Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)レビュー│使ってみましたが微妙です

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)レビュー│使ってみましたが微妙です

本記事でご紹介するのは「Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)」です。

コンセントに挿せば最大65WのUSB充電器として、コンセントから抜けば10000mAh搭載のモバイルバッテリーとして、1台2役をこなしてくれる便利なアイテムです。

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)レビュー│使ってみましたが微妙です

Anker 733 Power Bankってどのような充電器なの?充電性能は?

本記事ではAnker 733 Power Bankの特徴や充電性能のご紹介に加え、実際に使ってみて感想をレビューとしてお届けします。

Anker 733 Power Bankは、Anker GaNPrimeシリーズにラインアップされている充電器のひとつ。本製品が気になっている方は少なくないかと思います。ぜひ本記事を参考にしてみてください!

目次

Anker 733 Power Bankのスペック・外観

まずは、Anker 733 Power Bankのスペック・外観をチェックしていきましょう!

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)
Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)

Anker 733 Power Bankのスペック

Anker 733 Power Bankのスペックは以下のとおりです。

製品名Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)
入力AC100V – 240V ~ 50 / 60Hz / 1.63A
USB-C5V=3A / 9V=2A / 12V=1.5A(最大18W)
バッテリー容量10000 mAh
搭載ポートUSB-C × 2
USB-A × 1
コンセント接続時USB-C1出力5V=3A / 9V=3A / 12V=1.5A / 15V=3A / 20V=3.25A(最大65W)
USB-C2出力5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3.25A(最大65W)
USB-A出力4.5V=5A / 5V=4.5A / 5V=3A / 9V=2A / 12V=1.5A(最大22.5W)
合計出力最大65W
モバイルバッテリーとして使用時USB-C1/C2出力5V=3A / 9V=3A / 12V=1.5A / 15V=2A / 20V=1.5A(最大30W)
USB-A出力4.5V=5A / 5V=4.5A / 5V=3A / 9V=2A / 12V=1.5A(最大22.5W)
合計出力単ポート使用時:最大30W
複数ポート使用時:最大15W
サイズ約111 × 63 × 31 mm
重量約320 g
カラーブラック(A1651111)
ホワイト(A1651N21)
パッケージ内容Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)
USB-C to Cケーブル(0.6 m)
収納ポーチ
取扱説明書
最大30か月保証(24か月保証、条件付きで+6か月)
価格14,990円

スペックに関連して、Anker 733 Power Bankのポイントをまとめておきます。

Anker 733 Power Bankのポイント
  • 最大65WのUSB充電器、最大30Wのモバイルバッテリーの1台2役
  • 10000mAhバッテリー搭載
  • 上部のUSB-Cポートは、出力だけでなく入力にも対応
  • USB充電器として使用したときと、モバイルバッテリーとして使用したときの充電性能の違いに注意
Anker 733 Power BankをUSB充電器として使用
USB充電器として使用(最大65W)
Anker 733 Power Bankをモバイルバッテリーとして使用
モバイルバッテリーとして使用(最大30W)

Anker 733 Power Bankの外観

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)
サイズは約111 × 63 × 31 mm

サイズは約111 × 63 × 31 mmとなっています。

Anker 733 Power BankとiPhone 12 Pro Maxのサイズ比較
iPhone 12 Pro Maxとサイズ比較

iPhone 12 Pro Max(高さ160.8 mm × 幅 78.1 mm)とのサイズ比較です。

Anker 733 Power BankとM2 MacBook Airとのサイズ比較
M2 MacBook Airとのサイズ比較

M2 MacBook Air(幅30.41 cm × 奥行き21.5 cm)とのサイズ比較です。

Anker 733 Power Bankの重量
重量を量ってみると318gだった

重量をキッチンスケールで量ると、318 gでした。公称では「約320 g」となっています。

AnkerとGaNPrimeのロゴ
高級感がスゴい!

充電器の側面には「Anker」「GaNPrime」のロゴがあります。全体の質感を見ても、落ち着いた雰囲気をまとう上品で高級感のある質感です。

Anker 733 Power Bankの折りたたみ式プラグ
折りたたみ式プラグ

折りたたみ式プラグ採用で、未使用時や持ち運び時にはコンパクトに折りたたんでおけます。

Anker 733 Power BankのUSBポート
3つのUSBポート

2つのUSB-Cポート、1つのUSB-Aポートが並んでいます。上部のUSB-Cポートのみ、入出力に対応します。

Anker 733 Power BankのLEDランプ
バッテリー残量の目安を表示するLEDランプ

モバイルバッテリーの残量は、LEDランプの点灯数で確認できます。

LEDランプの点灯数によるバッテリー残量の目安
  • 1つ点灯:〜25%
  • 2つ点灯:26%〜50%
  • 3つ点灯:51%〜75%
  • 4つ点灯:76%〜100%
Anker 733 Power BankのPSEマーク
PSEマーク

もちろんですが、電気用品に表示が義務づけされている「PSEマーク」もきちんとあります。

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W) レビュー

それではレビューに入っていきましょう!

