Amazonで分割払いを利用する方法を解説!2つの方法と注意点

Amazonで分割払いを利用する方法を解説!2つの方法と注意点

Amazonで分割払い利用する方法には、以下の2つがあります。

  • クレジットカードの分割払い・リボ払いの利用
  • あと払い(ペイディ)で分割払い

本記事では、Amazonで分割払いを利用する方法についてご紹介します。

目次

Amazonで分割払いを利用する2つの方法

それでは、Amazonで分割払いを利用する具体的な方法について解説します。

1. クレジットカードの分割払い・リボ払い

まずはクレジットカードの分割払い・リボ払いを利用する方法です。

「リボ払い」とは、毎月一定の支払い額を金利付きで支払っていく支払い方法です。計画的な利用であれば問題ありませんが、利用額が増えると雪だるま式に支払総額が膨らんでしまうことも。くれぐれも計画的に利用するようにしましょう。

Amazonで分割払い・リボ払いを利用できるのは、日本国内で発行された「VISA」「マスターカード」「JCB」の3つのブランドに限ります。アメリカン・エキスプレスやダイナースといったそのほかのブランドでは一括払いのみ対応で、分割払い・リボ払いは利用できません。

クレジットカードの分割払い・リボ払いを利用するには、Amazonのレジに進んだところにある「お支払い方法」の「変更」をクリック。

Amazonでクレジットカードの分割払いを利用1

次のページで利用したいクレジットカードを選択、さらに「分割払い」を選択し、支払い回数を選びます

Amazonでクレジットカードの分割払いを利用2

リボ払いを利用したい場合は「リボ払い」を選択します。

このとき注意したいのは分割手数料です。分割払いやリボ払いを利用することによってAmazon側で手数料がかかることはありませんが、カード会社側で手数料が発生することがあります。

2回払いまでは手数料無料で、3回払い以上は手数料が発生するパターンがほとんど。分割払やリボ払いを利用する際には「手数料・金利がいくらかかるか」をしっかりと確認しておきましょう。

なお、一部の支払いではクレジットカードの分割払い・リボ払いを利用できないので注意してください。

・カート内の商品に37円未満の商品が1点でも含まれている場合
・Amazonギフト券の購入
・デジタルコンテンツの購入(Kindleコンテンツ、デジタルミュージックなど)
・デジタルコンテンツの定期購入(Kindle Unlimited、Amazon Driveのストレージプランなど)
・Amazonプライム会費のお支払い
・ライフ/バローご注文のお支払い
・Amazonフレッシュご注文のお支払い
・Prime Student年会費のお支払い
・Amazon Pay利用のお支払い
・定期おトク便ご注文のお支払い

分割払い・リボ払いを利用できない場合(Amazon)

2. あと払い(ペイディ)で分割払い(3回払い)

Amazonのあと払い(ペイディ)について
出典:amazon.co.jp

Amazonで分割払いしたいとき、「あと払い(ペイディ)」を使う方法もあります。「ペイディ」アプリから事前の利用登録が必要ですが、クレジットカード不要で分割払いでき便利です。

「ペイディ」とは、株式会社Paidyが提供するあと払い・分割払い対応の決済サービスのこと。Amaoznのほかに、ビックカメラ.comやApple Store・Apple公式サイトなど対応したショッピングサービスで利用できます。

使えるお店(ペイディ)

Amazonのあと払い(ペイディ)では、商品購入月の翌月、翌々月、3か月後の合計3回に分けて支払えます。また翌月に全額支払う「翌月払い」も選択できます。

ペイディでの分割払いは、口座振替・銀行振込に限り手数料無料で利用できます。

ペイディへの支払い方法と手数料
  • 口座振替(手数料無料)
    ペイディアプリからネットで口座振替の登録
  • 銀行振込(手数料無料、ただし振込手数料は自己負担)
  • コンビニ払い(1回あたり356円)

Amazonのあと払い(ペイディ)利用の流れ

まず、「ペイディ」アプリをスマホにダウンロードし、利用登録を済ませる必要があります。

ペイディには、通常のペイディと「ペイディプラス」があり、Amazonで3回払いするためには身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード)で本人確認が必要になります。

通常のペイディとペイディプラスの違い
出典:paidy.com

3回払いを利用したい場合は、手元に身分証明書を用意しておきましょう。

ペイディの利用登録については、上の記事で詳しくご紹介していますが、全体的な流れとしては以下のとおりです。

ペイディ利用登録からの流れ
  1. 「ペイディ」アプリをダウンロード
  2. メールアドレスと携帯電話番号でサインアップ(SMS認証あり)
  3. 身分証明書(運転免許証やクレジットカード)のアップ
  4. 顔写真のアップ(スマホで自撮り)
  5. 名前、住所、年収、扶養人数などの情報を入力
  6. 利用登録の完了(審査完了)のプッシュ通知
  7. ペイディアプリから「利用可能額」を確認
  8. Amazonの「お支払い方法を選択」>「あと払い(ペイディ)」の下にある「アカウントを追加」から、ペイディと連携させる(初回のみ)
  9. 完了!支払い方法として「あと払い(ペイディ)」を選択できるようになる

ペイディの利用時には、クレジットカード同様に審査があります。属性によっては利用できないことも考えられます。また、あと払いにした支払いを滞納してしまったときなどには信用情報に残る可能性があるので注意してください。

流れをみるとちょっと面倒に感じてしまうかもしれませんが、だいたい15分もあれば申し込みでき、私の場合、申し込み完了後2分ほどで審査完了のプッシュ通知がありました。

ペイディあと払いプランApple専用 3
ペイディアプリでの申し込は15分ほどで完了

利用登録が完了したら、ペイディへの支払い方法を手数料無料の「口座振替」に変更しておくことをおすすめします。

ペイディあと払いプランApple専用 口座振替に変更
「アカウント」>「支払い方法」から口座振替を選択

各銀行が提供するインターネットバンキングを利用されている場合は、アプリ上でかんたんに口座振替の手続きを行えます。

また、ペイディアプリ上で「ご利用可能額」も確認しておきましょう。利用可能額は人によってそれぞれ異なります。上では10万円となっているので、10万円の枠内であと払い・分割払いを利用できることになります。

最後に、Amazonの支払い方法としてあと払い(ペイディ)を選択できるようにしておきます。Amazonとペイディの連携は、Amazonで購入手続き途中にある「お支払い方法の選択」>「あと払い(ペイディ)」の下にある「アカウントを追加」から行えます。

Amazonで分割払い あと払い(ペイディ)を利用

これでAmazonの支払い方法としてあと払い(ペイディ)を選択できるようになりました。

Amazonの分割払いはあと払い(ペイディ)が便利

実際にAmazonであと払い(ペイディ)を利用してみましたが、しっかり計画的に使えば非常に便利だと改めて思いました。

あと払い(ペイディ)で分割払い(Amazon)

あと払い(ペイディ)を利用して、Amazonで3回払いで17,400円の商品を購入。1月26日に購入したので、2月14、3月14日、4月14日の3回にわけて5,800円ずつ分割払いすることになります。口座振替を選択しているので手数料は無料です。

クレジットカードで分割払いしてしまってもいいのですが、3回払い以上は手数料が発生してしまいます。その点あと払い(ペイディ)は3回払いに限られますが手数料は無料。手数料がかからないぶんお得です。

Amazonで分割払いを検討されている方は、ぜひ参考にしてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる