※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)レビュー|持ち運びに最適な2-in-1充電器

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)レビュー|持ち運びに最適な2-in-1充電器

今回ご紹介するのは、USB充電器とモバイルバッテリーの1台2役をこなしてくれる「Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)です。

コンセントに挿せば最大45WのUSB充電器として、コンセントから抜けば5000mAh搭載のモバイルバッテリーとして活躍してくれる2-in-1充電器。コンセントの有無にかかわらず活躍してくれる便利なアイテムです。

本記事では以下の点に注目してAnker 521 Power Bankをレビューしています。

  • Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)の仕様・特徴
  • 充電に関する仕様、対応する急速充電について
  • 外観・サイズ・重量
  • USB充電器・モバイルバッテリーとして使用したときの充電ワット数
  • 他の「コンセント付きモバイルバッテリー」との比較
Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)
Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)レビュー|持ち運びに最適な2-in-1充電器
総合評価
( 4 )
メリット
  • USB充電器 & モバイルバッテリー(5000 mAh)の2-in-1充電器
  • USB充電器としては最大45Wとパワフル
  • コンパクトで軽量、2-in-1充電器なのに持ち運びしやすい
  • 本体を充電しながらのパススルー充電に対応
デメリット
  • モバイルバッテリーとして使用時は充電性能が低下する
  • USB充電器として大きく重く、モバイルバッテリーとしても大きく重い
  • 内蔵のリチウムイオンバッテリーには寿命がある

本記事はメーカーより提供いただいた製品を使用し作成しています。PR記事についてのポリシーはこちら


この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

Anker 521 Power Bankの仕様・スペック

Loading…

Anker 521 Power Bankの仕様をまとめました。

製品名Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)
Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)
入力AC100V – 240V ~ 50/60Hz
USB-C5V⎓2.1A(最大10.5W)
バッテリー容量5000 mAh
搭載ポートUSB-C x 2
コンセント接続時USB-C1/C2出力5V⎓3A / 9V⎓3A / 15V⎓3A / 20V⎓2.25A(最大45W)
合計出力最大45W
モバイルバッテリーとして使用時USB-C1/C2出力5V⎓3A / 9V⎓2.22A(最大20W)
合計出力最大20W(2ポート使用時は合計最大18W)
サイズ約71 x 60 x 31 mm
重量約200 g
カラーブラック/ホワイト/グリーン/パープル/ブルー
パッケージ内容Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)
取扱説明書
最大30か月保証(24か月保証、条件付きで+6か月)
価格(税込)8,990円

USB充電器として使用時は最大45W、モバイルバッテリーとして使用時は最大20Wと、コンセントに挿したときとそうでないときで充電性能が異なる点には注意です。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、グリーン、パープル、ブルーの全5色あります。

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)のカラーバリエーション
全5色から選べるカラーバリエーション

今回レビューするのはパープル。日々持ち歩くものだからこそ、自分好みのカラーを選べるのは嬉しいポイントです。

Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)のパッケージ内容
パッケージ内容(本体・説明書)

パッケージ内容はAnker 521 Power Bank本体と説明書のみとなります。USBケーブルは付属されていないので別途用意する必要があります。

外観・デザイン

まずは、外観・デザインをみていきましょう。

Anker 521 Power Bankの外観・デザイン

外装はプラスチック素材となっており、表面はマットな質感となっています。安っぽさは一切なく、持っていて嬉しくなるような所有感すら感じさせてくれる雰囲気です。

Anker 521 Power BankのUSBポート

USBポートが配置されている面には、わずかに光沢のある加工が施されています。シンプルながらもおしゃれで上品な印象を受けます。

Anker 521 Power Bankの折りたたみ式プラグ

プラグは折りたたみ式で持ち運び時には折りたたんでコンパクトにできます。

Anker 521 Power Bankのバッテリー残量を表示するLEDランプ

Ankerロゴの隣にあるのはボタンを押すとLEDランプが点灯し、4段階でバッテリー残量の目安を確認できます。

  • 1つ点灯:25%
  • 2つ点灯:50%
  • 3つ点灯:75%
  • 4つ点灯:100%
Anker 521 Power Bank本体に表示された仕様・PSEマーク

