※ 記事内のリンクに広告が含まれる場合があります

100W・USB PDに対応するUSB-C充電器おすすめ10選

100W・USB PDに対応するUSB-C充電器おすすめ10選

本記事では、100W・USB PDに対応するUSB-C充電器をご紹介します。

スマホからタブレット、ノートPCまで、100Wもの充電性能を備えるUSB-C充電器ならあらゆるデバイスを高速に充電できます。

この記事で分かること
  1. おすすめの100W・USB PD USB-C充電器
  2. USB-C充電器を選ぶにあたって知っておきたいこと

本記事でご紹介しているUSB-C充電器は、すべて実際に使用し充電性能や挙動を確認しています。どれもおすすめできるものばかり。

100WクラスのパワフルなUSB-C充電器をお探しの方はぜひ参考にしてください!


この記事を書いた人

おりすさるさん

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

X(@orisusarusan)|運営者情報コンテンツ制作ポリシー

目次

壁差しタイプ

まずは壁や電源タップのコンセントに挿して使える壁差しタイプからご紹介していきます。

コンパクトで持ち運びしやすいものが多く、ノートPCなどと一緒に持ち運びしたい方におすすめです。もちろん自宅や職場での普段使いでも活躍してくれます。

Spigen 100W USB PD GaN充電器
|お手頃な価格で購入できる2ポート搭載100W充電器

タイプ壁差しタイプUSB-A出力
搭載ポートUSB-C x 2折りたたみ式プラグ
USB-C出力最大100Wサイズ約67.8 x 67.8 x 35.51 mm
PPS出力重量約215 g

100Wクラスの充電性能が高いUSB-C充電器となると、どうしても価格帯は上がってきます。

まずご紹介したいのは、コストパフォーマンスに優れるSpigen(シュピゲン)の100W USB-C充電器です。

Spigen 100W USB PD GaN充電器のコストパフォーマンス
コスパに優れるUSB-C充電器

記事執筆時点での価格は5,990円(税込)。1Wあたりの価格が59.90円記事内でご紹介しているUSB-C充電器のなかでは最安です。

Spigen 100W USB PD GaN充電器を使用している様子
単ポートでは100W、2ポート使用時は45W + 45W

価格は安くても充電性能は十分。最大100Wで充電でき、2ポート同時使用時は最大45W・最大45Wでの充電が可能です。

Spigen 100W USB PD GaN充電器とApple 96W USB-C電源アダプタ

サイズとしてはやや大きめではありますが、Apple 96W USB-C電源アダプタと比較するとコンパクトです。

デメリットとしては、やや大きめサイズということの他にPPS充電に対応しない点が挙げられます。PPS充電に対応するAndroidスマホをお持ちの方はご注意ください。

ただPPS充電に対応せずとも高速に充電できることには変わりないので、個人的にはさほど気にしなくてもいいと思っています。

Anker 736 Charger (Nano II 100W)
|バランスがとれた優等生タイプ

タイプ壁差しタイプUSB-A出力最大22.5W
搭載ポートUSB-C x 1
USB-A x 1
折りたたみ式プラグ
USB-C出力最大100Wサイズ約67 x 57 x 32 mm
PPS出力3.3-16V=5A重量約206 g

Anker 736 Charger (Nano II 100W)は、誰もにお勧めできるバランスがとれた優等生タイプのUSB-C充電器です。

優等生なAnker 736 Charger
優等生なAnker 736 Charger

さらにコンパクトなUSB-C充電器は他にもありますが、3ポート搭載でこのサイズなら十分優秀です。

充電性能やサイズについてはこのあとご紹介しているAnker 737 Charger・Anker 747 Chargerが上ですが、価格は1万円越えと高額です。

Anker 736 Chargerは、充電性能・サイズ・重量・価格のどの面をみても優秀なんです。

Anker 736 Charger (Nano II 100W)のサイズ比較
Apple 96W USB-C電源アダプタとのサイズ比較

Anke 736 Chargerは、Apple 96W USB-C電源アダプタと比べて約33%コンパクトです。劇的に小さいわけではありませんが、最大100W・3ポート搭載のUSB-C充電器をこのサイズ感で持ち運べるのですから十分です。

Anker 736 Chargerの2ポート同時使用
2ポート同時使用時は60W + 40W

2ポート同時使用時は最大60W + 最大40Wで振り分けられノートPCとスマホ・タブレットを同時に急速充電できます。PPS充電にも対応し、対応スマホを高速に充電できます。

また、まだまだ使うことの多いUSB-Aポートを搭載してくれていることもポイントです。

私は数多くのUSB-C充電器を使ってきましたが、ここまでバランスのとれた製品はなかなかありません。「迷ったならこれ」と言える優等生な100W USB-C充電器です。

UGREEN Nexode 100W
|コスパ抜群の4ポート搭載充電器

タイプ壁差しタイプUSB-A出力最大22.5W
搭載ポートUSB-C x 3
USB-A x 1
折りたたみ式プラグ
USB-C出力最大100Wサイズ約115 x 115 x 42 mm
PPS出力3.3-21V=3A重量約320 g

次にご紹介するのはUGREEN(ユーグリーン)の4ポート搭載100W充電器です。

通常価格は7,999円ですが、よくAmazonのタイムセール対象となって、そのタイミングでは5千円台で購入できます。

UGREEN Nexode 100WのUSB-Cポート

USB-Cポートは最大100Wに対応。2ポート使用時は最大65W + 35Wの振り分けに。ノートPCとスマホを同時に充電可能です。

UGREEN Nexode 100WとApple 96W USB-C電源アダプタ

サイズは約115 x 115 x 42 mmとやや大きめです。Apple 96W USB-C電源アダプタと比べると小さいですが、重量が約320 gと300 gを越えてくるので頻繁に持ち運びしたい方にとっては辛いサイズと重量になるかもしれません。

本製品のおすすめポイントは、充電性能の高さもそうですが、コスパの良さも挙げあれます。

狙うべきはセールのタイミング。月1のAmazonタイムセール時は安くなる可能性が大なのでぜひチェックしてみてください。

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)
|トップクラスのコンパクトさが魅力

タイプ壁差しタイプUSB-A出力最大22.5W
搭載ポートUSB-C x 2
USB-A x 1
折りたたみ式プラグ
USB-C出力最大100Wサイズ約60 x 42 x 39 mm
PPS出力3.3-11V=5A重量約178 g

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)の魅力は、なんといってもこのコンパクトさ。

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)とApple 96W USB-C電源アダプタ
Apple 96W USB-C電源アダプタとのサイズ比較

サイズは約60 x 42 x 39 mmと、最大100W・3ポートを搭載するUSB-C充電器としては驚くほどのコンパクトさです。

単体でみるとそれなりのサイズがあるように感じるのですが、他の100WクラスのUSB-C充電器と並べてみるといかに小さいかが分かります。

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)のUSB-Cポート

充電性能は文句なしですね。最大100Wに対応し、PPS充電にも対応します。USB-Aポートの搭載も嬉しいポイントです。

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)は、Ankerが「Anker史上最高峰」とうたうAnker Primeシリーズにラインアップされている製品。それだけに価格帯が高めなのがネックになるかもしれません。

それでもこれほどのコンパクトさは非常に魅力です。携帯性を重視したい方にチェックして欲しい100W充電器です。

Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)
|合計120W・3ポート搭載

タイプ壁差しタイプUSB-A出力最大22.5W
搭載ポートUSB-C x 2
USB-A x 1
折りたたみ式プラグ
USB-C出力最大100W
合計最大120W
サイズ約80 x 43 x 32 mm
PPS出力3.3-11V=5A重量約187 g

Anker 高い充電性能、コンパクトさ、軽さ、どれも妥協したくない。このような硬いチェックしてほしいUSB-C充電器が「Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)」です。

最大100WのUSB-Cポートを搭載し、複数ポート同時使用時には合計最大120Wと非常にパワフルなUSB-C充電器です。

Anker 737 Chargerで2台のノートPCを同時充電
MacBook2台を同時充電

M2 MacBook AirとMacBook Pro 16インチを同時充電してみると、それぞれ60Wずつ合計120Wで充電できていました。13インチ・14インチクラスのノートPCなら2台同時に十分な速度で充電できるほどのパワーです。

Anker 737 Chargerのサイズ比較
Baseus GaNBoost CCGAN100CSとApple 96W USB-C電源アダプタとのサイズ比較

Anker 737 Chargerのサイズは約80 x 43 x 32 mm。合計最大120Wと超パワフルな充電性能を持ちながら、Appe 96W USB-C電源アダプタよりも約40%もコンパクトなサイズです。

Anker 737 Chargerの重量を確認

重量を確認してみると実勢で約200.6 gでした。公称の「約187 g」より少し重くなっていますが、いずれにせよ100Wクラスではトップクラスの軽さ。これほど高い充電性能を持つUSB-C充電器をこの重量・このサイズ感で持ち運べるのはスゴいですね。

ただかなり高いです。記事執筆時点で12,990円(税込)となかなか気軽に買える価格ではありません。最大のネックとなり得るのは価格でしょう。

それでも非の打ち所がないような完成度の高いUSB-C充電器であることには違いありません。普段使いから旅行、出張などあらゆる場面で活躍してくれる万能なUSB-C充電器です。

Anker 747 Charger (GanPrime 150W)
|合計150W・4ポート搭載と超パワフル

タイプ壁差しタイプUSB-A出力最大22.5W
搭載ポートUSB-C x 3
USB-A x 1
折りたたみ式プラグ
USB-C出力最大100W
合計最大150W
サイズ約68 x 61 x 31 mm
PPS出力3.3-11V=5A重量約232 g

充電性能を重視したい場合は「Anker 747 Charger」も要チェックです。Anker 737 Chargerと同様に高価なUSB-C充電器ですが、最大100WのUSB-Cポートを搭載する充電器のなかでは最強と言っていい充電性能を誇ります。

100W・USB PDに対応するUSB-C充電器おすすめ10選
合計最大150Wに対応する超パワフルなUSB-C充電器

3つのUSB-Cポートに1つのUSB-Aポート、合計4つのUSBポートを搭載。合計で最大150Wの充電に対応します。

MacBook Air・MacBook Pro 16を同時充電

上ではM2 MacBook AirとMacBook Pro 16インチを同時に充電しています。それぞれ約69W・約64Wの合計約133Wと高速に充電できています。

Anker 737 ChargerとAnker 747 Chargerのサイズ比較
1WあたりでみるとAnker 737 Chargerよりコンパクト

合計最大120Wに対応するAnker 737 Chargerよりサイズアップとなりますが、1Wあたりの体積ではAnker 747 Chargerのほうがコンパクトな計算。

Anker 747 Chargerの重量

重量は実測で約230 gとなります。個人的には200 gを超えてくると毎日の持ち運びにはツライかなという感覚。バックパックやスーツケースでの持ち運びなら気にならないでしょう。

据え置きタイプ

Belkin 108W GaN急速充電器
|使い勝手のいいUSB-Aポートが便利

タイプ据え置きタイプUSB-A出力最大22.5W
搭載ポートUSB-C x 2
USB-A x 2
ケーブル長さ2 m
USB-C出力最大96W
合計最大108W
サイズ約98 x 80 x 31 mm
PPS出力重量約320 g

こちらはBelkin(ベルキン)の据え置きタイプのUSB PD充電器です。2mのAC電源ケーブル付属で、USB充電器本体を好きな位置に持ってこれるメリットがあります。デスクの上に置きたいならこのタイプが便利でおすすめです。

Belkin 4ポートGaN充電器108W(据え置きタイプのUSB PD充電器)

サイズは約98 x 80 x 31 mmとなっており、やや大きめではあります。ある程度のスペースは必要なものの、デスクの上に置いても邪魔にならない程度のサイズ感。

Belkin 4ポートGaN充電器108WのUSBポート

最大96WのUSB-Cポート、最大30WのUSB-Cポート、最大12WのUSB-Aポートを2つ搭載。USB-Aポートが活躍してくれる場面はまだまだ多いですよね。

USBポート毎の電力振り分け

使用ポート数USB-C1USB-C2USB-A1USB-A2合計
1ポート96W96W
2ポート65W30W95W
96W12W(12W)108W
3ポート96W12W共有108W
65W30W12W(12W)107W
4ポート65W30W12W共有107W

複数ポート同時使用時における電力の振り分けは上のとおりです。2つのUSB-Cポート同時使用時は、最大65W + 最大30Wの振り分けとなります。注目して欲しいのは、USB-Aポートの使用有無にかかわらずUSB-Aポートの出力が落ちないこと。

Belkin 4ポートGaN充電器108Wで複数デバイスを充電

複数ポートを搭載するほとんどのUSB充電器は、USB-Aポートを使ってしまうとUSB-Cポートの出力が落ちてしまいます。Belkinの4ポートGaN充電器108Wなら、上のようにUSB-Aポートを使用ながらでも、最大96WでノートPCを充電できます。USB-Cポートの出力が落ちません。これが便利で、私はこのUSB充電器をメインとして使っています。

また、ほかのUSB充電器に見られた、USBケーブルの抜き差しによる瞬断が発生しないこともポイント。瞬断がおきても充電には支障ないものの、気になる方は気になるかと思います。そのような方でもBelkinの4ポートGaN充電器108Wなら大丈夫です。

Anker 547 Charger (120W)
|4つのUSB-Cポートを搭載

タイプ据え置きタイプUSB-A出力
搭載ポートUSB-C x 4ケーブル長さ1.5 m
USB-C出力最大100W
最大120W
サイズ約99 x 70 x 34 mm
PPS出力3.3-21V=3A重量約400 g

こちらは、超パワフルな据え置きタイプの充電器、Ankerの「547 Charger(120W)」です。4つのUSB-Cポートのみという、ちょっと攻めた仕様。合計最大120Wの出力を誇る超パワフルなUSB-C充電器です。

Anker 547 Charger 同時充電時
出典:amazon.co.jp

USB-Cポートはそれぞれ最大100W・最大60W・最大20W・最大20Wに対応。複数ポート同時使用時でも極端に出力が落ちることなく、あらゆるデバイスを急速充電できます。

合計4つのデバイスを同時に急速充電

上ではMacBook Pro 13インチ(50W)・iPad Air(30W)・iPhone 12 Pro(20W)・Xperia 1 III(20W)の合計4台を同時に急速充電しています。こんな芸当ができるのは、この充電器くらいです。

据え置きタイプのUSB-C充電器で使い勝手がいいですし、GaN(窒化ガリウム)採用で出力の高さを考えるとコンパクト。デスクの上に置いても邪魔にならないサイズ感です。卓上に置いてメインとして使える充電器をお探しの方であれば、ぜひチェックしておきたいアイテムです!

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)
|旅行や出張時のお供に最強の2-in-1充電器

タイプ据え置きタイプUSB-A出力
搭載ポートUSB-C x 2
USB-A x 2
ACコンセント x 2
ケーブル長さ1.5 m
USB-C出力最大100Wサイズ約161 x 79 x 18 mm
PPS出力5.5-16V=5A重量約400 g

次にご紹介するのは、持ち運びできるUSB充電器 & 電源タップ、Anker 727 Charging Stationです。旅行や出張のお供にするのに最強と言っていいスペックをほこる2-in-1充電器です。

【Anker】727 Charging Stationであらゆるデバイスを充電

上ではUSBポートでiPhoneとiPadを充電しながら、充電池用の充電器とAnker 717 Charger (140W)を接続しています。USBポートは最大100Wに対応します。上は極端な使用例ですが、スペック的にはまだ余裕があります。

Anker 727 Charging Stationのサイズ感

コンセント一体タイプと比べると大きく重いですが、この程度ならなんなく持ち運べます。最大100WのType-Cポートと3つのコンセントであらゆるデバイスを充電できます。

UGREEN DigiNest Pro
|最大100WのUSB-Cポートと3個口のコンセントを搭載

タイプ据え置きタイプUSB-A出力最大22.5W
搭載ポートUSB-C x 3
USB-A x 1
ACコンセント x 3
ケーブル長さ1.8 m
USB-C出力最大100Wサイズ約125 x 73 x 52 mm
PPS出力3.3-21V=3A重量約600 g

UGREEN DigiNest Proは、4ポート搭載のUSB充電器と電源タップが合体した2-in-1充電器です。最大100WのUSB-Cポートを搭載し、さらに3個口のコンセントを搭載します。

UGREEN Nexode 140Wのコンセント

100WでノートPCを充電しながらコンセントを使えるのは非常に便利!上ではノートPCの電源アダプタを接続しています。コンセントは合計1250Wまでと一般的な電源タップと同レベルの定格容量。モニターやプリンターなど、だいたいのものは接続できます。

UGREEN Nexode 140Wのサイズ感

サイズが大きいのでその点は注意ですが、デスクの上に置いておけばきっと活躍してくれるはずです。

知っておきたいこと

100W・USB PD USB-C充電器を選ぶにあたって押さえておきたいポイントをまとめました。

100W・USB PD USB-C充電器のポイント
  • 充電デバイスが100W・USB PD充電に対応しているか
  • 同時充電するなら複数ポート数をチェック
  • GaN(窒化ガリウム)採用のUSB-C充電器がおすすめ
  • スマホを充電するならPD-PPS充電にも注目
  • 100Wで充電するには「5Aに対応するUSB-Cケーブル」が必要

充電デバイスが100W・USB PD充電に対応しているか

100W対応USB-C充電器用意すればどのようなデバイスも100Wで充電できるか、というとそうではありません。充電されるデバイスによって「充電時に受け入れられる最大の電力」が異なります。

M2 MacBook Airに100W USB-C充電器を接続すると、実勢で68Wで充電されていました。

100W USB-C充電器でM2 MacBook Airを充電
100W USB-C充電器でM2 MacBook Airを充電(実勢66W)

M2 MacBook Airの場合、この66Wあたりが受け入れられる電力量の最大値になります。

100W USB-C充電器でASUSノートPCを充電
100W USB-C充電器でASUSノートPCを充電(実勢89W)

上ではASUSのゲーミングノートPCに100W USB-C充電器を接続していますが、実勢で89Wで充電されていることが分かります。100Wでネゴシエーションされており、100W USB-C充電器の充電性能をフルに発揮できている状態。

このように、デバイスによって充電ワット数の最大値には限界があります。100WUSB-C充電器を選ぶにあたって、自身が所有しているデバイスは最大何ワット程度で充電できるかを確認しておきましょう。

同時充電するなら複数ポート数をチェック

100WクラスのUSB-C充電器となると、複数デバイスを同時に急速充電できます。複数ポートを搭載するものを選んでおくとなにかと便利です。

複数ポート搭載の100W USB PD充電器
複数ポートを搭載するUSB-C充電器が便利

上では「Anker PowerPort III 2-Port 100W」でM2 MacBook AirとiPad Pro 12.9インチを同時に急速充電しています。これは100Wに対応するUSB-C充電器だからこそ為せる技です。

搭載するUSBポートが増えると、当然ながらサイズ・重量も大きくなる傾向があります。USBポート数に加えてサイズ、重量のバランスも考慮しながら選ぶことが大切です。

GaN(窒化ガリウム)採用のUSB-C充電器がおすすめ

パワフルなUSB-C充電器となると、それなりにサイズ・重量も大きくなってきます。そこでおすすめなのが、GaN(窒化ガリウム)トランジスタを採用したUSB-C充電器です。

GaNトランジスタのメリット
  • 従来のシリコンよりも、少ない電力損失で充電できる。
  • 効率よく充電でき発熱を抑えられることで、内部の部品を小さくできる。
  • 部品を小さくできるので、コンパクト化と軽量化を実現できる。

USB PDに対応するハイパワーなUSB-C充電器では、従来のシリコンではなくGaNトランジスタ採用の製品が主流となりつつあります。細かいところになりますが、これもチェックしておくべきポイントです。

スマホを充電するならPD-PPS充電にも注目

XperiaやGalaxy、Google Pixelといった一部のAndroidスマホは、「PPS(Programmable Power Supply)充電」に対応しています。

PPS充電はUSB PD 3.0の拡張機能として用意されているもので、電流や電圧を細かく指定することで効率よく高速に充電できるメリットがあります。

100W・USB PD充電器でPPS充電
Xperia 1 IIIをPPS充電

100WクラスのUSB-C充電器ではPPS充電に対応するものが多くあります。対応スマホをお持ちの方は、「PPS充電に対応しているかどうか」も注目してみましょう。

100W充電には「5Aに対応するUSB-Cケーブル」が必要

どれも同じように見えるUSB-Cケーブルですが、実は充電性能に違いあります。

USB-Cケーブルによって充電性能が異なる
USB-Cケーブルによって充電性能が異なる

せっかく100Wに対応するUSB-C充電器を用意しても、充電性能が低いUSB-Cケーブルを使ってしまうとケーブルがボトルネックとなり充電速度が抑えられてしまいます。

  • 3AのUSB-Cケーブル ⇒ 60WまでのUSB PD充電に対応
  • 5AのUSB-Cケーブル ⇒ 100WまでのUSB PD充電に対応
  • USB PD EPR対応USB-Cケーブル ⇒ 240WまでのUSB PD充電に対応

「5A」や「100W」、「eMarker」とうたわれているUSB-Cケーブルであれば100Wで充電が可能です。

100W充電が可能なUSB-Cケーブルを付属してくれているUSB-C充電器もありますが、そうでない場合は別途用意する必要があります。

お持ちでない方は以下のAnkerのUSB-Cケーブルがおすすめ。もちろん5A対応で100W充電が可能です。ケーブルが柔らかく、非常に扱いやすいUSB-Cケーブルです。

充電だけでなくデータ転送や映像・音声出力にも使用したいという方には、以下のRAWPOWのUSB-Cケーブルをチェックしてみてください。

ケーブルは高めですがそのぶん丈夫で使っていて安心感があります。高速なデータ転送から映像・音声出力まで幅広い用途で活用できるUSB-Cケーブルです。

別記事で「100W充電に対応するUSB-Cケーブル」をご紹介しています。お探しの方はあわせてチェックしてみてください。

まとめ

本記事では、100W・USB PDに対応するUSB-Cについて、チェックしておきたいポイント、そしておすすめのUSB-C充電器をご紹介させていただきました。

記事内でご紹介したUSB-C充電器はどれもおすすめできるものばかりですが、なかでもおすすめしたいのは以下の3つの製品。

第1位

第2位

第3位

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おりすさるさんのアバター おりすさるさん Apple製品大好きなガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。ブログ開設から1000万円以上を費やしレビューしてきた製品は200以上。特にUSB充電器やモバイルバッテリー、キーボードが大好物。元家電量販店店員。

コメント

コメントする

目次