Apple Watchを上手に使うためのおすすめ設定

【Apple Watch】必ずチェックしてほしいおすすめ設定

Apple Watchを購入時の設定のまま使っていませんか?

購入時の設定のまま使用しても、Apple Watchを便利に使うことはできます。しかし、「上手にApple Watchを使う」という意味では、設定のカスタマイズが必要不可欠です。

例えば「通知設定」。通知設定で必要な通知のみに絞っておかないと、不必要な通知までApple Watchに届き、無駄に反応してしまうことになります。通知を確実に受け取れるApple Watchだからこそ、通知設定を確認しておく必要があるのです。

今回の記事では、「Apple Watchのおすすめ設定」ということで、おすすめ設定を紹介しながら、チェックすべき設定について解説します。

Apple Watchを購入したばかりの方はもちろん、すでにApple Watchを愛用している方にも参考になる内容となっていますので、ぜひApple Watchの活用に繋げていただければと思います!

スポンサーリンク

Apple Watch おすすめ設定

僕自身Apple Watchを使っていて、最終的に行き着いたおすすめ設定をご紹介していきます。全員が全員に合う設定とは限りませんが、あなたに合う設定のヒントになれば幸いです!それではチェックしていきましょう!

1.通知されるアプリを必要なものだけに絞る

通知設定は、特に押さえておきたい設定です。 ここでのポイントは、ずばり「通知は必要なものだけに絞る」ということです。

そうしておかないと、確認する必要のない通知に反応してしまうことになってしまいます。Apple Watchに届いた通知を確認する回数が多いという方は、ぜひこの通知設定を見直しておくことをおすすめします。

通知の設定は、iPhoneの「Watch」アプリから行うこともできますが、一番シンプルで分かりやすいのは、iPhoneに届く通知のオン/オフを設定する方法です。「iPhoneに通知が届く=Apple Watchにも通知が届く」という仕組みなので、iPhone側で通知オフにすれば、Apple Watchにも通知が届かなくなります。

iPhoneに届く通知は、iPhone「設定」>「通知」でオン/オフを設定できます。

iPhoneの通知設定
iPhone「設定」>「通知」

設定したいアプリを選択したら、「通知を許可」をオフにします。これでOK。

「Apple Watchのみ通知を止めたい」といったように、細かく設定したい場合は、iPhoneの「Watch」アプリ>「通知」から、通知を止めたいアプリをタップして通知をオフにします。

Apple純正アプリについては、アプリごとに通知を細かく設定できます。

iPhone「Watch」アプリ>「通知」 Apple Watchの通知設定
iPhone「Watch」アプリ>「通知」

サードパーティ製アプリの通知に関しては、「iPhoneから通知を反映」をオフにすれば、iPhone側の通知設定のオン/オフかかわらず、通知をオフにできます。

あまりに頻繁に通知が届くと、逆に通知を確認しなくなり、重要な通知を見逃しやすくなってしまいます。通知をしっかりコントロールしておくことが、Apple Watchを便利に使う大きなポイントになります。

ポイント

・通知を必要なものだけに絞れば、いちいち不要な通知に反応せずに済む
・逆に大事な通知を見逃さないためにも、通知設定の見直しは必須!

2.「通知のプライバシー」をオン

通知設定に関連して、iPhoneの「Watch」アプリ>「通知」から、「通知のプライバシー」をオンにしておきましょう。

Apple Watch 通知のプライバシーをオフに
iPhone「Watch」アプリ>「通知」>「通知のプライバシー」をオン

これがオフの状態だと、Apple Watchに通知が届いて確認しようと手首を上げると、通知の内容が丸見えに。

Apple Watchの通知のプライバシー設定

このように、LINEのプライベートなやりとりが丸見えになってしまうと困りますよね。電車内など人混みのなかでは特にそうです。

「通知のプライバシー」をオンにしておけば、通知内容が見えてしまうことはありません。通知画面をタップして初めて、 通知内容が表示されるようになります。

家族や友人、はたまた他人にプライベートなメッセージを見られてしまうことを防止するためにも、「通知のプライバシー」 はオンにしておくことを おすすめします。

ポイント

・「通知のプライバシー」をオンにして、通知内容が丸見えになることを防ぐ

3.「おやすみモード」を設定

「おやすみモード」も活用したい機能のひとつです。「おやすみモード」を オンにすると、通知時の通知音・振動がオフになります。就寝時や会議中など、通知をオフにさせたいときに便利な機能。なお、「おやすみモード」中でもアラームは有効です。

