Apple WatchでLINE(ライン)を使う!できることと使い方

家族や友人、職場の人とのコミュニケーションツールとして、幅広く使われている「LINE(ライン)アプリ」。実際にあなたのiPhoneにもLINEアプリが入っていると思いますが、LINEアプリにはiPhone/iPad版の他にApple Watch版アプリも存在します。

今回の記事では、Apple Watch版LINEアプリでできること・使い方について解説します。

LINEアプリをよく使っているという人なら、Apple Watchアプリにも注目することで非常に便利になります。ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

Apple WatchにLINEアプリをインストール

基本的にiPhoneにLINEアプリがインストールされている状態であれば、Apple Watchにも自動インストールされます。

Apple WatchにLINEアプリが表示されているかを確認してみよう
LINEアプリが表示されているかを確認してみよう

Apple Watch上にLINEアプリが見当たらない場合は、iPhoneの「Watch」アプリから「LINE」を選択、「Apple Watchで表示」をオンにしましょう。

LINEをApple Watchにインストール
iPhone「Watch」アプリ>「LINE」>「Apple Watchで表示」をオン

Apple WatchのLINアプリでできること

LINEアプリ以外にもApple Watchに対応したアプリは少なくありません。しかし、Apple Watch版では機能が大幅に制限されていたりして、「このアプリはあまり使えないな」となることが多いんですよね。

その点、LNEアプリは多くの操作がApple Watch上で完結させられ非常に便利。具体的には以下の4つのことができます。

  1. LINEの通知を受け取る
  2. メッセージを確認する
  3. メッセージを送信(返信)する
  4. 「マイQRコード」を表示する

いまのところApple Watchでの通話・ビデオ通話には非対応ですが、それでも多くの操作が可能です。

1. LINEの通知を受け取る

Apple WatchでLINEの通知を受け取る
通知画面をタップするとメッセージ内容が表示される

Apple WatchでLINEアプリのメッセージ受信の通知を受け取れます。通知画面をタップすると、メッセージの内容も確認可能。

LINEアプリの使用に限らない話ですが、Apple Watchには「通知を見逃すことがない」という大きなメリットがあります。通知がありApple Watchが振動すれば、経験上まず気付きます。大事なメッセージを見逃すことがありません。

LINE 画像やスタンプもApple Watch上で確認できる
画像やスタンプもApple Watch上で確認できる

画像やスタンプもApple Watch上で確認できます。受信した動画を再生することはできませんが、手元でこれだけ確認できれば不満はないですね!

なお、iPhone「Watch」アプリ>「通知」>「通知のプライバシー」をオフにすると、通知の確認時にタップせずともメッセージ内容が表示されるようになります。

Apple Watch LINEアプリ メッセージ内容を表示させたくない場合は「通知のプライバシー」をオンにしておこう
メッセージ内容を表示させたくない場合は「通知のプライバシー」をオンにしておこう

僕は通知のプライバシーはオンにしています。通知を確認する際にメッセージ内容が表示されてしまうと、どうしても周囲の人の目に入ってします。オンにしていてもタップすれば素早く表示できるので、基本的にはオンにしておくことをおすすめします。

2. メッセージを確認する

メッセージを確認するには、上で書いたように通知時に確認するか、Apple WatchのLINEアプリを起動することで確認できます。

Apple Watch LINEアプリ メッセージを確認する
Apple WatchのLINEアプリからメッセージを確認

ちなみに相手側に既読と通知されるのは、Apple WatchのLINEアプリからメッセージを確認した時点。通知から確認した時点では相手に既読は付きません。

3. メッセージを送信(返信)する

通知アイコンをタップ、もしくはLINEアプリのメッセージ画面からメッセージを送信することができます。メッセージを送信する方法は4つ。

便利なのはスタンプと音声入力での送信。使用できるスタンプは限られていますが、とりあえずの返信としては機能しますし、音声入力も精度が高く普通に使えます。

なお定型文はiPhoneのLINEアプリの「設定」>「Apple Watch」からカスタマイズできます(最大10つ、20文字まで)。よく送信する内容をあらかじめ設定しておけば、Apple Watchでの返信が楽になります。

Apple Watch LINEアプリの定型文設定
よく送信する内容を定型文として登録しておける

4.「マイQRコード」を表示する

「マイQRコード」を使えば、かんたんにLINEアカウントを交換できます。iPhoneのLINEアプリを開き、「QRコードリーダー」>「マイQRコード」で表示、それを登録してもらう人に読み取ってもらうだけ。

マイQRコードは普段から活用している人が多いと思いますが、Apple WatchのLINEアプリから素早くマイQRコードを表示させることができます。

Apple WatchのLINEアプリでマイQRコードを表示
右方向にスワイプし「マイQRコード」を表示

方法はかんたんで、Apple WatchのLINEアプリを開き右方向にスワイプするだけです。するとマイQRコードが表示されます。

「新着メッセージがここに表示されます」表示される場合

Apple WatchでLINEアプリを開いたとき、「新着メッセージがここに表示されます。」と表示され、メッセージを確認できないことがあります。

新着メッセージがここに表示されます Apple Watch LINEアプリ

ちょっとした不具合だと思うのですが、これは僕自身が体験。LINEアプリやiPhoneを再起動させてもダメ。

ちょっと困っていたのですが、「Apple Watchでメッセージ受信の通知を受け取り、タップでメッセージに内容を表示、さらにタップでLINEアプリを起動」という流れで正常に動作するようになりました。同じ現象が発生する場合は、この方法を試してみてください。

以上、Apple WatchのLINEアプリの使い方でした。

Apple Watchユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント