※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

Anker 523 Power Bankレビュー|普段使いにぴったりなスリム・10000mAhモバイルバッテリー

Anker 523 Power Bankレビュー|普段使いにぴったりなスリム・10000mAhモバイルバッテリー

今回レビューするのは、Anker(アンカー)のモバイルバッテリー、「Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)」という製品です。10000mAhバッテリーを搭載し、スマホと重ね持ちしやすいスリムな形状が特徴の人気モバイルバッテリー。

10000mAhというと、スマホを約1回~2回フル充電できるほどのバッテリー容量になります。サイズ・重量を考えると持ち歩くのにちょうどいいバッテリー容量で、普段使い用のモバイルバッテリーをお探しの方にぴったりです。

最大20WのUSB-Cポート搭載で、iPhone・Androidスマホの急速充電もOK。スリムなモバイルバッテリーでありながらパワフルな充電性能を備えます。

記事後半では10000mAhクラス・20Wの他製品とも比較しています。モバイルバッテリーをお探しの方はぜひ参考にしてみてください!

Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)
Anker 523 Power Bankレビュー|普段使いにぴったりなスリム・10000mAhモバイルバッテリー
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • スマホを1回~2回フル充電できる10000mAhのバッテリー容量
  • 最大20WのUSB-Cポート搭載でスマホ・タブレットを急速充電できる
  • スリムな形状でスマホと重ね持ちしやすく、バッグへの収まりがいい
デメリット
  • スリムだが他製品と比較して特別コンパクトなわけではない
  • 重量は約250 gと重め
  • 本体の充電に時間がかかる(5時間)
  • パススルー充電に未対応

この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

パッケージ内容

Anker 523 Power Bankを開封
Anker 523 Power Bankを開封

それでは開封していきます。いつもどおりのAnkerの外箱ですね。

Anker 523 Power Bankのパッケージ内容
パッケージ内容

パッケージ内容は、Anker 523 Power Bank本体のほかにUSB-C to Cケーブル、USB-C to Aケーブル、専用収納ポーチ、取扱説明書の合計5点です。

たまにAnker製品でこの黒い専用ポーチが付いてくるのですが、個人的にはあまり好きではないんですよね。

Ankerの専用ポーチの糸くず

というのは、上のように細かい糸くずが大量に出てくるんですよね。以前、このタイプのポーチに入れたモバイルバッテリーを持ち運んだとき、収納していたノートPCバッグの内側が糸くずだらけになってしまったことがあります。

よかれと思って付属してくれているものに対して文句を言うのは気が進みませんが、この大量のいとくずはずっと前から気になっていました……。この手の収納ポーチはAnkerだけじゃなく他のブランドでもたまに見かけます。せっかく付属してくれるならちゃんと使えるものがいい!

仕様

Anker 523 Power Bankの仕様をまとめました。

製品名Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)
Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)
バッテリー容量10000 mAh
搭載ポートUSB-C x 1
USB-A x 1
USB-C入力5V⎓3A / 9V⎓2A(最大18W)
USB-C出力5V⎓3A / 9V⎓2.22A(最大20W)
USB-A出力5V⎓4.5A / 4.5V⎓5A(最大22.5W)
合計出力最大18W(2ポート同時使用時)
パススルー充電
低電流モード
サイズ約153 x 72 x 16 mm
重量約250 g
カラーホワイト(A1245023)
ブラック(A1245013)
パッケージ内容Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000) 
USB-C & USB-C ケーブル
USB-A & USB-C ケーブル
取扱説明書
価格(税込)4,690円
製品ページAmazon

Anker 523 Power Bankにはホワイトとブラックの2色あり、私は今回ホワイトを購入しました。

Anker 523 Power Bankのカラーバリエーション
出典:amazon.co.jp

どっちのカラーを選ぶかは好み次第ですが、ホワイトはホワイトいい感じ。外観についてはのちほど詳しくご紹介しています。

対応する急速充電規格

Anker 523 Power BankのUSB-Cポートは、最大20WのUSB PD(Power Delivery)に対応しています。他の急速充電規格への対応の状況をUSB充電チェッカーで確認してみました。

Anker 523 Power Bankが対応する急速充電規格を確認
対応する急速充電規格をチェック
USBポート対応する急速充電規格
USB-CUSB PD 3.0
Quick Charge 2.0/3.0
Fast Charge Protocol(Huawei)
Pump Express 2.0
Apple 2.4A
USB-AQuick Charge 2.0/3.0
Fast Charge Protocol(Huawei)
Pump Express 2.0
Apple 2.4A
Anker 523 Power Bankが対応する急速充電規格(筆者調べ)

Anker 523 Power Bankの商品説明には「最大22.5W出力のUSB-Aポート」とありますが、22.5Wで充電できるのはHuwaweiの対応デバイスのみですのでご注意ください(Fast Charge Protocol)。どのようなデバイスでも最大22.5Wで充電できるわけではありません。

Anker 523 Power Bank USB PDのPDO
USB PDのPDO

UBS PDのPDOも確認しました。5V⎓3A / 9V⎓2.22Aの最大20Wとなっています。商品説明ページや本体記載の仕様と相違ありません。

外観・デザイン

続いては、Anker 523 Power Bankの外観・デザインをチェックしていきます。

Anker 523 Power Bankの外観・デザイン
シンプルな外観・デザイン

このとおり非常にシンプルなデザインとなっています。外装はプラスチック素材で、表面には細かなテクスチャが施されています。

Anker 523 Power Bankのロゴ
目立たない「ANKER」のロゴ

ちょっと見えづらいですが、さりげなく「Anker」のロゴマークが書かれています。

Anker 523 Power BankのUSBポート
USB-CポートとUSB-Aポート

USB-CポートとUSB-Aポートがゆったりとした距離で配置されているので、特に抜き差しのしづらさはありません。

Anker 523 Power BankのボタンとLEDランプ
バッテリー残量が分かるLEDランプ

ボタンを押すとLEDランプが点灯し、バッテリー残量の目安を4段階で確認できます。

Anker 523 Power Bankの低電流モード
ボタン2度押しで「低電流モード」

ボタンを2度押しすると、LEDランプの1つが緑色に点灯し、ワイヤレスイヤホンなどの小型デバイスの充電に最適な「低電流モード」に切り替わります。

Anker 523 Power Bank本体に表示された仕様とPSEマーク
本体に表示された仕様とPSEマークなど

本体裏側に製品の仕様とPSEマークやリサイクルマークなどが表示されています。

ちなみに、JBRC会員であるAnkerのモバイルバッテリーは家電量販店やショッピングモールなどに設置されている「小型充電式電池リサイクルBOX」に投入できます。モバイルバッテリーの処分方法は自治体によって異なったりして困ることがありますが、Ankerのモバイルバッテリーであればかんたんに処分できます。

サイズ・重量

Anker 523 Power Bankのサイズは約153 x 72 x 16 mmとなっており、厚さ16 mmのスリムなフォルムが特徴です。

Anker 523 Power BankとiPhone 14のサイズ比較
iPhone 14・iPhone 14 Plusとのサイズ比較

iPhone 14(146.7 x 71.5 x 7.8 mm)とほぼ同じくらいのサイズで、iPhone 14 Plus(160.8 x 78.1 x 7.8 mm)より少し小さいくらい。一般的に多い6〜7インチのスマホと同じくらいのサイズ感というイメージです。

Anker 523 Power BankとiPhone 14を重ねている様子
スリムだからスマホと重ね持ちしやすい

充電しながらスマホを操作したいという場面は多々ありますが、Anker 532 Power Bankは厚さ16 mmとスリムなので、スマホと重ね持ちに最適です。

Anker 523 Power Bankを収納
収まりのいいスリムな形状が便利!

スリムなのでタイトめのポケットにも収まってくれます。この収まりの良さが、Anker 523 Power Bankの便利なところ。

Anker 523 Power Bankの重量をチェック
実測では約261 g

Anker 523 Power Bankの重量は、公称では約250 gとなっていましたが、実測では約261 gでした。10 gほどの差がありますが、この程度であれば個体差と言っていいでしょう。

10000mAhバッテリーを搭載するモバイルバッテリーとしては、Anker 523 Power Bankは実は重めの部類にはいります。記事後半で同じバッテリー容量・充電性能を持つ他製品と比較していますので、そちらをチェックしてみてください。

20WのUSB-Cポートでスマホ・タブレットを急速充電

Anker 523 Power Bankは、USB PDに対応する最大20WのUSB-Cポートを搭載。ほとんどのiPhone・Androidスマホを高速に充電できます。

Anker 523 Power BankでiPhone 12 Pro Maxを充電中ワット数
iPhone 12 Pro Maxを充電(実測20W)

上ではiPhone 12 Pro Maxを充電していますが、約20Wで充電できています。

20W以上のUSB-Cポートを搭載するモバイルバッテリー・充電器で、iPhone 8以降のモデルを約30分でバッテリーを最大50%充電できます。
【参考】iPhone を高速充電する – Apple

Anker 523 Power BankでXperia 1 IIIを充電中ワット数
Xperia 1 IIIを充電(実測19W)

Xperia 1 IIIでも約19Wと高速に充電できています。AndroidスマホのほとんどがUSB PDの急速充電に対応します。お持ちのAndroidスマホもきっと対応しているはず。

Anker 523 Power BankでiPad(第10世代)を充電中ワット数
iPad(第10世代)を充電(実測19W)

上ではiPad(第10世代)を充電しています。20Wあればタブレットの充電も可能。Anker 523 Power Bankなら、iPadに付属されているApple 20W USB-C電源アダプタと同等の速度で充電できます。

Anker 523 Power BankでiPhoneとAirPodsを同時充電
2ポート同時使用時はUSB-Cポートの出力が下がる(合計最大18W)

USB-CポートでiPhone 12 Pro Maxを充電、同時にUSB-AポートでAirPodsを充電したとき、iPhone 12 Pro Maxは約11Wで充電されていました。充電できている状態ではありますが、11Wだと急速充電とは言えません。充電速度が欲しい場合には1ポートのみで充電するか、より合計ワット数の大きいモバイルバッテリーを検討するかになります。

複数のデバイスを同時に急速充電するにはパワーは足りませんが、スマホを充電するには十分な充電性能です。対応する最大ワット数やUSBポート数が増えるとサイズ・重量も大きくなってきます。持ち歩くことを考えると、やはり20Wあたりがちょうどいいですね!

本体への充電も18Wに対応、でも5時間かかる

Anker 523 Power Bank本体は、USB PDに対応する充電器を使用することで最大18Wで充電できます。

Anker 523 Power Bank本体を充電
本体への充電は約15Wで充電できていた(20W充電器使用時)

Apple 20W USB-C電源アダプタで充電してみると、約15Wあたりで充電できていました。

Ankerによると、「USB Power Delivery対応の18W USB急速充電器 (別売り) と付属のケーブルを利用すると、わずか5時間で本体充電ができます」とのこと。5時間は「わずか」とは言えないですね。

本体への充電時間が気になる方は、入力が30W以上に対応するモバイルバッテリーがおすすめです。30W以上の出力に対応するモバイルバッテリーであれば、だいたいの場合は入力(本体への充電)も30W以上に対応します。

本体の充電にある程度の時間がかかることは、Anker 523 Power Bankを選ぶにあたって知っておきたいデメリットです。

20W・10000mAhクラスのモバイルバッテリーとの比較

20WのUSB-Cポート・10000mAhバッテリーを搭載するモバイルバッテリーは、コンパクトで軽量なものが多いことから選ばれることの多いライン。そこで、20W・10000mAhクラスのモバイルバッテリーを比較してみます。

10000mAh・20WモバイルバッテリーとAnker 523 Power Bankを比較
同クラスのモバイルバッテリーと比較

▼横スクロールできます。

製品名Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)
Anker 523 Power Bank
Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W
Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W
Zendure SuperMini
Zendure SuperMini
シリコンパワー C10QC
シリコンパワー C10QC
エレコム EC-C03BK
エレコム EC-C03BK
CIO SMARTCOBY DUO 20W
CIO SMARTCOBY DUO 20W
CIO SMARTCOBY Pro 30W
CIO SMARTCOBY Pro 30W
バッテリー容量10000 mAh10000 mAh10000 mAh10000 mAh10000 mAh10000 mAh10000 mAh
搭載ポートUSB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 1
USB-A x 2
Micro B x 1(入力専用)
USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 2USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C入力最大18W最大18W最大20W最大18W最大18W最大20W最大20W
USB-C出力最大20W最大25W最大20W最大20W最大20W最大20W
(合計40W)
最大30W
サイズ※1約153 x 72 x 16 mm
(約176.26 cm³)
約107.3 x 52.3 x 27.2 mm
(約152.64 cm³)
約79 x 56 x 26 mm
(約115.02 cm³)
約90.5 x 62 x 22.2 mm
(約124.56 cm³)
約141 x 73 x 15 mm
(約162.86 cm³)
約99.5 x 51.5 x 25 mm
(約128.11 cm³)
約77 x 56 x 26 mm
(約112.11 cm³)
重量約250 g約194 g約180 g約184 g約233 g約180 g約183 g
価格(税込)※24,589円4,490円5,890円2,490円2,980円3,938円4,818円
製品ページAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon
※1 体積は単純に3辺を掛け合わせたものです。 ※2 記事執筆時点での価格です。

上のモバイルバッテリーはすべての10000mAhバッテリーを搭載します。CIO SMARTCOBY Pro 30Wのみ、最大30Wの出力に対応します(単ポートで)。それ以外はすべて最大20WのUSB-Cポートが搭載されています。

計7製品を比較してみると、

  • もっとも小さく軽いのはZendure(ゼンデュア) SuperMini
  • もっとも安いのはシリコンパワー C10QC
  • パワフルなのはCIO SMARTCOBY Pro 30W、CIO SMARTCOBY DUO 20W(20W + 20Wで合計40Wに対応)

このようになりますね。

Anker 523 Power Bankは数字だけで見れば不利ですが、選ぶ理由になるのは厚さ16 mmのスリムな形状でしょう。実際に使っていて、スリムなおかげか数字以上にコンパクトに感じます。

上のモバイルバッテリーはどれもいい製品ですので、予算や使い方に応じて選んでみてください。

Anker 523 Power Bankレビューまとめ

今回はスリムなモバイルバッテリー「Anker 523 Power Bank」をご紹介させていただきました。スマホを1回〜2回フル充電できるバッテリー容量と、急速充電できる充電性能。そしてスリムで持ち運びしやすいフォルム。毎日持ち歩くような、普段使い用のモバイルバッテリーにぴったりです。

個人的にも持ち運びする機会のモバイルバッテリーでもあります。モバイルバッテリーをお探しの方は、ぜひAnker 523 Power Bankを選択肢に加えてみてください!

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次