリ
アップルウォッチはいらない?後悔するパターンは?5年使ってみて感じたこと

この充実したヘルスケア関連機能が、私がApple Watchを使い続ける理由です。

別記事で「Apple Watchでできること」をまとめています。こちらもぜひ参考にしてください。

アップルウォッチをおすすめしたい人・おすすめできない人

最後に、Apple Watchをおすすめしたい人・おすすめできない人についてまとめておきます。

Apple Watchはこんな人におすすめしたい!

複数のApple製品を所有している

iPhoneやiPad、AirPods、Apple TVなど、複数のAppleデバイスを所有している方であれば、間違いなくApple Watchを気にいるはずです。

Apple Watchとその他のAppleデバイスとの連携が便利!
  • iPhoneで再生中の音楽をApple Watchでコントロール
  • iPhone・MacのロックをApple Watchで自動解除
  • Apple Watchを使って、iPhoneのカメラでリモート撮影
  • メモアプリやリマインダーアプリなどの同期
  • Apple TVをApple Watchで操作

便利な連携は機能は挙げればもっとあります。同じAppleデバイスなので、連携は当然といえば当然ですが、細かいところまでよく考えられています。「iPhone以外にもAppleデバイスを愛用しているよ」という方であれば、Apple Watchを検討してみる価値です。

ヘルスケア関連機能にメリットを感じられる人

ヘルスケア関連の機能は、Apple Watchの大きな強みです。ワークアウトやスポーツ用途で大活躍してくれますし、睡眠トラッキングや心電図の計測まで、Apple Watchはヘルスケア全般をサポートしてくれます。

Apple Watchを着けて過ごすだけで、歩数や消費カロリー、睡眠時間、心拍数、血中酸素濃度など、あらゆるヘルスケアデータが蓄積されていきます。これまでヘルスケアに気を遣ってこなかったという方でも、それらのデータを見るだけで生活習慣・運動習慣の改善のきっかけとなってくれるはずです。

仕事効率化系のアプリを愛用している方

Apple Watchは、カレンダーやタスク管理アプリ、タイムログアプリ、ノートアプリといった「仕事効率化系アプリ」と相性抜群です。

Apple Watchでスケジュール・タスク管理できる(リマインダー)
仕事効率化系アプリはApple Watchと相性抜群!

Appleの「リマインダー」をはじめ、多くのカレンダー・タスク管理アプリがApple Watchに対応します。Apple Watchなら忘れないうちにスケジュールやタスクを追加しておきますし、内容を確認するのも便利です。

音声でメモを残せるボイスメモや、Toggle(トグル)といったタイムログ系アプリの使用は、Apple Watchでさらに便利になります。このあたりのアプリをよく利用されている方なら、きっとApple Watchを気にいるはずです

Apple Watchをおすすめできない人

デザインを好きになれない人

毎日身につけるものに、デザイン性やファッション性を求めることは至極当然のことです。「どうしてもApple Watchのデザインを好きになれない」という方は、Apple Watchを選ぶべきではないと思います。

正直なところ、私はApple Watchをかっこいいともかっこ悪いとも思っていません。それなりにバンド交換を楽しんでいますが、ファッションというより「とにかく便利だから使っている」という感じでしょうか。

そもそもApple Watchは腕時計ではなく「ウェアラブルデバイス」ですので、使い手がどう捉えるかで変わってくるでしょう。少なくとも「デザインやブランドにこだわりたい」という方が選ぶものではないと思っています。

ヘルスケア関連機能に魅力を感じない人

通知を手元で確認できたり、かざすだけで決済できたり、電話通話やLINEメッセージを送受信できたりと、さまざまなことができるApple Watchですが、一歩引いて冷めた目で見ると、スマホでもできることばかりです。

Apple Watchの目玉機能は、間違いなくヘルスケア関連機能です。心拍数や血中酸素濃度、心電図の測定といった Apple Watchならではの機能に魅力感じるか、というところがポイントです。このようなヘルスケア関連機能に魅力を感じられない方は、Apple Watchを買って購入してしまう可能性があります。

iPhone縛りを許容できない人

Apple Watchを使い続ける限り、iPhoneに縛られることになります。これを許容できない方は、Apple Watchを選ぶべきではありません。

たとえば、ガーミンやFitbit(フィットビット)のスマートウォッチは、独自のOSを採用しておりiPhone・Androidスマホに両対応します。GoogleのWear OSスマートウォッチも、iPhoneで使用することができます。「iPhoneに縛られたくない」という方は、Apple Watch以外のスマートウォッチを選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

アップルウォッチはいらない?後悔するパターンまとめ

本記事では、「Apple Watchはいらない?後悔するパターン」をご紹介させていただきました。

Apple Watchを便利に使っている私でも、「Apple Watchが合う人と合わない人がいる」と思っています。Apple Watchが合わずに買っても後悔してしまうパターンとして多いのは上でご紹介したとおりです。

\ Apple Watchをおすすめできる人・おすすめできない人 /

おすすめでできる人
おすすめできない人
  • 複数のApple製品を所有している
  • ヘルスケア関連機能にメリットを感じられる人
  • 仕事効率化系のアプリを愛用している方
  • デザインを好きになれない人
  • ヘルスケア関連機能に魅力を感じない人
  • iPhone縛りを許容できない人

Apple Watchはハマればこれ以上便利なアイテムはありません。ぜひApple Watch購入の参考にしていただければ幸いです!

こちらの記事もおすすめです!

よくある質問

Apple Watchを買って後悔してしまうパターンは?
  • 「iPhone縛り」を許容できない
  • 腕時計」感覚で購入してしまう
  • 毎日の充電が面倒
  • デザインを好きになれない

このような方は、Apple Watchの購入を後悔してしまう可能性があります。

⇒詳しくはこちら

Apple Watchはいらない?必要性は?

Apple Watchは必須ではなく「あれば便利」なアイテムです。人によって合う・合わないがあるのは確かですが、ハマればこれ以上便利なアイテムはありません。

Apple Watchのメリットは?
  • iPhoneを取り出さずに通知、通知内容を確認できる
  • Apple Watchで電話通話できる
  • Apple WatchからiPhoneの居場所を探せる
  • Apple Watchをかざすだけで決済できる
  • 「転倒検出機能」が安心
  • 充実したヘルスケ関連機能

Apple Watchには、このようなメリットがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次