1台2役をこなしてくれる利便性については文句なし。ですが、正直なところ、良くないところがどうしても気になってしまいました。期待していただけに、私のなかでハードルが上がってしまっていたのかもしれません。

持ち運びしづらいサイズと重量

まず、Anker 733 Power Bankは大きく重いです。

Anker 733 Power Bankのサイズは約111 × 63 × 31 mm、重量は約320 gとなっています。背負えるバックパックならまだしも、手持ちのバッグに入れて持ち運ぶにはちょっと辛いサイズと重量ですね。

Anker 733 Power Bankのサイズ感
このサイズ・重量を持ち運ぶのは辛い

Anker 733 Power BankはUSB充電器とモバイルバッテリーの1台2役をこなしてくれます。そう考えるとコンパクトにまとめられているのは確かです。

「常にUSB充電器とモバイルバッテリーを持ち歩いている」という方にとってはメリットがあるものの、そうでない方にとっては大きく重いというデメリットのほうが強くなってきてしまいます。

Anker 735 Chargerと並べて
同じ充電性能を持つ「Anker 735 Charger」

同じAnker GaNPrimeシリーズの「Anker 735 Charger(GaNPrime 65W)」と並べてみると、これだけのサイズの差があります。モバイルバッテリー機能はないものの、3ポート搭載し最大65Wに対応と、USB充電器としての性能はAnker 733 Power Bankと同じです。

10000mAhクラスのモバイルバッテリーと並べて
10000mAhクラスのモバイルバッテリーとの比較

同じ10000mAhクラスのモバイルバッテリーと並べてみました。Anker 733 Power Bankは最大30W(モバイルバッテリーとして使用時)、それに対しこれらモバイルバッテリーは最大20Wと充電性能は劣るものの、サイズ感的にこれだけ違います。

つまり言いたいのは、最大65WのUSB充電器として大きく重く、10000mAhクラスのモバイルバッテリーとしても大きく重い、ということです。

Anker 733 Power Bankは、USB充電器とモバイルバッテリーどちらも持ち歩く方にはおすすめできますが、そうでない方にはおすすめできません。

モバイルバッテリーとして使用時は充電性能が大幅に下がる

Anker 733 Power Bankは、USB充電器として使ったときと、コンセントから抜いてモバイルバッテリーとして使ったときとでは充電性能に違いがあります。

コンセント接続時USB-C1/C2出力最大65W
USB-A出力最大22.5W
合計出力最大65W
モバイルバッテリーとして使用時USB-C1/C2出力最大30W
USB-A出力最大22.5W
合計出力単ポート使用時:最大30W
複数ポート使用時:最大15W

USB充電器としては「最大65W」ですが、モバイルバッテリーとしては「最大30W」」と充電性能が大幅に下がります。

上では、USB PD充電に対応したWindowsノートPCを充電しています。USB電流・電圧チェッカーで充電してみると、確かにモバイルバッテリー使用時には充電時のワット数が低下しています。

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)レビュー│使ってみましたが微妙です

使い方によって充電可能な最大ワット数が変化するのは、Anker 733 Power Bankの微妙な点です……。

たとえばノートPCなどの大型デバイスを充電する場合、「60W程度で充電できればOKだけど、30Wでは力不足」ということもあります。MacBook Pro 13/14インチあたりがまさにそうですね。30Wでも充電することは可能でも、充電速度を考えるともうちょっと欲しいところ。

技術的な事情があってこのような仕様になっているのかもしれませんが、USB充電器としてもモバイルバッテリーとしても最大65Wを実現して欲しかった、というのが本音です。

さらにもっと言うと、モバイルバッテリー使用時に複数ポートを使用する合計15Wとなってしまう点も残念ポイント。

Anker 733 Power Bankで複数デバイスを同時充電
モバイルバッテリーとしては充電性能が低い

上ではiPhoneとAirPodsを同時に充電しています。iPhone側では8W程度しか出ていません。iPhoneの急速充電は約20Wですから、それと比べると大きな差です。

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)レビュー│使ってみましたが微妙です

USB充電器としてはパワフルなAnker 733 Power Bankですが、モバイルバッテリーとしてはスペックは低めです。

コストパフォーマンスが悪い

Anker 733 Power Bankの価格は14,990円と高額です。今回はレビューのために購入しましたが、私なら、USB充電器とモバイルバッテリーを別々に買いますね。

最大65Wで3ポート搭載のUSB充電器でコスパが高いと思うのは、UGREEN(ユーグリーン)の65W充電器

MOTTERU(モッテル)のモバイルバッテリーは、最大60Wに対応し、20000mAhバッテリーを搭載します。

両方持ち歩くなればAnker 733 Power Bankより重くなってしまいますが、価格はこっちのほうが安上がりです。しかもモバイルバッテリーの充電性能としてはこちらのほうが上です。

まとめ:使ってみましたが微妙です

Anker 733 Power Bankが発売されてからしばらく使ってみましたが、正直に言って微妙です。このサイズと重量だと、なかなか気軽に持ち出すことはできません。

当初、私はM2 MacBook Air用のUSB充電器兼モバイルバッテリーとして便利そうかも?と思って購入しました。USB充電器としては十分な充電性能でも、モバイルバッテリーとしては非力。それならUSB充電器とモバイルバッテリー別々に用意したほうが便利です。

全体を通して否定的なレビューとなってしまいましたが、これはあくまでも私が感じたいちユーザーの感想です。すべての人に当てはまるわけではないですし、Anker 733 Power Bankがハマる方もいるでしょう。

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)レビュー│使ってみましたが微妙です

いちAnkerファンだからこそ正直に、「微妙」と言います!

購入を検討されている方は、ぜひデメリットも含めて検討してみてください!

あわせて読みたい

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次