Apple Watch アクセサリー

おすすめApple Watch充電スタンド10選!充電中もおしゃれに

投稿日:

Apple Watchユーザーのみなさま!
Apple Watchを充電しているときって、どんな状態になっていますか?

充電中のApple Watchの定位置作りってなかなか難しいんですよ。Apple Watchユーザーなら共感していただけるのではないでしょうか。余ったケーブルが邪魔になったり、ケーブルのしなりによってApple Watchが動いてしまったり。。。充電中だけの問題とはいえ、どうにかしたいと思っている人も多いですよね。Apple Watchを煩雑に転がしておくと傷の原因にもなってしまいます。

そこで今回はApple Watchユーザーのあなたにおすすめしたい、おすすめApple Watch充電スタンドを一気にご紹介します!Apple Watchの定位置を作ってあげれば見た目もスッキリ!せっかくのApple Watch、充電中の見た目にもこだわりたいですよね!

スポンサーリンク

Apple Watch充電スタンドを選ぶ際のポイント

おすすめのApple Watch充電スタンドを紹介するまえに、選ぶ際のポイントについて説明しておきます。よく考えずにデザイン重視で選んでしまい、購入後に後悔してしまう・・・そんなことにならないよう、以下の3つのポイントを確認しておきましょう。

はめ込みタイプか、充電機能付きか

Apple Watchの充電スタンドには、自前の磁気ケーブルのマグネット部分をスタンドにはめ込むタイプと、スタンド自体に充電機能が備えられているものがあります。もちろん充電機能が搭載されているタイプのほうが価格帯は上がりますが、Apple Watchに加えてiPhoneも一緒に充電できたりとプラスアルファの機能がつけられているものが多く非常に便利です。

Apple Watchだけの充電スタンドであればコンパクトなはめ込みタイプ、iPhoneやiPadなども一緒に充電できる多機能スタンドであれば充電機能搭載タイプがおすすめです。

余ったケーブルを収納できるか

個人的にはここが結構大きなポイントなんですよねぇ。どうしても上の画像のように余ったケーブルがそこらじゅうに伸びてしまいがちです。この状態を放置しておくのは、あまりスマートではないですよね。

ケーブルをスタンド内に収納するなどして長さを調節できれば、余ったケーブルに指をひっかけコーヒーをこぼしてしまうこともありません。ぜひこのポイントもチェックしておきましょう。

ナイトスタンドモードの使用

Apple Watchを充電している状態で横向きにすると、小さな目覚まし時計のように使える「ナイトスタンドモード」に切り替わります。僕の場合はあまり使用しない機能なので気にしませんが、このナイトスタンドモードを使用するかしないかでも選ぶスタンドは変わってきます。

設計上Apple Watchを横向きにできないスタンドも多くあります。その場合ナイトスタンドモードを使用することができません。ナイトスタンドモードを使用したい場合は、充電しながらApple Watchを横向きにできるスタンドを選びましょう。

おすすめApple Watch充電スタンド

【belkin】持ち運びにも便利!余ったケーブルを収納できる充電スタンド

まず紹介したいのは、こちらのベルキンの充電スタンド。個人的にも愛用しているApple Watchスタンドで、気に入っているのはスタンド内部にケーブルを収納できる点です。

収納してしまえばデスク上でケーブルが邪魔になることもないですし、持ち運ぶときもそのままカバンのなかにしまえます。これがまた便利で、まっさきにおすすめしたいスタンドです。迷ったらこれですよ!

【Satechi】Apple製品に合うアルミニウムスタンド

Apple製品と相性がいいアルミ素材を使ったApple Watchスタンド。作りは非常にシンプルですが、またそれが洗練された印象を与えてくれます。

自前のケーブルを使用してのはめ込みタイプになりますが、ケーブルがうまく隠れるよう設計してくれているので、そのデザインを崩しません。Macbook、iMacが置いてあるデスク脇にさりげなくあれば、なかなかおしゃれじゃないでしょうか。

【ATiC】980円で買えるコンパクト充電スタンド

価格帯が安いApple Watchスタンドを探しているならこちらがおすすめです。

非常にシンプル、コンパクトなので場所を選ばず置けるかと思います。ベッド脇や狭いところに置きたいという人にはいいですね!

【Oittm】Apple Watch充電+3SUBポートが一体となった多機能スタンド

続いてのスタンドは、ひとつの電源でApple Watchに加え3つのUSB機器を同時充電できる多機能スタンドです。Apple Wathcの磁気ケーブルは自前のものを利用しますが、すっぽり内部に収納できるので見た目もすっきり。

アルミ製で重量感もありデザインもいい感じですね!自宅で使うほかに旅行などに持ち出すのもあり!

【elago】ハマる人にはハマるクラシックデザインの充電スタンド

続いては128Kマックを思い出させるデザインが特徴のApple Watchスタンド。ハマる人にはハマるアイテムではないでしょうか。

AppleファンならWatchを持っていなくても欲しくなる一品です!

【Zepirion】コンパクトにまとまるiPhone/Apple Watchスタンド

iPhoneとApple Watchを一緒に充電できるコンパクトなスタンドです。自前のケーブルを使用するタイプですが、Apple WatchとiPhoneを一緒にすることによってコンパクトにまとまるので、省スペースに一役買ってくれます。

デスクの上やベッド脇がLightningケーブルで散らかっているのならチェックです!

【CHOETECH】600mAhバッテリー内蔵のApple Watchスタンド

こちらは600mAhのバッテリーを内蔵した充電スタンドです。600mAhなので約1回のフル充電が可能。また充電機能はスタンドに備えられているため、手持ちの磁気ケーブルは不要です(USBアダプタは付属していない)。

このスタンドの売りはバッテリーが内蔵されていることのほかに、そのおしゃれな見た目と、スタンド後ろ側に設置された2つの充電用USBポートです。Apple Watchの他にiPhoneなども同時充電できるので、電源周りをすっきりさせることができます。

【CHOETECH】バッテリー切れの不安を解消!キーホルダータイプの充電器

Apple Watchユーザーにとって心配の種になるのがバッテリー問題です。万一バッテリー切れを起こしてしまえば、便利なApple PayやGPS機能はもちろん、時計とすら機能してくれません。いざ電源を見つけ、充電しようとしても、専用の磁気ケーブルがなくては充電できません。

そこで役立つのがこのモバイルバッテリーです。厳密にいうとスタンドではありませんが、実際に使ってみて非常に便利だったので紹介させてください。

内蔵のバッテリー容量は900mAh。使ってみた感じ、2回のフル充電は出来ている感じです。僕の使い方であればフル充電の状態から2、3日は持ってくれるので、プラス2回のフル充電と考えると非常に心強いですね!

普段使いはもちろん、バッテリーをよく消費するワークアウトアプリを使う人や、登山といったアウトドア時など電源のない場所でよく利用する人にとっては必須アイテムです!

【zve】iPhone/iPadも使えるApple Watchスタンド

Apple Watchに加え、iPhone・iPadもできるスタンドです。先ほど紹介したSatechiのスタンドと同様、MacBookなどのApple製品と相性のいいアルミニウム素材が使われています。

ケーブルを固定できるような機能があればさらに高ポイントでしたが、そういった機能はないので、そこは少し残念。しかしこのスタンドがあれば机の上が片付きますし、アルミニウムのいい物感を楽しめるスタンドです。

【YoFeW】Apple Watch、AirPods、iPhoneをこれ一台で!

Apple Watchに加え、iPhone、AirPodsも一緒にまとめることができるスタンドです。スタンド自身に充電機能はないので、自前のケーブルを通して使用することになりますが、それでも3本のLightningケーブルをまとめられるのは非常にいいですね!

AirPodsはiPhoneはもちろん、Apple Watchとも相性がいいアイテムなので、一緒に持っている人も多いかと思います。それぞれを毎晩充電するたびに「このケーブル、どうにかならないかな」と感じるあなたはチェックです!

充電中の定位置を決めづらいApple Watchで使って欲しいおすすめ充電スタンドを紹介させていただきました。毎日便利に使っているApple Watchだからこそ、充電中の見た目にもこだわりたいですよね。磁気ケーブルにつながれた状態で転がっているApple Watchはどう見てもスマートではありません。

見た目を重視しインテリア寄りでスタンドを選ぶのもよし、機能重視で選ぶのもよし、ぜひあなたのお気に入りのスタンドを見つけていただければ幸いです。

-Apple Watch アクセサリー
-, ,

Copyright© リブウェル! , 2018 All Rights Reserved.