AirPods 2 (第2世代/2019)レビュー!やっぱり最強の完全ワイヤレスイヤホンでした

AirPods(第2世代)レビューAirPods

iPhoneでこそ使いたいBluetoothイヤホン・完全ワイヤレスイヤホンといえば、間違いなくAppleの「AirPods」でしょう。

AirPodsはコードレスでストレスなく使える、というだけでなく、iPhoneをはじめiPad、Mac、Apple WatchといったApple製品との親和性の高さが特徴です。純正イヤホンなので当然と言えば当然なのかもしれませんが、一度使えばなくてはならなくなる魅力があります。

AirPodsが初めて世に出てきたのは2016年12月のことですが、2年以上の月日を経て、2019年3月に新型モデル「AirPods(第2世代)」が登場しています。

今回はQiワイヤレス充電に対応するAirPods、「AirPods with Wireless Carging Case」を入手、実際に使ってみましたので、その進化ポイントを紹介しながら、「どう変わったの?」「新機能の使い勝手は?」というところをレビューしていきたいと思います!

AirPods(第2世代)は前モデルから同進化した?まとめ

AirPods(第1世代)とAirPods(第2世代)のスペックをまとめました。進化したポイントは赤文字にしています。

今回のパワーアップのポイントは主に2つで、それは「H1チップの恩恵」「Qiワイヤレス充電への対応」。詳しく見てみましょう。

進化① ─「H1」チップにより高速化・「Hey Siri」で呼び出しが可能に

AirPods(第2世代)は従来のW1チップよりさらに高速になったH1チップが搭載されています。これによりデバイス間の接続先切り替えが最大2倍高速に、電話通話への接続が1.5倍高速に、完全ワイヤレスイヤホンには付き物のレイテンシ(遅延)が最大30%低減。これらは使い勝手に直結してくる部分なので、快適さがさらに底上げされたと言えます。

そしてH1チップの恩恵としては、ハンズフリーでSiriを呼び出せる「Hey Siri」に対応したことも挙げられます。第1世代でもダブルタップしてSiriを起動することはできましたが、ダブルタップするという動作が要らなくなったのは文字以上に便利。ながら作業をしながら使用することが多いAirPodsですから、「Hey Siri」への対応は個人的にも嬉しいポイントです。

なおAirPods(第2世代)を使用するには、iOS 12.2(iPhone/iPad)、macOS Mojave 10.14.4(Mac)へのアップデートが必須となります。購入する予定がある方は時間があるときにアップデートしておきましょう。

進化② ─ Qiワイヤレス充電が可能に(Wireless Charging Caseのみ)

そして進化ポイントの2つめとしては、AirPodsの充電ケースがQiワイヤレス充電に対応したことです(Wireless Charging Caseのみ)。Qi規格は一般的に普及しているワイヤレス充電規格。すでにiPhoneなどでQiワイヤレス充電器を持っている場合は、それを使ってAirPodsをワイヤレス充電できます。

AirPodsは充電ケース込みで24時間以上の再生が可能なので、そもそも充電する回数は多くないのですが、Qiワイヤレス充電に対応したことでLightningケーブルを取り出す手間がなくなり、より便利になりました。充電方法は置くだけ!

コンパクトなサイズ・軽さはそのまま

進化ポイントではないですが、AirPodsの従来からの強みだった「コンパクトなサイズ」と「軽さ」はAirPods(第2世代)でも健在です。AirPods本体(イヤホン)は左右各4g、Qiワイヤレス充電に対応した充電ケースは「Wireless Charging Case」は40gとワイヤレス充電に非対応のケース38gとほぼ同等。大きさに関してはミリ単位まで同じです。

AirPods 第1世代と第2世代の比較

左:第2世代 右:第1世代

小さくて軽い、胸ポケットにも楽々入れられるのは、これも気に入っているポイントだったので、コンパクトなサイズと軽さを維持してくれているのは評価すべきポイントでしょう。

