Apple Watchを上手に使うためのおすすめ設定【便利】

Apple Watchを上手に使うためのおすすめ設定【便利】

Apple Watchを購入時の設定のまま使っていませんか?

仮にそうであってもApple Watchを便利に使うことはできます。しかし、「より便利に」という意味では、設定のカスタマイズは必要不可欠。

本記事では「Apple Watchのおすすめ設定」と言うことで、Apple Watchをより便利に使うための設定をご紹介!

Apple Watchを購入したばかりの方はもちろん、すでに愛用中の方にも参考になる内容となっていますので、ぜひ本記事を参考にApple Watchの活用にお役立ていただければと思います!

目次

Apple Watch おすすめ設定

Apple Watchの基本的な設定から、マニアックだけど便利になる設定まで押さえておきたい設定をピックアップしています。

基本的には私自身が使っていて便利だと思う設定です。全員が全員に合う設定だとは限りませんが、便利そうだと感じたらぜひお試しください!

アプリをリスト表示にする

Apple Watchがアクティブの状態でデジタルクラウンを押すと、デフォルトではアプリの一覧が「グリッド表示」で表示されます。グリッド表示はアプリアイコンを見渡せるので、目当てのアプリに素早くアクセスできます。しかし、アプリの数が多くなってくると「アイコンだけで探すのは逆に時間がかかってしまう」ということも。

そんなときは、表示方法を「リスト表示」に変更してみてください。

Apple Watch グリッド表示からリスト表示に変更
「設定」>「App表示」>「リスト表示」を選択

「リスト表示」を選択するとアプリ名が表示されるように鳴ります。

Apple Watch アプリリスト表示の操作

デジタルクラウンを回してスクロールできます。リスト表示だと一度に表示させられるアプリの数は少ないですが、アプリ名が見えるのでこちらのほうが分かりやすいですよね。

デフォルトのグリッド表示が見にくい、アプリを選びにくいと感じたら、リスト表示に変更してみましょう。

「アプリをリスト表示にする」のポイント
  • アプリ一覧の表示を「グリッド表示」から「リスト表示」に変更
  • リスト表示はアプリ名が表示され見やすい

アプリを「よく使う項目」に追加する

Apple Watchのサイドボタンを押すと、デフォルトでは「最近使った項目(アプリ)」が表示されます。デフォルトのままでもいいのですが、これを「よく使う項目」に変更しておくと、よく使うアプリにすばやくアクセスでき便利です。

Apple Watch「よく使う項目」の設定
iPhone「Watch」アプリ>「設定」>「Dock」>「よく使う項目」にチェック

上のようによく使うアプリを「よく使う項目」に追加しておきます。

Apple Watchの「よく使う項目」

アプリが増えてくると、一覧から探すのは手間になってきます。「よく使う項目」を活用して、よく使うアプリにすばやく、かんたんにアクセスできるようにしておきましょう。

「アプリをよく使う項目に追加する」のポイント
  • 「よく使う項目」にアプリを追加しておけば、サイドボタンを押すだけですばやくアプリにアクセスできる

文字盤の「コンプリケーション」をカスタマイズする

文字盤の「コンプリケーション」をカスタマイズしておくと、よく使うアプリにすばやくアクセスしたり、アプリの情報を文字盤に表示させられたりでき便利です。

Apple Watchのコンプリケーションの設定
文字盤を長押し>「編集」からコンプリケーションを設定

文字盤によって設置できるコンプリケーションの数は異なります。上は「インフォグラフ」という文字盤。インフォグラフでは最大8つのコンプリケーションを表示させられます。私はバッテリー残量や天気、リマインダーなどをコンプリケーションで文字盤に表示させています。

コンプリケーションをカスタマイズしておけば、欲しい情報をひとめで確認できますし、よく使うアプリへのショートカット代わりにもなります。Apple Watchでは文字盤を左右にスワイプすることでかんたんに文字盤を切り替えできます。「普段はこの文字盤」「ワークアウト時はこの文字盤」というように、利用シーンに合わせて複数の文字盤を用意しておくと便利です。

「コンプリケーションをカスタマイズする」のポイント
  • 文字盤の「コンプリケーション」を自分好みにカスタマイズ
  • 利用シーンやバンドのデザインに合わせて、複数の文字盤 & コンプリケーションを用意しておくと便利

テキストを大きく・太くする

「Apple Watchのテキストが小さく見づらい」という場合、設定でテキストを大きく、太くして視認性を高めることができます。

Apple Watchのテキストサイズを変更する設定
「設定」>「画面表示と明るさ」」からテキストサイズ・太さを設定

アプリによってテキストサイズが反映されないこともありますが、テキストを大きくすると劇的に見やすくなります。

Apple Watchでテキストサイズとテキストの太さを変更する

小さいApple Watchにとって見やすさは大事!必須の設定ではありませんが、必要に応じてテキストサイズを変更しておきましょう。

「テキストを大きく・太くする」のポイント
  • テキストのサイズを大きく、太くして見やすくできる

触覚を「はっきり」にして「消音モード」をオン

Apple Watchの「触覚(振動)」を「はっきり」にしておくことで、確実に通知に気付けます。

Apple Watchの触覚をはっきりに設定
「設定」>「サウンドと触覚」>触覚を「はっきり」に

Apple Watchは肌に密着している状態。「デフォルト」でも十分気付けるのですが、「はっきり」にしておけばより確実です。

確実に気付けるのであれば通知音は不要、ということで「消音モード」をオンにしておきます。

Apple Watch 「消音モード」をオン
コントロールセンターから「消音モード」をオンに

手首に着けている状態で音が頻繁に鳴られてもうっとうしいですし、触覚で確実に通知に気付けるので音を鳴らす必要性を感じません。基本的に私は「消音モード」をオンにしっぱなしです。

触覚を「はっきり」にしてみて、「これなら確実に通知に気付けるな」と感じたなら、私のように消音モードを常にオンにしておいていいかと思います。常にオンなら、音を鳴らしていけない場面で鳴らしてしまった、なんてことは起きませんからね。

「触覚をはっきりにして消音モードをオン」のポイント
  • 触覚(振動)を「はっきり」似設定して確実に通知気付けるようにする
  • うっかり音を鳴らしてしまわないためにも、「消音モード」は常にオンがおすすめ

通知されるアプリを必要なものだけに絞る

Apple Watchをうまく使うにあたって、通知設定は特に押さえておきたい設定です。ポイントは「通知は本当に必要なものだけに絞る」ということ!そうしておかないと、不要な通知にいちいち反応してしまうことになります。

「せっかく集中していたのに、不要な通知で集中が途切れてしまった」
「通知が多いせいで本当に大事な通知を見逃してしまった」

このような経験があるなら、この機会に通知設定を見直しておくことをおすすめします。

Apple Watchへの不要な通知をオフにするには、Apple Watchの通知センターからオフにする方法がかんたんです。

Apple Watchへの通知をオフ
文字盤を下方向にスワイプして表示される「通知センター」から、通知を左方向にスワイプして設定

Apple Watchに届いた通知を確認し、そのアプリからの通知は不要だと思ったら上の方法でガンガン通知オフにしてしまいましょう。

Apple Watchに届く通知は、iPhoneの「Watch」アプリ>「通知」からもコントロールできます。

iPhoneの「Watch」アプリから通知設定を行う
iPhone「Watch」アプリから通知設定

「Apple WatchだけでなくiPhoneに届く特定のアプリからの通知もオフにしたい」という場合は、iPhoneの「設定」>「通知」から設定できます。

iPhoneの設定からアプリの通知をオフ
iPhoneの「設定」>「通知」からアプリを選択して通知オフ

仕事中にYouTubeアプリからチェックしているチャンネルの更新情報が通知されれば最悪です。通知を見てしまえば最後、気付いたら1時間も動画を観ていたなんてことも。確実に通知を届けてくれるApple Watchだからこそ、しっかりと通知をコントロールしておくことが大事です。

「通知されるアプリを必要なものだけに絞る」のポイント
  • Apple Watchに届く通知を本当に必要なものだけに絞れば、いちいち不要な通知に振り回されずに済む
  • 確実に通知を届けてくれるApple Watchだからこそ、不要な通知をオフにしてコントロールすることが大事

「通知のプライバシー」の設定

通知に関連して、iPhoneの「Watch」アプリ>「通知」から通知のプライバシーについてもチェックしておきます。

Apple Watch 通知のプライバシーの設定
iPhoneの「Watch」アプリ>「通知」から通知のプライバシーの設定

私は通知のプライバシーの「ロック中に概要を表示」をオフ、「タップして通知の詳細を表示」をオン、「手首を下げているときでも通知を表示」をオフにしています。

仮に上の設定をすべて逆にすると、

Apple Watchの通知のプライバシー設定

このようにプライベートなメッセージのやりとりが丸見えに。見られたくない通知は一部ですし、他人に見られたところでどうということはないのですが、気になる方は上のように設定しておきましょう。