底面に製品の仕様やPSEマーク、リサイクルマークなどの各種マークが表示されています。

Anker製モバイルバッテリーは、家電量販店などに設置されているリサイクルボックスに投入し処分できます。このリサイクルボックスは、バッテリーのリサイクルを推進する社団法人JBRCが提供するもので、加盟するメーカーの製品を投入できます。AnkerはJBRCの会員。処分しやすいこともAnker製モバイルバッテリーを選ぶ理由になります。

Anker 521 Power Bankをデスクの上に置いている様子

USB充電器やモバイルバッテリーのなかには、いかにも安っぽい外観のものが多いですが、デザイン面ではAnker製品が頭ひとつ抜き出ていますね。こだわりのようなものが感じられます。

外観で気になったのは、ブラックを選んだときに指紋汚れが目立ってしまうかも?ということくらい。手元にあるパープルでは一切目立たないので、これが気になる方はブラック以外がおすすめです。

サイズ・重量

Anker 521 Power Bankのサイズは約71 x 60 x 31 mmとなっています。

Anker 521 Power Bankを手のひらに乗せている様子

45Wクラスの充電器としては大きめですが、5000mAhバッテリーが内蔵されていることを考えるとコンパクトにまとめられています。

Anker 521 Power BankとiPhone 12 Pro Maxのサイズ比較

iPhone 12 Pro Max(160.8 x 78.1 x 7.4 mm)とのサイズ比較です。搭載するバッテリー容量と充電性能を考えるとコンパクトなのですが、「毎日持ち運びにはキツイかも」と感じる方もいるかもしれません。

Anker 521 Power Bankを電源タップに挿している様子

幅は31 mmとスリムです。電源タップでの使用でも隣によほど大きい充電器がささっていない限りは干渉することはないでしょう。

Anker 521 Power Bankをバッグに収納

上は私がよく使っている13インチノートPC向けのバッグです。コンパクトなAnker 521 Power Bankなら、サイドポケットにゆとりをもって収納できます。最大45WのUSB充電器と5000mAh搭載のモバイルバッテリーをこのサイズ感で持ち運べるなら文句なし!

Anker 521 Power Bankの重量を計測

実測重量は約205.7 gとなります。公称では「約200 g」ですので、ほぼ公称値どおりと言っていいでしょう。

Anker 521 Power Bankは本当にコンパクトで軽量なのか?ということは、その人の使い方によって変わってくるかと思います。

Anker 521 Power Bank、Anker Nano II 45W、Zendure SuperMini 5Kを並べて
左からAnker 521 Power Bank、Anker Nano II 45W、Zendure SuperMini 5K

上は最大45WのUSB-Cポートを搭載する充電器「Anker Nano II 45W」と、最大20WのUSB-Cポートと5000mAhバッテリーを搭載する「Zendure SuperMini 5K」です。Anker 521 Power Bankは、上の充電器とモバイルバッテリーを合体させたような仕様です。

製品名Anker 521 Power Bank
Anker 521 Power Bank
Anker Nano II 45W
Anker Nano II 45W
Zendure SuperMini 5K
Zendure SuperMini 5K
バッテリー容量5000 mAh5000 mAh
搭載ポートUSB-C x 2USB-C x 1USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C出力USB充電器:最大45W
モバイルバッテリー:最大20W
最大45W最大20W
サイズ約71 x 60 x 31 mm約41 x 38 x 35 mm約109 x 27.6 x 26 mm
重量約200 g約68 g約112 g
価格(税込)8,990円3,990円3,980円
製品ページAmazonAmazonAmazon

Anker 521 Power Bankもコンパクトで軽量といっても、USB充電器として見れば大きく重く、モバイルバッテリーとしても大きく重いことには注意です。「使い方が充電器とモバイルバッテリーどちらかに偏っている」という方の場合、はっきり言って別々に用意したほうが使い勝手がいいですね。

ハマればこれ以上ないほど便利なAnker 521 Power Bankですが、使い方によってはハマらない方もいる点には注意です。

対応する急速充電規格をチェック

製品ページには対応する急速充電規格の詳細が書かれていなかったので、手元のUSB充電チェッカーで確認してみました。

Anker 521 Power Bankが対応する急速充電規格
USBポート急速充電規格
USB-C1/C2USB PD 3.0 / PPS
Quick Charge 4+(下位互換あり)
Fast Charge Protocol
Adaptive Fast Charging
Apple 2.4A
Anker 521 Power Bankが対応する急速充電規格(筆者調べ)

