※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

Anker 523 Charger (Nano 3, 47W) レビュー|スマホ2台を同時に急速充電できるコンパクトな充電器

Anker 523 Charger (Nano 3, 47W) レビュー

今回ご紹介したいのは、コンパクト & 軽量で持ち運びしやすい充電器、「Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)」です。

コンパクトな本体には2つのUSB-Cポートが搭載されており、単ポートで最大45W、2ポートで合計最大47Wとコンパクトさとパワフルさを兼ね備えた充電器です。

  • スマホをフルスピードで充電したい。
  • 複数台のスマホ・タブレットを同時に急速充電したい。
  • ノートPCを充電できる持ち運びしやすい充電器を探している。

Anker 523 Chargerは、まさにこのような方にぴったりな充電器です。上記に当てはまる方には高確率でハマる充電器だと考えています。興味のある方はぜひチェックしてみてください!

Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)
Anker 523 Charger (Nano 3, 47W) レビュー|スマホ2台を同時に急速充電できるコンパクトな充電器
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 2ポート搭載・合計最大47Wでスマホ・タブレットを2台同時に急速充電できる
  • 単ポート使用時は最大45WでノートPCを充電できる
  • USB PD・PPS充電に対応
  • コンパクト & 軽量で持ち運びに最適
  • 進化した温度監視・温度管理機能「ActiveShield 2.0」に対応
デメリット
  • 他の45Wクラスと比較して価格が高め
  • 負荷をかけた状態ではそれなりの発熱がある

この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

Anker 523 Chargerの仕様・スペック

▼ 横方向にスワイプして回転させられます。

Loading…

Anker 523 Chargerの仕様・スペックは以下になります。

製品名Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)
Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)
入力100-240V ~ 1.4A 50-60Hz
搭載ポートUSB-C x 2
USB-C出力5.0V⎓3.0A / 9.0V⎓3.0A / 11.0V⎓4.0A / 15.0V⎓3.0A / 20.0V⎓2.25A(最大45W)
合計出力最大45W(単ポート)
最大47W(27W + 20W)
サイズ約53 x 35 x 35 mm
重量約87 g
カラーブラック(A2039111)
ブルー(A2039131)
ホワイト(A2039N21)
パッケージ内容Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)
取扱説明書
価格(税込)4,941円
製品ページAmazon

カラーバリエーションはブラック、ブルー、ホワイトの3色あります。

Anker 523 Charger (Nano 3, 47W) のカラーバリエーション
3色のカラーバリエーション

私が購入したのはブルー。デザインについてはこのあと詳しくご紹介していきますが、いい意味で充電器らしくないカラーがいい感じです。

Anker 523 Chargerのパッケージ内容
パッケージ内容

パッケージ内容は充電器本体と取扱説明書のみとなります。USB-Cケーブルは付属されていませんので、手持ちのものを使用するか別途用意する必要があります。

充電性能は?対応する急速充電をチェック

Anker 532 Chargerは急速充電規格「USB Power Delivery(PD)」に対応しています。USB充電チェッカーを使って、その他の急速充電規格への対応状況を確認しました。

Anker 523 Chargerが対応する急速充電規格
急速充電規格をチェック

確認してみると、UBS PDほかQuick Charger 4+(QC3/QC2への後方互換あり)といった急速充電にも対応していました。

USB-C規格のルールでは、本来はUSB PD以外の急速充電への対応は許可されていません。つまり厳密に言えばAnker 523 Chargerは規格違反の充電器となります。

ただ実用に問題がでることはないですし、Anker 523 Chargerと同じように規格違反となってしまっている充電器はゴロゴロあります。むしろ少ないくらい。個人的には気にしていませんが、気になる方もいらっしゃるかと思いますのでご注意ください。

Anker 523 Charger USB PDのPDO
USB PDのPDO

USB PDのPDO(Power Data Object)もあわせて確認しました。商品説明や本体に記載のある仕様と相違ありません。

あと商品説明ページや公式サイトには明記されていませんでしたが、USB PD 3.0のオプション機能「PPS(Programable Power Supply)」にも対応していました。

Anker 523 ChargerでXperia 1 IIIをPPS充電
PPS充電にも対応

PPS充電に対応するXperia 1 IIIを充電してみると、確かにPPS充電が行われていました。

Anker 523 Chargerは、Galaxyスマホの「超急速充電(25W)」の要件を満たします。GalaxyスマホやXperia、Google PixelといったPPS充電に対応するデバイスではこの恩恵を受けられます。

Ankerらしいおしゃれなデザイン

続いてはAnker 523 Chargerの外観・デザインについてみていきます。

Anker 523 Chargerの外観・デザイン
シンプルなデザイン

シンプルながらAnkerらしいおしゃれなデザイン。

Anker充電器の統一されたデザイン
左からAnker 511 Charger (Nano 3, 30W)、Anker Nano II 45W、Anker 523 Charger (Nano 3 , 47W)、Anker Nano II 65W、Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)

このデザインは最近のAnker製充電器ではお馴染みです。

Anker 523 Chargerの折りたたみ式プラグ
折りたたみ式プラグ

電源プラグは折りたたみ式です。持ち運ぶ前提なら折りたたみ式プラグは必須。

Anker 523 Chargerに表示された仕様と各種マーク

プラグがある面には製品の仕様やPSEマークなどの各種マークが表示されています。

外観・デザインについては気に入る方は多いかと思います。私もこのデザインを気に入っています。充電器にとってデザイン性はもっとも重要なポイントではないと思っていますが、どうせ持ち運ぶなら自分好みのデザインがいいですよね。

なお指紋汚れが気になる方は、ブルーもしくはホワイトがおすすめです。ブラックだとどうしても指紋・皮脂汚れが付着しテカってきてしまいます。ホワイトについては手元になく確認できていませんが、少なくともブルーでは一切気になりません。

合計最大47W・2ポート搭載なのに超コンパクト

Anker 523 Chargerのサイズは約53 x 35 x 35 mmと45Wクラスの充電器としては非常にコンパクト。

Anker 523 Chargerを手のひらに乗せている様子
コンパクトなサイズ感

コンパクトな上に折りたたみ式プラグ採用で持ち運びに最適です。持ち運びに苦労することはないサイズ感です。

Anker 523 ChargerとiPhone 12 Pro Max・Xperia 1 IIIのサイズ比較
iPhone 12 Pro Max、Xperia 1 IIIとのサイズ比較

iPhone 12 Pro Max(160.8 x 78.1 x 7.4 mm)とXperia 1 III(165 x 71 x 8.2 mm)とのサイズ比較です。

Anker 523 ChargerとiPad(第10世代)のサイズ比較
iPad(第10世代)とのサイズ比較

こちらはiPad(第10世代)とのサイズ比較。スマホだけでなくタブレットのお供として持ち運ぶのもいいですね。

Anker 523 ChargerとM2 MacBook Airのサイズ比較
M2 MacBook Airとのサイズ比較

13.3インチのM2 MacBook Airとのサイズ比較です。このサイズ感の充電器でノートPCを充電できるのですから非常に便利。

Anker 523 ChargerとApple 30W USB-C電源アダプタのサイズ比較
Apple 30W USB-C電源アダプタとのサイズ比較

M1/M2 MacBook Airには上のApple 30W USB-C電源アダプタが付属されています。Anker 523 Chargerなら、さらにコンパクトに持ち運べる上に充電速度もアップします。

Anker 523 Chargerの重量を計測
重量は実測81.4 g

Anker 523 Chargerの重量をスケールで量ってみると、約81.4 gでした。公称の「約87 g」より少し軽くなっていますが、個体差の範囲内でしょう。

パワフルなのにコンパクトで軽量であることが、Anker 523 Chargerを理由になります。スマホからタブレット、そして13インチクラスのノートPCを充電できるにもかかわらず、このサイズ感で持ち運べるのは非常に魅力的です。

ただ、45Wクラスの充電器で「USB-Cポートはひとつあればいい」という方の場合は、他の選択肢もありです。

Anker 523 ChargerとAnker Nano II 45W
1ポートでいいならAnker Nano II 45Wもチェック

上は最大45WのUSB-Cポートをひとつ搭載するAnker Nano II 45Wという充電器です。Anker Nano II 45Wのサイズが約41 x 38 x 35、重量が約65 gですので、Anker 532 Charger と比較してコンパクトで軽量です。

「1ポートあればいい」という場合は、Anker Nano II 45Wのようなさらにコンパクトで軽量な充電器もあわせてチェックしてみましょう。

単ポートで最大45WだからノートPCも充電可能

Anker 523 Chargerは最大45WのUSB-Cポートを搭載、USB PDに対応するスマホ・タブレットのほとんどをフルスピードで充電できます。

Anker 523 ChargerでiPhone 12 Pro Maxを充電したときのワット数
iPhone 12 Pro Maxを充電(実測21W)

iPhone 12 Pro Maxを充電してみると、約21Wで充電できていました。iPhone 8以降のモデルはUSB PD充電に対応しますが、Anker 532 Chargerでそれらをフルスピードで充電できます。

Anker 523 ChargerでiPad(第10世代)を充電したときのワット数
iPad(第10世代)を充電(実測27W)

上ではiPad(第10世代)を充電しています。約27Wと30W近いワット数で充電できています。USB PD充電に対応するiPadもフルスピード充電可能です。

Anker 523 ChargerでM2 MacBook Airを充電したときのワット数
M2 MacBook Airを充電(実測43W)

M2 MacBook Airを充電してみると、最大出力である45W近くで充電できています。Anker 532 Chargerなら付属のApple 30W USB-C電源アダプタよりも高速に充電できます。

Anker 523 ChargerでChromebookを充電
ASUSのChromebookを充電(実測29W)

上ではASUSのChromebookを充電しています。十分な速度で充電できており、Chromebookを持ち出すことも多い私も重宝しそうです。

45Wあればスマホからタブレット、ノートPCまで幅広い充電をカバーできるAnker 523 Chargerですが、ノートPCの充電がメインの場合は65W~100Wに対応する充電器がおすすめ。

上の関連記事でMacBook Air/Proにおすすめのハイパワーな充電器をご紹介していますが、USB PDに対応するノートPCの充電にも使えます。ノートPCの充電メインの方はこちらをチェックしてください。

27W + 20Wでスマホとタブレットを同時に急速充電

2ポート同時使用時は、27W + 20Wの合計最大47Wとなります。

Anker 523 ChargerでiPhoneとiPadを同時充電
iPhone 12 Pro MaxとiPad(第10世代)を同時に急速充電

スマホ+スマホ、スマホ+タブレット、タブレット+タブレットとあらゆるデバイスの組み合わせを同時に急速充電できます。

Anker 523 Chargerで2ポート同時使用

2ポート同時使用時は、上のポートが「27W」、下のポートが「20W」となります。

スマホの急速充電なら20Wあれば十分ですし、タブレットでも27Wあれば十分な速度で充電できるはずです。旅行や出張でスマホとタブレットを持っていきたいという方なら、Anker 523 Chargerを1台持っていけばOKです!

充電時の発熱をチェック

続いては、Anker 523 Chargerの発熱をチェックしました。なかには「これ大丈夫?」と心配になるほど発熱する充電器もあります。

Anker 523 Chargerの発熱をチェック
負荷をかけるとそれなりの発熱があった

上はMacBook Pro 16インチを45Wで充電、充電開始から約35分経った時点の表面温度です。72℃がピークでこれ以上温度が上昇することはありませんでした。

これくらいの発熱であれば普通です。それなりに発熱があるものの、この程度なら触れられますし、使用を中断しなければいけないレベルではありません。

45Wクラスの充電器と比較

Anker 523 Chargerと45Wクラスの充電器を比較
45Wクラスの充電器を比較

コンパクト & 軽量で持ち運びしやすい45Wクラスの充電器。ここではAnker532 Chargerを含む同クラスの充電器4製品を比較してみます。

▼ スマホでは横スクロールできます。

製品名Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)
Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)
Anker Nano II 45W
Anker Nano II 45W
UGREEN Nexode Mini 45W
UGREEN Nexode Mini 45W
CIO NovaPort DUO 45W
CIO NovaPort DUO 45W
Anker 521 Power Bank (PowerCore, 45W)
Anker 521 Power Bank (PowerCore, 45W)
バッテリー容量5000 mAh
搭載ポートUSB-C x 2USB-C x 1USB-C x 2USB-C x 2USB-C x 2
USB-C出力最大45W最大45W最大45W最大45W最大45W(USB充電器として使用時)
USB合計最大最大47W最大45W最大45W最大45W最大45W
サイズ約53 x 35 x 35 mm約41 x 38 x 35 mm約49 x 39.5 x 39.5 mm約45 x 36 x 29 mm約71 x 60 x 31 mm
重量約87 g約68 g約95 g約78 g約200 g
価格(税込)4,941円3,990円2,999円4,378円8,990円
1Wあたりの価格105.13円88.67円66.64円97.29円199.78円
1Wあたりの体積1.38 cm³1.21 cm³1.70 cm³1.04 cm³2.98 cm³
1Wあたりの重量1.85 g1.51 g2.11 g1.73 g2.93 g
販売ページAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon
※ 記事執筆時点の価格です。サイズ・重量には実測値が含まれております。「体積」は単純に3辺の長さを掛け合わせた数値になります。丸みを帯びた形状などは考慮していません。

どれもコンパクトで軽量で優秀な充電器ですが、頭ひとつ抜けているのはUGREEN Nexode Mini 45Wのコストパフォーマンス。

Anker 523 ChargerとUGREEN Nexode Mini 45W
ひと回り大きめサイズだがコスパ抜群のUGREEN Nexode Mini 45W(右)

充電性能はAnker 523 Chargerとほぼ同じにも関わらず、2,999円(税込)と選びやすい価格が魅力です。

もっとも軽量なのはAnker Nano II 45Wで(ただしUSB-Cポートはひとつ)、もっともコンパクトなのはCIO NovaPort DUO 45Wです。

Anker Nano II 45WとCIO Novaport 45W
コンパクト & 軽量なAnker Nano II 45W(左)とCIO Novaport 45W(右)

といってもその差は僅差で、持ち運びのしやすさの体感はほぼ変わりません。

モバイルバッテリーとしても使えるAnker 521 Power Bank
5000mAhバッテリー内蔵のAnker 521 Power Bank

Anker 521 Power Bankは、Anker 523 Chargerに5000 mAhモバイルバッテリーをくっつけたような仕様となっています。本来なら上の比較表に並べるのはフェアではありませんが、45Wクラスの充電器をお探しならぜひチェックしておきたい製品です。

Anker 523 Chargerのサイズ・重量は、同クラスの充電器と比較するとわずかですが大きく重くなっていますね。コストパフォーマンスも上記充電器のなかでは悪い数値です。

Anker 523 Chargerの優位なポイントとしては、

  • 20W + 27W の合計最大47Wに対応
  • ブラック・ホワイト以外のカラーを選べる
  • 強化された温度管理機能「ActiveShield 2.0」に対応

この3つになるかと思います。どれも優秀な充電器で悩ましいのですが、どれを選んでも正解だとも言えます。気になる方は他の選択肢も含めてチェックしてみてください。

Anker 523 Chargerレビューまとめ

本記事では2ポート搭載で合計最大47Wの出力に対応する充電器「Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)」をご紹介させていただきました。

スマホ・タブレットを急速充電できる充電性能に、持ち運びしやすいコンパクトで軽量なサイズ感。普段使い用に携帯する充電器としては非常にバランスがとれた製品だと感じました。

他の充電器と比較すると価格は高めではありますが、デザイン性や安全性など、充電性能以外の部分も含めた品質の高さはAnkerならではです。「持ち運びしやすく、スマホとタブレットを同時に急速充電できる充電器」ということならAnker 523 Chargerをチェックしておいて損はありません!

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次