「通知のプライバシーの設定」のポイント
  • 通知のプライバシーで通知内容が丸見えになることを防ぐ

左右どちらの腕に着けるかの設定

Apple Watchでは、左右どちらの腕に着けるのかを設定できます。

Apple Watch 「向き」の設定
「設定」>「一般」>「向き」から設定

左右どちらに着けるのかは使い手の好みによるので、一概にどちらがいいとは言えません。私自身は左腕に着けていますが、「腕時計は右腕がしっくりくる」という方もいらっしゃるでしょうし、「右側にある改札にかざしやすい右腕に着ける」というのもありです。基本的には自分が使いやすいと感じたほうでOKです。

ちなみに、「向き」を右から左に変更しても、Apple Watchの画面上はなにも変わりません(デジタルクラウンの左右を変更すると画面がひっくり返ります)。「向き」は、時計を見る動作でApple Watchのアクティブ状態にする機能に関わってくるところなので、正確に設定しておきましょう。

「左右どちらの腕に着けるかの設定」のポイント
  • Apple Watchを左右どちらの腕に着けるのかを設定できる
  • 自分が使いやすいと感じたほうに設定しておけばOK

交通系ICカードを「エクスプレスカード」に設定

Apple WatchでApple Payを利用する際、サイドボタンを2度押ししてからかざす必要があります。交通系ICカードを「エクスプレスカード」に設定しておくと、サイドボタン2通しの認証操作なしにかざすだけで決済や駅の改札を通過することができます。

エクスプレスカードに設定して認証操作なしに決済・改札通過できるのは、日本では「Suica」と「PASMO」。私はSuicaをエクスプレスカードに設定しています。

Apple WatchでSuicaをエクスプレスカードに設定
「設定」>「ウォレットとApple Pay」>「エクスプレスモード」からSuicaを設定

Suicaはそれぞれの地域で発行されている交通系ICカードと相互利用が可能です。例えば私はICOCA圏内に住んでいますが、ICOCAが使える場所なら同じようにSuicaで決済・改札通過できます。ぜひ活用しましょう!

「エクスプレスカードに設定」のポイント
  • エクスプレスカードに設定しておくと、サイドボタン2通しの認証操作なしで決済・駅の改札を通過できる
  • 「Suica」「PASMO」をApple Watchのエクスプレスカードに設定できる

Siriを便利に使うための設定

周囲に人がいる環境でApple Watchに向かって「Hey Siri」呼びかけるのは恥ずかしいので、「Hey Siri」なしでSiriを呼び出せるように設定します。

Apple Watch Siri呼び出し方法の設定
「設定」>「Siri」>「手首を上げて話す」と「Digital Crownを押す」をオン

私は「手首を上げて話す」と「Digital Crownを押す」をオンにしています。これで手首を上げてApple Watchを口元にもってきて話すか、デジタルクラウンを押しながら話せばSiriが応えてくれます。

一緒に「音声フィードバック」の設定も確認しておきましょう。同じ設定画面で設定できます。

Apple Watch Siri 消音モードで制御
「設定」>「Siri」>「書音モードで制御」をオン

意図せずデジタルクラウンが押されたりして、Siriが「すみません、よく分かりません」などと勝手に話し出すことがたまにあります。音声フィードバックが「常にオン」になっていていると、消音モードにしていてもSiriの音声がスピーカーから出てしまうで、音声フィードバックが消音モードと連動する「消音モードで制御」にチェックを入れておきましょう。

「Siriを便利に使うための設定」のポイント
  • 「Hey Siri」なしでSiriを呼び出せる「手首を挙げて話す」と「Digital Crownを押す」をオンに
  • 音声フィードバックの「消音モードで制御」をオンにしておけば、意図せずSiriがしゃべりだすことを防げる

「転倒検出」機能の設定(Series 4以降)

万が一のために確認しておきたい設定が「転倒検出」機能です。

Apple Watch Series 4以降のモデルには、着用者の転倒を検知する機能が搭載されています。転倒を検知したとき、必要であればApple Watchが自動的に緊急通報してくれます。