Apple Watchでおやすみモードをオン
Watch「設定」>「おやすみモード」をオン

「おやすみモード」をオンにするには、Apple Watchの「設定」アプリから、「おやすみモード」をタップ、「おやすみモード」をオンにします。

「設定」アプリから「おやすみモード」をオンにすれば、その後は「おやすみモード」 のオン/オフはコントロールセンターから行えるようになります(三日月アイコン)。

Apple Watchでおやすみモードをオン
Watch「コントロールセンター」>「三日月アイコン」をタップ

Apple WatchとiPhoneの「おやすみモード」を連動させたい場合は、iPhoneの「Watch」アプリ>「一般」>「おやすみモード」をタップ、「iPhoneを反映」をオンにします。

Apple WatchとiPhone おやすみモードを反映
iPhone「Watch」>「一般」>「おやすみモード」>「iPhoneを反映」をオン

「iPhoneを反映」をオンにしておくと、例えば、Apple Watchで「おやすみモード」をオンにすると、それと連動してiPhoneの「おやすみモード」もオンになります。iPhone→Apple Watchも連動します。

ちなみに、iPhoneの「設定」アプリ>「おやすみモード」から、「おやすみモード」中の動作を細かく設定できます。

iPhone おやすみモードの詳細設定
iPhone「設定」>「おやすみモード」で細かく設定できる

時間を指定して 「おやすみモード」をオンにしたり、特定の人からの着信を許可したりと一歩踏み込んだ設定が可能です。

僕は夜22時から翌朝6時まで「おやすみモード」をオンにし、通知で睡眠を邪魔されないようにしています。就寝前にiPhoneを操作しちゃうと、つい夜更かししちゃいますからね。夜更かし防止のためにも、おやすみモードをオンにし、iPhoneと距離を置くようにしています。

ポイント

・「おやすみモード」を活用すれば、通知から解放される!
・「おやすみモード」の時間指定設定がおすすめ

4.触覚を「はっきり」に、消音モードをオン

Apple Watchには「触覚」という着信や通知などを振動で知らせてくれる機能があります。いわゆる「バイブ」のことなのですが、Apple Watchの「設定」>「サウンドと触覚」からこの振動の強さを変更することができます。

Apple Watchの振動の強さを「はっきり」に変更
Apple Watch「設定」>「サウンドと触覚」>「はっきり」を選択

振動の強さは「デフォルト」そして「はっきり」の2種類あり、おすすめは「はっきり」です。振動の強さを「はっきり」にしておけば、経験上、確実に通知に気付けます。Apple Watchは肌に密着している状態ですので、「デフォルト」でも十分気付けるのですが、「はっきり」にしておけばより確実。

「はっきり」はどれくらい強い振動なのか、というのは文字で表すには難しいところですが、その振動で起床できるほどの強さです(個人差がありますが)。僕の場合、アラーム音よりApple Watchの振動のほうが、心地よく起きれるんですよね。振動に気付かず寝過ごしてしまうこともありません。ぜひお手元のApple Watchで、振動の強さを確かめていただければと思います。

「振動で確実に気付ける」のであれば、通知音も不要。ということで、「消音モード」をオンにしておきましょう。「消音モード」をオンにしておけば、会議中にうっかり通知音を鳴らしてしまう、ということもありません。

Apple Watch「コントロールセンター」 から「消音モード」をオン

Apple Watchの文字盤の画面で、下から上方向にスワイプ(もしくは画面の下部分を長押し)して「コントロールセンター」を開きます。「鐘アイコン」をタップして消音モードをオンにします。

常に消音モードをオンにするかどうかは、使い手の好みや利用シーンによるかもしれませんね。ちなみに僕は、常に消音モードをオンにしています。上でも書きましたが、その理由は振動で確実に通知に気付けるので、音を鳴らす必要性がないから。

