iPhone、iPad、Xperiaとか。アプリレビューも。

リブウェル!

LINE Payカード

LINEモバイル

審査不要で誰でも作れるLINE Payカードとは?特徴と作り方手順まとめ

投稿日:

みなさん「LINE Payカード」って知ってますか?

僕は最近LINE Payカード存在を知ったのですが、LINEモバイルにMNP(乗り換え)したことをきっかけに実際に持つようになりました。

というのはLINEモバイルは支払い方法としてクレジットカード以外にLINE Payカードに対応しているのです。LINE Payカードとはチャージ式プリペイドカードで審査不要で誰でも持つことができるカードです。

クレジットカード払いにすると締め日の関係でどうしても支払日が遅れてしまいます。そうすると使用金額を把握しにくかったり、管理が面倒だったりするのであまり使いたくないんですよね。

実際に使ってみて気づいたのですが、このLINE Payカード、プリペイド式カードながらポイント還元率が驚異の2%(100円の支払いでで2円分)。クレジットカードでも2%の還元率はなかなかないですし、プリペイドカードなら0.5%が普通です。

ポイントのうまみを知って最近は積極的に利用しているのですが、今回はそんなLINE Payカードの特徴や作り方の手順を紹介したいと思います。

LINE Payカードの特徴

LINE Payカードとは事前に入金しておきその範囲で使えるチャージ式プリペイドカードです。コンビニやスーパー、ネットショップなどの全国のJCB加盟店で利用することができます。

審査不要で誰でも持てる

あらかじめカードにチャージして利用するタイプのカードなのでクレジットカードのように審査があるわけではありません。学生さんや審査に不安がある人でも気軽に持つことができます。

またくクレジットカードとは異なり事前にチャージしてある金額の範囲でしか使えないので使いすぎる心配もありません。

コンビニでかんたんに入手できる

LINE Payカードの入手方法は2つあります。

  1. LINEアプリから郵送で送ってもらう
  2. コンビニで入手

    郵送で送ってもらう場合は届くまでに数週間かかってしまうので、おすすめの入手方法は「コンビニで入手」する方法です。

    確実なのはローソンかファミリーマート。10店舗ぐらいチェックしてみましたが、全ての店舗にLINE Payカードが置かれていました。他のコンビニや一部のドラッグストアなど幅広く取り扱っているそうなのですが、僕は発見できませんでした。

    LINE Payカード

    コンビニで入手する場合はLINEプリペイドカードと間違わないよう注意してください。「JCBマーク」を目印にすれば間違わずに済みます。

    LINE Payカードをレジに持っていくと店員さんに「いくらチャージしますか?」と聞かれるので1,000円から10,000円までの任意の金額を伝えてください。1円単位でチャージできます。

    初回の手続きについてはのちほど詳しく解説しますが、記載のQRコードからカード番号の入力したりパスワードを設定したりするだけなのですぐに使い始めることができます。

    入会費・年会費無料

    LINE Payカードは入会費・年会費無料です。LINE Payカードの作成、維持には全くお金がかかりません。

    貯まったポイントの使い道

    LINE Payカード最大魅力はなんといって2%のポイント還元率です。毎日の買い物に積極的に使うことでガシガシポイントが貯まっていくのでその様子を見るだけでも楽しいのですが、大事なのはその貯まったポイントの使い道です。

    LINEポイントの使い道を紹介してみましょう。

    LINEポイントの使い道
    • LINEスタンプの購入
    • Amazonギフト券と交換
    • pontaポイント・nanacoポイントと交換
    • LINE Payカードの残高にチャージ(1,000Pt以上)
    • 現金化(LINE Payカードの本人確認が必要)

    やはりおすすめはLINE Payカードへのチャージです。チャージすればまた残高としてお買い物に使えますし、買い物がなくてもその残高を銀行に出金することができます。

    つまり、「貯まったポイントをLINE Payカードにチャージ」→「銀行に出金」という流れで間接的に現金化できてしまうわけです。

    これは活用しない手はないですよ!

    僕のLINE Payカードの得する活用法

    冒頭に書いたとおり当初はLINEモバイルの支払い方法としてLINE Payカードを作ったのですが、高いポイント還元率を知り今はでは毎日の買い物に積極的に使うようにしています。毎日の買い物のほかに僕はよくAmazonを利用しているのでAmazonの支払い方法もLINE Payカードに変更しました。

    さらに僕はスーパーやドラッグストアでの食料品や日用品にもLINE Payカードで支払っているので、軽く月50,000円以上支払いっていることになります。

    還元率は2%なので50,000円使ったとすると手元に残るポイントが1,000ポイント。僕はこれを再度残高にチャージしてLINEモバイルの支払いにあてています。

    僕はLINEモバイルの音声通話付き3GBプラン(毎月1,690円)を契約しているのでそれが1,000円以上値引きになると考えるとかなりお得な気がします。

    オートチャージが便利!

    チャージ式プリペイドカードと聞くと都度チャージが必要になり面倒なイメージがあるかと思います。僕もそう思っていたのですが、そんな人におすすめなのがオートチャージ機能の活用です。

    これはあらかじめ設定しておいた金額を下回ると銀行口座から自動的にチャージしてくれる機能です。これを使えばわざわざコンビニでチャージする必要もないので非常に楽です。ぜひ参考にしてみてください。

    LINE Payカードの作成手順

    LINE Payカードの作成はいたってかんたん!まずはローソンかファミマでLINE Payカードを入手しレジで任意の金額をチャージします。

    QRコードを読み込み利用開始手続きをする

    LINE Payカード 作り方手順

    無事LINE Payカードを入手できたら、早速スマホでQRコードを読み込んで利用開始手続きを始めてみましょう。

    QRコードを読み込んだらこのような画面になるので「OK」をタップし次に進みます。

    次にカードの裏面に記載のある「お客様番号」と3桁の「セキュリティコード」を入力し「次へ」をタップ。

    次にこの画面で6桁のパスワードを設定します。僕の場合はすでにLINE Payの利用があったため持っていたパスワードを入力しました。

    これでLINE Payカードが使える状態になりました。

    しかしこのままではLINE友だちへの送金機能や割り勘機能、LINEポイントの現金化ができない状態です。これらを有効にするためには「本人確認」を済ませる必要があります。

    便利な機能を使うために本人確認を済ませる

    本人確認を済ませると送金機能などの便利な機能が使えるようになるのでぜひ済ませておきましょう。

    ちなみにこれらの機能を使いこなせると結構便利なのでぜひ試してみてください。

    まず、LINE Payの設定画面に進みます。

    次に「本人確認」をタップ。

    本人確認の方法は2種類あります。銀行口座(ネットバンク)を登録する方法と免許証などの身分証をカメラで撮影しアップロードする方法です。

    僕は設定金額を下回ると自動的にチャージされる「オートチャージ機能」を利用したかったのでここでは「銀行口座」を選択しました。

    主要な銀行はほぼ対応しています。任意の銀行を選択し次に進みます。

    次の画面で名前や住所、口座情報を入力していきます。さらに進んだところでネットバンクへのログインが完了すれば登録は終了です。

    オートチャージ機能が便利すぎる!

    LINE Payカードへのチャージ方法はコンビニでの入金やネットバンクからの入金など様々な方法に対応しているのですが、よく利用する僕からするとその都度チャージするのは結構面倒です。

    ということで僕は設定金額を下回ると自動的にチャージしてくれる「オートチャージ機能」を設定しています。これを設定しておくことで都度チャージする必要がないので非常に楽です。

    特に僕はLINEモバイルを利用しているので残高不足で支払いが止まってしまっては大変です。僕のように決まった出費がある人やよく利用する人はオートチャージ機能設定しておくと便利ですよ!

    ついでのにオートチャージ機能を有効にする方法を紹介しておきます。

    LINE Payの設定画面にある「オートチャージ」をタップします。

    一番上のオートチャージを「オン」にしてオートチャージ条件を設定します。これでOKです!

    オートチャージ機能はほんとうに便利なのでぜひ試してみてください。

    まとめ

    最後に僕がLINE Payカードの気に入っているところ、いいところをまとめておきます。

    LINE Payカードのここがいい!
    • 驚異のポイント還元率2%
    • 貯まったポイントは残高としてチャージ、現金化できる
    • コンビニで入手できる手軽さ
    • クレジットカードがなくてもLINEモバイルを契約できる
    • オートチャージ機能が便利

    LINEモバイルの契約がきっかけで使い始めたLINE Payカードですがかなり気に入って使ってます。

    LINEアプリ上で残高やポイント履歴を確認できるので毎日眺めています(笑)。利用する度にLINEアプリで使った金額を通知してくれるなどLINEアプリとの連携がめちゃくちゃ便利です。

    誰でも今日からでもすぐに使えるのでコンビニに立ち寄ることがあればぜひ探してみてください!

    またLINEモバイルについてのレビュー記事も書いていますので興味がある方はどうぞ!僕はソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えたのですが、月額料金が半額以下になりました。これを知るともう大手キャリアに戻る気にはなりませんね。。

    おすすめ記事

    【保存版】本気で選んだiPhone・iPadおすすめアプリ55選|このアプリがなければ始まらない!? 1

    【2017.5.18更新】 アプリの入れ替え&最新にしました。 いくらiPhoneやiPadという便利なツールを持っていても、便利なアプリが入っていなくてはその魅力は半減してしまいます。 逆に ...

    【2017年保存版】Androidスマホに必ず入れておきたいおすすめ鉄板アプリ60選 2

    【2017.5.16更新】アプリの入れ替えを行いました。 無料アプリから有料アプリまで幅広いアプリが魅力なAndroidアプリ。その魅力から僕もAndroidスマホを7年ほど利用し続けています。iPh ...

    アヴァベルオンライン プレイ画像 3

    【2017/5/18更新】ランキング追加&最新にしました。   「オンラインゲーム」というと昔はXboxといった一部の据え置き型ゲーム機でしかプレイできませんでしたが、今はどちらかというとス ...

    -LINEモバイル

    Copyright© リブウェル! , 2017 AllRights Reserved.