USB PDのほか、ファーウェイのFast Charge Protocol(FCP)やサムスンのAdaptive Fast Charging(AFC)にも対応しているようです。

USB-Cの規格上、本来であればUSB PD以外の急速充電規格への対応は規格違反となります。ただ特に使用に問題が出てくることはなく個人的にもきにしていませんが、気になる方はご注意ください。

以下はUSB PDのPDO(Power Data Object)です。

Anker 521 Power Bank USB PDのPDO(USB充電器)
USB PDのPDO(USB充電器として使用時)

上はコンセントに挿してUSB充電にとして使用したときのPDOです。20V/2.25A(45W)に対応、さらにはUSB PD 3.0のオプション規格の「PPS」にも対応しています。

PPS(Programmable Power Supply)充電には、効率的に充電でき発熱しにくいであったり、高速に充電できたりといったメリットがあります。主にGalaxyやXperia、Google PixelといったAndroidスマホの一部がこれに対応しています。

Anker 521 Power Bank USB PDのPDO(モバイルバッテリー)
USB PDのPDO(モバイルバッテリーとして使用時)

上はモバイルバッテリーとして使用したときのPDOです。最大が9V/2.22A(20W)となっていることが分かります。

USB充電器としては最大45Wとパワフル

Anker 521 Power Bankをコンセントに挿せば、最大45WのパワフルなUSB充電器として活躍してくれます。

Anker 521 Power BankでM2 MacBook Airを充電
M2 MacBook Airを充電

上ではM2 MacBook Airを充電しています。

M2 MacBook Air充電中のワット数
約42Wで充電できている

USB充電チェッカーで確認してみると、約42Wで充電できていることが分かります。充電性能をフルに発揮してくれていますね。

Anker 521 Power Bankを使えば、M2 MacBook Airに付属されている「Apple 30W USB-C電源アダプタ」よりも高速に充電できます。

2ポートのうちどちらでも最大45Wで充電できます。

Anker 521 Power BankでiPadを充電
iPad Pro 12.9インチを充電

iPad Pro 12.9インチは、約35Wで充電できていました。このワット数はiPad Pro 12.9インチの上限。フルスピードで充電できています。

このサイズのUSB充電器としては十分な充電性能です。15インチクラスのノートPCを充電するとなると、少なくとも60W以上、できれば100Wクラスの充電器が必要になってきますが、スマホやタブレット、13インチクラスのノートPCの充電ならAnker 521 Power Bankで十分対応できます。

2ポート同時使用時のワット数をチェック

Anker 521 Power BankでMacBook AirをiPhoneを同時充電
M2 MacBook AirとiPhone 12 Pro Maxを同時充電

続いてはM2 MacBook AirとiPhone 12 Pro Maxの2台を同時に充電したとき、それぞれ何ワットほどで充電できるのかをチェックしてみます。

M2 MacBook Airを充電中のワット数
M2 MacBook Airは約28Wで充電

M2 MacBook Airでは、約28Wで充電できていました。M2 MacBook Airの8コアGPU搭載モデルに付属されているApple 30W USB-C電源アダプタと同等の速度で充電できています。

iPhone 12 Pro Maxの充電ワット数
iPhone 12 Pro Maxは約14Wで充電

一方でiPhone 12 Pro Maxは、約14Wで充電できていました。20Wを超えるフルスピード充電には及びませんが、十分な速度で充電できるワット数です。

モバイルバッテリーとして使用時は最大20W

コンセントから抜いてモバイルバッテリーとして使用したときは、最大45Wから最大20Wに出力が落ちます。

モバイルバッテリーとしては最大20Wにパワーダウン(Anker 521 Power Bank)
モバイルバッテリーとしては最大20Wにパワーダウン

M2 MacBook Airを充電してみましたが、やはりワット数は20W付近が最大。一応充電アイコンは表示されるものの、充電速度は遅く使用しながらだとバッテリー残量はなかなか増えません。

Anker 521 Power BankとiPhone 12 Pro MaxとiPad(第10世代)
写真はiPhone 12 Pro MaxとiPad(第10世代)

