Apple Watchのケーブルレス充電器、Ankerの「Portable Magnetic Charger」をレビュー

Apple Watchのケーブルレス充電器、Ankerの「Portable Magnetic Charger」をレビュー

Apple Watchには磁気充電ケーブルが同梱されていますが、日々Apple Watchをフル活用するなかで、それ1本でやりくりするのは大変。そこで持ち運びしやすいApple Watch充電器をもうひとつ用意しておくと便利です。

今回ご紹介するのは、Anker(アンカー)のケーブルレスApple Watch充電器「Portable Magnetic Charger for Apple Watch」です。

持ち運びにはこれ以上ないほど最高なApple Watch充電器。

こんなApple Watch充電器をお探しの方におすすめ!
  • 旅行や出張時に持って行けるApple Watch充電器
  • 普段持ち歩くカバンに入れておけるApple Watch充電器
  • 車内に常備しておけるApple Watch充電器。

このような使い方にぴったりです。2台目の充電器として追加購入を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。便利ですよ!

目次

Anker「Portable Magnetic Charger for Apple Watch」

Portable Magnetic Chargerには、USB-C版とUSB-A版の2種類あります。今回レビューするのはUSB-C版。サイズと重量はいずれも同じ。異なるのはコネクタの形状のみです。

すべてのApple Watchモデル・すべてのサイズに対応します。ただし、Series 7のみが対応する急速充電には未対応です。「急速充電と比べて、どれくらい充電速度が違う?」というところについてもレビュー内でご紹介します。

ケーブルレスの直挿しタイプ

ケーブルレスということもあり、見た目は非常にシンプル。磁気充電コネクタとUSB-Cコネクタの必要最低限の機構しかありません。

ケーブルレスでシンプル(Anker Apple Watch充電器)
超シンプルなApple Watch充電器

付属品は本体とコネクタを保護するキャップの2点のみ。

Apple Watch Series 7とのサイズ比較(Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watch)
Series 7(45mmケース)とのサイズ比較

だいたいApple Watchと同じくらいの超コンパクトなサイズ感です。さらに非常に軽量で、持ち運びが苦になることはないでしょう。小さめのポケットにも楽ラク収まってくれます。

  • サイズ:約50 × 39 × 11 mm(キャップを除く)
  • 重量:約25 g
裏面(Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watch)
裏面は光沢のあるアルミニウム素材

裏面は光沢のあるアルミニウムデザインになっています。特別高級感が感じられるわけではありませんが、少なくとも安っぽさはないですね。

使い方はかんたんで、コネクタを保護するキャップを外し、USB充電器やモバイルバッテリー、パソコンなどのUSB-Cポートに挿すだけです。

USB充電器に接続(Anker Apple Watch充電器)
USB-C充電器に接続して充電

MFi認証(Made for Watch)製品で安心

AnkerのPortable Magnetic Chargerは、MFi認証(Made for Watch)を取得した製品です。

MFi認証済み(Anker Apple Watch充電器)

MFi認証のない製品でも、問題なく使用できることもあります。しかし、Apple Watch充電器に関しては、特にMFi認証のある製品を選んだほうがいいです。

MFi認証のない製品は、充電はできても正常に100%まで充電できなかったり、充電と停止を繰り返して不安定だったりということが、私の経験上でも多いですね。それに、今後のwatchOSアップデートで使えなくなる可能性もありますし、安全性を考えても購入を控えておいたほうがいいでしょう。

その点、AnkerのPortable Magnetic ChargerはMFi認証済みで安心して使用できます。

Anker 「Portable Magnetic Charger for Apple Watch」をレビュー

それではレビューに入っていきます!「どのようなUSB-Cデバイスで充電できる?」であったり、気になる「充電速度」についても検証しています。ぜひ参考にしてください!

iPadやラップトップでApple Watchを充電できる

直挿しタイプのApple Watch充電器が便利なのは、いつも持ち歩いているiPadやラップトップでApple Watchを充電できるということでしょう。

iPad Airで充電(Anker Apple Watch充電器)
iPad Air(第4世代)で充電
MacBook Proで充電(Anker Apple Watch充電器)
MacBookのUSB-Cポートで充電

この使い方がいちばん多いかと思います。コンパクトで持ち運びに困らないので、いつも持ち歩いているバッグに入れておけば、いつでもApple Watchを充電できます。

Apple Watch付属の磁気充電ケーブルでも同じことができますが、「できるだけケーブル類は持ち運びたくない」という方もいるかと思います。まさにそんな人にぴったり。

モバイルバッテリーで充電(Anker Apple Watch充電器)
モバイルバッテリーで充電

この組み合わせも便利ですね!

身の周りのUSB-Cポートで充電できるかを確認

私の身の回りにある、あらゆるUSB-Cポートに挿し、問題なくApple Watchを充電できるかを確認してみました。

Androidスマホで充電(Anker Apple Watch充電器)
Androidスマホで充電
USBカーチャージャーで充電(Anker Apple Watch充電器)
車載のUSBカーチャージャーで充電
PS5で充電
PS5で充電

いずれも問題なく充電できています。実用的なのはUSBカーチャージャーでしょうか。シガーソケットに挿したUSBカーチャージャーで、スマートにApple Watchを充電できます。磁力の強さも問題ありません。運転中に多少揺られても外れることはありませんでした。

ちなみに、上で使用しているUSBカーチャージャーがこちらです。

Series 7の磁気高速充電ケーブルと充電速度を比較

問題なく充電できることを確認したところで、続いては気になる充電速度を確認してみます。

磁気高速充電ケーブルとの速度比較(Anker Apple Watch充電器)
磁気高速充電ケーブルと比べて、どれくらいの差がある?

Portable Magnetic Chargerは、Series 7が対応する急速充電には対応していません。約45分で0%から80%まで充電できてしまう急速充電とでは、充電速度に大きな差が出ることは分かっていますが、どれくらい違うのかを調べてみます。

やはり、Series 7の急速充電と比較すると大きな差が出てしまうようです。

Series 7をお使いの方は、磁気高速充電ケーブルをメインにしながら、サブとしてPortable Magnetic Chargerを携帯しておく使い方がいいですね!

ケーブルレスだからこそ使いにくい場面もある

Portable Magnetic Chargerの最大のメリットが、ケーブルレスでコンパクト、そして軽量なことです。しかし、ケーブルレスだからこそ使いにくい場面もあります。

例えば、ラップトップのUSB-Cポートで充電するとき。丸い充電器部分が、隣接するポートに干渉してしまいます。

隣接するポートに干渉(Anker Apple Watch充電器)
隣接するポートに干渉してしまう(上はMacBook Pro)

このように、Portable Magnetic Chargerを挿すと、出っ張った充電器部分が邪魔になり隣のUSB-Cポートが使えなくなってしまう、ということが起こります。ラップトップ以外にも、複数ポート搭載のUSB充電器やモバイルバッテリーで同じような干渉が発生する可能性があります。

実際のところ、挿しっぱなしにするものではないので問題ない場合がほとんどですね。私としてはさほど気になりません。

AnkerのケーブレスApple Watch充電器は持ち運びに最適

AnkerのPortable Magnetic Chargerは、持ち運び用のApple Watch充電器としては最高のアイテム。コンパクトで重量はたったの25gと超軽量。カバンのなかに入れていても存在感はありません。

専用の充電器でしか充電できないApple Watch。出先でApple Watchの充電に関して困ったことがある、という方は多いはずです。Portable Magnetic Chargerを携帯しておけば、充電のストレスが減りますよ!

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる