格安SIMとは?本当にメリットとデメリットを理解してる?【初心者向け】

格安SIMとは?本当にメリットとデメリットを理解してる?【初心者向け】

こんにちは、テンです。

最近になって少しずつ浸透してきている格安SIM。テレビCMでもよく見かけるようになりましたが、まだまだ「格安SIM?よく分からない!」という人も多いかと思います。

価格が安いということで逆に「本当に選んで大丈夫なの?」という疑問を抱く人も中にはいますが、僕からすると「選ばないともったいない!」と声を大にして言いたい!

そもそも格安SIMとはなんだ?

まず、SIMカードについて説明しましょう。

みんな知ってるよね?え、知らない?

大丈夫!僕が分かりやすーく説明します。

SIMカードとは?

SIMカードとは、スマホやタブレット、Wi-Fiルータなどの中に入っている小さなカードのことを指します。

こんなやつですね。

SIM(シム)カード

 

あなたも見たことがあると思います。携帯ショップでスマホを契約するとショップの優しいお姉さんがやさしーく、ゆっくーり、差してくれるやつです。(下ネタではありません)

スマホなどの端末でインターネットや電話をするためには通信事業者と契約しているSIMカードを挿入する必要があります。

格安SIMとは?

多分、このページをご覧になっている人の大半は大手3キャリアと言われるドコモ、au、ソフトバンクのいずれかとスマホを契約しているかと思います。

格安SIMとはそういったキャリアよりも低価格で通話、インターネットを提供しているサービスのことです。

低価格だからといってキャリアと比較しサービスが劣っているのか、というとそういうわけではありません。

格安SIMが安い理由

格安SIM事業者は自社の携帯回線を持っていません。

どういうことかと言うと、格安SIM事業者はドコモ、au回線を借りて、それぞれ独自ブランドで携帯サービスを提供しているのです。

ちなみに、こういったように自社で回線を持たずに他の事業者から回線を借りてサービスを提供する事業者のことを「NVNO」と言います。

NVNOはドコモやauの回線を借りているので巨額の設備投資が必要ありません。低価格でサービスを提供することができる秘密はここにあります。

格安SIMの種類

格安SIMの種類として、大きく分けると「音声通話付きSIM」「データ専用SIM」の2種類あります。

インターネットに加えて通話サービスも利用する場合は音声通話付きSIMを選びます。メインのスマホを格安SIMに乗り換える場合はこちらですね。

タブレットやWi-Fiルータなどでインターネットのみを利用する場合は「データ通信専用SIM」を選ぶことになります。

ちなみに、音声通話付きSIMはキャリアと同じようにMNP(ナンバーポータビリティ)も可能なので、電話番号そのままに格安SIMに乗り換えることができます。

格安SIMのメリット

続いて格安SIMのメリットを紹介していきます。なぜ今格安SIMが注目しているのかが分かると思います。

なんといっても低価格!

格安SIMの一番の売りはなんといってもその安さ。

キャリアから格安SIMに乗り換えると月額料金が半額以下になることも珍しくありません。

また、格安SIMのプランは非常にシンプルになっているので、自分の利用状況に応じて妥当なプランを選びやすくなっています。当然ですがキャリアのような余計なオプションサービス(よくわからない300円のものとか・・・)に加入する必要もありません。

格安SIMにおいてプランを選ぶポイントはたった2つだけ。

  1. 音声通話付きかデータ専用か
  2. 月のデータ通信量はどのくらい必要か

どうです?シンプルでしょ?

