Anker 737 Charger(GaNPrime 120W) レビュー│超パワフル & コンパクトな充電器

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W) レビュー│超パワフル & コンパクトな充電器

本記事でご紹介するのは、最大120Wと超パワフルな充電器、Anker(アンカー)の「Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)」です。

最大120Wというパワーがありながら、持ち運びしやすいサイズ感が魅力の充電器です。このパワフルさを手軽に持ち運べるものはなかなかありません。

Anker 737 Chargerは、ズバリこのような方におすすめです!

Anker 737 Chargerはこのような方にオススメ!
  • USB PD充電対応のノートPCを充電したい。
  • 複数のデバイスを同時に急速充電したい。
Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)
Anker 737 Charger(GaNPrime 120W) レビュー│超パワフル & コンパクトな充電器
総合評価
( 4 )
メリット
  • 単ポートで最大100W出力が可能
  • 合計120W対応で複数デバイスを同時に急速充電できる
  • PPS充電に対応
  • GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト & 軽量
デメリット
  • 価格が高い
  • 100W以上の充電時にはそれなりの発熱がある
目次

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)の特徴・スペック

まずは、Anker 737 Chargerの特徴・スペックをご紹介します。

Anker GaNPrimeシリーズとは?

Anker 737 Chargarは、AnkerのGaNPrimeシリーズのラインアップのひとつです。

Anker GaNPrimeシリーズ一覧・比較表

製品名Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)
735 Charger
(GaNPrime 65W)
Anker 737 Charger (GanPrime 120W)
737 Charger
(GaNPrime 120W)
Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)
747 Charger
(GaNPrime 150W)
Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)
733 Power Bank
(GaNPrime PowerCore 65W)
Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)
727 Charging Station
(GaNPrime 100W)
Anker 615 USB Power Strip
615 USB Power Strip
(GaNPrime 65W)
特徴コンセント一体コンセント一体コンセント一体USB充電器 & モバイルバッテリー(10000 mAh)USB充電器 & 電源タップUSB充電器 & 電源タップ
搭載ポートUSB-C × 2
USB-A × 1
USB-C × 2
USB-A × 1
USB-C × 3
USB-A × 1
USB-C × 2
USB-A × 1
USB-C × 2
USB-A × 2
AC × 2
USB-C × 2
USB-A × 1
AC × 2
USB-C出力最大65W最大100W最大100W(充電器使用時)最大65W
(モバイルバッテリー使用時)最大30W
最大100W最大65W
合計出力最大65W最大120W最大150W(充電器使用時)最大65W
(モバイルバッテリー使用時)最大30W
最大100W(USB)
最大1000W(AC)
最大65W(USB)
最大1000W(AC)
PowerIQPowerIQ 4.0PowerIQ 4.0PowerIQ 4.0PowerIQ 3.0(Gen2)PowerIQ 3.0(Gen2)PowerIQ 3.0(Gen2)
サイズ約66 × 38 × 29 mm約80 × 43 × 32 mm約68 × 61 × 31 mm約111 × 63 × 31 mm約161 × 79 × 18 mm約119 × 59 × 47 mm
重量約132 g約187 g約232 g約320 g約400 g約300 g
価格(税込)7,990円12,990円14,990円14,990円12,990円6,990円
製品ページAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon

Anker GaNPrimeの特徴は以下のとおりです。

Anker GaNPrimeとは?特徴まとめ
  • GaN(窒化ガリウム)採用の充電器
  • 新設計でさらなる小型化を実現
  • PowerIQ4.0で100W以上の出力に対応、デバイスに応じて最適な電力分配
  • 1秒間に35回の温度監視・負荷調節により過度な温度上昇を防止
Anker 737 Charger(GaNPrime 120W) レビュー│超パワフル & コンパクトな充電器

詳しくは別記事の「Anker GaNPrimeシリーズの違いを比較」でご紹介しています。

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)のスペック

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)
Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)

Anker 737 Chargerのスペックをまとめました。

製品名Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)
搭載ポートUSB-Cポート × 2
USB-A × 1
USB-C出力5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=5A (最大100W)
PPS充電対応
USB-A出力4.5V=5A / 5V=4.5A / 5V=3A / 9V=2A / 12V=1.5A (最大22.5W)
合計出力最大120W
入力100-240V ~ 1.9A 50-60Hz
折りたたみ式プラグ
サイズ約80 × 43 × 32 mm
重量約187 g
カラーブラック
パッケージ内容Anker 735 Charger(GaNPrime 120W)
取扱説明書
最大30か月保証(24か月保証、条件付きで+6か月)

USB-Cポートは単ポート使用時は最大100Wに対応し、複数ポート使用時は合計最大120Wに対応、なんともパワフルなスペックを持つ充電器です。

複数ポート使用時の電力振り分けは以下にになります。

複数ポート同時使用時の電力振り分け

単ポート使用時USB-C:最大100W
USB-A:最大22.5W
2ポート使用時USB-C1 + C2:合計最大120W
USB-C1 + A:合計最大120W
USB-C2 + A:合計最大24W
3ポート使用時USB-C1 + C2 + A:合計最大120W

USB-C2(下)とUSB-Aポート同時使用時は合計最大24Wになることには注意です。

USB電流・電圧チェッカーで充電を仕様を確認

手持ちのUSB電流・電圧チェッカーで、Anker 737 Chargerが対応する急速充電規格、充電の仕様を確認してみました。

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)対応の急速充電規格
Anker 737 Chargerが対応する急速充電器

急速充電規格を対応してみると、USB PD 3.0・PPS充電に対応、さらにはQCにも対応しています。PD規格に準拠したピュアな仕様を持つUSB PD充電器とは言えませんが、特に使用に問題ないのでここではヨシとします。

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)のPDO
PDO情報

USB PDのPDO情報は上のとおりです(USB-Cポート)。5AのPPS充電に対応するので、Galaxyスマホの一部が対応する「超急速充電」にも対応します。

PPS(Programmable Power Supply)充電では、充電時の電圧や電流を細かく指定でき、効率的かつ最適にデバイスを充電できます。Androidスマホの一部などがPPS充電に対応します。

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W) レビュー

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W) レビュー
Anker 737 Charger(GaNPrime 120W)レビュー!

それではAnker 737 Cargerのレビューに入っていきましょうポイントは、最大120Wと超パワフルなのに気軽に持ち運べるサイズ感です!

外観・サイズ・重量をチェック

Anker 737 Charger側面のGaNPrimeロゴ
側面に「GaNPrime」のロゴ

充電器の側面には「GaNPrime」のロゴがあります。表面は肌触りのいいシルキーな質感。

Anker 737 ChargerのUSBポート
合計3つのUSBポート

最大100WのUSB-Cポートが2つ、最大22.5WのUSB-Aポートを搭載します。

Anker 737 Chargerの折りたたみ式プラグ
折りたたみ式プラグを採用

プラグは折りたたみ式で、未使用時・持ち運び時にはコンパクトに折りたたんでおけます。

Anker 737 ChargerとiPhone 12 Pro Maxのサイズ比較
iPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較

Anker 737 Chargerのサイズは約80 × 43 × 32 mmとなっています。上はiPhone 12 Pro Maxとのサイズ比較です。

Anker 737 ChargerとM2 MacBook Airとのサイズ比較
M2 MacBook Airとのサイズ比較

充電性能についてはこのあとご紹介していますが、最大120Wもの出力を持つAnker 737 Chargerは、13/14インチクラスのノートPCを2台同時に充電できるほどのパワーがあります。ノートPC用充電器としては持ち運ぶには最高のサイズ感です。

Anker 737 Chargerをバッグに収納
ノートPC用バッグにも収納しやすいサイズ

最大100W越えの充電器は珍しくありませんが、持ち運びしにくいものがほとんど。Anker 737 Chargerもそれなりのサイズはあるものの、最大120W充電器をPCバッグに入れて持ち運べるのは嬉しい!

Anker 737 Chargerの重量を計測
スケールで量ってみると「201 g」だった

キッチンスケールで重量を量ってみると、約201 gでした。公称では187 gとなっていますので、これくらいの個体差がある可能性があるのでご注意ください。

Anker 737 Chargerをコンセントに接続

コンセントに挿してみました。自重で少しおじぎしてしまうですが、この形状のタイプは仕方ないですね。特に使用には問題ありません。

あらゆるデバイスを急速充電できるパワー

単ポート使用時は最大100Wに対応します。Anker 737 Chargerにはスマホからタブレット、ノートPCまであらゆるデバイスを急速充電できるパワーがあります。

手元にあるノートPCを使って、どれくらいのワット数で充電できるかを確認してみました。

M2 MacBook Airを充電

Anker 737 ChargerでM2 MacBook Airを充電
M2 MacBook Airを充電

Anker 737 ChargerでM2 MacBook Airを充電してみると、約63Wで充電できていました。このワット数はM2 MacBook Airでは上限、つまりフルスピードで充電できています。

M2 MacBook Airは30分の充電でバッテリー残量を最大50%回復できる「高速充電」に対応しています。Anker 737 Chargerでの充電速度を確認してみると、確かに高速充電できています。

充電器充電開始時のバッテリー残量30分経過60分経過
Anker 737 Charger9%63%90%

16インチMacBook Proを充電

Anker 737 Chargerで16インチMacBook Proを充電
16インチMacBook Proを充電

続いては、16インチMacBook Proを充電してみました。バッテリー残量が80%に達するまでは約87Wで充電できており、高速に充電できているといっていいでしょう。

ちなみに、16インチMacBook ProにはApple「140W USB-C電源アダプタ」が付属されています。

Anker 737 ChargerとApple 140W USB-C電源アダプタのサイズ比較
左が140W USB-C電源アダプタ

140Wと超パワフルなのはいいのですが、大きすぎてとても持ち運ぶ気になれないサイズ感です。

Anker 737 Charger VS Apple 140W

充電器充電開始時のバッテリー残量30分経過60分経過
Anker 737 Charger7%50%87%
Apple 140W USB-C電源アダプタ5%60%89%
16インチMacBook Proを充電

Anker 737 ChargerとApple 140W USB-C電源アダプタの充電速度を比較してみると、それほど大きな差がないことが分かります。両者のサイズの差を考えれば、「どっちを持って行く?」となれば悩む人はいないでしょう。

ASUSのゲーミングノートPCを充電

Anker 737 ChargerでASUSゲーミングノートPCを充電
ASUSのゲーミングノートPCを充電

最後に、Anker 737 ChargeでASUSのゲーミングノートPCを充電してみると、約88Wと未操作時の充電では必要十分な速度で充電できていました。

このノートPCには200WのAC電源アダプタが付属されています。ゲームをプレイしながらだと、さすがにAnker 737 Chargerでは力不足ですが、未使用時の充電であれば実用レベルと言っていい速度で充電できています。

最大120Wで2台のノートPCを同時充電

最大120Wものパワーは、複数デバイスを同時充電したときにその真価が発揮されます。スマホ + タブレット、タブレット + タブレットの同時急速充電ならまだ余裕があるほどのスペックがあります。

Anker 737 Chargerで2台のノートPCを同時充電
2台のノートPCを同時充電(60W + 60W)

Anker 737 Chargerなら、2台のノートPCを同時に充電できちゃいます。上ではM2 MacBook Proと16インチMacBook Proを同時に充電していますが、USB電流・電圧チェッカーで確認してみると、60W + 60Wで電力分配されていました。

Anker 737 Charger(GaNPrime 120W) レビュー│超パワフル & コンパクトな充電器

2台のノートPCを同時充電するシーンはあまりないにしても、このサイズ感の充電器でこれを実現できてしまうのはスゴい!

PPS充電で対応スマホを高速に充電できる

Anker 737 Chargerは、USB PD 3.0のオプション機能として用意されている「PPS充電」に対応しています。

Anker 737 ChargerでXperia 1 IIIをPPS充電

PPS充電に対応するXperia 1 IIIを充電してみましたが、きちんとPPS充電できていますね。リアルタイムに電流が細かく動いています。

まとめ:最大120Wを持ち運べる数少ない充電器

最大120Wをこのサイズで持ち運べる充電器はなかなかありません。「ノートPCを充電できる持ち運びしやすい充電器」 「複数の大型デバイスを同時に充電できる充電器」ということであれば、Anker 737 Chargerが大活躍してくれるはずです。

なお、60Wを超える充電には、「100W充電に対応するUSB-Cケーブル」が必要です。Anker 737 Chargerにはケーブルは付属されていないので、お持ちでない方は別途用意しておきましょう。

ただ、逆に言うと「ノートPCを充電することはない」ということであれば、完全にオーバースペックですね。スマホやタブレットの同時充電であれば、最大120Wものパワーは必要ありません。最大60Wクラスの充電器で必要十分でしょう。

同じAnker GaNPrimeシリーズに、「Anker 735 Charger(GaNPrime 65W)」という最大65Wの充電器があります。「最大120Wも必要ない」という方は、こちらもチェックしてみてください。

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次