振動の強さを「はっきり」にしてみて、「これなら確実に通知に気付けるな」と感じたなら、常に消音モードをオンにしておいて支障はないでしょう。

なお、消音モードはApple WatchとiPhone間の連動はありません。それぞれ消音モードのオン/オフを設定してあげる必要があります。iPhoneが消音モードになっていても、Apple Watchが消音モードになっておらず、音を鳴らしてはいけない場面で鳴らしてしまった…ということにならないためにも、Apple Watchの消音モードは常にオンがおすすめです。

ポイント

・振動の強さを「はっきり」にして、確実に通知に気付けるようにする
・うっかり通知音を鳴らしてしまわないためにも、「消音モード」は常にオンがおすすめ

5.文字盤の「コンプリケーション」を設定する

文字盤の「コンプリケーション」を設定しておくと、よく使うアプリに素早くかんたんにアクセスしたり、アプリからの情報を表示させることができます。

8つのコンプリケーションを表示させられる「インフォグラフ 」
8つのコンプリケーションを表示させられる「インフォグラフ 」

文字盤のひとつであるインフォグラフでは、8つのコンプリケーションを表示させられます(表示させられるコンプリケーションの数は文字盤によって異なる)。上の画像のように、文字盤にバッテリー残量や天気、日付などを表示させておけば、文字盤をひとめ確認するだけで、 多くの情報を得られます。

Apple Watch コンプリケーションのカスタマイズ
文字盤を長押しして、コンプリケーションを含む文字盤のカスタマイズが行える

文字盤を長押しし、「カスタマイズ」をタップしてコンプリケーションをカスタマイズできます。お好みのコンプリケーションを設定しておきましょう。

なお、使用できるコンプリケーションは、バッテリー残量の表示などあらかじめ用意されているものの他に、サードパーティ製のものも使用できます(対応アプリのみ)。

使用できるサードパーティ製コンプリケーションは、iPhoneの「Watch」アプリ>「コンプリケーション」から確認できます。

Apple Watch 使用できるコンプリケーションを確認
iPhone「Watch」アプリ>「コンプリケーション」で使用できるコンプリケーションを確認できる

コンプリケーションを使用するには、アプリがApple Watchにインストールされている 必要があります。iPhoneの「Watch」アプリから、使用したいアプリがインストールされているかを確認しておきましょう。

コンプリケーションを設定しておけば、欲しい情報をひとめで確認できますし、よく使うアプリへのショートカット代わりに使用することもできます。ぜひチェックしておきましょう。

一点注意したいのは、インフォグラフのようなたくさんのコンプリケーションを表示させられる文字盤では、バッテリーの消費量が大きくなるということです。体感的にもずいぶんと違うので、できるだけバッテリー消費を抑えたいという方は、コンプリケーションが少ない文字盤を選ぶようにしましょう。詳しくは記事内の「Apple Watchのバッテリーをもたせる設定」で解説しています。

ポイント

・文字盤の「コンプリケーション」を自分好みにカスタマイズしよう!
・たくさんのコンプリケーションを表示できる文字盤は、バッテリー消費が大きくなるので注意

6.Apple Watchに「Suica」を設定しよう

Apple Watchを便利に使うにあたって、「Apple Pay」の活用は欠かせません。コンビニで買い物するときは、財布はもちろん、iPhoneを取り出す必要さえありません。手首をかざすだけ。

Apple Watchでぜひ活用したい「Suica」
Apple Watchでぜひ活用したい「Suica」

Apple Payとは、例えるならば、クレジットカードやデビットカード、Suicaなどを入れておける「カード入れ」のようなもの。Apple PayはiDとQUICPay、Suicaに対応しています。それらをApple Payというカード入れに入れておけるのです。

なかでもぜひ活用したいのが「Suica」です。なぜSuicaなのかといえば、使える場所が多いから。交通系ICカードはたくさん種類がありますが、それぞれ相互利用が可能なので、交通系ICカードが使える場所であれば、同じようにSuicaが使えます。