モバイルバッテリーとして使用したときはスマホ、あるいはタブレットの充電までと考えておいたほうがいいですね。20Wあればたいていのスマホを急速充電できますし、iPadも付属のApple 20W USB-C電源アダプタと同等の速度で充電できます。

Anker 521 Power Bankで同時充電
同時使用時は合計最大18W

2台同時充電時は、合計最大18Wとなります。USB充電器として使用したときとモバイルバッテリーとして使用したときの充電性能の差が大きい点は気になるところです。

本体を充電しながらのパススルー充電に対応

いいなと思ったのは、USB充電器としてスマホなどを充電しながら、同時に内蔵バッテリーも充電されること。

Anker 521 Power Bankのパススルー充電
デバイスと同時に内蔵バッテリーも充電

内部のことなのでどのような仕組みなっているかは不明ですが、おそらく余力がある場合に電力を内蔵バッテリーに回してくれるのでしょう。

USB充電器とモバイルバッテリーの1台2役をこなしてくれる「Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)」や「Anker PowerCore Fusion 10000」では、接続されたデバイスの充電が完了した後に内蔵バッテリーの充電が開始されます。

Anker 511 Power BankとAnker PowerCore Fusion 10000
Anker 511 Power Bank(左)とAnker PowerCore Fusion 10000(右)

その点、Anker 521 Power Bankでは同時に内蔵バッテリーも充電してくれるのは便利ですね!

内蔵バッテリーへの同時充電が行われるのは、1ポート使用時のみです。2ポート同時使用時は内蔵バッテリーへ充電は行われません。

ただ、入力は10W程度と遅く、それにUSB-Cポートで充電できる環境 = コンセントがある環境であることがほとんどですので、Anker 521 Power Bankを直接コンセントに挿してしまったほうがはやいですね。

他のコンセント付きモバイルバッテリーとの違いを比較

Anker 521 Power Bankと同じほかの2-in-1タイプの充電器と比較してみます。

コンセント付きモバイルバッテリーの比較
他のコンセント付きモバイルバッテリーと比較
製品名Anker 521 Power BankAnker 511 Power BankAnker PowerCore Fusion 10000CIO SMARTCOBY Pro PLUGAnker 733 Power Bank
外観Anker 521 Power BankAnker 511 Power BankAnker PowerCore Fusion 10000CIO SMARTCOBY Pro PLUGAnker 733 Power Bank
バッテリー容量5000 mAh5000 mAh9700 mAh10000 mAh10000 mAh
搭載ポートUSB-C x 2USB-C x 1USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 2
USB-A x 1
入力AC:100V – 240V ~ 50 / 60Hz / 1.5AAC:100V – 240V ~ 50 / 60Hz / 0.5AAC:100V – 240V ~ 50 / 60Hz / 0.7AAC:100V – 240V ~ 50 / 60Hz / 3.33AAC:100V – 240V ~ 50 / 60Hz / 1.63A
USB-C1:18W
最大出力
(USB充電器として)
USB-C1/C2:45WUSB-C:20WUSB-C:20W
USB-A:12W
USB-C:30W
USB-A:18W
USB-C1/C2:65W
USB-A;22.5W
最大出力
(モバイルバッテリーとして)
USB-C1/C2:20WUSB-C1/C2:30W
USB-A;22.5W
サイズ約71 x 60 x 31 mm約113 x 30 x 30 mm約82 x 82 x 35 mm約79 x 79 x 26 mm約111 x 63 x 31mm
重量約200 g約170 g約278 g約265 g約320 g
価格(税込)8,990円4,990円5,990円7,128円14,990円
詳細レビューAnker 511 Power BankAnker PowerCore Fusion 10000CIO SMARTCOBY Pro PLUGAnker 733 Power Bank
製品ページAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon

Anker 521 Power Bankとよく似た仕様を持つのは、Anker 511 Power Bankですね。

バッテリー容量はどちらも5000 mAhと同じで、異なる主な点はUSB充電器として使用したときの最大ワット数、サイズ、重量です。

Anker 521 Power BankとAnker 511 Power Bank
Anker 521 Power BankとAnker 511 Power Bank

どちらを選ぶかのポイントなるのは、「USB充電器として最大45Wが必要か」というところ。もし必要なければあなたにはAnker 511 Power Bankが合っています。

