Anker 547 Charger レビュー!合計120Wの超パワフルな据え置き型USB充電器

今回ご紹介するのは、Anker(アンカー)の据え置きタイプの充電器「Anker 547 Chargere(120W)」です。

最大100Wに対応するポートを含む、4つのUSB-Cポートを搭載する充電器。自宅や職場でメインとして使う「パワフルな充電器」をお探しの方にチェックして欲しい製品。ぜひレビューを参考にしてみてください!

Anker 547 Charger(120W)の特徴
  • AC電源ケーブル付きの「据え置き型充電器」
  • 4つのUSB-Cポートを搭載
  • 最大100W充電が可能なUSB-Cポート
  • 合計最大120Wで複数デバイスを同時に急速充電できる
目次

Anker 547 Charger(120W)の仕様・外観

まずは、「Anker 547 Charger(120W)ってどんな充電器なの?」というところをご紹介します。

Anker 547 Chargerの仕様をチェック

Anker 547 Charger(120W)
出典:amazon.co.jp

▲ Anker 547 Charger(120W)は据え置きタイプの充電器です。コンセントに直挿しタイプとは違い、好きな位置に持ってこれます。デスクや家具の上に置きたい、なんて方にぴったりです。

▲ Anker 547 Chargerの仕様をまとめました。それなりに大きく重いですが、120Wとパワフルな充電器ということを考えると、コンパクトにまとめられていると感じます。

Anker 547 Charger(120W)のUSB-Cポート

▲ 各ポートの最大ワット数は上のとおりになります。

Anker 547 Charger 同時充電時
出典:amazon.co.jp

▲ 複数ポート同時使用時は、最大120Wの範囲で電力が振り分けられます。パターンが多くややこしく見えますが、「ノートPCを充電するときはいちばん左のUSB-Cポートを使う」と覚えておけば問題ないでしょう。

Anker 547 Charger(120W)のパッケージ内容

▲ パッケージ内容は上のとおりです。1.5 mのAC電源ケーブル、そして固定用の両面テープが付属されています。USB-Cケーブルは付属されていませんので、必要な婆は別途用意しておきましょう。

Anker 547 Charger(120W)レビュー

Anker 547 Charger レビュー

ということで、Anker 547 Cherger(120W)のレビューに入っていきます!

スマホやタブレットだけでの充電であれば完全にオーバースペックですが、「スマホ・タブレットに加え、ノートPCも充電したい」という方にはぴったりな充電器です。

Anker 547 Chargerの外観・サイズ・重量

まずは外観・サイズ・重量をチェックしていきましょう。

Anker 547 Charger(120W)のUSBポート

▲ それぞれのUSB-Cポートに出力可能な最大ワット数が書かれているので、「どのUSB-Cポートが最大100Wだっけ?」ということはないかと思います。

Anker 547 Charger(120W)のAC電源ケーブル

▲ USB-Cポートがある反対側にAC電源ケーブルの差し込み口があります。合計120Wとハイパワーな充電器ということもあり、AC電源ケーブルは太めですが、これは仕方ないですね。AC電源ケーブルの長さは1.5mです。

▲ Anker 547 Charger(120W)にはGaN(窒化ガリウム)が採用されており、サイズは約99 x 70 x 34 mmとコンパクトにまとめられています。上では参考にiPhone 12 Pro(146.7 × 71.5 mm)を並べています。

これを大きいと感じるか小さいと感じるかは人によって分かれそうですが、私は小さいと感じました。これくらいならデスクの上に置いても邪魔になりません。

▲ 同じ据え置き型充電器のBelkin(ベルキン)108W充電器(98.5 × 80 × 31.5 mm)と比べると、Anker 547 Chargerのほうがひと回り小さいですね。

▲ 持ち運びするなら、コンセントに直挿しするタイプのAnkerのPowerPort III 2-Port 100W(約69 × 69 × 31 mm)のほうがいいでしょう。それなりにサイズはあるものの、最大100WのUSB-Cポートを搭載します。

▲ Anker 547 Chaerger(120W)の重量は公称では「約400 g」となっています。スケールで量ってると本体部分が390 g、AC電源ケーブルを含めると478 gでした。

Anker 547 Charger(120W)を持ち運ぶ

▲ 日常的に持ち運ぶにはつらいサイズと重量ですが、出張や旅行などで遠出するときには頑張って持って行けそうなサイズ感です。これひとつあればスマホからタブレット、ノートPCまで充電できるので、それぞれの充電器を持ち出すより、これひとつ持ち出したほうが小さくなる場合もあるでしょう。

Anker 547 Charger(120W)をデスクの上に設置

▲ 基本的には、このようにデスクの上に置くことがほとんどかと思います。それなりにスペースをとるものの、卓上で最大100WのUSB-Cポートが使えるのは便利。それなりに大きいサイズも許せます。

やっぱり「据え置き型」の充電器が便利

持ち運びすることがないのであれば、やはりAC電源ケーブル付きの据え置き型の充電器が便利です。

AC電源ケーブル付きの据え置き型充電器が便利(Anker 547 Charger)

▲ AC電源ケーブル(1.5 m)が届く範囲であれば好きな位置に持ってこれますし、USB-Cポートも手が届くところにあったほうが便利です。

コンセント直挿しタイプだと不便なことも多い

▲ コンセントに 直差しするタイプの充電器だと、コンセント周りの環境によっては隣の差し込み口に干渉してしまいますし、USB-Cケーブルを伸ばさなくてはいけません。持ち運びはこのタイプのほうが便利ですが、決まった場所で使うなら絶対に据え置き型です。

Anker 547 Charger(120W)を天板の裏側に固定
Anker 547 Charger(120W)を垂直面に固定

▲ 付属の両面テープを使えば、デスクの天板の裏側に固定したり、垂直面に固定することも可能です。3Mの両面テープは優秀ですね。落下の不安はありません。

デスクの上に置ける、スマホからタブレット、ノートPCまでを充電できる充電器を探している!

Anker 547 Charger(120W)は、このような方にぴったりです。デスクの上でなくても、家族の共有スペースに置いてみんなで使うのにもいいですし、ベッド脇で使うのもいいでしょう。設置場所に融通が利くので、うまく隠すこともできます。

複数のあらゆるデバイスを同時に急速充電

合計120Wに対応する充電器ですから、スマホの充電からパソコンの充電までなんでもこいのスペックです。

MacBook Pro 16インチを充電(Anker 547 Charger)
MacBook Pro 16インチを充電

▲ 上ではMacBook Pro 16インチを充電中。MagSafe 3ケーブルも問題なく使えています。

MacBook Pro 16インチを充電(Anker 547 Charger)

▲ 20V/4.71Aでネゴシエーションされ(20V/5AでないのはおそらくMacBook側の仕様)、約92Wで充電できています。MacBook Pro 16インチには140W USB-C電源アダプタが付属されているのですが、Anker 547 Charger(120W)でもバッテリー残量がもりもり増えてくれるほどの充電速度です。

MacBook Pro 16とiPhone 12 Proを同時充電(Anker 547 Charger)
MacBook Pro 16インチ(90W)とiPhone 12 Pro(20W)を充電

▲ MacBook Pro 16インチとiPhone 12 Proを充電しています。この場合、MacBook Pro 16インチは90W充電になります。

MacBook ProとiPad Proを同時に充電(Anker 547 Charger)
MacBook Pro 13インチ(60W)とiPad Pro 12.9インチ(60W)うぃ充電

▲ MacBook Pro 13インチとiPad Pro 12.9インチを2台同時に充電しています。この場合の出力は最大60W + 最大60Wとなります。MacBook Pro 13インチのフルスード充電は最大60W、iPad Pro 12.9インチはだいたい35W程度。Anker 547 Charger(120W)なら、どちらのデバイスも最大のフルスピードで充電できます。

合計4台を同時に急速充電(Anker 547 Charger)
MacBook Pro 13インチ(50W)、iPad Air(30W)、iPhone 12 Pro(20W)、Xperia 1 III(20W)を充電

▲ こちらでは、合計4台を同時に充電しています(合計120W)。私自身これまで多くの充電器をレビューしてきましたが、こんなことができちゃう充電器は初めてです。

Xperia 1 IIIをPPS充電(Anker 547 Charger)
Xperia 1 IIIをPPS充電

▲ Amazonの商品ページには記載されていなかったのですが、最大100WのUSB-Cポートは、効率よく充電してくれるPPS充電(3.3-21V/3A)に対応しているようです(その他のUSB-Cポートは未対応)。USBチェッカーで確認してみたところ、正常にPPS充電できています。

Xperia 1 IIIやGalaxyスマホ、Google Pixelの一部のモデルは、このPPS充電に対応します。お持ちの方は、最大100WのUSB-Cポートで充電することで恩恵を受けられます。

気になる発熱・コイル鳴きはある?

高出力なパワフルな充電器を選ぶときに気になるのは、「充電時の発熱」ではないでしょうか。100Wクラスの充電器となると、「これ、大丈夫?」と心配になるほどの発熱があるものも珍しくありません。

結論から言うと、Anker 547 Charger(120W)の充電時の発熱は心配不要です。GaN採用の恩恵なのか、100W充電を1時間継続させても触れないほどの温度にはなりません。

また、気になるコイル鳴きもありませんでした。寝室での使用も問題ないでしょう。

Anker 547 Charger(120W)レビューまとめ

Anker 547 Charger(120W)は、ズバリこのような方におすすめです!

Anker 547 Charger(120W)はこんな人におすすめ!
  • USB PD対応のパワフルな充電器を検討している
  • ノートPCを充電したい
  • ノートPC、タブレット、スマホを同時に急速充電したい
  • メインの充電器として使える据え置き型の充電器を検討している

あらゆるデバイスを高速に充電できるAnker 547 Charger(120W)は、特にノートPCやタブレットといった中型・大型デバイスを充電したい方にハマるはずです。気になる方はぜひチェックしてみてください!

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる