※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) レビュー|最大7.5WでiPhoneを充電できるワイヤレス充電対応モバイルバッテリー

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) レビュー|最大7.5WでiPhoneを充電できるワイヤレス充電対応モバイルバッテリー

今回ご紹介するのは、Ankerのモバイルバッテリー「Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)」です。

iPhone 14/13/12シリーズの背面にくっつき、最大7.5Wのワイヤレス充電が可能なモバイルバッテリー。手元にLightningケーブルがなくてもiPhoneを充電できます。

10,000mAhバッテリー搭載でiPhone 14を約2回フル充電できるほどのバッテリー容量があり、最大20WのUSB-CポートでiPhoneの急速充電も可能です。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)は、MagSafe対応iPhone向けの「Anker MagGoシリーズ」の期待の新製品。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)
Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) レビュー|最大7.5WでiPhoneを充電できるワイヤレス充電対応モバイルバッテリー
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • iPhone 14/13/12シリーズにくっつきケーブル不要充電
  • 最大7.5WのQiワイヤレス充電に対応
  • 10,000mAhバッテリー搭載でiPhone 14を約2回フル充電可能
  • 最大20WのUSB-Cポートを搭載
デメリット
  • 最大15WのMagSaf充電には未対応
  • スタンド機能なし
  • サイズ・重量があり片手操作しづらくなる

この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の特徴と仕様

まずは「Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)ってどんなモバイルバッテリーなの?」というところをご紹介します。

Loading…

特徴

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のポイントとなる特徴をまとめました。

  • iPhoneの背面にくっつく搭載モバイルバッテリー
  • 10,000 mAhバッテリー搭載でiPhone 14を約2回フル充電できる
  • 最大7.5WのQiワイヤレス充電に対応
  • iPhone 14/13/12シリーズに対応
  • USB-Cポート(最大30W)、USB-Aポート(最大18W)を搭載
  • パススルー充電に対応

仕様・スペック

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の詳しい仕様は以下のとおりです。

製品名Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)
外観Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)
バッテリー容量10,000 mAh
USB-C入力5V⎓3A(最大15W)
ワイヤレス出力(Qi)最大7.5W
ワイヤレス充電対応機種iPhone 14シリーズ
iPhone 13シリーズ
iPhone 12シリーズ
USB-C出力5V⎓3A、9V⎓2.22A(最大20W)
USB-A出力5V⎓2.4A、9V⎓2A、12V⎓1.5A(最大18W)
複数ポート使用時合計最大12W
パススルー充電
サイズ約107 x 70 x 18 mm
重量約206 g
カラーブラック(A1642N11)
ホワイト(A1642N21)
パッケージ内容Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)
USB-C to Aケーブル (0.6m)
メーカー保証18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
価格6,990円
製品ページ Amazon Anker公式

カラーバリエーションにはホワイトとブラックの2色あります。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のカラーバリエーション
出典:amazon.co.jp

私はブラックの皮脂汚れが気になっちゃうタチなので、今回はホワイトを購入しました。

パッケージ内容

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のパッケージ内容は以下のとおりです。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のパッケージ内容
パッケージ内容

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)本体の充電には、15W以上の出力が可能なUSB-C充電器が推奨されています。

お持ちでない方は以下の記事でおすすめをご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) レビュー

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)をレビューしてきましょう。

外観・デザインをチェック

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の外観
シンプルな外観

このように非常にシンプルです。外装はプラスチック素材となっており、写真では分かりづらいですが光を当てるとAnkerのロゴが浮かび上がります。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のAnkerロゴ
Ankerのロゴ

このAnkerのロゴは光が当たらないとほぼ見えず、さりげない感じで配置されています。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)には、USB-CポートとUSB-Aポートの合計2ポートが搭載されています。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のUSBポート
USB-CポートとUSB-Aポート

USBポートは異なる面に2つ配置されており、iPhoneにくっつけるとUSB-Aポートのある面が下(iPhoneのLightningポートがある方向)にきます。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)本体に表示された仕様
本体に表示された仕様

USB-Cポートのある面には製品の仕様が書かれています。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のPSEマーク
PSEマークなどの各種マークの表示

反対側の面にはPSEマークなどの各種マーク、そしてバッテリー残量の目安を確認できるLEDランプがあります。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の吸着部分
マグネット吸着部分

円形に描かれた部分が、iPhoneと吸着する部分になります。

外観についてですが、とにかくシンプルで必要最低限のデザインという感じですね。高級感こそありませんが安っぽさも一切ありません。シンプルなだけに飽きずに長く使えそうです。

サイズ・重量はあるが難なく手持ちできるレベル

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)を手のひらに乗せている様子

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のサイズは、約107 x 70 x 18 mmとなっており、10,000 mAhクラスのモバイルバッテリーとしては標準的なサイズ感。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)をiPhone 13に装着
iPhone 13に装着

iPhone 13にくっつけてみると、やはりそれなりに大きいな、という印象です。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)とiPhone 13のサイズ
お尻がわずかにはみ出る

