iPhone 12 Pro Maxレザーケース レビュー!MagSafeアクセサリーに対応するApple純正ケース

iPhone 12 Pro Maxレザーケース レビュー!MagSafeアクセサリーに対応するApple純正ケース

「Apple純正の定番iPhoneケース」といえば、カラフルなカラーバリエーションが魅力の「シリコンケース」と、高級感のある上品な質感の「レザーケース」でしょう。

今回ご紹介するのは、iPhone 12 Pro Max向けのApple純正「MagSafe対応レザーケース」です。その名のとおりMagSafeアクセサリーに対応するレザーケース。ケースを装着した状態で、MagSafe充電器やMagSafe対応レザーウォレットを使用できるレザーケースです。

MagSafe対応 iPhone 12 Pro Maxレザーケース レビュー!

iPhone 12 Pro Max向けMagSafe対応レザーケースのカラーラインアップは、現時点で5色あります。

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケースのカラーラインアップ
レッド/カリフォルニアポピー/サドルブラウン/バルティックブルー/ブラック

どのカラーを選ぶかは好みですね。僕はiPhoneのカラーに合わせて「バルティックブルー」を選びました。

愛着をもって使い続けられるレザーの質感

AppleのiPhoneレザーケースの魅力は、なんと言っても「本革レザーの質感」でしょう。主張しすぎない、上品な印象を受けます。

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース
MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース りんごマーク
Appleのロゴが刻印されている

背面にはAppleのロゴが刻印されています。

レザーは使い込んでいくにつれ質感が変化していきます。

iPhoneレザーケースの経年劣化
約1年使用したiPhoneレザーケース(iPhone 11 Pro用)

上は約1年使用したiPhone 11 Proレザーケース。よく見ると、無数の小さい傷が付いていることが分かります。まさにこの傷がレザーケースの味になります。傷やシワなどの経年劣化を楽しめるのは、他のケースにはない、レザーケースならではの魅力でしょう。

MagSafe対応iPhone 12 Pro Max サイドボタン

レザーケースを装着することで、iPhone 12 Pro Maxの角張った感じは失われてしまいますが、そのかわりケース側面のボタン部分がiPhone本体に近い質感になっています。

レザーケースの細かい部分をチェック!

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxのカメラホール
出っ張った背面カメラを保護

出っ張った背面カメラはもはやお馴染みですが、iPhoneを平置きしたときに背面カメラが接触しないようにカメラホールの縁には高さが付けられています。

MagSafe対応iPhone 12 Pro Max Lightningポートまわり
Lightningポートまわりとスピーカーホール

Lightningポートとスピーカーホール部分には穴が空けられています。Apple純正なのでこの辺の精度は問題ないですね。Lightningケーブルの抜き差しに干渉することはありません。

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース 裏側のマイクロファイバー素材
裏側のマイクロファイバー素材

レザーケース裏側にはマイクロファイバー素材が貼り付けられており、iPhoneを優しく包み込んでくれます。

MagSafeアクセサリーに対応

iPhone 12シリーズのモデル向けのレザーケースには、MagSafeアクセサリーのためのマグネットが組み込まれています。

MagSafe対応のためのマグネット
MagSafeアクセサリーのためのマグネットを内蔵

MagSafe充電器などのMagSafeアクセサリーはiPhoneに磁力でくっつきます。MagSafe非対応のケースだと、うまくくっついてくれず、MagSafeアクセサリーが使えません。MagSafeアクセサリーを使用するなら、「MagSafe対応ケースが必須」です。

レザーケースを装着してMagSafe充電器で充電
ケースを装着したままMagSafe充電器でワイヤレス充電

このとおり、レザーケースを装着したままMagSafe充電器でワイヤレス充電できます。

レザーケースにMagSafe対応レザーウォレットをくっつける
MagSafe対応レザーウォレットを装着

レザーケースにはレザーウォレットがよく似合いますね!レザーウォレットを購入する予定があるなら、質感的な相性がいいレザーケースがおすすめです。

ちなみに、レザーケースを装着した状態でMagSafe充電器を使用するとと、充電器の丸い跡がついてしまうようです。

iPhoneを充電するたびにレザーケースを取り外すのは現実的ではありませんよね。

Apple自身も「この跡が気になる場合は、iPhone 12 Pro Maxシリコーンケースまたはクリアケースを使うことをおすすめします。」と謳っています。

磁力でくっつくというMagSafeの仕組み上、仕方のないことなのですが、この跡がネックになりレザーケースを選びにくくなるのは少しさみしい気もしますね。

レザーケースの使い勝手は?

MagSafe対応レザーケースを使い始めてまだ間もないですが、使い勝手で特に気になるところはありません。MagSafe対応クリアケースを使ってみたときに感じたサイドボタンの押しづらさを心配していたのですが、レザーケースではむしろ押しやすく感じました。

「ホールド感は抜群!」とは言えないものの、裸の状態に比べれば持ちやすく、滑りにくいですね。滑りにくさで言えばシリコンケースが一番ですが、レザーケースでもホールド感の向上を十分に感じられます。

ただ、レザーケースの脱着は「魔法のように」はいきませんので注意してください。Apple公式サイトには、iPhoneケースがピタッとくっつく様子が掲載されていますが、一般的なiPhoneケースと同じように、iPhoneを押し込むようにして装着する必要があります。

iPhone 12 Pro MagSafe
出典:Apple公式サイト

レザーケースの製品ページにも「取り付けや取り外しは魔法のように簡単」とありますし、勘違いしてしまいますよね。僕もてっきりそう思っていました。

あと使い勝手で言えば、MagSafe対応ケースであるということは、レザーケースを選ぶ理由のひとつになりますね。正直なところ、充電は有線のほうが圧倒的に速いのでMagSafe充電器はあまり使っていませんが、レザーウォレットについては便利に使っています。

MagSafe対応レザーウォレットのカード収納
財布を持ち歩きたくない人におすすめ!

カードは最大3枚まで収納できます。マグネットの磁力は強く、免許証やクレジットカードなどの大事なカードを安心して入れておけるレベルです。レザーウォレットは、MagSafe対応レザーケースを手に入れたならぜひ取り入れたいアイテム。現在品薄状態が続いているようですが、気になる方は早めに予約注文しておきましょう。

iPhone 12 Pro Maxレザーケース まとめ

AppleのMagSafe対応レザーケースには満足しています。Apple純正ケースなのでサイズ感は抜群ですし、レザーの品質の良さも触ればすぐに分かります。

MagSafe対応レザーケースの価格は6,800円(税別)と安くはないものの、価格に見合う高い品質、高い耐久性がしっかり備えられていると感じます。

もう少し時間が経てば、MagSafeに対応したサードパーティ製ケースもでてくるかと思います。安く購入できるサードパーティ製ケースも魅力的ではありますが、やはりApple純正ケースはApple純正ケースで魅力がありますね。

今回はiPhone 12 Pro Max向けのレザーケースをご紹介しましたが、iPhone 12向けやiPhone 12 mini向け、iPhone 12 Pro向けレザーケースも、サイズ以外は同じです。Appleのレザーケース、なかなかいいですよ!ぜひチェックしてみてください!

iPhone 12 Pro Max向け保護ケースをお探しの方は、以下もチェックしてみてください!

人気の「iPhone 12 Pro Max向け保護ケース」をチェック!

Apple公式サイトでみる
Amazonでみる
楽天市場でみる
Yahoo!ショッピングでみる
ビックカメラでみる

こちらの記事もおすすめです!

コメント