電話番号をそのまま引き継げる

例えばソフトバンクからドコモに電話番号そのまま乗り換えることができるように、格安SIMでも同様に電話番号を引き継ぐことができます。

格安SIMにしたからといって電話番号が変わることはありませんのでご安心を。

格安SIMのデメリット

次は格安SIMのデメリット。格安SIMを検討している場合はしっかりとチェックしておきましょう。

対面で相談できるところが少ない

キャリアのように実店舗で運営している格安SIM事業者は非常に少なく、ほとんどは電話・メールでのサポートが中心になります。

ただ、そういった不安を軽減するために「チャット」で問い合わせできる事業者が増えてきています。

このチャット、あなどることなかれ、これがめっちゃ便利なんですよ。

分からないことを聞くためにキャリアショップに足を運んでも「〇時間待ち」だったりします。ただちょっとしたことを聞きたいだけなのにな・・・と思う人も多いはず。

チャットで気軽に問い合わせることができる格安SIM事業者は、こんなふうにイライラする必要はありません。チャットに聞きたいことを打ち込むと数分もかからず専門オペレーターがリアルタイムで返信してくれます。

キャリアメールが使えない

キャリアメールとは携帯キャリアから付与される「@docomo.ne.jp」や「@softbank.ne.jp」などのメールのことを言います。

格安SIMではこういったキャリアメールを使うことができません。しかし、LINEやFacebookなどのコミュニケーションアプリの普及でキャリアメールを使う機会自体減っていますので、それほど支障はないと思われます。他にGmailなどのフリーメールなどで十分代用できるかと思います。

別に使ってねーし!
という人のほうが多いのではないでしょうか。

通話料金が高め

キャリアの場合、「通話し放題プラン」や「無料通話」などの通話プランが主流になっていますよね。通話をよく利用する方であれば、通話料金を気にせず電話をかけることができます。

一方で格安SIMの場合、一般的に20円/30秒の通話料金がかかります。

逆にあまり通話しない人にとってはそういった「通話し放題プラン」は非常に割高です。キャリアショップでスマホを契約する場合は通話し放題プランへの加入が必須になっていたりしますが、通話しない人にとってはかなり損していることになります。

特に「LINE」や「Skype」などの無料通話アプリがたくさんある今では、通話し放題プランに加入しているけどほとんど通話していない人も多くなっています。

 

ちなみに、格安SIM業界でも通話し放題プランが続々と誕生しています。

有名どころでいうと楽天モバイルとIIJmio。楽天モバイルは通話オプションとして「5分かけ放題プラン(850円/月)」やIIJmio(ドコモプラン)の「誰とでも3分かけ放題プラン(600円/月)」、「誰とでも5分かけ放題プラン(830円/月)」があります。

かけ放題プラン付きがいいのであればこの2社いずれかをおすすめします。

インターネットの通信速度が遅い?

格安SIMはドコモやauの回線を利用しているのでサービス品質自体はキャリアと比較して謙遜ありません。

ただし、現実として「時間帯によって速度が遅い」と感じる人もいるようです。

どうしてもお昼のランチタイムや、帰宅時間にあたる夕方の時間帯は回線が混雑し、通信速度が遅くなってしまう可能性があります。携帯キャリアから乗り換える場合は、比較してある程度通信速度が遅くなってしまう可能性があることを考えておいたほうがよさそうです。

格安SIMに乗り換えるとどれぐらい安くなる?

では実際に格安SIMに乗り換えるとどれぐらい安くなるのでしょうか。

実際にドコモユーザーが代表的な格安SIMであるmineo(マイネオ)に乗り換えた場合どれぐらい安くなるのかを試算してみます。

 まずはドコモでスマホを利用している人が毎月払っている金額から

⇒カケホーダイ2,700円+データM(5GB)5,000円+SPモード300円=合計8,000円(税抜)

 次にmineo(5GBプラン)ユーザーの月額金額

⇒デュアルタイプ(音声通話付、5GB)2,280円+通話定額(通話30分)840円=合計3,120円(税抜き)

 差額=4,980円 /月
※mineoドコモプランで計算。税抜き。

年間でいうと59,760円。結構な金額になります。

一応ある程度通話すると仮定して通話定額30(通話30分)を加えて計算しています。当然ほぼ通話しなければ加入する必要はないのでもっと安くなります。

あと、5GBプランで計算していますが、3GBあればOKという人であれば1,600円で済みます。

参考程度にmineo(マイネオ)の価格表を載せておきます。

タイプ 基本データ容量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
700円 800円 900円 1580円 2520円
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
1310円 1410円 1510円 2190円 3130円

mineo(マイネオ)の詳細はこちら

格安SIMに乗り換える際の注意点

いざキャリアから格安SIMに乗り換えたい!何か注意点はある?という疑問にお答えします。

スマホ端末はそのまま使えるの?