SuicaをApple Watchに登録する方法は、Suicaの公式ページが分かりやすいですね。

僕はApple WatchとiPhoneに1枚ずつSuicaカードを登録しています。

Apple WatchとiPhoneそれぞれにSuicaを登録している
Apple WatchとiPhoneそれぞれにSuicaを登録している

これはApple Watchがバッテリー切れを起こしてしまったときのためと、どちらか一方が手元になくてもSuicaが使えるように、どちらにもSuicaを登録しています。それぞれのSuicaにチャージが必要になるので、面倒といえば面倒なのですが、2枚使いの便利さが勝つんですよね。1枚のSuicaカードをApple WatchとiPhoneで共有できればもっと便利なんですが、現状このようなかたちで運用しています。

そして、Apple WatchでSuicaを使うときに、必ずチェックしておきたい設定があります。それは、「エクスプレスカード」です。

Apple Watchにエクスプレスカードを登録する
iPhone「Watch」アプリ>「WalletとApple Pay」>「エクスプレスカード」から、Suicaを選択

iPhoneの「Watch」アプリ>「WalletとApple Pay」>エクスプレスカードから、Suicaカードをオンにします。

通常、Apple Watchに登録したSuicaを使用するときは、サイドボタンをダブルクリックしSuicaを表示させる必要があります。Suicaをエクスプレスカードに登録しておけば、 ダブルクリックという手順が要らなくなります。そのままApple Watchをかざすだけで決済できます。

ちなみに、iPhoneに登録したSuicaもエクスプレスカードに登録できます(「設定」>「WalletとApple Pay」から)。これでTouch IDやFace IDによる認証解除なしにSuicaが使えるようになります。僕のようにApple WatchとiPhoneのSuica二刀流で使用される方は、iPhone側もエクスプレスカードを設定しておきましょう。

ポイント

・Apple Watchに「Suica」を登録して楽ラク決済!
・Suicaをエクスプレスカードに設定することで、かざすだけで決済(改札を通過)できる

7.Apple Watchを左右どちらの腕につけるかを設定

「腕時計はいつも左腕につけている」という人が多いと思いますが、なかには「右腕につけているよ」という方もいるでしょう。

Apple Watchでは左右どちらの腕につけるかを設定できるので、右腕につけるという方は、「ウォッチの向き」を「右手」に変更しておきましょう。

Apple Watchを左右どちらにつけるかの設定
Apple Watch「設定」>「向き」から左右を選択

左右どちらかにつけるかは、使い手の好みだったりするので、一概にどちらがいいとは言えません。僕自身は 左腕につけていますが、「腕時計は必ず右腕につけている」という方もいらっしゃるでしょうし、「改札が右側にあるので、Apple Watchをかざしやすい右腕につける」というパターンもあります。

基本的には、普段慣れているほうにつければ問題ないかもしれませんが、左右逆につけてみると、新たな発見があるかもしれません。

見出し

・Apple Watchを右腕につけるときは、「向き」を「右」に設定しておこう
・Apple Payは右腕につけたほうが使いやすい

8.Siriを便利に使うための設定

「Apple WatchでSiriを使う」ことのメリットは、いつでもどこでも使いたいと思ったときにSiriを呼び出せるということでしょう。Apple Wachは常に手首に巻いているわけで、 カバンから取り出すといった手間なく、手首を上げ話しかけるだけでSiriを呼び出せます。

Apple WatchでSiriを呼び出す方法は、主に4つあります。

  1. 「Hey Siri」と呼びかけてから話す
  2. 「Hey Siri」なしに手首を上げて話す
  3. デジタルクラウンを長押しした状態で話す
  4. コンプリケーションからSiriを呼び出して話す

僕自身、一番よく使っているのは、一番上の「Hey Siri」なしで呼び出す方法です。

Apple Watch Siriの設定
Apple Watch「設定」>「Siri」

「Hey Siri」なしで手首を上げてSiriを呼び出す方法は、少しコツがあって、それは手首を上げApple Watchがスリープ解除されたのを確認してから、しっかり口元にもってきて話すこと。

手首を上げてすぐに話し出したり、口元から遠いと、うまく認識してくれないことが多いんですよね。手首上げワンクッション置いてから話しだすとうまくいきます。といっても、そう難しいわけではなく、何度か使えばすぐに慣れるはずです。

