Apple Watchにフィルムは必要か?傷から守るおすすめ保護フィルム3選

購入したばかりのApple Watch。もしその液晶画面に傷がついてしまったとしたら…。

今回の記事では、「Apple Watchに保護フィルムは必要なのか」というところ、そして「Apple Watch向けのおすすめ保護フィルム」をご紹介します。

これは僕の実体験ですが、Apple Watchの液晶画面には普通に傷が付きます。やはり毎日身に付けているなかで、デスクの角にぶつけたりドアノブにぶつけたりということが必ず起こります。

もしあなたが「Apple Watchに傷を付けたくない!少しでも長くキレイな状態で使いたい!」といういことであれば、液晶画面を守ってくれる保護フィルムが貼っておくのが吉です。

スポンサーリンク

本当にApple Watchには保護フィルムが必要?

購入後、約2年経つ「Apple Watch Series 3(アルミニウムケース)」ですが、よくみると無数の細かい傷がついてしまっています。

Apple Watchのディスプレイに無数の傷が!

傷だらけのApple Watch Series 3

傷だらけのApple Watch Series 3

よく見てみると、かなり多くの傷が付いてしまってますね。。思っていたより傷が多いので少しショックを受けているところですが、発見してしまうと余計に目について気になります。

僕自身かなり大事に扱ってきたつもりでしたが(いまは家族が使用)、腕時計として毎日身に付けている以上、多少の傷は避けられないでしょう。どれだけ気を付けていても、これっばかりは仕方がありませんね。

特に「アルミニウムケース」モデルは傷が付いてしまう可能が高い

現行で販売されているApple Watchには、ケースの素材(本体の側面部分)として「アルミニウムケース」「ステンレスケース」の2種類あります。

さらに、それぞれのディスプレイに採用されている強化ガラスの素材も異なり、アルミニウムケースには「Ion-Xガラス」、ステンレススチールケースには、より強度が高い「サファイアクリスタルガラス」が採用されています。

アルミニウムケースには「Ion-X」、ステンレススチールケースにはより強度が高い「サファイアクリスタルガラス」

アルミニウムケースには「Ion-X」、ステンレススチールケースにはより強度が高い「サファイアクリスタルガラス」

約1年使用しているApple Watch Series 4(ステンレススチールケース)のディスプレイを見てみると、傷は一切見当たりません。

サファイアクリスタルガラスに傷が付きにくいのは本当らしい!

サファイアクリスタルガラスに傷が付きにくいのは本当らしい!

使い方は傷だらけになってしまったApple Watch Series 3(アルミニウムケース)と同じ。いかにサファイアクリスタルガラスの強度が高いか、傷が付きにくいか、ということが分かるかと思います。

僕自身を含め多くのApple Watchユーザーは、「できるだけ長くキレイな状態で使いたい」と思っているはずです。特にステンレススチールケース(サファイアクリスタルガラス)ではなくアルミニウムケース(Ion-Xガラス)を選んだ方は、保護フィルムを貼っておいたほうが安心です。

Apple Watch向け保護フィルムおすすめ3選

それではApple Watch向けのおすすめ保護フィルムを紹介していきますが、ひとつポイントがあります。

ガラスフィルムではなくTPUフィルムがおすすめ

Apple Watchのディスプレイはエッジ部分が大きく湾曲しています。TPUとは違い硬く折れ曲がらないガラスフィルムは、この湾曲と相性が悪くかなり精巧に作られていないと浮きが発生してしまったり、そもそも湾曲を避けて平面部分だけをカバーするように小さく設計されているフィルムもあります。

一方でTPUフィルムは柔らかく湾曲にフィットしてくれ、さらにガラスより薄いため「いかにもフィルムが貼られている」というような装着感も出にくいというメリットがあります。

TPU素材は衝撃に弱いと思われがちですが、クッション性があるため衝撃吸収性能としてはガラスフィルムより上です。硬度もガラスと同等の「9H」とあるものも多く、ガラスフィルムと同じように人気があるフィルム素材です。

この記事では一部ガラスフィルムも紹介していますが、基本的にはディスプレイにフィットし、薄く見た目もいいTPUフィルムがおすすめです。

【AUNEOS】おすすめ!TPUフィルム5枚セット

・Apple Watch Series 4向けTPUフィルム5枚セット
・44mm/40mm用あり
・薄さ0.16mmで装着感なく使用できる

【AUNEOS】おすすめ!TPUフィルム5枚セット

実際に購入して貼り付けてみました。

クリーニングセット×5、保護フィルム×5、ヘラ

クリーニングセット×5、保護フィルム×5、ヘラ

パッケージ内容はこんな感じです。ウェットシート、ドライシート、ホコリ取りシールなどのクリーニングセットに加え、保護フィルムが5枚入っています。

若干空気が入ってしまったが、割とかんたんに貼れた

若干空気が入ってしまったが、割とかんたんに貼れた

貼り付け方は用意してくれている動画を観れば一目瞭然(説明書にQRコードがあるのでそこから動画にアクセス)。よくあるTPUフィルムと同じような貼り付け方です。

薄いので装着感が全くなく、操作性も問題なし

薄いので装着感が全くなく、操作性も問題なし

0.16mmと超極薄フィルムということもあり、装着感は全くないと言っていいほどありません。一見保護フィルムが貼られているかどうか分からないほどです。

操作性も問題なく、保護フィルムを貼る前とまったく変わりません。むしろ指滑りがよくなったかな?という感じ。

Apple Watch Series 4向けの保護フィルムを探しているのなら、これが間違いないでしょう。上のApple Watchモデルはステンレススチールケースですが、特にアルミニウムケースをお使いの方は要チェックです。

追記:2019/9/2

 

この保護フィルムを使い続けて約1ヶ月半ほど待ちました。そのあいだ机にぶつけたり、犬に噛まれたりして一部フィルムが剥がれてきてしまっていますが、それ以外の状態は非常に良好です。

Apple Watchフィルム 装着1ヶ月半後の状態

装着1ヶ月半後の状態

フィルムを貼っていることを忘れるほど存在感がありません。残り4枚なのですぐに必要になることはありませんが、リピート確定フィルムですね!

【OAproda】貼りやすさに定評!TPUフィルム 5枚セット

・Apple Watch Series 4向けTPUフィルム5枚セット
・44mm/40mm用あり
・貼りやすさに定評

OAprodaの保護フィルムの評判がよく人気です。このApple Watch向け保護フィルムもそうですが、iPhone向けの保護フィルムでも人気があるメーカーです。

この保護フィルムは貼りやすさをセールスポイントにしており、実際にその貼りやすさに定評があります。湿布や絆創膏を貼る要領で貼り付けるので、空気が入りにくく効率的に貼り付けできます。空気が入っても1日2日で勝手に抜けてくれます。

【Dalinch】Apple Watch Series 3向けTPUフィルム 3枚セット

・Apple Watch Series 3向けTPUフィルム3枚セット
・ウェットタイプ
・38mm/42mm用あり

Apple Watch Series 3向けのTPUフィルムです。付属の霧吹きでディスプレイを濡らしてから貼り付けるウェットタイプ。保護フィルムを滑らせながら位置決めできるので、ドライタイプと比べると貼り付けの難易度は低めです。

また湾曲したディスプレイにフィットするように、フィルムの四隅が弧状にカットされています。3枚セットで価格も安く経済的。

Apple Watch Series 3向けに保護フィルムを探しているならこれがおすすめです。

「もっとApple Watch向けの保護フィムル見たい!」という方は以下からどうぞ!

人気の「Apple Watch向け保護フィルム」をチェック!

Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる

保護フィルムで大事なApple Watchを保護しよう!

「傷なんか気にしない!傷こそがフル活用の証拠だ!」という考えは、個人的にありだと思っています。傷を気にせずワイルドに使い倒す。それはそれでありでしょう。

その一方で「買い換え時に売りたいからリセールバリューが下がるのが嫌」「いつもキレイな状態の方が気分がいい」という人もいるでしょう。結局は使い手がApple Watchをどう使いたいか、というところになってくるかと思います。

僕自身は傷防止のために保護できるなら保護しておきたいという考えなので、保護フィルムを装着するようにしています。

最後に、保護フィルムをおすすめしたいのパターンをまとめておきます。

保護フィルムはこんな人におすすめ!

  • 傷が嫌だ!Apple Watchのディスプレイに傷を付けたくない
  • Ion-Xガラスのアルミニウムケースを使用している人
  • ワークアウトやアウトドアシーンでアクティブな使い方をする人
  • 買い換え時に売りたいと考えている人
  • よく腕をぶつけてしまうおっちょこちょいな人

Apple Watchユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント