純正だけじゃない!おすすめApple Watchバンド14選!自腹レビュー

【追記2018.10.11】Apple純正バンドを追加しました。

Apple Watchの醍醐味といえば、豊富な種類から選べ、気分や利用シーンに応じて替えらえる「バンド(ベルト)」ですよね!

自宅や普段着などカジュアルな場面ではファッション性の高いナイロンバンド、ジムやワークアウト時には防水タイプのスポーツバンド、ビジネスシーンではステンレスバンド…といったようにバンドを気軽に付け替えることができるのは、Apple Watchならではの楽しみ方です。

今回はApple Watchユーザーのあなたに、タイプ別に分類しておすすめApple
Watchバンドをピックアップ
してきました。

Apple Watchバンドの選び方、ポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしていただきあなたのお気に入りのApple Watchバンドを見つけてください!

広告

サードパーティ製バンドなら手頃な価格で複数のバンドを試せる

例えば僕が購入したApple Watchに付属していたこちらのフォッグスポーツバンド。

Apple純正 フォッグスポーツバンド

Apple公式サイトでは税込6,264円で販売されています。もちろん純正品なので品質は保証されています。これはApple純正バンドの大きなメリットと言えます。

しかしその同じ値段でサードパーティ製バンドを複数本買えてしまうのも事実。Apple純正バンドを選ぶか、サードパーティ製バンドを選ぶか。Apple Watchの醍醐味である「気分やシーンによってバンドを替えられる」というメリットを実現するには、圧倒的に後者のほうが選びやすいのではないでしょうか。

Apple Watchバンド 一覧

僕も実際にサードパーティ製バンドをよく購入するのですが、どのバンドも価格以上に活躍してくれています。コレクションとまではいきませんが、こうやって集めてみると楽しいですよ!

Apple Watchバンド選びのポイント

次にApple Watchバンド選びのポイントについて説明します。購入後に後悔しないように、事前にチェックしておきましょう!

Apple Watch 3のバンドはApple Watch 4に使える?互換性の話

僕自身Apple Watch 3(42mm)からApple Watch 4(44mm)に買い替えましたのですが、一番気になるのは「Apple Watch 3で使っていたバンドはApple Watch 4でも使えるのか」ということでした。

調べてみると、Apple Watchバンドには互換性があり、問題なく使えるようです。

Apple Watchバンドの互換性
出典:Apple公式サイト

文字で読むと少しややこしいので、表にまとめました。

モデルサイズ38mmバンド42mmバンド40mmバンド44mmバンド
Apple Watch 1/2/338mm
42mm
Apple Watch 440mm
44mm

今回Apple Watchのサイズが38mm/42mm/40mm/44mmの4種類に増えたわけですが、38mmは40mmに、42mmは44mmにそれぞれ対応するということです。

現状、Apple Watch 4が発売されたばかりということもあり、サードパーティ製バンドは製品によって表示が間に合っていないことが多々あります。38mmに対応していれば40mmに、42mmに対応していれば44mmに問題なく使用できますのでご安心を!
広告

そのバンド、あなたのApple Watch本体のカラーに合う?

意外に落とし穴になるのがこれです。例えば、現在Apple Watch Series 4には、シルバー/スペースグレイ/ゴールドの3色用意されていますよね。ゴールドのApple Watch本体にブラックのバンドを選べば、どうしても本体のカラーが浮いてしまいミスマッチの印象を与えてしまうかもしれません。もちろんミスマッチもそれはそれでよかったりしますが、バンドを選ぶ際には本体カラーを考慮してバンドを選ぶことが大事です。

とは言っても具体的にイメージするのは難しいですよね。そんなときはApple Watch インタラクティブギャラリー(※米Apple公式サイト)のページを活用しましょう。

ここではApple Watch本体、バンド、文字盤から自分好みの組み合わせを選択でき、イメージ図を表示してくれます。サードパーティ製のバンドが表示されるわけではありませんが、イメージを確認するには十分です。

Apple Watch インタラクティブギャラリー
Apple Watch インタラクティブギャラリーでイメージを確認しよう。

購入してしまったあとに「イメージとあわない!」とならないよう、Apple Watch本体のカラーとバンドの相性を確認しておきましょう。

利用シーン・目的にあったバンド素材を選ぶ

Apple Watchバンドを選ぶときには、利用シーン・目的にあったバンド素材を選ぶことも大事です。

例えばジム通いするのにレザーバンドは不適ですよね。通気性も悪いですし、せっかくのレザーに汗が染み込み変色の原因となってしまいます。逆にビジネスシーンで使うのに蛍光色が目立つスポーツバンドは雰囲気に合いません。その他にも傷をつけてはいけないものを扱うときにステンレスバンドを使用してしまえば、それが傷ついてしまうかもしれません。

このように利用シーン・目的に合わないバンドを選んでしまわないように、十分に注意しましょう。

Apple Watchバンドを利用シーンで選ぶ
利用シーンにあったバンドを選ぼう!

ちなみに僕はいま、利用シーンに応じ主に3つのバンドを使用しています。ジム通い時は汗に濡れてもいいようにスポーツバンド、フォーマルな場所に行くときには目立ちすぎない黒いステンレスバンド。そして睡眠時間を測るために寝るときもApple Watchを着けているのですが、そのときは肌触りのいいナイロンバンドを装着しています。

やっぱり気になるApple純正バンド

サードパーティ製バンドがおすすめ!と言っても、やっぱりAppleファンなら純正バンドが気になりますよね。。

ということで、まずは僕の所有しているApple純正バンドを紹介しておきます。純正ということもあり価格はお高め・・・ではありますが、「それでもやっぱり純正でしょ!」という人も一定数いるはず。Apple純正バンドの品質や質感は間違いありませんからね!

【Apple純正】スポーツバンド

Apple純正バンド「スポーツバンド」
Apple純正バンド「スポーツバンド」

もともとApple Watch Series 3を購入したときにセットになっていたバンドです。「フルオロエラストマー」というゴム素材でできており、高い耐久性が特徴です。サラサラと肌触りもよく手首にぴったりとフィットしてくれます。

そしてスポーツバンドは気兼ねなく丸洗いできるので衛生的です。スポーツやワークアウトシーンで使用する場合、肌に密着しているバンドはかなり汗が付着します。「ハンドソープで手を洗うついでにバンドも丸洗いできちゃう」というのはスポーツ目的でApple Watchを持っている人にとってはポイントになるのではないでしょうか。

【Apple純正】スポーツループ

Apple純正バンド「スポーツループ」
Apple純正バンド「スポーツループ」

スポーツループをよく見てみると、半円状に細かいナイロンが編み込まれています。

細かいナイロン繊維が編み込まれている細かいナイロン繊維が編み込まれている
細かいナイロン繊維が編み込まれている

この加工により汗による湿気を外に逃がしてくれ、肌触りもいいので「付けていて気持ちいいバンド」というのが印象です。一見ほつれが心配になりそうですが、そこはApple純正クオリティ、実際に激しめに使ってみましたがなんともありません。

固定はマジックテープ式で脱着はラクラクですし、肌触りがいいので睡眠中に付けていても気になりません。そういう意味ではスポーツシーンよりも普段使いに向いているような気がしますね!明るめのカラーはスポーツテイストのファッションにも合いそうです。

【Apple純正】ミラネーゼループ

Apple純正バンド「ミラネーゼループ」
Apple純正バンド「ミラネーゼループ」

ミラネーゼループは数あるApple Watchバンドの中でも人気のバンドです。細かく織り込まれたステンレススチールメッシュが高級感を演出してくれます。

ただ価格は純正バンドの中でも高く、価格的に気軽に選べるとは言えません。

サードパーティ製バンドと比較しても、一見違いは分からない
サードパーティ製バンドと比較しても、一見違いは分からない

詳しくは記事の後半で紹介していますが、このように純正とサードパーティ製ミラネーゼループを並べてみても、よーく見ないと違いが分かりません。純正バンドに18,000円出すのであれば、僕ならサードパーティ製ミラネーゼループを選びますね。もちろん純正という安心感と保証された品質は魅力であることは確か。どっちを選ぶかは、使い手の考え方にもよるかもしれません。

ファッションにあわせやすいナイロンバンド

それではここからおすすめのサードパーティ製バンドを紹介していきます!

まず紹介するのは多彩なカラーを楽しめるナイロンバンドから。人を選ばないナイロン素材ということもあり、好みのファッションにあわせやすいという点も魅力です。

広告

【Aifulo】10種類以上から選べるスポーツループ風バンド

まず紹介するのは本家でいうスポーツループと呼ばれるナイロンバンドです。豊富なカラーバリエーションから選べるので、ファッショにあわせて複数コレクションしてみるのもいいですね。留め部分はファスナー(マジックテープ)式になっているのも脱着も簡単。毎日使うApple Watchだからこそ、さっと着けられてさっと外せるというのは、割りと重要視すべきところだったりします。

これは本家にも言えることですが、編み込まれたような加工がされているので、どうしてもほつれが心配になります。ただ継続して1ヶ月以上使っていまのところほつれもないですし、価格が安いぶんApple純正バンドよりも雑に扱えるので気を使わずに済むのはラク!

【XMDirect】ウーブンナイロン風 ナイロンバンド

本家でいうウーブンナイロンバンド。こちらも6種類と豊富なカラーバリエーションから好きなカラーを選べます。

実際使ってみた感想としては、ナイロンといえど割りとしっかりした印象を受けました。ただちょっとバックルのピンが短く、脱着がしにくいように感じます。

僕はオレンジを選択しましたが、このカラーがなかなか気に入っていて一軍バンドとしてよく使っています。購入した直後はちょっと硬めだと感じたバンドが、使うにつれいい感じにフィットしてきてますね!質感は価格相応といったところですが、目立って安っぽいというわけではないので問題ないでしょう。

【ATiC】トリコロールカラーを楽しめるナイロンバンド

3色のトリコロールがおしゃれなナイロン製バンド。8色から選べ、なかなかおしゃれでいい感じです。選ぶカラーによってはかなり派手な印象を受けますが、ワンポイントとしても使えそう。

ワークアウトに最適なスポーツバンド

続いてはスポーツタイプのApple Watchバンドです。ポイントとしては汗などで汚れてしまっても水洗いできる素材であることや、通気性を高めるための通気口が備えられている点です。

スポーツウォッチとしてApple Watchを選んだ方も多いのではないでしょうか。持っているトレーニングウェアにあわせておしゃれを楽しみましょう!

【EloBeth】Nike(風)スポーツバンド

続いてはNike風スポーツバンド。◯◯風バンドが非常に多いですが、そこはしょうがないですね笑

このスポーツバンドは僕も愛用していて、汗で汚れても気兼ねなく丸洗いできるところが気に入っています。この蛍光色もスポーツウェアによく合います。

ジムに通う人など運動習慣がある人ならひとつ持っておけば非常に便利です。

【Kartice】ソフトシリコンバンド

これと似たようなデザインのバンドが多く売られていますが・・・価格が安くクセのないデザインなので選びやすいといえば選びやすいと思います。

価格が安く汚れても丸洗いできるので、気にせずガンガン使いたいという人におすすめ。

【XMDirect】バックル付きスポーツバンド

このスポーツバンドはバックルがありピンをさして固定するタイプです。

内側はタイヤっぽいデザインになってますね。サードパーティ製バンドは、こういったApple本家にはない個性的なデザインのスポーツバンドも多くあります。バンドを変えられるのがApple Watchの醍醐味ですからね、同じジムに行くにも気分によって違うバンドを選ぶのも楽しいですよ。

広告

ビジネスシーンにも選びやすいレザーバンド

続いてはビジネスシーンをはじめ、フォーマルなファッションに合うレザーバンドのご紹介。Apple純正バンドと比べ買いやすい価格がほとんどですが、なかには本革を使用した高級志向のバンドも。ぜひあなたに合ったレザーバンドを見付けてください!

【BRG】買いやすい価格帯だが安っぽくないつくりがグッド!

レザーバンドはビジネスシーンでも選びやすいですが、デザインによってはカジュアルなファッションにもよく合います。

このレザーバンドは価格の割に質感がよく、僕も気に入っているバンドのひとつです。

よく着けているバンドなので、上の写真だと一部黒ずんでしまっていますが、これもまたレザーの良さ。愛着を持って使い続けられます。手頃なレザーバンドを探しているならこれがおすすめです!

【Elobeth】本革バンド カフ付きで高級感アップ!

続いてはカフ付きのレザーバンド。カフのおかげでWatchの存在感が増し、なかなかゴージャスな印象を与えてくれます。このカフは付け外しできる仕様になっているようです。

サードパーティ製バンドとしては少し高い部類になりますが、サードパーティ製バンドだからこそちょっと奮発してみるのもありです。

【Fullmosa】選べるカラーが嬉しいレザーバンド

多くのカラーから選べる本格レザーバンド。お財布に優しい価格も嬉しいポイント。

持ってみた感じレザーの重みがしっかり感じます。価格からすると想像以上のしっかりした作りですね!これはかなり満足度は高い!

ビジネスからプライベートなど、どんな利用シーンでも対応できる豊富なカラーナインナップも魅力です。ぜひお試しあれ!

【SLG Design】ザ・本革!このシンプルさがかっこいい高級バンド

サードパーティ製としてはかなり高価な部類に入る本革レザーバンド。4色から選べますが、どのカラーも革のよさがしっかり出ていますね。

このシンプルを超え無骨とさえいえるデザインがかっこいい!かざらない大人な印象を与えてくれます。Watchバンドとしては少し高めですが、本物志向のあなたにおすすめです。

高級感を演出するステンレススチールバンド

最後に紹介するのは人気のステレンスバンドです。ステンレスの光沢が高級感を演出してくれ、レザーバンド同様ビジネスシーンでも活躍してくれます。普段使いはカジュアルなナイロンバンド、仕事中はステンレスバンド、とシーンによってバンドを換えられるのもApple Watchの魅力です。

【BRG】人気のミラネーゼループ風バンド

ミラネーゼループ本家の価格をの10分の1ほどの価格で買えてしまう、ミラネーゼループ風バンド。

実際に買ってみましたが、なかなか質感もよくおすすめできるバンドです。磁力もしっかりあり落ちる気配はありません。

左の画像が本家のミラネーゼループなのですが、詳しい人がよーく見ないと本家のバンドかどうかは判断できないんじゃないでしょうか。これで十分ですね!

カラーはシルバー/スペースグレー/ブラック/ローズゴールドの4色から選べます。人気のミラネーゼループ。手頃な価格で試してみたい人にはドンピシャなバンドです!

【JEDirect】コスパ抜群のステンレスバンド

コスパの良さが定評のあるステンレスバンドです。重量感のあるステンレスバンドに、しっかり調整工具もついて千円台という価格ですから驚きです。

工具を使っての調整は若干苦労しましたが、誰にでもできるレベルかと思います。留め金式なので一度サイズを決めてしまえば脱着が楽なのもいいですね。ただバンドの幅がちょっと狭めという印象を受けました。もうちょっと太くてもいいかな、というのが個人的な印象。

どうしてもApple Watchはカジュアルなイメージを与えてしまいがちですが、こういったタイプのバンドを着けることで雰囲気がガラッと変わりますよ!

おすすめしたいApple Watchバンドを紹介させていただきましたが、気になるバンドはありましたでしょうか。おしゃれなApple Watchケースと組み合わせてみても面白いですよ!

あーでもないこーでもないとお気に入りのバンドを探すのも楽しいですよね!ぜひあなたのお気に入りのバンドを見つけてください!

「もっとApple Watchバンドを見たい!」という方は、以下から人気のApple Watchバンドをチェックしてみてください!

人気の「Apple Watchバンド」をチェック!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
Apple公式サイト

広告