「Hey Siri」と呼び掛けてから話す方法は、「Hey Siri」と呼びかけるのがこっぱずかしかったりするので、あまり使っていません。それぞれの方法を試してみて、使いやすい機能をオンにしておけばよいでしょう。

一緒に「音声フィードバック」についての設定も確認しておきましょう。同じ画面で設定できます。

Apple Watchで「音声フィードバック」を設定
Apple Watch「設定」>「Siri」

知らぬ間に手首を上げて話すという動きをしてしまったり、デジタルクラウンが押されたりして、Siriが「すみません、よくわかりません」などと勝手に話し出すことがあります。「音声フィードバック」が「常にオン」になっていると、消音モードにしていてもSiriの声が出てしまうので、利用シーンによっては注意が必要です。

「音声フィードバック」の「着信スイッチで制御」を選択すると、音声フィードバックが消音モードのオン/オフに連動するようになります。 こうしておけば、消音モード時にSiriが意図せずしゃべりだすことはありません。

ポイント

・Siriの呼び出し方法は主に4パターンある
・「音声フィードバック」の「着信スイッチで制御」を選択しておくと、意図せずSiriがしゃべりだすことを防げる

9.「転倒検出」と「緊急連絡先」の設定(Series 4以降)

使用頻度は高くないものの、万が一のために確認しておきたい設定が「転倒検出」と「緊急SOS」です。

「転倒検出」機能

Apple Watchの「転倒検出」機能とは、 着用者の転倒を検知し、大丈夫か確認のために振動で手首を叩いてくれたり、 警告音を鳴らしたり、そのまま緊急通報するかどうかを確認してくれたりと万が一に役立ってくれる機能です。

持病がある人や、自転車やバイクなど転倒の危険性がある乗り物によく乗る人は、「転倒検出」をオンにしておけば万が一のときに助けになってくれます。着用者の年齢が65歳以上の場合は、デフォルトで「転倒検出」がオンになっていますが、65歳未満の場合はオフになっているので、必要に応じてオンにしておきましょう。

Apple Watch「設定」>「SOS」から「転倒転出」をオン
Apple Watch「設定」>「SOS」から「転倒転出」をオン

転倒検出をしてからの流れは、以下のとおりです。

Apple Watch「転倒検出」から「緊急通報」までの流れ
  • Step 1
    転倒を検出
    Apple Watch 転倒を検出されたときの通知
  • Step 2
    「緊急SOS」もしくは「大丈夫です」をタップ

    「緊急SOS」をスライドさせると、「警察(110)」「火災・救急(119)」「海上保安庁(118)」のどこに通報するかどうか選択できる。

  • Step 3
    反応できないとき

    1分間になんの動作・操作も認められない場合、30秒間のカウントダウン(振動と警告音)ののち、自動的に緊急通報される

僕はバイクによく乗ることもあって、「転倒検出」をオンにしています。万が一転倒してしまい、近くに通報してくれる人がいるならいいのですが、いないことも考えられますよね。

実際に、アメリカのワシントン州に住む男性がマウンテンバイクで転倒、そのまま意識を失いましたが、Apple Watchの転倒検出機能により自動的に緊急通報、助けられたことがあったそうです。まさにこういった緊急事態に活躍してくれるのが、「転倒検出」機能です。

メディカルIDで「緊急連絡先」を登録しておこう

iPhoneの「設定」>「ヘルスケア」>「メディカルID」から、緊急連絡先を追加しておくことをおすすめします。追加しておけば、緊急SOSサービスを使用したときに、メッセージで緊急SOSサービスを使用した旨と位置情報を知らせてくれます。

iPhone メディカルIDで緊急連絡先を登録
iPhone「設定」>「ヘルスケア」>「メディカルID」>「緊急連絡先」をタップし登録

緊急通報と同時に、追加した緊急連絡先に「どこで”ピンチ”な状態になっているか」を知らせてくれる、ということですね。普段は使わない機能ですが、万が一のことがあったとき、家族や大事な人などにも知らせてくれるよう緊急連絡先を追加しておきましょう。

ポイント

・「転倒検出」をオンにしておけば、万が一のときに助けになってくれる
・着用者が65歳未満の場合、「転倒検出」はデフォルトでオフになっている
・メディカルIDから緊急連絡先を連絡しておけば、緊急通報時と同時に位置情報を知らせてくれる

Apple Watchのバッテリーをもたせる設定

「Apple Watchのバッテリーを少しでも長くもたせたい!」というあなたのために、バッテリー節約のための設定をご紹介しましょう!