お尻の部分がiPhone 13から3mmほどはみ出ます。

iPhone 13のサイズは、iPhone 14やiPhone 12とほぼ同じサイズ。もしお手元にあればサイズ感をイメージしていただきやすいと思います。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)をiPhone 13に装着して手に持つ様子
片手操作はできなくはないがキツイ(iPhone 13)

片手操作はできなくはないですが、操作性は確実に低下してしまいますね。ただ手の大きい方なら気にならないかもしれません。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)をiPhone 12 Pro Maxに装着
iPhone 12 Pro Maxに装着

続いてiPhone 12 Pro Maxにくっつけました。iPhone 12 Pro Maxではお尻ははみ出ずに収まっています。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)をiPhone 12 Pro Maxに装着して手に持つ様子
片手操作は難しい(iPhone 12 Pro Max)

こちらは片手操作は厳しいですね。iPhone 12 Pro Maxはもともと片手操作しづらいですが、Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)をくっつけることでさらに難しくなります。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の重量を計測
重量は実測205.77 g

スケールで重量を確認してみると、205.77 gでした。仕様を見ると重量は「約206 g」ですので公称値どおりです。

それなりにサイズ・重量はありますが、10,000mAhバッテリー搭載でワイヤレス充電に対応ということ考えると十分コンパクトで軽量。

常時iPhoneにくっつけて使用するのはキツイものの、カバンに放り込んでおいて持ち運ぶ使い方であればサイズ・重量は気にならないでしょう。

iPhoneの最大7.5Wワイヤレス充電に対応

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)は、iPhoneの最大7.5Wのワイヤレス充電に対応します。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)でiPhoneを充電
くっつけるだけ、充電は自動的に開始される

充電方法はかんたんでくっつけるだけ。iPhone 14/13/12シリーズの背面に近づければ適切な位置に吸着し、自動的に充電が開始されます。

モバイルバッテリーはあるけど、ケーブルを忘れてきてしまった……なんてシーンはよくあります。Lightningケーブルがなくても充電できるのは非常に便利です。

ただし、最大7.5Wなので充電速度はそこそこいったところ。困るほど遅くはありませんが、最大15WのMagSafe充電や最大20W超の有線による充電と比べると充電速度は落ちます。

iPhone 13をMagSafe充電(EZO Brick Series Terminus)
最大15WのMagSafe充電に対応したモバイルバッテリー

上は最大15WのMagSafe充電に対応する「EZO Brick Series Terminus」というモバイルバッテリーです。

MagSafe充電対応モバイルバッテリーはどれも大きく重めですが、ワイヤレス充電の充電速度にこだわりたい方はあわせてチェックしてみてもいいでしょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

AirPodsなどのワイヤレスイヤホンの充電もOK

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)はQi規格のワイヤレス充電に対応するので、iPhone以外のデバイスも充電できます。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)でAirPods(第3世代)をワイヤレス充電
AirPods(第3世代)をワイヤレス充電(MagSafe充電ケース)

上ではAirPods(第3世代)を充電しています。MagSafe充電ケースならピタッとくっついてくれます。AirPods Pro(第2世代)も同じように充電できます。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)でワイヤレスイヤホンを充電
Qiワイヤレス充電に対応するデバイスなら充電可能

最近ではQiワイヤレス充電に対応するイヤホンも多くあります。これらをUSBケーブルなしで充電できるのは便利ですね!

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)でGoogle Pixel 7aをワイヤレス充電
Google Pixel 7aをワイヤレス充電

Google Pixel 7aを充電してみましたが、問題なく充電できることを確認しました。あまりないケースかと思いますが、いざとなればiPhone以外のスマホもワイヤレス充電できます。

強力なマグネットで安心

磁力は強力で、iPhoneにくっつけた状態で多少振っても落ちる気配ありません。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のマグネットは超強力
約950 gの加重に耐える強力マグネット

Ankerによると、Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のマグネットは約950 gの荷重に耐えるとのこと。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のバッグに入れても外れることはない磁力
持ち運び時に外れてしまうことはない

この磁力の強さならくっつけてカバンに放り込んでおいても勝手に外れてしまうことはないでしょう。

急いでいるときはUSB-Cポートで急速充電

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のワイヤレス充電最大7.5Wとなりますが、USB-Cポートを使えば最大20WでiPhoneの急速充電が可能です。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)でiPhone 13を充電中のワット数
iPhone 13を充電(約19W)

iPhone 13を充電すると約19Wで急速充電できています。USB-Cポートを使えば、30分ほどの充電でiPhoneのバッテリーを最大50%充電することができます。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)でiPad(第10世代)を充電中のワット数
iPad(第10世代)を充電(約19W)

最大20WあればiPadの急速充電も可能。上ではiPad(第10世代)を充電、こちらも約19Wと高速に充電できています。

ワイヤレス充電対応モバイルバッテリーのなかには、有線での充電性能が低いものが結構あります。その点Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)は、有線での充電もパワフルです。

パススルー充電に対応するが使うことはなさそう

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)はパススルー充電に対応します。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) のパススルー充電
パススルー充電に対応

パススルー充電時は接続デバイスがフル充電されたあとにモバイルバッテリー本体への充電が開始されます。本体と接続デバイスを同時に充電することはできません。

このときiPhoneは最大7.5Wでワイヤレス充電されることになりますが、そこにコンセントとUSB充電器があるのならiPhoneを有線で充電したのちにモバイルバッテリーを充電してしまったほうが効率よく充電できます。

バッテリーへの負担も気になりますし、モバイルバッテリーのパススルー充電は個人的にあまり使うことはないですね。

2ポート同時充電時の出力をチェック

続いては、USB-CポートとUSB-Aポートを同時に使用したときに出力をチェックしてみます。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)でiPhone 13とGoogle Pixel 7aを同時充電
USB-C(約9W)、USB-A(約7W)

上ではiPhone 13とGoogle Pixel 7aを同時に充電しています。USB-Cポートに接続しているiPhone 13は約9W、USB-Aポートに接続しているGoogle Pixel 7aは約7Wでの充電となっており、充電速度としてはかなり遅いですね。

スマホを2台同時に充電するには厳しい充電性能ですので、複数ポート使用時のUSB-Aポートはワイヤレスイヤホンなどの小型デバイス用と思っておいたほうが良さそうです。

ちなみに公式の仕様では「複数ポート利用時は合計最大12W」となっているのですが、上のとおり実際には合計で16Wほどで充電できていました。

あと、ワイヤレス充電と有線による充電を同時に行うことはできないのでご注意ください。有線充電が優先されワイヤレス充電は停止します。

他製品との違いを比較

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)のように、iPhone 14/13/12シリーズにくっついてワイヤレス充電できるモバイルバッテリーはたくさんあります。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) と他製品を比較
他製品との違いを比較
製品名Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)Anker 321 MagGo BatteryAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)Belkin BOOST↑CHARGE Magnetic Wireless Power Bank 5K +StandVOLTME MagPak 5K
外観Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)BOOST↑CHARGE Magnetic Wireless Power Bank 5K +StandVOLTME MagPak 5Kモバイルバッテリ
バッテリー容量10,000 mAh5,000 mAh5,000 mAh10,000 mAh5,000 mAh5,000 mAh
ワイヤレス出力最大7.5W(Qi)7.5W(Qi)7.5W(Qi)7.5W(Qi)7.5W(Qi)7.5W(Qi)
USBポートUSB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 1USB-C x 1USB-C x 1
USB-A x 1
USB-C x 1USB-C x 1
USB出力最大20W12W12W20W10W12W
USB入力最大最大15W10W12W20W10W12W
パススルー充電
スタンド機能
サイズ約107 x 70 x 18 mm約93 x 64 x 15 mm約105 x 67 x 13 mm約107 x 66 x 18 mm93.7 x 63.5 x 16.5 mm約105 x 66.8 x 13.5 mm
重量約206 g約124 g約140 g約218g170 g約133 g
価格6,990円3,990円6,990円7,990円6,039円5,990円
製品ページ Amazon
Anker公式
Amazon Anker公式 Amazon Anker公式 Amazon Anker公式 Amazon Amazon

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)に近いスペックを持つAnker 633 Magnetic Battery (MagGo)は、卓上でも使いやすいスタンドが搭載されています。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のスタンド
Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のスタンド

スタンドは縦向きだけでなく横向きに置くこともできます。

コンパクトさ・軽さを重視したい方には、Anker 321 MagGo Batteryがおすすめ。

Anker 321 MagGo BatteryとAnker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)
コンパクトさ・軽さ重視ならAnker 321 MagGo Battery

コンパクトで軽量、バッテリー容量は5,000mAhとなりますが取り回しの良さはナンバーワンです。

こうやって比較してみると、Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)は抜き出た特徴はありませんが、10,000mAhバッテリーと最大20WのUSB-Cポートを搭載とバランスとれた製品だと感じます。

  • 10,000mAhのバッテリー容量が必要か。
  • そこそこあるサイズ・重量を許容できるか。
  • スタンド機能が必要かどうか。

上記3点ががAnker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)を選ぶか、それとも他製品を選ぶかのポイントとなりそうです。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) レビューまとめ

今回はiPhone 14/13/12シリーズにくっつくワイヤレス充電対応モバイルバッテリー「Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000) 」をご紹介させていただきました。

サイズと重量はやや大きいものの、iPhone 14を2回フル充電できる10,000mAhバッテリーは安心です。毎日持ち運ぶ普段使い用としてだけでなく、1泊2日の旅行程度ならこれひとつでカバーできます。

「バッテリー容量に余裕のあるワイヤレス充電対応モバイルバッテリー」をお探しなら、本製品がハマるはずです!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次