Anker 711 Charger 30W レビュー!これ以上は無理?コンパクト過ぎるPD充電器

Anker 711 Charger 30W レビュー!これ以上は無理?コンパクト過ぎるPD充電器

今回レビューするのは、Anker(アンカー)の「711 Charger(30W)」です。最大30WのUSB-Cポートを搭載するUSB充電器で、最大の特徴は「とにかくコンパクト」だということ。

Anker 711 Charger 30W レビュー!これ以上は無理?コンパクト過ぎるPD充電器

これ以上、小さくするのは無理なのでは?

30WクラスのUSB充電器としては、これ以上ないと思うほどのコンパクトさです。最近ではコンパクトなUSB充電器は珍しくありませんが、どんどん進化するコンパクトさに慣れているはずの私でも、Ankerの711 Chargerには驚かされました。

30Wあればスマホを充電するには十分ですし、タブレットやノートPCの充電にも対応できます。「30WクラスのコンパクトなUSB充電器」をお探しなら、Ankerの711 Chargerのチェックは必須です!

Anker 711 Chargerの製品情報

目次

Anker 711 Charger(30W)レビュー!コンパクト過ぎるPD充電器

Anker 711 Charger(30W)レビュー

▲ それではレビューに入っていきましょう!

Anker 711 Charger(30W)のカラーバリエーション
出典:amazon.co.jp

▲ Anker 711 Chargerには、カラーバリエーションがホワイトとブラックの2色あります。私はホワイトを購入しました。

Anker 711 Charger(30W)の同梱品

▲ また、使用時に必要なUSB-Cケーブルは別売です。必要な方は別途用意しておきましょう。

とにかく小さい!これ以上はないと思うほどのコンパクトさ

Anker 711 Chargerのサイズは約32 × 28 × 27 mmです。繰り返しになりますが、とにかく小さい!

Anker 711 Charger(30W)のサイズ感

▲ このサイズ感で30Wですからね。GaN(窒化ガリウム)採用ということもあり、コンパクトにまとめられています。

▲ iPhone 12 ProとXperia 1 IIIとのサイズ比較です。いかに小さいかが分かりますね!iPhone 12 Proの縦横のサイズ(146.7 × 71.5 mm)は、iPhone 12/13/13 Proと同じです。もしお手元にあれば、サイズ感をイメージしていただきやすいかと思います。

▲ MacBook Air付属のApple「30W USB-C電源アダプタ」とのサイズ比較です。これだけサイズが違うのに、充電性能は同じ。Anker 711 Chargerはプラグは折りたたみできないものの、ここまで小さいわけですから「そりゃそうだよな」と許容できるレベルです。

▲ 2020年頃までiPhoneに付属されていた「5W電源アダプタ」とのサイズ比較です。わずかに5W電源アダプタのほうが小さいですが、サイズ感としてはほぼ同じと言っていいでしょう。こうやってみると、ここ数年のコンパクト化はすごいと改めて感じさせられます。

▲ 旧モデルの「Anker Nano II 30W」とのサイズ比較です。このレベルになるとどっちもコンパクトなのですが、さらに小さく進化していることが分かりますね。ちなみに、両者の充電性能・仕様はまったく同じです。

Anker 711 Charger(30W)を電源タップに接続

▲ コンセントの差し込み口が連なる電源タップでの使用でも、Anker 711 Chargerのサイズなら干渉してしまうことはまずないでしょう。

Anker 711 Charger(30W)の重量を計測

▲ キッチンスケールで量ってみると、重量は約33 gでした。公称値は34 gです。この重量なら、普段使い用のカバンに忍ばせておいても気にならないかと思います。

最大30WのPD/PPS充電であらゆるデバイスを急速充電

続いては、Anker 711 Chargerの性能をチェックしていきます。

Anker 711 Chargerは、USB Power Delivery 3.0に対応、さらには電圧・電流をリアルタイムに微調節して効率よく充電してくれるPPS充電にも対応します。

Anker 711 Charger(30W)対応の急速充電規格

▲ USBチェッカーで確認してみると、確かにUSB Power Delivery 3.0、そしてPPS充電に対応しています。

Anker 711 Charger(30W)のPDO

▲ USB Power Delivery 3.0のPDO(Power Data Objects)も確認してみましたが、商品説明と異なる点は見当たりません。たまに実際の仕様と、商品説明やUSB充電器本体に記載されている仕様が異なることがあるんですよね。Anker 711 Chargerに関しては大丈夫です。

USB-C5.0V/3.0A、9.0V/3.0A、15.0V/2.0A、20.0V/1.5A(最大30W)
PPS出力3.3-11.0V/3.0A、3.3-16.0V/2.0A
USB PD 3.0の仕様(Anker 711 Charger)

▲ iPhone 12 Proでは、9V/3Aでネゴシエーションされ、約18Wで充電できています。iPhone 8以降のモデルはであれば、Anker 711 Chargerで急速充電できます。

▲ Anker 711 ChargerはPPS充電に対応します。Xperia 1 IIIを充電してみると、きちんとPPS充電できていることを確認、約24Wで充電できています。GalaxyやGoogle Pixel、Xpreriaの一部といったPPS充電に対応する機種では、この恩恵を受けられます。

▲ iPad Air(第4世代)では、15V/2Aでネゴシエーションされ約24Wで充電できています。多くのiPadモデルはPD充電に対応します。ぜひ活用しましょう!

参考】PD充電対応のiPadモデル
  • iPad(第8世代/第9世代)
  • iPad mini(第5世代/第6世代)
  • iPad Air(第3世代/第4世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 11インチiPad Pro(第1世代/第2世代/第3世代)
  • 12インチiPad Pro(第2世代/第3世代/第4世代/第5世代)

充電時の発熱について

コンパクトなUSB充電器でどうしても心配になるのは、充電時の発熱です。充電中のAnker 711 Chargerの表面温度を測ってみると、ピーク時で約61℃でした。

Anker 711 Chargerで充電中の表面温度を計測

それなりの発熱はあるものの、発熱に関しては心配要らない程度ですね。これくらいの発熱なら「普通」です。Anker 711 Chargerの購入を検討しているなかには、「発熱はどうなんだろう」と心配されている方が多いかと想像しているのですが、この点は大丈夫、心配要りません。

また、コイル鳴きについてもチェックしてみましたが、気になるコイル鳴きはありませんでした。耳を10cmほどの距離にまでもっていとやっと小さく「ジジジジ……」と聞こえるレベル。寝室でも使用できるかと思います。

Anker 711 Charger(30W)レビューまとめ

今回は超コンパクトなUSB充電器Ankerの「711 Charger」をご紹介させていただきました。私のように、初見でこのコンパクトさ驚く方はきっと多いのではと思います。正直なところ、サイズ的にはこれ以上小さくする必要はないのでは?と思ってしまうレベルです。

Anker 711 Chargerは、ずばりこんな人におすすめです!

Anker 711 Chargerはこんな人におすすめ!
  • スマホ、タブレットの充電がメインで、持ち運び向けのUSB充電器を探している
  • 普段使い用のバッグに常に忍ばせておけるUSB充電器を探している
  • コンセントが連なる電源タップでも使いやすいUSB充電器を探している

MacBook Airなどの一部のノートPCの充電も可能ですが、どちらかというとスマホ、タブレットの充電に向いているという印象です。私がノートPCを持ち出すときは、「100WのPD充電器」を持っていきます。ノートPCを充電するならもうちょっとパワーが欲しいところですが、スマホ、タブレットの充電であれば30Wで必要十分。コンパクトで軽量なUSB充電器をお探しの方は、Anker 711 Chargerをチェックしてみてください!

Amazonで「AnkerのPD充電器」をみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Appleまわりの製品を中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。iPhone・iPad・Apple Watch・MacBook界隈の話題が大好物。
元スマホ・光回線販売員。

コメント

コメントする

目次