格安SIMはドコモ系とau系の2つに別れます。もしあなたがドコモユーザーならドコモ回線を利用している格安SIM事業者、auユーザーならau回線を利用している格安SIM事業者に乗り換えるとことで今使っているスマホ端末をそのまま利用することができます。

ソフトバンクのスマホ端末を利用している場合は、新たにSIMフリー端末を用意するか、お使いのスマホ端末のSIMロック解除が必要があります。

基本的には格安SIM事業者のHPに動作確認済み端末が記載されていますので、乗り換える場合は必ず事前に確認しておきましょう。

ドコモプラン(Dプラン)動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)
auプラン(Aプラン)動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)
※Dプラン=ドコモプラン Aプラン=auプラン

一応mineoのリンクを載せておきますので、試しにあなたのスマホ端末が使えるかどうか確認調べてみてください。

格安SIMへの乗り換え費用

格安SIMへの乗り換え時に考えておかないといけないのは乗り換え費用です。

先ほど格安SIMに乗り換えた場合の差額を試算しましたね。先ほどの例でいうとキャリアとmineoの月額料金の差額は4,980円でした。

ここで乗り換え費用を計算してみます。

 mineoへの乗り換え費用
MNP転出手数料2,000円+違約金9,500円+mineo事務手数料=合計14,500円

乗り換え費用としてこれだけかかることになります。が、この場合mineo乗り換え後約3か月で乗り換え費用のもとがとれる計算になります。

つまり、乗り換え費用がかかるもののできるだけ早く格安SIMに乗り換えたほうが得だということが分かりますね。

格安SIMに乗り換えることでスマホの月額料金が下がることになりますが、乗り換え費用が発生することを頭にいれておきましょう。

で、結局どこの格安SIMを選べばいいの?

料金シュミレーションでmineoに乗り換えた場合で試算しました。

そう、お察しの通りおすすめはまさにmineoですw

mineo(マイネオ)がおすすめな理由

僕はスマホを販売している現役販売員なのもあり、スマホ関係のことをよく知人から聞かれます。

やはり料金が高いんだけどなんか方法ある?と聞かれることが多いのですが、そんな人には必ずといっていいほどmineoを勧めています。

理由はいくつかあるのですが、僕がmineoをお勧めする主な理由を簡単に紹介します。詳細を全て書き出すとキリがないので簡単にまとめてみます。

 mineoのおすすめポイント

  • ドコモ、au両回線を扱うマルチキャリアMVNO
  • 3日間制限がない(ドコモプラン)
  • 全国にmineoサポート店がある
  • 高速/低速通信をアプリで簡単に切り替えられる
  • 余ったデータ量を繰り越しできる
  • mineo独自サービスの「フリータンク」がすごい
  • 格安SIMには珍しい家族割引、複数回線がある

こんな感じでしょうか。

mineo(マイネオ)の詳細を見てみる

そろそろまとめます

格安SIMの魅力はなんといってもその価格にあります。

しかし、きちんとデメリットも知っておかないといけません。

ここまで読み進めていただいたあなたは格安SIMの概要、メリット・デメリットをざっくりと理解できたと思います。
(分かりにくかったらすみません)

少しはあなたのお役に立てましたでしょうか?

なにがともあれキャリアを使っているなら格安SIMへの乗り換えをおすすめします。

お金は大事ですからね。。。

スポンサーリンク
格安SIMとは?本当にメリットとデメリットを理解してる?【初心者向け】