Apple Watchが転倒を検知してから、緊急通報してくれるまでの流れは以下のとおり。

Apple Watchの「転倒検出」「緊急通報」の流れ

  1. 転倒を検出
    Apple Watch 転倒を検知
  2. 「緊急SOS」をスライドもしくは「大丈夫です」をタップ
    「緊急SOS」をスライドすると、「警察(110)」「火災・救急(119)」「海上保安庁(118)」のどこに通報するかを選択できる。
  3. 【着用者が反応できないとき】
    転倒を検知してから1分間になんの動作・操作も認められない場合は、30秒間のカウントダウン(振動と警告音)ののち自動的に緊急通報され、緊急通報先に転倒を検知した旨と位置情報を知らせる音声メッセージが再生される。
    「ヘルスケア」アプリに「緊急連絡先」を登録している場合は、緊急通報とともに緊急連絡先にも転倒を検知した旨と位置情報が通知される

もしひとりでいるとき倒れてしまい、そのまま意識を失ってしまったら……そんなことを想像するだけでゾッとしますが、Apple Watchの転倒検出機能は、まさにそんなときに救世主となってくれる機能です。

この転倒検出機能は、着用者が65歳未満の場合はデフォルトでオフになっています。必要であればオンにしておきましょう。

Apple Watchで「転倒検出」をオン
「設定」>「SOS」>「転倒検出」をオン

また念のため緊急連絡先も設定しておきましょう。

iPhone「ヘルスケア」アプリで緊急連絡先を設定
「設定」>「ヘルスケア」>「メディカルID」から緊急連絡先を設定

家族など万が一のときに動いてくれる人を設定しておけば安。設定しておけば転倒を検知し反応できないときに、「どこでピンチな状態になっているのか」を緊急連絡先にも通知できます。

転倒検出機能の設定」のポイント
  • 「転倒検出」をオンにしておけば、万が一のときに助けになってくれる
  • 着用者が65歳未満の場合、「転倒検出」はデフォルトでオフになっている
  • 緊急連絡先を設定しておけば、緊急通報とともに緊急連絡先にも転倒を検知した旨と位置情報が通知される

iPhoneのロックを解除する設定

Apple Watchを着けていて、かつApple Watchのロックが解除された状態であれば、マスクやサングラスなどで顔が隠れている状態でもiPhoneのロックを解除できます(Face ID対応モデル)。

Apple WatchでiPhoneのロックを自動解除
「設定」>「Face IDとパスコード」>APPLE WATCHでロック解除をオン

これでマスクで顔が隠れていても、Apple Watchを着けていればマスク未装着状態と同じ感覚でiPhoneをロック解除できるようになります。

Apple Watchを愛用中の方であれば、この機能はすでに活用されているかもしれませんね。それでも万が一活用できていないのであれば、ぜひ上の設定をオンにしてみてください。1日何十回とあるiPhoneのロック解除がラクになりますよ!

また、iPhoneだけでなくMacのロック解除もApple Watchで可能です。

Apple WatchでMacのロックを解除
Mac「設定」>「セキュリティーとプライバシー」の一般タブ

Macがスリープ復帰したとき、Apple Watchを着けていれば自動的にロック解除してくれます。

「iPhoneのロックを解除する設定」のポイント
  • マスクで顔が隠れていても、Apple Watchを着けていればiPhoneのロックを解除できる
  • Macのロックを自動解除

【小技】AssistiveTouchでハンドジェスチャ操作

Apple Watchのアクセシビリティ機能として用意されている「AssistiveTouch」を使えば、Apple Watchをハンズフリーで操作できます。

AssistiveTouchをオンにすることで、Apple Watchを着けている手でピンチ(人差し指を親指にタップ)したりクレンチ(手を握りしめる)したりすることで、画面にタッチしなくても操作できます。

Apple WatchのAssistiveTouch
AssistiveTouchでApple Watchをハンドジェスチャで操作できる

それぞれのハンドジェスチャに機能を割り当てられます。例えば、ダブルピンチ(人差し指を親指に2回すばやくタップ)してApple Payを起動する、なんてことも。

Apple Watch で AssistiveTouch を使う – Appleサポート

AssistiveTouchなら荷物で片手が塞がっていてもApple Watchを操作できます。使えそうな場面があれば試してみましょう。

「AssistiveTouchでハンドジェスチャ操作」のポイント
  • アクセシビリティ機能の「AssistiveTouch」でApple Watchをハンドジェスチャで操作できる
  • それぞれのハンドジェスチャに操作・機能を割り当てられる