「もっとパワーが欲しい」ということならAnker 733 Power Bankをチェックしてみてください。

Anker 521 Power BankとAnker 733 Power Bank
Anker 521 Power BankとAnker 733 Power Bank

USB充電器として使用時は最大65WとノートPCを十分な速度で充電できるパワーがあります。モバイルバッテリーとして使用時も最大30Wと高速です。

バッテリー容量も10000 mAhと大きくなりますが、Anker 521 Power Bankと比較するとサイズと重量はかなり大きくなります。あと価格もですね。

どの製品もユニークで魅力的です。携帯性や充電性能、バッテリー容量のバランスを考えると、Anker 521 Power Bankがあらゆる面で「ちょうどいいライン」だと感じます。

Anker 521 Power Bankレビューまとめ

今回はコンパクトかつパワフルな2-in-1充電器、「Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)」をご紹介させていただきました。実際に使ってみて良かったところ、気になったところをまとめます。

良かった点

コンパクトで持ち運びしやすい

2-in-1タイプの充電器は大きく重いものが多いのですが、Anker 521 Power Bankは難なく持ち運べるサイズ感・重量に収まっています。持ち運びが前提とするなら、数ある2-in-1充電器のなかで本製品が最有力候補となります。

Anker 521 Power Bankのバッテリー容量は5000 mAhと少なめです。ですが、ちょうどスマホ1台をフル充電できるくらいの5000 mAhバッテリーがちょうどいい!個人的な感覚だと、Anker 521 Power Bankのサイズと重量は毎日持ち運びできるギリギリのライン、という感じです。

ただし、記事内で書いたように、使い方がUSB充電器あるいはモバイルバッテリーどちらかに偏っている場合は、それぞれ別々に用意した方が便利な場合があることには注意です。

USB充電器としては最大45Wとパワフル

45Wあれば、USB PD充電に対応するほぼすべてのスマホ・タブレットをフルスピードで充電できます。最大45Wの出力が可能なのはUSB充電器として使用時のみとなりますが、それでも心強い充電性能です。

スマホやタブレットだけでなく、MacBook Airといった一部のノートPCも充電できるパワーがあります。45Wで充電できるかどうかはノートPC別に確認は必要ですが、いざとなれば充電できる安心感があります。

Anker 521 Power BankでChromebookを充電
Chromebookとの相性もよさそう

持ち運ぶことが多いChromebookなんかも相性がよさそう。Chromebookの多くはUSB PD充電に対応します。最大45Wに対応するAnker 521 Power BankならChromebookの充電もカバーできるでしょう。

気になった点

モバイルバッテリーとして使用時は充電性能が大幅に下がる

コンセントから抜いてモバイルバッテリーとして使ったとき、USB-Cポートの出力は最大20Wに下がってしまいます。スマホ・タブレットを充電するには十分なパワーですが、ノートPCを充電するには20Wでは足りません。

USB充電器としてはノートPCを充電できるのですから、モバイルバッテリーとしてもノートPCをできればもっと活用の幅が広がるのに……と思います。

ノートPCを充電できるモバイルバッテリーをお探しの方は、以下の記事を参考にしてください。USB PDに対応するパワフルなモバイルバッテリーをご紹介しています。

コンセント付きモバイルバッテリーの弱点

Anker 521 Power Bankのようなコンセント付きモバイルバッテリーはあらゆる場面で活躍してくれる便利なアイテムです。しかし、ならではのデメリットもあります。

1点目は記事内でも書きましたが、盲点となりやすいのは2点目の「バッテリーの寿命」ですね。モバイルバッテリーに内蔵されているリチウムイオンバッテリーは、一般的に300回〜500回ほどの充電サイクルが寿命とされています。

使用頻度にもよりますが、期間にして2年〜4年ほどになるでしょうか。充電と放電を繰り返していくうちに蓄えられる電力量が減っていき、最終的に動作が不安定になったり充電できなくなったりして寿命を迎えます。

コンセント付きモバイルバッテリーを購入する場合は、「バッテリーは劣化し、いずれ寿命が来る」ということを理解しておく必要があります。

「モバイルバッテリーとしてガシガシ使いたい」という方は、モバイルバッテリー単体の購入を検討してみることをおすすめします。

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次