※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) レビュー|合計200W対応の超パワフルなモバイルバッテリー

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) レビュー|合計200W対応の超パワフルなモバイルバッテリー

今回レビューするのは、Ankerの最新モバイルバッテリー「Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) 」です。

20000mAhバッテリー・3つのUSBポートを搭載するするモバイルバッテリーなのですが、なんと合計最大200W出力に対応するというモンスター級のスペックが特徴です。

USB-Cポート1つあたり最大100W出力に対応するので、MacBook Air/ProなどノートPCを2台同時に急速充電できるパワーがあります。

本製品は、Ankerの最新シリーズ「Anker Primeシリーズ」にランナップされる注目製品のひとつです。興味のある方はぜひチェックしてみてください!

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) レビュー|合計200W対応の超パワフルなモバイルバッテリー
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 合計最大200W出力に対応
  • 最大100WのUSB-Cポートを2つ搭載
  • バッテリー残量・出力ワット数を確認できるディスプレイ
  • 20000mAhの大容量バッテリー
デメリット
  • スマホ・タブレットの充電メインだとオーバースペック
  • 20000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては大きく重め
  • 高性能・高機能なだけに価格も高い

この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)の特徴・仕様

まずは、「Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)はどんなモバイルバッテリーなの?」というところをご紹介します。

製品の特徴

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)の特徴をまとめました。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)の特徴
  • Anker最新のテクノロジーを集結した「Anker Primeシリーズ」
  • 20000mAhバッテリー搭載(MacBook Airを約1回、iPhone 14を約4回以上フル充電可能)
  • 合計最大200W・3ポート搭載の超パワフルなモバイルバッテリー
  • USB-Cポートは最大100W
  • バッテリー残量や出力をリアルタイムに確認できるディスプレイを搭載
  • 最大100Wの入力に対応し、本体を約75分と高速に充電できる

とにかく高性能で高機能。ノートPC2台をそれぞれ100Wで充電できるのですからスゴい!

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)(Amazon)
出典:amazon.co.jp

Anker Primeシリーズには全8種類のUSB充電器・モバイルバッテリーがラインアップされています。

Anker Primeシリーズ一覧
製品名Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)Anker Prime Desktop Charger (240W, 4 ports, GaN)Anker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)Anker Charging Base
(100W) for Anker Prime Power Bank
Anker Prime Charging Station (6-in-1, 140W)
外観Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)Anker Prime Desktop Charger (240W, 4 ports, GaN)Anker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)Anker Charging Base
(100W) for Anker Prime Power BankAnker Prime Charging Station (6-in-1, 140W)
特徴3ポート搭載USB充電器
合計最大67W
3ポート搭載USB充電器
最大100W
4ポート搭載の据え置き型USB充電器
合計最大240W
2ポート搭載モバイルバッテリー
12000mAh
合計最大130W
ディスプレイを搭載
3ポート搭載モバイルバッテリー
20000mAh
合計最大200W
ディスプレイを搭載
3ポート搭載モバイルバッテリー
27650mAh
合計最大250W
ディスプレイを搭載
Anker Primeモバイルバッテリー専用充電スタンド
3ポート搭載
合計最大100W
4ポート・2AC搭載の2-in-1充電器
USB PD 3.1の最大140Wに対応
ディスプレイを搭載
価格(税込)8,490円9,990円19,990円12,990円19,990円24,990円6,990円14,990円
製品ページ Amazon
Anker公式
Amazon
Anker公式
2023年秋頃発売予定 Amazon
Anker公式
Amazon
Anker公式
2023年秋頃発売予定 Amazon
Anker公式
Amazon
Anker公式

△ この表は横スクロールできます。

仕様・スペック

続いて詳しい仕様・スペックをまとめました。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)の仕様
製品名Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
外観Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
バッテリー容量20000 mAh
USB-C入力5V=3A / 9V=3A / 10V=2.25A / 12V=1.5A / 15V=3A / 20V=5A(最大100W)
USB-C出力5V=3A / 9V=3A / 10V=2.25A / 12V=1.5A / 15V=3A / 20V=5A(最大100W)
USB-A出力5V=3A / 9V=2A / 10V=6.5A / 12V=1.5A(合計65W)
パススルー充電
合計出力最大200W
サイズ約 127 × 55 × 50 mm
重量約 540 g
カラーブラック(A1336011)
保証24か月 + 6か月(Anker会員登録後)
パッケージ内容Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
USB-C&USB-Cケーブル (0.6m)
専用収納ポーチ
取扱説明書
製品ページ Amazon Anker公式

