【2019年版】おすすめApple Watchバンド/ベルト35選!バンド交換を楽しもう!

【2019年版】おすすめApple Watchバンド/ベルト35選!バンド交換を楽しもう!

Apple Watch(アップルウォッチ)の醍醐味といえば、豊富な種類から選べ、利用シーンや気分、用途によって気軽に交換できる「バンド(ベルト)」です。

普段は肌触りがよく、着けていて楽チンなナイロンバンド。スポーツやトレーニングシーンでは防水で汗で汚れても水洗いできるスポーツバンド。ビジネスシーンなどフォーマルな場所ではステンレススチールバンド…といったように、そのときそのときに合わせて気軽にバンド交換できるのは、Apple Watchならではの楽しみ方です。

今回の記事では、Apple WatchユーザーのあなたにおすすめのApple Watchバンドをピックアップ。僕自身が愛用しているバンドを紹介しながら、幅広いジャンルからおすすめをご紹介します。

Apple Watchバンドの選び方、押さえておきたいポイントについても解説しています。ぜひこの記事を参考に、あなたのお気に入りのApple Watchバンドを見つけてください!

スポンサーリンク
  1. Apple Watchバンド選びのポイント
    1. Apple純正バンドだけでなくサードパーティ製バンドにも注目
    2. Apple Watchバンドの互換性について
    3. 利用シーン・目的にあった素材を選ぶ
    4. バンドのイメージは「Apple Watch Studio」で確認!
  2. Apple Watchバンドおすすめ35選 人気・おしゃれなバンドを一挙ご紹介!
    1. まずチェックしておきたいApple純正バンド
      1. スポーツバンド
      2. スポーツループ
      3. レザーバンド
      4. ステンレススチールバンド
  3. サードパーティ製おすすめApple Watchバンド
    1. スポーツバンド・スポーツループ
      1. 【AIGENIU】スポーツループ風ナイロンバンド
      2. 【Fintie】ミリタリーデザインがかっこいいナイロンバンド
      3. 【Xreng】ストライプ柄のナイロンバンド
      4. 【UAG】 高級スマホケースメーカーが作るApple Watchバンド
      5. 【XIHAMA】ユニークな編み込みナイロンバンド
      6. 【WFEAGL】カラーが選べるシリコン製スポーツバンド
      7. 【FRESHCLOUD】細めのシルエットがおしゃれなスポーツバンド
      8. 【AIGENIU】軽量で蒸れにくい!通気穴搭載のスポーツバンド
      9. 【XMDirect】バックル付きがっちりめのスポーツバンド
      10. 【エレコム】迷彩柄のシリコン製スポーツバンド
    2. レザーバンド
      1. 【WFEAGL】シンプルトゥールレザーストラップ風レザーバンド
      2. 【BRG】カジュアルファッションに合うレザーバンド
      3. 【Fullmosa】選べるカラーが嬉しいレザーバンド
      4. 【Wearlizer】レザーにステンレスのバックルが光るレザーバンド
      5. 【SLG Design】飾らないデザインがいい!本革レザーバンド
    3. ステンレススチールバンド
      1. 【BRG】ミラネーゼループ風ステンレスバンド
      2. 【Compatible】グラデーションがおしゃれなミラネーゼループ風バンド
      3. 【Evershop 】スーツに合うステンレスバンド
      4. 【Oittm】光沢あるステンレスがかっこいい!ステンレススチールバンド
      5. 【Sakula】ステンレス×木製がおしゃれなバンド
    4. ケース付きバンド
      1. 【Spigen】ラギッド・アーマー プロ
      2. 【Clayco】カーボン風デザインの耐衝撃ケース付きバンド
      3. 【Kartice】完全防水ケース付きApple Watchバンド
      4. 【YOOSIDE】増えるApple Watchバンドを収納できるケース
      5. 【ゴーゴーゾー】Apple Watch充電台兼収納ケース
  4. バンド交換でApple Watchがもっと楽しくなる!

Apple Watchバンド選びのポイント

Apple Watchバンドを選ぶときに、押さえておきたいポイントがいくつかあります。後悔しやすいポイントもあるので、確認しておいてください。

Apple純正バンドだけでなくサードパーティ製バンドにも注目

Apple Watchは特別な工具なしで、かんたんにバンド交換できます。気軽にバンド交換できることは、Apple Watchの大きな魅力のひとつ…ではありますが、いくつものApple Watchバンドを買い揃えるのは金銭的に大変です。

そこでおすすめしたいしたいのが、Apple以外のメーカーから販売されている「サードパーティ製バンド」です。その魅力は、やはりそのコスパの高さ。

Apple Watchは特別な工具なしで、かんたんにバンド交換できます。気軽にバンド交換できることは、Apple Watchの大きな魅力のひとつ…ではありますが、いくつものApple Watchバンドを買い揃えるのは金銭的に大変です。

そこでおすすめしたいしたいのが、Apple以外のメーカーから販売されている「サードパーティ製バンド」です。その魅力は、やはりそのコスパの高さ。

Apple純正バンドは品質が高い…が価格も高い!
Apple純正バンドは品質が高い…が価格も高い!

例えば、上でのAppe純正バンドである「スポーツバンド」。Apple公式サイトでは、4,800円(税抜)で販売されています。Apple純正ならではのシンプルで完成されたデザイン、高い品質は素晴らしいものがありますが、同じ価格でサードパーティ製バンドを複数本買えてしまうのも事実。

サードパーティ製バンドなら、豊富なデザインから予算に合ったものを選べます。「バンド交換を楽しむ」というApple Watchの醍醐味を体感するなら、Apple純正バンドよりサードパーティ製バンドのほうがお手軽でハードルは低めです。僕自身もApple純正バンドだけでなく、サードパーティ製バンドもよく購入します。

低予算で買い集められるサードパーティ製バンド
低予算で買い集められるサードパーティ製バンド

コレクションとまではいきませんが、こうやって低予算で集めてみるのも楽しいですよ!

Apple Watchバンドの互換性について

Apple Watchには、4種類のケースサイズがあります。

上のように、Apple Watch Series 1/2/3では38mmと40mmの2種類、Series 4では40mmと44mmの2種類のサイズがあります。38mmのバンドは40mm対応し、42mmのバンドは44mmに対応、それぞれに互換性があります。

例えば、Apple Watch Series 5の44mmケースに合うバンドを探すときは、42mmあるいは44mmに対応するバンドを探せばOKです。

利用シーン・目的にあった素材を選ぶ

Apple Watchバンドを購入するときは、利用シーンや目的にあった素材を選ぶことが大事です。

例えば、ジムで使用するのにレザーバンドは不適です。まず通気性が悪いですし、せっかくのレザーに汗が染みこみ変色の原因となってしまいます。ビジネスシーンには蛍光色のナイロンバンドは雰囲気に合いません。

もちろんシーンによってバンドを使い分ければ解決ですが、思わぬ落とし穴があったりします。バンドを購入する際は利用シーン・目的を再確認しておきましょう。

利用シーンに合わせてバンドを使い分ける
利用シーンに合わせてバンドを使い分ける

ちなみに僕は、利用シーンに応じて主に3つのバンドを使い分けています。ジムに行くときや洗車するときは、汚れても気にならず水洗いできるスポーツバンド。自宅でリラックスしたいときや睡眠時は、肌触りがよく着けていて楽なナイロンバンド。フォーマルな場所に行くときやおしゃれしたいときは、ステンレススチールバンドをよく着けています。

バンドのイメージは「Apple Watch Studio」で確認!

Apple公式サイトの「Apple Watch Studio」では、ケースのサイズやカラー、素材、バンドを組み合わせて、ビジュアル的にイメージを確認できます。

「Apple Watch Studio」では、ケースとバンドの組み合わせをシミュレーションできる
「Apple Watch Studio」では、ケースとバンドの組み合わせをシミュレーションできる

例えば、ゴールドのケースとブラックのバンドを組み合わせれば、ゴールドが浮いてしまうかもしれません。事前にイメージを確認しておくことで、ケースとバンドの思わぬミスマッチを防げます。

Apple Watch Studioで確認できるのは、Apple純正バンドのみではありますが、サードパーティ製バンドを選ぶ際も、近いデザイン・カラーのバンドをあれこれ組み合わせればイメージを確認できます。

Apple Watchバンドを購入した後に、「イメージと違った!」なんてことにならないようバンド装着時のイメージを確認しておきましょう。

Apple Watchバンドおすすめ35選 人気・おしゃれなバンドを一挙ご紹介!

ポイントを押さえたところで、おすすめApple Watchバンドを紹介していきます。人気のバンドからおしゃれなバンド、ユニークなバンドまで幅広く紹介しています。ぜひバンド選びの参考にしてください!

まずチェックしておきたいApple純正バンド

サードパーティ製バンドが安くておすすめ!と言っても、やはりAppleファンとしてはApple純正バンドも気になります。純正品ということもあり価格は少しお高め…ではあるものの、完成された高い品質は魅力です。

高いデザイン性と品質が魅力のApple純正バンド
高いデザイン性と品質が魅力のApple純正バンド

現在Apple公式サイトにラインアップされている主なApple Watchバンドは以下のとおり。

  • スポーツバンド/Nikeスポーツバンド
  • スポーツループ/Nikeスポーツループ
  • モダンバックル
  • レザーループ
  • Hermèsレザー(3パターンのデザイン)
  • ミラネーゼループ
  • リンクブレスレット

各バンドはデザインはもちろんですが、使われている素材・特徴が異なります。

※記事内に記載の製品情報・価格は執筆時点のものです。

スポーツバンド

Apple Watchバンド スポーツバンド
「スポーツバンド」と「Nikeスポーツバンド」

まずはApple Watchのバンドとしては定番の「スポーツバンド」。シリコンに似た「フルオロエラストマー」という素材のバンドで、肌触りがよく汗や雨などに対しての耐性もあります。丸洗いでき気兼ねなく扱えるので、スポーツやアウトドアシーンにぴったりなバンドです。

そしてなんと言っても豊富なカラーバリエーションが魅力です。

Apple Watchスポーツバンドの豊富なカラーバリエーション
スポーツバンドの豊富なカラーバリエーション

カラフルなカラーはスポーツシーンだけでなくレジャーシーンでも映えそうです。

Nikeとのコラボバンドは、無数に開けられた通気穴が特徴的です。穴が空けられているぶん軽量で、汗による蒸れを防ぎます。スポーツウェアと似合うデザイン。スポーツバンドはちょっとシンプル過ぎるかも、と感じるならNikeとのコラボバンドがおすすめです。

スポーツループ

Apple Watchバンド 「スポーツループ」と「Nikeスポーツループ」
「スポーツループ」と「Nikeスポーツループ」

スポーツループの特徴は細かく編み込まれたナイロン。通気性がよく肌触りも良好で、個人的にも使うことが多いスポーツループは着けていてとにかく楽です。手首に巻いて寝ても気にならないほど。

カラーバリエーションも充実しています。

Apple Watch スポーツループのカラーバリエーション
スポーツループのカラーバリエーション

こちらもNikeとのコラボモデルがあり、見た目は似ていますが光に当たるとかすかに光る反射糸が編み込まれています。

僕はApple純正バンドの中ではスポーツループが一番好みで、個人的にも一番使うことが多いバンド。スポーツループという名ですが、スポーツシーンだけでなくカジュアルファッションにも合い、使える場面が多いので気に入っています。

レザーバンド

Apple Watch バンド 「モダンバックル(40mmのみ)」と「レザーループ(44mmのみ)
「モダンバックル(40mmのみ)」と「レザーループ(44mmのみ)

「モダンバックル」はステンレススチール製のバックルが特徴です。対応ケースは40mmのみ。「レザーループ」は石目調のデザインが特報で、手作りのベネチアレザーが使われています。こちらの対応ケースは44mのみです。

そして忘れてはいけないのが、Hermèsmとのコラボバンドである「Hermèsレザー」。現時点では、3種類のラインアップがあります。

Apple Watchバンド「ドゥブルトゥールレザーストラップ」と「シンプルトゥールレザーストラップ」
「ドゥブルトゥールレザーストラップ」と「シンプルトゥールレザーストラップ」
Apple Watchバンド 「シンプルトゥールディプロイアントバックルレザーストラップ」
「シンプルトゥールディプロイアントバックルレザーストラップ」

対応するケースサイズは種類・カラーによって異なるので、気になるものがあれば公式サイトでチェックしてみてください。

毎日使うものだからこそ、ちょっと奮発してみるのもありです。Apple Watchバンドは対応のケースサイズに互換性があるため、一度購入すれば長く使用できます。

ステンレススチールバンド

Apple Watchバンド「ミラネーゼループ」と「リンクブレスレット」」
「ミラネーゼループ」と「リンクブレスレット」」

ステンレススチールバンドは数あるApple純正バンドの中でも人気があるバンドです。編み込まれたステンレススチールメッシュが高級感を演出。フォーマルなシーンでも使えるデザインです。

リンクブレスレットも同様、高級感のあるステンレススチールが使われています。その大きな存在感が男らしさを感じさせてくれるような、力強いデザインが魅力的です。

サードパーティ製おすすめApple Watchバンド

それではここからおすすめのサードパーティ製バンドを紹介していきます。

  • スポーツバンド・スポーツループ
  • レザーバンド
  • ステンレススチールバンド
  • 耐衝撃ケース付きバンド

ジャンル別におすすめを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

スポーツバンド・スポーツループ

【AIGENIU】スポーツループ風ナイロンバンド

ナイロン素材が編み込まれたスポーツループは、通気性が高いため群れにくく肌触りも良いため、とにかく「着けていて楽」です。このナイロンバンドは本家と同じマジックテープ式なので着け外しも素早く行えます。

Apple純正バンドのスポーツループは4,800円(税別)。気軽に買い換えられる価格ではなく、トレーニングや水泳、アウトドアでの使用などアクティブに使いたい人は、価格が安いサードパーティ製バンドのほうがメリットは大きいでしょう。

このナイロンバンドは11種類と豊富なカラーバリエーションから選べます。スポーツループを検討している人は要チェックです。

・スポーツループ風ナイロンバンド
・マジックテープ式
・11種類のカラーから選べる
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【Fintie】ミリタリーデザインがかっこいいナイロンバンド

ミリタリーデザインがかっこいいナイロンバンド。迷彩がらなど8種類のカラーから選べます。カジュアルファッションに似合いそうなデザイン。ラインアップに加えておいて損はないでしょう。

・ミリタリーデザインのナイロンバンド
・8種類のカラーから選べる
・42mm/44mmのみ

【Xreng】ストライプ柄のナイロンバンド

ストライプ柄がおしゃれなナイロンバンド。ストライプが入ることでちょっとしたアクセントにもなります。

現在Apple純正バンドにはストライプ柄がほぼありません。デザインが気になったら覗いてみてください。

・ストライプ柄のナイロンバンド
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【UAG】 高級スマホケースメーカーが作るApple Watchバンド

URBAN ARMOR GEAR(UAG)は知る人ぞ知るスマホケースメーカー。耐衝撃性に優れ、機能美ともいえるミリタリーデザインが特徴です。

そんなUAGが作るプロダクトのひとつに、Apple Watchバンドがあります。7種類のシリーズがあり、それぞれカラー・デザインが異なります。スマホケース同様、価格帯としては高めのApple Watchバンドですが、価格以上の満足感を得られるバンド。UAGファンならぜひそろえておきたいアイテムです。

・URBAN ARMOR GEARが作るApple Watchバンド
・7種類のデザインから選べる
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【XIHAMA】ユニークな編み込みナイロンバンド

他のApple Watchバンドにはあまりない、ユニークな編み込みナイロンバンド。ステンレスバックルでサイズ調節が行えます。カジュアルファッションに合いそうですし、アウトドアシーンにも合いそうです。

ただ、デザインだけでなくバックルもユニークなので、取り付けが面倒というデメリットが。それでも他のApple Watchユーザーとは被らないデザインがいい感じです。

・編み込みナイロンバンド
・8種類のカラーから選べる
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【WFEAGL】カラーが選べるシリコン製スポーツバンド

約1,000円(記事執筆時点での価格)で購入できるスポーツバンド。15種類以上のカラーから選べます。

本家のスポーツバンドもそうですが、通気性はゼロなので夏場は蒸れやすいので注意です。それでも汗で汚れればささっと水洗いできるので、そういう意味ではバンドを清潔に保てます。安いのでとりあえず持っておいて損はないバンドです。

・シリコン製スポーツバンド
・15種類以上のカラーから選べる
・クリアケース付き
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【FRESHCLOUD】細めのシルエットがおしゃれなスポーツバンド

細めのシルエットが特徴的なシリコン製スポーツバンドです。純正のスポーツバンドより細めなので、よりスポーティーな雰囲気。バンドが細いと手首も細く見えるので、女性の方も選びやすいデザインかと思います。

カラーは13種類から選べ、価格帯も低めでお手頃。細めのシルエットが気になったならチェックです。

・細めのシルエットのスポーツバンド
・13色から選べるカラー
・38mm/40mmのみ

【AIGENIU】軽量で蒸れにくい!通気穴搭載のスポーツバンド

無数に開けられた通気穴が特徴的なナイキ風スポーツバンド。通気穴があることで軽量で蒸れにくいというメリットがあります。

カラーバリエーションも多く、明るめのカラーはスポーツ・トレーニングシーンに合いそうです。

・軽量で蒸れにくいナイキ風スポーツバンド
・7種類から選べるカラー
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【XMDirect】バックル付きがっちりめのスポーツバンド

【XMDirect】バックル付きがっちりめのスポーツバンド
出典:Amazon.co.jp

スポーツバンドといえばバックルがないすっきりデザインが多いですが、こちらはバックルが付いています。

バックルがあることで、スポーティーながら全体的にがっちめのデザイン。バンドに入れられたラインも特徴的です。

・バックル付きスポーツバンド
・4種類から選べるカラー
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【エレコム】迷彩柄のシリコン製スポーツバンド

スマホ・PCアクセサリーでおなじみのエレコムからもApple Watchバンドが出ています。

迷彩柄のApple Watchバンドは珍しくありませんが、このバンドの迷彩柄はシリコンで形成されています。なかなかユニークでおしゃれなデザインです。

・エレコムの迷彩柄スポーツバンド
・グリーン/ホワイト/ブルー
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

エレコムのApple Watchバンド、というイメージはあまりありませんでしたが、なかなか良さそうなバンドがあります。興味がある方はどうぞ!

レザーバンド

【WFEAGL】シンプルトゥールレザーストラップ風レザーバンド

Hermèsのシンプルトゥールレザーストラップ風…というか、ほぼ「まんま」なのですが、一応「風」です。

当然ながら本家はバンドとしてはいいお値段。「シンプルトゥールレザーストラップがいいけど、お値段が」という人にはぴったりでしょう。品質も価格を考えると悪くないようで、高評価が多い人気バンドです。

・シンプルトゥールレザーストラップ風レザーバンド
・他デザイン多数あり
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【BRG】カジュアルファッションに合うレザーバンド

カジュアルに使えるレザーバンドをお探しの人におすすめなのが、こちらのBRGのレザーバンドです。

BRGのレザーバンド 経年劣化で革がいい感じに!
経年劣化で革がいい感じに!

僕も使っています。使い込んで革らしいいい味が出てきており、愛着があるバンドのひとつです。価格は安いですが品質は高く丈夫。手軽に購入でき、革の経年劣化もしっかり楽しめるのですから、コストパフォーマンスはかなりいいでしょう。

・カジュアルレザーバンド
・ブラウン/ブラック
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【Fullmosa】選べるカラーが嬉しいレザーバンド

多くのカラーから選べる本格レザーバンド。お財布に優しい価格も嬉しいポイント。

Fullmosaのバンド 価格を考えるとかなりしっかりした作りだ!
価格を考えるとかなりしっかりした作りだ!

持ってみた感じレザーの重みがしっかり感じます。価格からすると想像以上のしっかりした作り。ビジネスからプライベートなど、どんな利用シーンでも対応できる豊富なカラーナインナップも魅力です。ぜひお試しあれ!

・本革レザーバンド
・豊富なカラーから選べる
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【Wearlizer】レザーにステンレスのバックルが光るレザーバンド

レザーバンドにステンレス製のバックルが付いたバンド。細めのシルエットなので女性の方も選びやすいデザインとなっています。

普段使いにも使えますし、フォーマルファッションと合わせるとエレガントさが増すおしゃれなデザイン。

・本革レザーバンド
・ステンレス製のバックル
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【SLG Design】飾らないデザインがいい!本革レザーバンド

シンプルを通り越して無骨とも言えるデザインがかっこいい!飾らないデザインが大人な印象を与えてくれます。サードパーティ製バンドとしては価格帯は少々高めですが、経年劣化を楽しめる本革レザー、愛着をもって長く使えることを考えると、奮発してみるのもありです。

・本革レザーバンド
・飾らない無骨なデザイン
・ブラック/ブラウン/ブルー/ベージュ
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

ステンレススチールバンド

【BRG】ミラネーゼループ風ステンレスバンド

本家ミラネーゼループ風のステンレスバンドです。本家とBRGのバンド両方を所有していますが、ぱっと見はどっちがどっちかは分からないレベルです。

Apple純正ミラネーゼループとサードパーティ製バンドの比較
上:本家ミラネーゼループ
下:BRGのミラネーゼループ

もちろん細かいところの作りを見ると純正に軍配が上がりますが、価格が10倍以上違うことを考えればコストパフォーマンスはかなりいいかと。カラーバリエーションは4色と純正より多く、ミラネーゼループを検討しているのならぜひチェックしておきたいサードパーティ製バンドです。

・ミラネーゼループ風ステンレスバンド
・シルバー/スペースグレー/ブラック/ローズゴールド
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【Compatible】グラデーションがおしゃれなミラネーゼループ風バンド

続いても同じくミラネーゼループ風バンドですが、こちらはグラデーションあるカラーが特徴です。

光の当たり方によって変化するグラデーションは、手首にアクセントを付けたい場合におすすめです。

・ミラネーゼループ風ステンレスバンド
・グラーデションがおしゃれなデザイン
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【Evershop 】スーツに合うステンレスバンド

Apple Watchのバンドは、デザイン性が高く派手目なものが多かったりしますが、フォーマルな服装や場所では目立ちすぎるものは雰囲気に合いません。このステンレスバンドは定番のデザインながら、スーツやビジネスなどかっちり目の服装・場所でも気兼ねなく使用できます。

バンド調整は付属の簡易工具で行えます。スーツに合わせてApple Watchを着けたいという人におすすめのバンドです。

・スーツに合うステンレスバンド
・ブラック/シルバー
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【Oittm】光沢あるステンレスがかっこいい!ステンレススチールバンド

同じステンレススチールでも光沢がないマットタイプと、光沢あるタイプがあります。こちらは光沢があるタイプのステンレススチールバンド。

光沢があることで、マットタイプより存在感がアップします。悪く言うと派手…ではありますが、バッチリ決めたスーツには合いそうです。カラーはブラックとシルバーから選べます。

・光沢あるステンレススチールバンド
・ブラック/シルバー
・42mm/44mmのみ

【Sakula】ステンレス×木製がおしゃれなバンド

Apple Watchバンドに使われる素材としては珍しい木製バンドです。この木製バンドは6種類から選べるのですが、特にこのバンドは木とステンレスの組み合わせがおしゃれ。高級感があり、スーツにも合うデザインです。他のApple Watchユーザーの被らないデザインのバンドをお探しなら要チェックです。

・ステンレス×木製がおしゃれなバンド
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

ケース付きバンド

【Spigen】ラギッド・アーマー プロ

Spigen(シュピゲン)といえばスマホケースで有名です。なかでも人気があるのは、耐衝撃ケースの「ラギッド・アーマー」。同シリーズにはApple Watchバンドもあります。

耐衝撃ケース付きバンドで、そのミリタリーチックなデザインがいい感じ!衝撃に強いTPU素材がApple Watchの側面を全方位保護してくれ保護性能はばっちり。タフな環境で使用する人におすすめしたいバンドです。

・Spigenの人気シリーズ「ラギッド・アーマー」のApple Watchバンド
・耐衝撃ケース一体型バンド
・42mm/44mmのみ

【Clayco】カーボン風デザインの耐衝撃ケース付きバンド

ディスプレイを除くほとんどの部分を保護してくれるApple Watchバンド。もちろんデジタルクラウンの操作性やマイク穴など機能に干渉しないような設計となっています。

カーボン風のデザインが特徴で、Apple Watchを包むような流線型のフォルムがかっこいい!前面保護タイプなので若干ごつめですが、それもまたいい感じに仕上がっています。

・ディスプレイを除く前面を保護
・カーボン風デザインが施されたバンド
・選べるカラー
・38mm/40mm、42mm/44mm対応

【Kartice】完全防水ケース付きApple Watchバンド

【Kartice】完全防水ケース付きApple Watchバンド
出典:Amazon.co.jp

最後に紹介するのは完全防水(IP68)に対応するケース付きバンド。完全防水なのでApple Watchを付けたまま完全に水に漬けても内部に水が浸入しません。Apple Watchは防水に対応しているものの、水に漬けての使用は推奨されていません。そういう意味ではこういった防水ケースを使用したほうが安心です。

水泳だけでなくサーフィンなど、防水に対応することでApple Watch活用の幅も広がります。Apple Watch自身の防水性能は高いので、裸の状態で水に漬けてもほぼ問題ありません。しかし自己責任の範囲になってくるので、心配な方はこういった防水ケースを活用しましょう。

・完全防水ケース付きバンド(IP68)
・米軍MIL規格取得
・4色から選べるカラー
・Apple Watch Series 4 44mmのみ

【YOOSIDE】増えるApple Watchバンドを収納できるケース

サードパーティ製バンドは比較的安く購入できるので、気付くとどんどん増えていってしまいます。そこで困るのがバンドの収納。場所を取るものではないので適当な箱に放り込んでおけばいいのですが、それではちょっと不格好。

この収納ケースはApple Watchバンドを5本収納でき、布製で巻いておけるのでコンパクトに持ち運べます。5本と収納力が高いわけではありませんが、お気に入りの一軍バンドを収納しておくには十分でしょう。バンドの収納や持ち運び用のケースを探しているならチェックしてほしいアイテムです。

・Apple Watchバンドの布製収納ケース(5本)
・5色から選べるカラー
・ケースを巻いてコンパクトサイズに

【ゴーゴーゾー】Apple Watch充電台兼収納ケース

・Apple Watch収納ケース
・充電ケーブルを格納して充電台としても使える
・ダークブルー/ピンク/レッド/ブラック

Apple Watchユーザーならぜひチェックしておきたいアイテム。このApple Watch収納ケースには、付属のマグネット充電ケーブルを格納しておける設計。その状態でケーブルを電源アダプタに接続すれば、充電台として使用できます。

Apple Watchユーザーあるあるだと思いますが、充電ケーブルの持ち運びって結構面倒なんですよね。このケースがあればApple Watch本体も充電ケーブルも一緒に持ち運びできます。充電が必要になったときはケーブルを外に出して充電台として使えます。なかなか便利なアイテムなので、ぜひチェックしてみてください!

おすすめしたいApple Watchバンドを紹介させていただきましたが、気になるバンドはありましたでしょうか。おしゃれなApple Watchケースと組み合わせてみても面白いですよ!

バンド交換でApple Watchがもっと楽しくなる!

手首で通知を受け取れ、電話もできるApple Watch。便利に愛用している人は多いと思いますが、バンド交換することで、もっともっとApple Watchが楽しくなります。「今日はこのバンドにしよう」「この服にはこのバンドが合いそう」と考えるのはワクワクしますよね。

Apple純正バンドも魅力的ですが、低予算で購入できるサードパーティ製バンドを活用して、ぜひバンド交換を楽しんでみてください!

「もっとApple Watchバンドを見たい!」という方は、以下から人気のApple Watchバンドをチェックしてみてください!

あなたにはこちらの記事もおすすめです!

コメント