といっても、バッテリーを節約するということは、「Apple Watchの機能を制限する」ということ。不要な機能はオフにしてしまっても問題ありませんが、バッテリー節約のために必要な機能をオフにしてしまっては本末転倒です。自分の使い方に照らし合わせながら、不要な機能をオフにしつつ、不便でないない範囲でバッテリー節約に役立ててみてください。

「文字盤の常時表示」をオフにする(Series 5)

Apple Watch Series 5では、「文字盤の常時表示」に対応。文字盤が常に表示されている状態なので、手首を動かさずに時刻を確認できるようになりました。常時表示オンの状態でも、バッテリー駆動時間はそれまでのモデルと同じ最大18時間(Appleの公称値)が確保されています。

それでも、常時表示をオンにすることによってバッテリー消費量が増えることは間違いありません。常時表示をオフにすれば、その分の消費量が減り、バッテリーの節約に期待できます。

常時表示のオン/オフは、iPhoneの「Watch」アプリ>「画面表示と明るさ」>「常にオン」で変更できます。

Apple Watch 文字盤の常時表示をオフ
iPhone「Watch」アプリ>「画面表示と明るさ」>「常にオン」

常時表示のオフは、バッテリーの節約という観点から いえば有効なのですが、使いたい便利な機能のひとつでもあるんですよね。僕は常時時表示はオンにしていて、バッテリー残量が少なくなれば「モバイルバッテリー」で対応しています。

「シアターモード」を活用する

「シアターモード」をオンにすると、消音モードがオンになり、手首を返し文字盤を確認する動作をしても画面が点灯しなくなります。画面をタップするか、デジタルクラウンを回すことで、画面をアクティブにできます。

シアターモードというその名のとおり、映画館など画面を点灯させたくないシーンで使える機能です。僕がよく使っているシーンは就寝時。「AutoSleep」というアプリで睡眠ログをとっているのですが、光に睡眠が妨げられないように、シアターモードを使っています。

「シアターモード」は、バッテリーを節約したいときにも使えます。「文字盤を確認する動作→自動的に画面が点灯」という機能は、精度がよく優秀です。しかし、それでも意図せず点灯させてまうこともあったりします。「シアターモード」をオンにしておけば、画面をタップしない限りは自動点灯しなくなるので、余計なバッテリーを使わずに済むわけです。

「シアターモード」のオン/オフは、Apple Watchのコントロールパネルから行います。

Apple Watchでシアターモードをオンにする
Apple Watch「コントロールセンター」からか「顔アイコン」をタップしてシアターモードをオン

「顔アイコン」をタップして、「シアタモード」のオン/オフを切り替えられます。

コンプリケーションの少ない文字盤に変更する

文字盤にバッテリー残量や天気などを表示させられるコンプリケーションですが、表示させるコンプリケーションの数に比例して、バッテリーの消費量が増えてしまいます。

例えば、コンプリケーションを最大8つ表示させられる文字盤「インフォグラフ」。一度に多くの情報を確認できる便利な文字盤ですが、それだけバックグラウンドで動くアプリが多くなります。ということは、必然とバッテリーの消費量も大きくなってしまいます。

表示できるコンプリケーションがない、もしくは少ない文字盤はバッテリー節約に期待できる
表示できるコンプリケーションがない、もしくは少ない文字盤はバッテリー節約に期待できる

「カリフォルニア」や「数字・デュオ」といった、表示できるコンプリケーションが少ない文字盤を選べば、バッテリーの消費を抑えることができます。文字盤にコンプリケーションを表示させればさせるほど、「多機能感」が出てかっこいいですよね。しかし、果たしてそれだけのコンプリケーションを表示させる意味があるのか? と疑問に思うこともあります。

「コンプリケーションを表示させているけど、あまり活用できていないものもある」ということであれば、この機会に文字盤を見直してみてください。コンプリケーションは便利な機能です。必要なものを残しつつも、使っていないものを削り、バッテリー節約につなげてみましょう。

ディスプレイの明るさを暗くする

Apple Watchのディスプレイの明るさを暗くすることで、バッテリー節約に期待できます。

Apple Watchのディスプレイの明るさ設定
Apple Watch「設定」>「画面表示と明るさ」から明るさを調整

ディスプレイの明るさは、Apple Watchの「設定」>「画面表示と明るさ」から調節できます。

ただ、ディスプレイの明るさを暗くしすぎると、屋外など明るい場所での視認性が低下してしまうことには注意してください。

「 モバイル通信」をオフにする(GPS+Cellularモデル)

GPS+Cellularモデルでは、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)指定のオプションサービスを契約することで、Apple Watch単体で電話通話・ネット通信が可能になります。iPhoneを持たずに出かけても、着信を受けて通話できるので、個人的にも重宝している機能です。

しかし、 「モバイル通信」をオンにしていると、電波を受信し続けることになるので、バッテリーの消費量が大きくなります。iPhoneが近くにありペアリングされている状態であれば、バッテリーの減り具合はまだマシですが、Apple Watch単体でモバイル通信をオンにして電話通話していると、バッテリー残量がみるみるうちに減っていきます。

Apple Watchのモバイル通信をオフ
Apple Watch「コントロールセンター」>「モバイル通信」をオフ

バッテリーを節約したい場合は、「モバイル通信」を必要なときのみオンにし、不要なときはオフにしておくことをおすすめします。

Apple Watch向けモバイルバッテリーを活用しよう!

Apple Watchのバッテリーを少しでも長くもたせる設定をご紹介させていただきました。「Apple Watchのバッテリーがピンチ!」というときに、ぜひ役立てください。

強調しておきたいのは、「バッテリー残量を気にしすぎるのもよくない」ということ。上で紹介したバッテリー節約のための設定のなかで、実際に僕が使っているのは「シアターモード」くらいです。しかも、それはバッテリーの節約というよりは、就寝時にディスプレイの光が邪魔になるという理由から。文字盤もコンプリケーションの表示が少ないものを選んでいますが、それもただ単にシンプルなものが好きなだけです。

僕はApple Watchのバッテリー残量は気にせず、充電が必要なときは「Apple Watch向けモバイルバッテリー」を活用するようにしています。

Apple Watch向けモバイルバッテリー
出先でもApple Watchを充電できるモバイルバッテリー

僕の使い方だと、常時表示オン、モバイル通信オンの状態でも1日から2日はもってくれるので、特に不便さは感じていません(Series 5)。出先で充電が必要になりそうなときは、上のモバイルバッテリーを持参するようにして対処しています。

バッテリー残量をあまりに気にしすぎて、Apple Watchの機能を制限してしまえば本末転倒ですからね。何ごともバランスが大事です。不要な機能はオフにしつつ、不便でない範囲で設定するようにしましょう。

Apple Watch向けモバイルバッテリーについては、以下の記事でおすすめをご紹介しています。興味のある方はどうぞ!

設定を見直して上手にApple Watchを使おう

僕は普段、ひとりでデスクに座って仕事をすることが多いのですが、作業中はあえて「iPhoneを自分から遠ざける」ようにしています。それは、通知が届くたびに集中力が切れて、脱線してしまう可能性があるからです。チェックしているYouTubeチャンネルの更新通知なんかを見てしまうと最悪ですね。どんどん脱線していき、気付けば1時間も仕事とは関係ない動画を観ていた、なんてことも。

Apple Watchには、iPhoneに届いた通知を確実に知らせてくれるという大きなメリットがあります。しかしその反面、しっかり通知をコントロールしておかないと、通知に振り回されてしまったり、通知がきっかけとなり時間を吸い取られることになりかねません。

これはApple Watchに限ったことではありませんが、「デフォルトの設定」が正解だとは限りません。いま一度Apple Watchの設定を見直し、うまくApple Watchと付き合っていきましょう!

Apple Watchユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント