Apple Watchの「音楽再生」を使いこなす!知っておきたいことまとめ

Apple Watchの「音楽再生」を使いこなす!知っておきたいことまとめ

本記事では、「Apple Watchで音楽再生を使いこなすために知っておきたいこと」についてまとめました。

  • Apple Watchで音楽を聴く・再生する3つのパターン
  • 「Apple Watch × 音楽再生」で知っておきたいことまとめ

この2つに分けて解説しています。Apple Watchと相性のいい音楽ストリーミングサービスなどについてもご紹介していますので、ぜひ本記事をさらなるApple Watch活用の参考にしていただければと思います!

目次

Apple Watchで音楽を聴く・再生する3つのパターン

Apple Watchで音楽を聴く方法は、以下の3つのパターンに分けられます。

  1. iPhoneで再生中の音楽をコントロール
  2. Apple Watchにダウンロードした音楽をオフライン再生
  3. Apple Watch単体(iPhoneが近くにない状態)でストリーミング再生

1. iPhoneで再生中の音楽コントロール

Apple Watchでの音楽コントロールが、いちばん出番が多いのではと思います。

iPhoneで再生中の音楽をApple Watchでコントロール

iPhoneで音楽を再生中、Apple Watchの「再生中」アプリが自動的に起動し、曲送り/戻しや音量調節、楽曲の選択などをApple Watchから行えます。Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作している、ということになりますね。

iPhoneをポケットやカバンから取り出さずとも、手首に巻いたApple Watchで音楽コントロールできるのは楽チン!ちなみに、Apple Watchによる音楽コントロールは、iPhoneだけでなくHomePod miniやApple TVに対しても行えます。

また、Macの「ミュージック」アプリやWindowsデバイス向けの「iTunes for Windows」の音楽コントロールもApple Watchで可能です。詳しくは記事内の『Mac/Windowsデバイスの「ミュージック(iTunes)」を音楽再生をコントロール』で解説しています。

2. Apple Watchにダウンロードした音楽をオフライン再生

Apple Watchで音楽を聴く方法として便利なのは「オフライン再生」です。楽曲データを事前にダウンロードしておけば、iPhoneが近くにない状態でもApple Watch単体で音楽再生が可能です。

トレーニングやスポーツシーンなどのiPhoneから離れなくてはいけないシーンでも、オフライン再生なら環境問わず音楽を聴けます。具体的な方法については記事内の「Apple Watchでオフライン再生する方法」で解説しています。

3. Apple Watch単体でストリーミング再生

Apple Watchでのオフライン再生は、iPhoneが近くにある状態で楽曲データを事前にダウンロードしておくという手間があります。また、Apple Watchのストレージ容量にも限りがあり、無制限にダウンロードする、というわけにもいきません。ストリーミング再生ならいつでも聴きたい曲を聴けます。

iPhoneが近くない場合であっても、Apple WatchがWi-Fiもしくはモバイル通信で接続され、ネット通信ができる状態であれば、iPhoneと同じような感覚で音楽をストリーミング再生することができます。

こちらも記事内の「Apple Watch単体でストリーミング再生するには?」で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

「Apple Watch × 音楽再生」で知っておきたいことまとめ

「Apple Watch × 音楽再生」に関して知っておきたいことをまとめました。Apple Watchを愛用する方であれば、知識としてもっておいて損はありません!

Apple Watchに相性のいい「ワイヤレスイヤホン」は?

Apple Watchにはスピーカーが搭載されていますが、そのスピーカーで音楽を聴くことはできません。Apple Watchで音楽を聴くには、ワイヤレスイヤホン・ヘッドフォン・スピーカーなどへの接続が必要です。

Bluetooth接続に対応するワイヤレスイヤホンであれば、基本的にはどのようなものでもApple Watchに接続できます。ただ、Apple Watchとの相性を考えたときに、やはりおすすめしたくなるのはAppleの「AirPods(エアーポッズ)」でしょう。

AirPodsならApple Watchでのペアリング設定は不要です。iPhoneに一度でも接続すれば、ペアリング情報はiCloudを通してApple Watchにも共有されます。AirPodsを耳に着けた状態でApple Watchで音楽再生しようとすると「どこで再生するか」を聞いてくれます。そこで接続したいAirPodsを選択するだけ。

Apple WatchにAirPodsを接続する

AirPodsの接続先をApple WatchからiPhoneに戻したいときは、特になにもしなくてもOK。iPhoneを手に取りスリープ復帰させるだけで接続先が自動的にiPhoneに切り替わります。さらにiPadに持ち替えれば、AirPodsの接続先はiPadに移ります。 この連携が非常に便利!

iPhoneからApple Watch、Apple WatchからiPad、というように接続先を頻繁に切り替える方には特に、AirPodsがおすすめです!AirPodsだからこそできることもたくさんあります。ぜひチェックしてみてください。

AirPods以外のワイヤレスイヤホンを接続する方法

もちろん、すべての人にとってAirPodsが正解だとは限りません。お気に入りのワイヤレスイヤホンやヘッドフォンを接続したい場合もあるかと思います。

Apple WatchにAirPods以外のワイヤレスイヤホンを接続するには、Apple Watch「設定」アプリから「Bluetooth」と進み、接続したワイヤレスイヤホンを選択します。

Apple Watchにワイヤレスイヤホンを接続する

これでOKです。

一度ペアリングしたワイヤレスイヤホンは、AirPlayアイコンをタップして選択できるようになります。

Apple WatchにAirPods以外のワイヤレスイヤホンを接続する

Apple Watchと相性のいい「音楽ストリーミングサービス」は?

音楽ストリーミングサービスといえば、有名どころがいくつかありますが、サービスによってApple Watchでオフライン再生できる、できないなどの違いがあります。

「Apple Watchとの相性」で言えば、ベストはやはり「Apple Music」で間違いありません。オフライン再生・ストリーミング再生とも可能ですし、「Hey Siri、なにか曲をかけて」とSiriに呼びかけての操作もOK。

とはいえ、SpotifyやAmazon Musicも頑張っていますね!Spotifyに関しては、Apple Musicとできることはほとんど変わりません。Siri呼びかけ時に「Spotifyで」と付け加えないといけないことがちょっと面倒なくらい。

聴ける楽曲数は、2021年時点で、9000万曲前後とどのサービスも大差ない状況。となれば、操作のしやすさだったり、使用するデバイスとの相性だったりと、「使い勝手の差」がポイントになってくるかと思います。

使い勝手の差を考えると、音楽ストリーミングサービスへの加入・乗り換えを検討されている方は、Apple Watchとの相性がいい「Apple Music」がおすすめです。Apple WatchやiPhoneとの相性は当然いいですし、さらにiPadやMac、Apple TVもあるよ、ということなら、なおさらApple Musicで間違いありません。

Apple Watchでオフライン再生する方法

Apple Watchでオフライン再生する方法を、「Apple Music」と「Spotify」にわけて解説します。

Apple Musicでオフライン再生

まず、Apple Watchにダウンロードしておきたい楽曲・アルバム・プレイリストを、iPhoneのミュージックアプリから「ライブラリに追加」しておきます。

次にiPhoneの「Watch」アプリから「ミュージック」と進み、「ミュージックを追加」をタップ。

iPhone「Watch」アプリ>「ミュージック」>「ミュージックを追加」タップ

「プレイリスト」や「アーティスト」などからApple Watchに追加したい楽曲を追加します。

Apple Watchに音楽をダウンロード

データのダウンロードはApple Watchが充電器に接続されているときに開始されます。

Spotifyでオフライン再生

続いては、Spotifyでオフライン再生する方法です。まずApple Watchにダウンロードしたいプレイリストを開き をタップ、さらに次に表示される「Apple Watchにダウンロード」をタップします。

Apple Watch Spotifyでオフライン再生

Apple Watchにダウンロードした楽曲データは、Apple WatchのSpotifyアプリの「ダウンロード」から確認・再生できます。

Apple WatchのSpotifyアプリでオフライン再生
Spotifyアプリの「ダウンロード」からダウンロードした楽曲データを確認・再生できる

どれくらいの楽曲数をダウンロードできる?

Apple Watch本体にダウンロードできる楽曲数は、楽曲データの大きさとApple Watchのストレージ容量によります。1曲あたり7.3MB、watchOSの容量を3GBとして、ダウンロードできるだいたいの曲数をまとめました。

上の楽曲数はあくまでも最大数の目安です。アプリをダウンロードすれば、そのぶんダウンロードできる楽曲数も減ります。とはいえ、これだけ楽曲数を手首に巻いて持ち歩けると考えれば十分でしょう!

iPhoneが近くにない状態でストリーミング再生するには?

2021年現在、Apple MusicとSpotify、Amazon Musicの3つのサービスがApple Watchによるストリーミング再生に対応しています。iPhoneが近くにある状態であれば、Apple WatchはiPhoneを通じてネット通信できる状態ですから、もちろんストリーミング再生できます。

iPhoneが近くになくてもストリーミング再生するには、「Apple WatchがWi-Fiあるいはモバイルデータ通信でネットに接続できる状態」である必要があります。

モバイルデータ通信ができないGPSモデルのApple Watchでも、Wi-Fiに接続してあげればiPhoneの有無にかかわらずストリーミング再生できます。

GPS + CellularモデルのApple Watchの場合、ドコモ・au・ソフトバンクでそれぞれ用意されているApple Watch向けのオプションサービスに加入することで、iPhoneのように屋外でもネット通信・ストリーミング再生できます。

キャリア オプションサービス 月額(税込)
ドコモ ワンナンバーサービス550円
au ナンバーシェア385円
ソフトバンク Apple Watch モバイル通信サービス385円
楽天モバイル 電話番号シェアサービス550円

Apple Watch向けのオプションサービスが用意されているのは、現時点で上の3社のみで、残念ながら格安SIMサービスには対応していません。

上のオプションサービスに加入すると、Apple Watch単体でネット通信できるだけでなく、電話通話も可能になります。iPhoneをドコモ・au・ソフトバンクのいずれかで使用していて、かつGPS + CellularモデルのApple Watchをお使いの方は、ぜひ検討してみてください。

まとめ:Apple Watchで音楽がさらに便利に、楽しく!

「Apple Watchが欠かせないアイテムになっている」という方は多いのではないでしょうか。私にとってもApple Watchは毎日の生活に欠かせない存在となっています。そんなApple Watchの大きな魅力のひとつが、今回ご紹介した音楽との連携です。

iPhoneやiPad、Apple TVの音楽コントロールも便利ですし、ジョギングや散歩時にはオフライン再生が活躍してくれます。Apple Watchでさらに音楽がさらに便利、楽しくなります。ぜひ本記事を参考に、あなたの音楽ライフをさらに充実したものにしていただければと思います!

Apple Watchユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる