デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー。単体購入する必要はないかも

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー。単体購入する必要はないかも

本記事では、Appleの「デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ」のレビューをお届けします。

これはM2 MacBook Airの付属品として提供されている充電器で、Apple公式サイトやAmazonなどでは単体で購入することもできます。ちなみに、単体で購入したときの価格はApple公式サイトで7,800円(税込)となっています。

M2 MacBook Air(8コアGPUモデル)では、+3,000円のオプションとして「デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ」、または「67W USB-C電源アダプタ」が用意されています。

M2 MacBook Air選択できる付属充電器
8コアGPUモデル・30W USB-C電源アダプタ
・デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ(+3,000円)
・67W USB-C電源アダプタ(+3,000円)
10コアGPUモデル・デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ
・67W USB-C電源アダプタ
※いずれもアップデート料金なし

MacBook Airを高速に充電したいという方であれば「67W USB-C電源アダプタ」一択なのですが、どちらを選択しようか迷われる方もいるかと思います。

本記事ではデュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタの仕様や使い勝手についてレビューしていますので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

Apple デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー

単体でも購入できるデュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタですが、今回レビューするのは、M2 MacBook Airに付属されていたもの。

M2 MacBook Air付属充電器

私が購入したのは10コアGPUモデルのM2 MacBook Airですので、アップデート料金なしで67W USB-C電源アダプタも選べたのですが、60Wクラスの充電器をすでに持っていたこともあって、あえてこちらを選んでみました。

外観・サイズ・重量

まずは、「デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ」の外観・サイズ・重量をチェックしてみます。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタの全体

▲ 表面の質感は、他のApple純正充電器と同じですね。ツヤツヤとした光沢のあるプラスチック素材です。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタの折りたたみ式プラグ

▲ 未使用時や持ち運び時に邪魔になるプラグを折りたためる構造となっています。折りたたんだときのサイズは、約5 × 5 × 3cmです(実測)。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをコンセントに接続

▲ 壁のコンセントに挿すと、USB-Cポートは上もしくは下を向きます。USBポートが側面にあるので、たとえば家具などの裏側にあるコンセントでも使いやすそうです。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタの重量

▲ スケールで重量を確認してみると、約104 gでした。

M2 MacBook Air(8コアモデル)付属の「30W USB-C電源アダプタ」とサイズを比較してみます。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ30W USB-C電源アダプタ
サイズ約5 × 5 × 3 cm約5.6 × 5.6 × 3cm
重量約104 g約106 g
※ 実測値です

▲ 重量はほぼ同じですが、サイズはひとまわりコンパクト化されていますね。

次に、個人的に気に入っている充電器、Ankerの「711 Charger(Nano II 30W)」とサイズ比較してみます。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタAnker 711 Charger (Nano II 30W)
サイズ約5 × 5 × 3 cm約‎2.8 x 2.7 x 3.2 cm(プラグ含まず)
重量約104 g約34 g

▲ Anker「711 Charger(Nano II 30W)」は、最大30WのUSB-Cポート1つを搭載する充電器です。そもそものスペックが異なるものの、サイズと重量はAnkerの圧勝です。コンパクトさ・軽さにこだわるのならこっちですね。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー。単体購入する必要はないかも

他社製品と比べて特別コンパクト・軽量というわけではないものの、Apple純正充電器としては順当に進化しているな、という印象です。

充電の仕様をチェック

続いては、デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタの充電の仕様をチェックしてみます。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタが対応する急送充電規格

▲ USBチェッカーで対応する急速充電を確認してみると、最大35WのPD(PD 3.0)に対応とのこと。PD 3.0のオプション規格であるPPS充電には対応していないようです。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタのPDの仕様

▲ PD充電時のPDOは上のとおりです。PDのパワールールに準拠したものとなっています。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー。単体購入する必要はないかも

一般的なPD充電器として、Appleデバイス以外も充電できます。

単ポート使用時は最大35Wとなりますが、2ポート同時使用時はそれぞれのデバイスに応じて必要な電力が自動的に振り分けられることになります。

2ポート同時使用時の電力の振り分け

充電デバイス最大出力
MacBook + iPhone/iPad最大17.5W + 最大17.5W
iPhone + iPad最大17.5W + 最大17.5W
MacBook/iPhone + Apple WatchまたはAirPods最大27.5W + 最大7.5W

「どうせ充電するなら最大の速度で充電したいタイプ」の私からすると、正直なところ物足りないという印象を受けてしまいました。最大35Wの充電器ですから仕方のない部分ではあるものの、MacBook Air + αの充電時は極端に充電速度が下がってしまいます。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー。単体購入する必要はないかも

単ポートの使用がメインで、たまに2台同時に充電したいという方であればOKですが、頻繁に同時充電する方にはおすすめできません。

Appleデバイスを充電してみる

続いて、デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタを使い、手元にあるAppleデバイスを充電、実際にどれくらいのワット数で充電でできるのかを確認してみました。

MacBook Airを充電

M2 MacBook Airを充電(MagSafeケーブル)
MagSafe3ケーブルを使用

▲ 実測で約33Wで充電できています。充電器の最大速度が35Wですから、目いっぱいの力で充電してくれていますね。

M2 MacBook Airを充電(USB-Cケーブル)
USB-Cケーブルを使用

▲ 付属のMagSafe3ケーブルではなく、USB-Cケーブルでも確認してみましたが、充電ワット数の値は変わらず。特にケーブルにこだわる必要はなさそうです。

1時間の充電で、M2 MacBook Airのバッテリー残量が5%の状態からどれくらいバッテリー残量が増えるかをチェックしてみました。

1時間でどれくらい充電できる?

充電開始時30分経過60分経過
M2 MacBook Airのバッテリー残量5%34%64%
※デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ、MagSafe3ケーブルを使用

充電速度はそこそこ、という感じですね。決して遅くはないですが、急いでいるような場面では不満に感じてしまうかもしれません。

M2 MacBook Airは、30分間で最大50%まで充電できる高速充電に対応しています。Appleは「67W USB-C電源アダプタ」以上の充電器を使用すれば高速充電が可能とうたっていますが、サードパーティ製充電器でも60W(20V/3A)以上の充電器であれば、30分間で最大50%の高速充電を行えることを確認しています。

関連記事

iPhone 12 Pro Maxを充電

iPhone 12 Pro Maxの充電ワット数

▲ iPhone 12 Pro Maxを充電してみると、約22Wで充電できていました。最新のiPhone 13シリーズ含め、デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタを使えばiPhoneをフルスピード充電できます。

Apple Watch Series 7を充電

Apple Watch Series 7を急速充電

Apple Watch Series 7は、約45分でバッテリー残量が0%から80%まで充電できる高速充電に対応しています。高速充電の条件として、Appleは「5W 以上の USB Power Delivery (USB-PD) に対応する他社製の互換 USB-C 電源アダプタ」が必要としており、デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタはこの条件を満たします。

iPhoneとApple Watchを同時に急速充電

▲ iPhoneとApple Watchを同時充電したとき、最大27.5W + 最大7.5Wの振り分けとなり、どちらも同時に急速充電できます。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー。単体購入する必要はないかも

個人的にはiPhone + Apple Watchの組み合わせで使用が多くなりそう。

iPad Pro 12.9インチを充電

iPad Pro 12.9インチを急速充電

▲ iPad Pro 12.9インチを充電してみると、約34Wで充電できていました。非常に高速に充電できています。

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタをレビュー。単体購入する必要はないかも

デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタを使えば、PD充電に対応するiPadを高速に充電できます。

【参考】PD充電に対応するiPad

モデル世代発売年
iPad第8世代2020年
第9世代2021年
iPad mini第5世代2019年
第6世代2021年
iPad Air第3世代2019年
第4世代2021年
第5世代2022年
iPad Pro
10.5インチ
2017年
iPad Pro
11インチ
第1世代2018年
第2世代2020年
第3世代2021年
iPad Pro
12.9インチ
第2世代2017年
第3世代2018年
第4世代2020年
第5世代2021年

関連記事

【おまけ】Xperia 1 IIIを充電

Xperia 1 IIIを充電

▲ 参考に、Xperia 1 IIIでも充電してみました。約25Wと高速に充電できています。PD充電に対応するデバイスであれば、Apple製以外のデバイスも急速充電できます。

まとめ:わざわざこれを選ぶメリットは少ない

そこそこコンパクト & 軽量で、そこそこ高速に充電できる「デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ」ですが、正直なところ、単体購入してまでこれを選ぶメリットは少ないかと思います。

そう思う最大の理由が、コストパフォーマンスの悪さです。価格が7,800円(税込)と高く、同じ価格を出すなら、サードパーティ製のさらに充電性能の高い充電器が買えちゃいます。

この充電器ならM2 MacBook Airを急速充電できますし、ワット数が大きいのでMacBook Air + αの同時充電もこなしてくれます(USB-Cポート同時使用時は最大40W + 最大20W)。

コンパクトさ・軽さにこだわりたいなら、上でもご紹介したこれですね。最大30WとMacBook Airを充電できるほどのパワーがあります。携帯性の高さは、30Wクラスではこれに勝るものはないでしょう。

最後に総括いたしますと、

  • デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタはコスパが悪い!わざわざ単体購入するメリットは少ない。
  • M2 MacBook Airの付属充電器は、デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタでなく、「67W USB-C電源アダプタ」がおすすめ。

こんな感じでしょうか。

決して悪い充電器ではないことは付け加えておきますが、なにせ価格が高い……。半額程度であれば、また評価が変わっていたのかもしれません。

↓海外で使用する際にアダプタを交換できるタイプです。スペックは同じです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次