【解説】AirPodsの充電(バッテリー残量)を確認する7つの方法

AirPods・AirPods Proでバッテリー残量を確認する方法について解説します。

AirPodsのバッテリー駆動時間は長く、バッテリーに関してはほぼストレスなく使用できます。しかし、バッテリー駆動時間が長いだけにバッテリー残量の低下を見落としてしまい、いざ使いたいとなったときにバッテリーがない!ということも。

本記事でご紹介している7つの確認方法をチェックして、AirPodsのバッテリーとうまく付き合っていきましょう!

本記事では、AirPodsのイヤホン部分を「AirPods本体」、AirPods充電ケースを「充電ケース」と書き分けています。

目次

7つのAirPodsの充電(バッテリー残量)確認方法

それではAirPodsのバッテリー残量の確認方法をご紹介していきます。

AirPodsのバッテリー残量の確認方法
  1. iPhoneもしくはiPadに近づけて確認
  2. ステータスランプでざっくり確認
  3. バッテリーウィジェットで確認
  4. Apple Watchで確認
  5. Macで確認
  6. Androidデバイスで確認
  7. Siriに聞いて確認

1. iPhoneもしくはiPadに近づけて確認

ひとつめの方法は、「iPhoneもしくはiPadに近づけて確認」です。この方法がいちばん分かりやすくかんたんな確認方法。

【手順】iPhoneもしくはiPadに近づけて確認
  1. AirPods本体を充電ケースに入れた状態で、充電ケースの蓋を開ける
  2. iPhone、iPad、iPod Touchのディスプレイが点灯している状態にする
    (ロックはかかったままでもOK)
  3. その状態でAirPodをiPhone、iPad、iPod Touchに近づける

手順は上のとおりです。すると近づけたAppleデバイスの画面上でバッテリー残量を確認できます。

AirPodsの充電確認(iPhone、iPadに近づけて確認)

上のようにバッテリー残量が表示された状態で、左右のAirPods本体のどちらかを充電ケースから抜くと、左右それぞれのバッテリー残量も確認できます。

AirPodsの充電確認(iPhone、iPadに近づけて確認)2

AirPodsをうまく認識してくれない場合は、充電ケースの蓋を閉め、再度開けてみてください。

AirPodsのそのAppleデバイスがペアリングされている状態にあることが前提です。また、バッテリーが完全に切れてしまっている場合は反応してくれないのでご注意を。

2. 充電ケースのステータスランプでざっくり確認

充電ケースのステータスランプの色で、バッテリー残量をざっくり確認できます。充電ケースの蓋を開閉することでステータスランプが点灯します。

AirPods 充電ケースのステータスランプ

私はこの方法で確認することがほとんど。

オレンジのランプが点いているから、そろそろ充電かな。

AirPods本体を充電ケースから取り出している状態でステータスランプがオレンジに点灯しているということは、充電ケースのバッテリー残量がAirPods本体を1回フル充電できるほど残っていない、つまり、「そろそろ充電ケースを充電しないと!」ということになりますね。

3. バッテリーウィジェットで確認

「ホーム画面」あるいは「今日の表示」にバッテリーウィジェットを設置しておくと、AirPodsのバッテリー残量低下に気付けます。

「ホーム画面」にバッテリーウィジェットを追加

バッテリーウィジェットをiPhoneのホーム画面に設置
ホーム画面を長押し>「+」をタップ>「バッテリー」をタップ

「今日の表示」にバッテリーウィジェットを設置

バッテリーウィジェットを今日の表示に設置
ホーム画面を右方向にスワイプして表示される「今日の表示」にも追加できる

4. Apple WatchでAirPodsの充電確認

AirPodsをApple Watchに接続しているときは、Apple Watch上でAirPodsのバッテリー残量を確認できます。

Apple WatchでAirPodsのバッテリー残量を確認
コントロールセンターのバッテリーアイコンをタップ

AirPods本体の左右両方、もしくは左右どちらかを充電ケースに収納している場合は、充電ケースのバッテリー残量もApple Watch上で確認できます。

5. MacでAirPodsの充電確認

MacでAirPodsのバッテリー残量を確認するには、コントロールセンターにある「サウンド」を参照します。

MacからAirPodsのバッテリー残量を確認
コントロールセンター>「サウンド」で確認

充電ケースのバッテリー残量も確認したい場合は、AirPods本体の左右どちらかを充電ケースに収納すればOKです。

筆者のMac環境では、なぜかバッテリー残量の表示が反映が遅いことがたまにあります。そんなときはMacとAirPodsの接続を切断し、再度接続すると表示されるようになります。

6. AndroidデバイスでAirPodsの充電確認

AirPodsは、BluetoothヘッドフォンとしてAndroidデバイスにも接続できます。AndroidデバイスからAirPodsのバッテリー残量を確認したいときは、サードパーティ製アプリ「AirBattery」を使用します。

Androidスマホからバッテリー残量を確認
AirBattery」を使えばAndroidデバイスでもバッテリー残量を確認できる

「AirBattery」は無料アプリ。フル機能を使用するにはアプリ内課金が必要ですが、AirPodsのバッテリー残量を確認するだけであれば課金は必要ありません。

AirBatteryでAirPodsのバッテリー残量を確認n
iPhoneそっくり!

AirPodsとAndroidデバイスを一度ペアリングすれば、AirPods本体を充電ケースから取り出すと自動的に接続されます。そのときに表示してくれる画面がiPhoneそっくり。

7. Siriに聞いてAirPodsの充電確認

Hey Siri、AirPodsのバッテリー残量は?

このようにSiriに話しかけてもバッテリー残量を確認できます。

目視で確認したほうが手っ取り早いので、私自身としてはあまりSiriで確認することはしませんが、ランニング中など手が塞がっているときに確認したい場合は、Siriに聞く方法になるかと思います。

AirPodsの充電確認方法まとめ

本記事では、AirPodsのバッテリー残量を確認する7つの方法をご紹介させていただきました。

なかでもぜひ知っておいて欲しいのは、「充電ケースでざっくり確認する方法」です。

充電ケースのバッテリー残量をざっくり知りたいときは、AirPods本体を取り出して充電ケースの蓋を開閉すればOK。AirPods本体を1回以上フル充電できるほどのバッテリー残量があるかどうかを確認できます。

AirPodsユーザーのあなたにはこちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
トップへ
目次
閉じる