入力が最大100Wに対応、つまりモバイルバッテリー本体を高速に充電できるのはポイントですね!使い勝手に大きく関わってくるところです。

詳しくはこの後のレビューでご紹介しますが、出力が合計最大200W、入力も最大100W、さらにリアルタイムに出力できるディスプレイを搭載。

仕様を見ると、まさに全部盛りのモバイルバッテリーといったところです。

パッケージ内容

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)のパッケージ内容は以下のとおりです。

  1. Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
  2. USB-C&USB-Cケーブル (0.6m)
  3. 専用収納ポーチ
  4. 取扱説明書
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のパッケージ内容
パッケージ内容

付属されているUSB-Cケーブルには、「MAX 140W」と表示されていました。

付属USB-Cケーブルの「MAX 140W」の表示
「MAX 140W」の表示

最大140W対応ということは、USB PD 3.1に対応するということですね。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)にはオーバースペックではあるのですが、高性能な充電ケーブルなので、使わなくてもとっておいて損はないでしょう。

USB-Cケーブルの仕様をUSBケーブルチェッカー2で確認したところ、eMarkerが内蔵されていました。

USBチェッカー2でUSB-Cケーブルの性能を確認
eMarker内臓を確認、USB規格は2.0

USB規格は2.0となっており、データ転送はできるものの性能は高くありません。充電専用ケーブルとしての活用がおすすめです。

なおeMarkerとは、60Wを越える充電を安全に行うためのチップです。eMarkeが内蔵されていないUSB-Cケーブルは、最大60Wまでの充電となります。

自前のUSB-Cケーブルを使い「思うような充電速度が出ない」という場合、USB-Cケーブルの性能がボトルネックとなっていることがあるのでご注意ください。

100W対応のおすすめUSB-Cケーブル」でご紹介していますので、お探しの方はこちらを参考にしてください。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) の専用収納ポーチ
専用収納ポーチ

あと地味に嬉しかったのが付属の専用収納ポーチ。

専用収納ポーチの付属は珍しくないのですが、多くのモバイルバッテリーに付属されている黒い糸くずがボロボロでる収納ポーチが嫌で、個人的に使うことはほとんどありませんでした。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)に付属されている収納ポーチは糸くずが出ることはなく、シルキーな質感で高級感もあります。これなら活用できそうです。

外観・デザイン

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)の外観について詳しくご紹介していきます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) の外観
胴がが太いフォルム

全体の外観としては、胴が太く羊羹のようなフォルム。サイズ・重量について外観のあとにご紹介しています。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) を立てた様子
正面にディスプレイとAnkerのロゴ

バッテリー残量や出力状況を確認できるディスプレイは正面上部に配置されています。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のディスプレイのアップ
浮かび上がるようなディスプレイ

表示が浮かび上がってくるような、消灯時にはどこにディスプレイがあるかが分からないデザインとなっています。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のUSBポート
3つのUSBポート

3つのUSBポートは、立てたときに上の面にあります。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のサイドにあるボタン
サイドに配置されたボタン

サイドにはボタンが配置されています。サイドボタンを押すことでディスプレイを点灯させられます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)  サイドのライン
サイドの加工が高級感を演出

サイドをよく見ると、細かいラインが入っています。爪で引っ掻くようになぞれば凹凸になっていることが分かります。

持っていて嬉しくなるような高級感のあるデザインですし、指紋汚れも付きにくいので私は気に入りました。

モバイルバッテリーは安っぽい質感のものが多いですが、これはもはや別ものですね。性能だけでなくデザイン・質感もプレミアムです。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) の背面
背面側(ディスプレイのある面と反対側)

背面には小さく「Designed by Anker Innovations」と書かれています。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) に表示された仕様
本体に表示された仕様とPSEマーク

底面に製品の仕様やPSEマークなどの各種マークが表示されています。

中央に見える端子は、別売の専用充電スタンド「Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank」のためのもの。

Anker Charging Base (100W)でAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)を充電
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)を充電

上のようにドッキングさせることで最大100Wでモバイルバッテリー本体を充電できます。

最大100WのUSB-Cポートも搭載するAnker Charging Base (100W) for Anker Prime Power BankはUSB充電器も兼ねます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)の外観・デザインについてですが、文句のつけようがないですね。シンプルではあるのですが、サイドのラインによる質感良さや先進的なディスプレイなど、非常に完成度が高い印象を受けました。

あえてデメリットを書くとすれば、ディスプレイのある光沢面は、指紋汚れが目立ちやすいというところでしょうか。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) に付着した指紋汚れ
ディスプレイのある面は指紋汚れが目立つ

このようにべったり指紋が付くので、手に持つときはサイド部分を持ったほうがいいですね。

ディスプレイで確認できること

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)に搭載されているディスプレイで確認できることをご紹介しておきます。

バッテリー残量

サイドのボタンを押すと、バッテリー残量を数字と円グラフで確認できます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のバッテリー残量の表示
ボタンを押してバッテリー残量を表示

バッテリーの状態

ディスプレイにバッテリー残量が表示された状態で、さらにボタンを押すと、バッテリーの状態を確認できます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のバッテリーの状態を表示
バッテリーの最大容量・サイクル回数・温度
  • Battery Health(バッテリーの最大容量)
  • Battery Cycle(サイクル回数)
  • Battery Temperture(バッテリーの温度)

0% ⇒ 100%まで充電し、さらに100% ⇒ 0%まで放電してサイクル回数が1回となります。

ディスプレイの消灯時間

ボタンを押しディスプレイを点灯させてから、消灯するまでの時間を設定できます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のディスプレイの消灯時間を設定
ディスプレイ消灯までの時間を変更できる

ボタンを2秒間長押ししてから、ボタンを1度押しして時間を選びます。デフォルトは一番短い30秒に設定されていました。

ディスプレイの明るさ

ディスプレイの明るさを「High」または「Medium」から選択できます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のディスプレイの明るさを設定
ディスプレイの明るさ

こちらもボタンを2秒間長押しすると変更できます。「Medium」を選択すると室内でも見づらいと感じることがあるので、基本的にはデフォルトの「High」でいいでしょう。

入力/出力状況と残り時間

充電デバイスを接続すると、各USBポートの入出力の状況を確認できます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) のディスプレイで出力状況を表示
出力状況を表示

このように、どのデバイスにどれくらいのワット数で充電できてるかをひと目で確認できます。

バッテリー残量の隣に表示されているのは、バッテリー残量がなくなるまで、またはフル充電されるまでの時間です。

「この調子で充電すればあと30分くらいで空になるな」とか、「あと30分ほどでモバイルバッテリー本体を充電できるな」といったことが分かります。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は、ワイヤレスイヤホンなどの小型デバイスの充電に最適な「低電流モード」にも対応しています。

ボタンを2度押しすることで低電流モードに移行し、ディスプレイ左上に緑色の点が表示されます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) の低電流モード
低電流モード中は緑の点(左上)が点灯

再度2度押しすることで低電流モードが解除されます。

サイズ・重量

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)のサイズは、約127 × 55 × 50 mmとかなり大きめ。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) を手のひらに乗せている様子
持ち運ぶには辛いサイズと重量

重量も540 gと重く、手に持つとずっしりきます。ちょうど500mlのペットボトルよりも少し重いくらい。

正直なところ、私はこれを毎日持ち運ぶ気にはなれません。

背負えるバックパックに入れての持ち運びでギリギリ、車移動なら気兼ねなく持ち運べる、という感覚。

手持ちのバッグに入れて持ち運ぶのは大きく重すぎるのでご注意ください。

筆者の身の回りにあるデバイスとサイズを比較してみます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) とiPhone 13のサイズ比較
iPhone 13のサイズ比較

iPhone 13のサイズは146.7 x 71.5 x 7.65 mmです。iPhone 14やiPhone 12とほぼ同じサイズですので、お手元にあればサイズをイメージしていただきやすいかと思います。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とGoogle Pixel 7aのサイズ比較
Google Pixel 7aとのサイズ比較

Google Pixel 7a(152 x 72.9 x 9 mm)とのサイズ比較です。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とiPad(第10世代)とのサイズ比較
iPad(第10世代)とのサイズ比較

こちらはiPad(第10世代)です。サイズは248.6 x 179.5 x 7 mmです。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とM2 MacBook Air 13インチとのサイズ比較
M2 MacBook Air 13インチとのサイズ比較

M2 MacBook Air 13インチ(304.1 x 215 x 11.3 mm)です。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とM2 MacBook Air 15インチとのサイズ比較
M2 MacBook Air 15インチとのサイズ比較

MacBook Air 15インチ(340.4 x 237.6 x 11.5 mm)です。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とCIO SMARTCOBY Pro 30Wとのサイズ比較
CIO SMARTCOBY Pro 30W(10000mAh)とのサイズ比較

こちらはCIO SMARTCOBY Pro 30W(約77 x 56 x 26 mm)です。10000mAhクラスのモバイルバッテリーで、普段使いにちょうどいい容量。こう並べてみるとAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)の大きさが際立ちますね。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とCIO SMARTCOBY TRIO 65Wとのサイズ比較
CIO SMARTCOBY TRIO 65W(20000mAh)とのサイズ比較

こちらはAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)と同じバッテリー容量を搭載するCIO SMARTCOBY TRIO 65W(約150.5 x 72.5 x 26 mm)です。

単純計算となりますが、サイズとしてはCIO SMARTCOBY TRIO 65Wのほうが約19.1%小さいという計算になりますね。

重量についても、CIO SMARTCOBY TRIO 65Wが約410 gと軽量です。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は、20000mAhクラスのモバイルバッテリーとしてはやや大きく重めのサイズという印象です。

超パワフルな充電性能を誇るAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)ですが、そこまでの充電性能が必要なければ他のモバイルバッテリーも選択肢がおすすめです。

特にCIO SMARTCOBY TRIO 65Wは、20000mAhクラスのモバイルバッテリーとしてはおすすめです。

合計最大200WでMacBook Air/Proを同時に急速充電

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は、最大100W出力に対応するUSB-Cポートを2つ搭載します。

合計最大200W対応で、100W + 100Wの出力が可能。まさになんでもこいの高い充電性能です。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)でMacBook ProとASUSノートPCを同時充電
ノートPCを2台同時に充電

上ではM1 Max MacBook Pro 16インチとASUSのゲーミングノートPCを同時に充電しています。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)でMacBook ProとASUSノートPCを同時充電中のワット数
MacBook Proは87.2W、ASUSノートPCは94.7Wで充電

それぞれ高速に充電できていますね。これほどのワット数で2台同時に充電できるのですから驚異的です。

充電性能に関しては文句なしですね。スマホからノートPCまで、あらゆるデバイスを同時に急速充電でき、まだまだ出番の多いUSB-Aポート搭載も地味に便利です。

ディスプレイに出力状況を表示してくれるので、「きちんと急速充電できているか」を確認できます。これも非常に便利!

最大100W入力でモバイルバッテリー本体を急速充電

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W) が搭載するUSB-Cポートは、出力だけでなく入力も最大100Wに対応しています。

100W出力が可能なUSB-C充電器を使えば、モバイルバッテリー本体を約75分でフル充電できます。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)本体を充電中
たった約75分で20000mAhバッテリーをフル充電できる

上では、最大100WのUSB-Cポートを搭載するAnker 737 Charger (GaNPrime 120W)で充電しています。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)本体を充電中のワット数
94.3Wで本体が充電されている

ディスプレイを確認してみると、94.3Wで本体が充電されていました。バッテリー残量の数値がモリモリ増えていきます。

20000mAh以上クラスのモバイルバッテリーとなると、フル充電までに3、4時間かかるものもあります。

本体を高速に充電できるAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)なら、必要なときにバッテリー残量がなくても短時間でサクッと充電でき、またフル充電までの時間も確認できるので非常に便利です。

セットで100W以上に対応するUSB-C充電器を持っておくと便利ですので、お探しの方は以下からチェックしてみてください。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)レビューまとめ

本記事では、超パワフルなモバイルバッテリー「Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)」をご紹介させていただきました。

  • ノートPCのような大型デバイスを2台同時に充電したい。
  • 充電中のワット数を確認したい。
  • モバイルバッテリー本体を高速に充電したい。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は、まさにこんな方におすすめです。

ただし、スマホやタブレットなどの小型・中型デバイスの充電がメインであれば、本製品はオーバースペックです。

スマホやタブレットを充電するモバイルバッテリーをお探しの方は、別記事の「iPhoneにおすすめのモバイルバッテリー」「iPadにおすすめのモバイルバッテリー」でご紹介していますので、こちらを参考にしてください。

あとAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)のデメリットと言えるのは、価格が高いことですね。

高機能ということもあり、20000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては価格が頭ひとつ抜けて高いです。価格を重視したいという方には向いていません。

それでも、合計最大200W出力が可能なAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は、モバイルバッテリーとしてはトップクラスの充電性能を誇ります。その充電性能の高さに魅力を感じるかどうかが、本製品を選ぶかどうかのポイントになりそうです。

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次