Apple Watchのバッテリーの節約設定

「Apple Watchのバッテリーを少しでも長くもたせたい!」というあなたにために、バッテリー節約のための設定をご紹介します。

ただバッテリーを節約するということは、「Apple Watchの機能を制限する」ということになります。不要な機能はオフにしてしまっても問題ありませんが、必要な機能をオフにしてしまっては本末転倒です。自分の使い方に照らし合わせながら、不便にならない範囲で不要な機能をオフにしてばってりー節約に役立ててみてください。

「文字盤の常時表示」をオフにする(Series 5/6/7)

Apple Watch Series 5/6/7は文字盤の常時表示に対応しています。これをオフにすることでバッテリーもちの改善に期待できます。

Apple Watchの常時表示をオフ
「設定」>「画面表示と明るさ」>「常にオン」をオフ

常時表示をオフにしても、手首を返したりして時計を見る動作をすれば反応良く文字盤を表示してくれるので、さほど困らないかと思います。

「シアターモード」を活用する

「シアターモード」をオンにすると、消音モードがオンになり手首を返し文字盤を確認する動作をしても画面が転倒しなくなります。画面を光らせたくない映画館などで使用する機能。シアターモード中にアクティブにするには、画面をタップするかデジタルクラウンを押します。

シアターモードをオンにしてApple Watchの画面を意図せず転倒させてしまうこを防止し、バッテリーを節約します。

Apple Watchのシアターモードをオン
コントロールセンターにある「シアターモード」をタップしてオン

これで画面をタップしない限りは画面が点灯しなくなります。私は睡眠ログをとるためにApple Watchを着けたまま寝ているのですが、画面の光に睡眠が妨げられないよう、シアターモードをオンにしてい寝ています。

コンプリケーションの少ない文字盤に変更する

文字盤にバッテリー残量や天気などの情報を表示させられるコンプリケーションですが、表示させるコンプリケーションの数に比例してバッテリーの消費量が増えます。

Apple Watch コンプリケーションの少ない文字盤でバッテリー節約
コンプリケーションの数が少ない文字盤でバッテリー節約

上のようなコンプリケーションの少ない文字盤を選ぶことで、バッテリー節約に期待できます。

といっても、コンプリケーションは便利な機能。必要なものは残しつつも、使っていないものを削る方向で検討してみましょう。

ディスプレイの明るさを暗くする

Apple Watchのディスプレイの明るさを暗くすることで、バッテリーを節約できます。

Apple Watchの画面の明るさを設定する
「設定」>「画面表示と明るさ」から明るさを設定

ディスプレイの明るさを暗くしすぎると、屋外での明るい場所での視認性が低下してしまうので注意してください。

「 モバイル通信」をオフにする(GPS+Cellularモデル)

GPS + Cellularモデルは、各キャリアが提供するApple Watch向けオプションサービスに加入することで、Apple Watch単体で電話通話・ネット通信が可能になります。

Apple Watchのモバイル通信は、iPhoneから離れたときに有効になります。ただそのあいだはApple Watchはモバイル通信の電波を受信し続けることになるのでバッテリーの消費量が大きくなってしまいます。

Apple Watchのモバイル通信をオフにしてバッテリーを節約
コントロールセンターから「モバイル通信」をオフ

そこで、普段はモバイル通信をオフにしておき、必要なときのみオンにすることでバッテリーを節約できます。

Apple Watch向けモバイルバッテリーを活用しよう!

ここではApple Watchのバッテリーを節約するための設定をご紹介していますが、個人的には「バッテリー残量を気にしすぎるのもよくない」と思っています。バッテリー残量を気にしすぎるあまり、逆に不便になっては本末転倒ですからね。

私はApple Watchのバッテリー残量は気にせず、モバイルバッテリーを活用しています。

Apple Watchをモバイルバッテリーで充電

Apple Watch向けのモバイルバッテリー、なんてのもあります。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

Amazonで「Apple Watch向けモバイルバッテリー」をみる

設定を見直してApple Watchを上手に使おう!

本記事でご紹介した設定のなかであなたに合ったのものをチョイスし、Apple Watchのさらなる活用に役立てていただければ幸いです。

特に通知のコントロールは必須ですね!私は普段、ひとりでデスクの前で仕事をすることが多いですから、集中力を切らさないためにも通知は必要最低限に絞っています。

Apple Watchは非常に便利な製品ですが、決してApple Watchに使われてはいけません!そのためにも、設定を見直してApple Watchとうまく付き合っていくことが大事です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる