iPhone、iPad、Xperiaとか。スマホケースやアプリも。

リブウェル!

Android

【Huawei P10 / P10 Plus】店員が教えるおすすめ保護ガラスフィルム7選!

更新日:

2017年6月に販売開始された「Huawei P10」と「Huawei P10」。

Huawei P10 Plus

チップセットには「Kirin 960」が搭載されメモリは4GB搭載と普段使いには十分過ぎるほどの性能が盛り込まれています。

非常に注目されている機種だけあって購入を検討している人、あるいは既に購入したよという人が多いのではないでしょうか。

僕は普段キャリアショップや家電量販店で携帯コーナーで働いているのですが、職場仲間には「Huawei P10 Plus」の購入を考えいてる人が多いですね。

キャリアで働きながら格安SIMを選ぶ人って結構多かったりしますからね。。。

さて、今回はそんな注目モデル「Huawei P10」「Huwei P10 Plus」専用のおすすめ保護ガラスフィルムを紹介します。

保護フィルムを選ぶ際の注意点についても触れていますのでぜひ参考にしてください。

保護フィルムとガラスフィルムの特徴

フィルムを選ぶにあたってまず選択しないといけないのがTPU素材でできている「保護フィルム」にするか、保護性能の高い「ガラスフィルム」にするかです。

まずはそれぞれの特徴を見てみましょう。

 
液晶保護フィルム
ガラスフィルム
素材
PET・TPU強化ガラス
素材の硬さ
柔らかい硬い(割れることがある)
厚さ
薄い(ケースと干渉することがない)厚い(ケースとの干渉に注意)
指ざわり
サラサラ滑りづらい(最近は滑りやすいように加工されていることが多い)
貼りやすさ
コツが必要、気泡が入りやすい(気泡が抜けるタイプもあり)硬くまっすぐなため比較的簡単に貼れる
価格
安い液晶保護フィルムと比較すると高い

中でも一番注意したいのが「ケースとの干渉」です。ガラスフィルムは保護性能に長けていますがどうしても厚くなってしまいがちです。そうなると手持ちのケースとの干渉が発生してしまうことがよくあります。

中にはケースとの干渉が発生しにくいように液晶画面よりひとまわり小さく作られているものがあります。その場合ケースとの干渉は避けられますが、全面をカバーするわけではないので見た目が悪くなってしまいがちです。

そういった点で言うとガラスフィルムではなく保護フィルムのほうがおすすめしやすいところが多いですね。

ただこの辺は好みによる部分もおおいにあるので自分にあったフィルムを選ぶようにしてください。

「Huwawei P10 / P10 Plus」おすすめ保護フィルム

まずはガラスフィルムではない通常の保護フィルムからおすすめを紹介していきます。

薄手なのでケースとの干渉を心配しなくていいことや、装着感も出にくいことから比較的選びやすいことが特徴です。

またガラスフィルムに比べて安価なので消耗品として使えますから気軽に使うことができるのでとりあえず、という人にもおすすめです。

【EURPMASK】迷ったらコレ!フルカバータイプの保護フィルム

【EURPMASK】迷ったらコレ!フルカバータイプの保護フィルム2枚セット

まず最初におすすめしたいのがこちらの保護フィルムです。

フルカバータイプなのでエッジ部分にもフィットし全面をカバーしてくれます。こういったフルカバータイプは一見フィルムを貼っているのかどうかは分かりづらいので見た目もいいですね。

2枚セットで1,000円以下とコスパも良好です。もし失敗してしまっても、もう1枚セットになっているのは安心です。

サイズ感もいい感じなので迷ったらコレでいいでしょう!

【Klearlook】カーボン素材背面フィルム付き保護フィルム

【Klearlook】カーボン素材背面フィルム付き保護フィルム

こちらの保護フィルムは液晶保護フィルム2枚と背面保護フィルム1枚の合計3枚セットです。

「スマホは裸で使う」派の人も少なくとも背面フィルムは貼っておいたほうが無難です。擦り傷って割りと簡単についちゃいますからね。。

こちらもフルカバータイプですのでエッジ部分も含め全面をカバーしてくれます。厚さが0.16mmと非常に薄くなっているので装着感なく使用できます。

背面フィルムも検討している方、薄手の保護フィルムを探している人におすすめです。

【レイ・アウト】アンチグレア(反射防止)タイプの保護フィルム

P10 plus films04

こちらはアンチグレア(反射防止)タイプの保護フィルムです。この辺は好みの部分が大きいかもしれませんね。

個人的にはグレアタイプよりもアンチグレアタイプのほうが好みなのでよく選んだりします。アンチグレアタイプは指紋がつきにくいので気になる人におすすめです。

【レイ・アウト】グレア(光沢)タイプの保護フィルム

【レイ・アウト】グレア(光沢)タイプの保護フィルム

続いてはグレア(光沢)タイプの保護フィルムです。光沢タイプの保護フィルムの特徴としては透明感が高く視認性が高いことがあげられます。

ただ太陽の下でスマホを触ることが多いのであれば反射光が気になる人もいるかもしれません。この辺は好みなので自分にあった保護フィルムを選んでください。

【レイ・アウト】ブルーライトカット対応の保護フィルム

【レイ・アウト】ブルーライトカット対応の保護フィルム

こちらは目の疲れの原因となるブルーライトをカットしてくれる保護フィルム。夜スマホをいじりすぎてなかなか寝付けない、という人は結構多いんじゃないですかね?もしかするとそれはブルーライトが原因なのかもしれません。

僕は夜間パソコンやスマホを触るときはブルーライトカットのメガネをかけるようにしているのですが、かけないのとかけるのとでは全然目の疲れ方が違うような気がします。

少しでも目への負担を減らしたいならブルーライトカット対応の保護フィルムがおすすめです。

「Huwawei P10 / P10 Plus」おすすめガラスフィルム

続いてはおすすめガラスフィルムの紹介に入っていきます。冒頭で書いたとおりTPU素材の保護フィルムと比較しデメリットもありますが、保護性能としてはガラスフィルムのほうが上です。

またガラスフィルムの場合、強化ガラスでできているので折れ曲がることがなく比較的貼り付けやすいことがメリットとして挙げれます。これって結構大きかったりしますよね。

メリット・デメリットの両面を理解した上で購入するようにしましょう。のちのち後悔せずに済みますよ!

【AUNEOS】3Dラウンドエッジ加工のフルカバーガラスフィルム

【AUNEOS】3Dラウンドエッジ加工のフルカバーガラスフィルム

ガスフィルムの中でおすすめなのがこちらの3Dラウンドエッジ加工されたフルカバータイプです。全面を覆うように作られているので見た目もいいですね。

ただしフルカバータイプのガラスフィルムはケースとの干渉が発生する可能性があります。これは手持ちのケースとの相性があったりするので実際に装着してみてみないと問題ないかどうかは確認できません。

ただ間違いなくフルカバータイプのほうが見た目はいいので見た目重視の方におすすめです。

【EURPMASK】ケースとの干渉が心配におすすめ!干渉しにくいガラスフィルム

EURPMASK】ケースとの干渉が心配におすすめ!干渉しにくいガラスフィルム

ガラスフィルムがいい!けどケースとの干渉が心配。。という人にはこちらのガラスフィルムがおすすめです。

液晶画面よりひとまわり小さく作られているので若干液晶部内側に入ってきてしまいますが、その分ケースとの干渉は発生しにくくなります。

なおこちらには背面フィルムがおまけとしてセットになっています。価格も安くコスパがいいガラスフィルムです。

あとがき

今回は「Huawei P10」「Huawei P10 Plus」専用のおすすめフィルムを紹介させていただきました。気に入ったものはありましたでしょうか。

正直、保護フィルムって選ぶのが難しいんですよね。結構当たり外れがあったりしますし。またガラスフィルムのデメリットを知らず購入してしまう人も多いような気がします。もともとケースとの干渉を防ぐためにひとまわり小さく作られている仕様なのに「サイズが合わない!」とか。

ぜひこの記事を参考にあなたにあう保護フィルムを探してみてください!

おすすめ記事

【保存版】本気で選んだiPhone・iPadおすすめアプリ55選|このアプリがなければ始まらない!? 1

[2017.7.14更新] いくらiPadという便利なツールを持っていても、便利なアプリが入っていな ...

2

僕は絵を描かない(描けない)のでApple Pencilの用途はもっぱらメモやノートです。 今までの ...

3

2017年6月に新型iPad Pro(10.5インチ、12.9インチ)が販売開始となりましたね。個人 ...

【2017年保存版】Androidスマホに必ず入れておきたいおすすめ鉄板アプリ60選 4

[2017.7.14更新] 無料アプリから有料アプリまで幅広いアプリが魅力なAndroidアプリ。そ ...

10.5インチiPad Proの外箱 5

自分でも無駄遣いだと思うのですが、この度9.7インチiPad Proからこの夏販売開始となった10. ...

-Android
-, ,

Copyright© リブウェル! , 2017 AllRights Reserved.