イヤホンの形状は変わっていない

AirPodsを購入した人の一部では、「イヤホンの形状が自分の耳に合わない」という人がいました。残念ながらAirPods(第2世代)でもイヤホンの形状は変わっていません。他社の完全ワイヤレスイヤホンだと耳のサイズによって交換できるチップがあったりするのですが、AirPodsの場合、耳に合わない場合は諦めるほかありません。

AirPodsのイヤホンの形状はiPhoneに付属している有線イヤホン「Earpods」とほぼ同じ。AirPodsをこれから購入する方は、自分の耳にフィットするかを念のために確認しておきましょう。

従来からのAirPodsの便利さをおさらい

それではいよいよAirPods(第2世代)をレビュー…といきたいところですが、従来からのAirPodsの便利さをおさらいしておきます。すでにAirPodsを愛用して「そんなもん知ってるわ!」という方はすっ飛ばして「AirPods(第2世代)レビュー」にお進みください!

AirPodsの便利ポイントを分かりやすく表にしてまとめてみました。

初代のAirPodsが発売されたのは2016年12月でした。2年以上も後継機が発売されなかったのは、そもそも登場時点ですでに完成度が高かったからでしょう。発売されてからも品薄状態が長く続いていましたよね。

初代からすでに便利過ぎたということもあって、AirPods(第2世代)の進化に物足りないと感じる人もいるかもしれません。しかし初代を使っていた僕がAirPods(第2世代)を使ってみましたが、これは買い換える価値はあると感じます!

AirPods(第2世代)レビュー!

それではここからAirPods(第2世代)のレビューに入っていきます。

AirPods(第2世代)レビュー

使い始めてすぐに高速化されていることが分かった

AirPodsは充電ケースから取り出すだけで、自動的にON、接続されます。その接続されたときに「ポポン」という音が流れるのですが、この「ポポン」が明らかに速い!つまり取り出して接続されるまでの時間が短縮されていることが分かります。

これまでも遅かったわけではありませんが、「耳に装着して直ちに接続される」という感じ。確かに思い返してみると、たまに「ん?ちゃんと接続されたかな?」という瞬間があったのですが、それがない。小さい進化であるものの、AirPodsを取り出して接続する回数はかなり多いのでさらにストレスフリーになりました。

接続時の「ポポン」が明らかに速い!

接続時の「ポポン」が明らかに速い!

あと僕の場合、AirPodsの接続先をiPhoneだけでなくiPad、Mac、Apple Watchとコロコロと切り替えることが多いのですが、この際の接続速度も明らかに速くなっています。H1チップはW1チップと比べてデバイスの切り替えが最大2倍高速になったというのは嘘ではないですね。実感レベルで分かります。

AirPodsの音質と音の遅延について

まず肝心の「音質」についてですが、AirPodsの音質は「普通にいい」です。第1世代と第2世代を聴き比べても、ほぼというか、全く一緒の音質レベルという印象です。気持ち第2世代のほうが音の奥行きを感じられるようになったような気がしますが。

AirPodsの音はフラットで素直な音という印象で、非常にクリアな音質。フラットと言えども、音量を上げればこの小さいイヤホンから出ているとは思えない音をしっかり出してくれます。ズンドコと頭に響くような重低音を求める方には物足りないかもしれませんが、聴き疲れしにくい控えめな味付けが好みならAirPodsはドンピシャです。

そして「音の遅延」について。完全ワイヤレスイヤホンはその性質上、多少の遅延は仕方がない部分。実際に僕はさまざまな完全ワイヤレスイヤホンで遅延を確認しましたが、ほぼすべてのイヤホンで遅延が発生しました。程度の違いはあれど、動画を観ていると違和感を覚えるレベル。

多くの完全ワイヤレスイヤホンを使ったが、遅延の少なさはAirPodsがダントツ

多くの完全ワイヤレスイヤホンを使ったが、遅延の少なさはAirPodsがダントツ

しかし、AirPodsは音の遅延がほとんど気にならないレベルなんですよね。第2世代ではレイテンシ(遅延)が最大30%低減されているとのことですが、第1世代から遅延はほぼ気になっていませんでした。僕は毎晩iMacでNetflixのお気に入りのドラマを観ることを習慣としてしているのですが、動画視聴時に使用するのは決まって遅延の気にならないAirPods。他の完全ワイヤレスイヤホンだと遅延がひどく声と演者の口元が合わず気持ち悪いんですよね。

遅延が許されないシビアな音ゲーなんかでは、そもそも完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ人はいないかもしれませんが、「完全ワイヤレスイヤホンがいいなー、でも動画も観たいから遅延が心配だな」という人は多いかと思います。動画視聴時の遅延が気になる人でも、AirPodsならまったく気になりませんよ!

AirPodsの「Hey Siri」に感動

これもH1チップの恩恵。AirPods(第2世代)は「Hey Siri」でSiriを呼び出せるようになりました。

これがなかなか便利で例えばAirPodsを装着しながら、「ながら作業」をしているとき。キーボードを叩きながら、食器を洗いながら、AirPodsをダブルタップすることなくSiriを呼び出せます。

僕が使っているiPhone XSでも「Hey Siri」は使えますが、iPhoneの画面を伏せた状態だったり、手帳型ケースのフラップを閉じている状態だと「Hey Siri」は反応してくれません。AirPosdを装着している状態であれば、いつでもどこでもハンズフリーでSiriを呼び出せる便利さは、日頃からSiriを活用している人には刺さるはず!

Qiワイヤレス充電は便利だが必須ではないと感じる

H1チップによる進化だけでなく、充電ケースがQiワイヤレス充電できるようになったことも目玉(Wireless Charging Case)。こんな感じでQi規格に対応したワイヤレス充電パッドに置くだけで充電できます。

AirPods 充電はQiワイヤレス充電器に載せるだけ

充電はQiワイヤレス充電器に載せるだけ

今回のAirPods(第2世代)にはQiワイヤレス充電に対応した充電ケース「Wireless Charging Case」と非対応の「Charging Case」の2種類用意されていますが、ワイヤレス充電に魅力を感じなければ無理してWireless Charging Caseを選ばなくていい、というのが正直なところ。ワイヤレス充電できるだけ。。といえばそれだけですし、そもそもLightningポートを使っても1時間以内くらいには充電できてしまいますから。充電の頻度が高ければ有線での充電は億劫に感じるかもしれませんが、充電ケース込みで24時間以上も持ちます。

AirPods(第2世代)とワイヤレス充電が可能な充電ケース「AirPods with Wireless Charging Case」が22,800円、ワイヤレス充電に非対応の「AirPods with Charging Case」が17,800円で価格差が5,000円。ワイヤレス充電に魅力を感じないなら、非対応モデルを買っても後悔はないでしょう。

Wireless Charging Case」単体でも購入できますが、8,800円という価格を考えると微妙ですね。それならAirPods(第2世代)とのセットを購入したほうが幸せになれるでしょう。

結論:やっぱりAirPodsは最強の完全ワイヤレスイヤホンでした

iPhoneをはじめiPadやMacで使用するワイヤレスイヤホン、ということを考えると、どう考えても「AirPods」が最強です。Apple製品との親和性の高さはもちろんのこと、バッテリー持ちや遅延の少なさ、使い勝手など、どの面を見ても他のワイヤレスイヤホンより頭ひとつ突き抜けています。

そして第2世代はハンズフリーでの音声アシスタントの起動、Qiワイヤレス充電が可能に。他の完全ワイヤレスイヤホンにこれを真似できるものは多くないでしょう。つまり今の時点では「AirPodsが最強だ」と言えるかと思います。

AirPodsはそう安いものではありませんが、価格に対しての満足度を考えると、非常にコストパフォーマンスはいいですね!Apple公式サイトdえはこの記事を書いている間も「お届け予定日」が伸びていっている模様。以前のように長期に渡って品薄になることも考えられるので、気になる方はすぐさまチェック!

コメント