iPhone7 / 7 Plusのカメラレンズ保護対策ってちゃんとしてる?

iPhone7 / 7 Plusのカメラレンズ保護対策ってちゃんとしてる?
スポンサーリンク

iphone 7 / 7 Plusの改良点としてカメラレンズが大きくなり、カメラ性能が向上したことがあげられます。当然レンズが大きくなると光をより取り込むことができ、綺麗な写真が撮れるようになります。

iPhone7 カメラレンズ

それだけ「カメラレンズ」は綺麗な写真を撮る上で非常に重要なパーツなのです。

通常、一眼レフカメラなどではレンズを傷や汚れから守るための「レンズフィルター」を装着するのですが、スマホの場合はレンズがむき出しになっています。

特にiPhone7の場合は、カメラレンズ部分が出っ張っているので、カメラレンズ部分を下に向けて置いた時や鞄の中でカギなどの硬いものに擦れて傷がついてしまう・・・と心配している人も多いはず。

いくらカメラレンズが強化ガラスであってもしっかりと保護対策をしておきたいところです。

ということで、今回はiPhone7 / 7 Plus向けにカメラレンズ用保護対策アイテムをご紹介していきたいと思います!

ほんとにiPhone7にカメラレンズの保護フィルムは必要?

iPhone7 Plus カメラレンズ

どちらかというとスマホのカメラレンズに保護フィルムを装着することは一般的ではありませんでしたが、ここ最近のスマホはカメラ性能が非常に進化していることと、なんといってもスマホ本体の価格が大変高額になってきていますので、大事に利用されたい人にはやはりカメラレンズにも保護フィルムを装着してあげることをおすすめします。

iPhone7の本体価格は10万円近くしますから、カメラレンズに傷が入ってしまったからといって簡単に買い換えられないですからね。iPhoneの場合はカメラレンズとスマホ本体が一体型ですからカメラレンズだけ交換・・・というわけにはいきません。

あなたが高いお金を支払って購入したiPhone7だからこそしっかり傷から守ってあげましょう。

iPhoneに目立った傷がなければ次に買い換える時に高く下取りしてくれますよ。

ちなみに、iPhone7/7 Plusに使われているというサファイアガラスは純度が低く、通常のサファイアガラスより強度が低いという話があります。実際にテストしてそういった結果が出たそうですが、もしかするとそれが傷が付きやすい理由の一つになっているのかもしれません。

それではおすすめのカメラレンズ保護フィルムを紹介していきます。そんなに高価なものではないので傷がついてしまう前にぜひ用意しておきたいですね。

iPhone 7 / 7 Plus用おすすめカメラレンズ保護フィルム

コスパ◎の3枚入りiPhone7/7 Plus用カメラ保護ガラスフィルム

Highend berry カメラ保護ガラスフィルム(3枚セット)

まず最初はこちらのiPhone7/Plus用カメラ保護フィルム。1000円以下で3枚入りというコスパが優れているフィルム。

フィルムの裏表が分かりにくいというレビューがありますが、フィルムが張られている台紙に数字の「7」が手前。見た限り分かりにくい部分はありません。

貼りやすさには定評があるフィルムなので「少し苦手」という人にもおすすめです。

このアイテムのポイント!
  • iPhone7、7 Plus両モデルあり
  • 日本製の高品質なガラス素材を採用
  • 硬度9Hで傷付いにくい
  • 撥油コーティングで指紋が付きにくい
  • 吸着性素材で気泡が入らず貼りやすい
  • お得な3枚セットでコスパ◎
  • アルコールパッド、クリーナークロス付き

 

 

【iPhone7 Plusのみ】Beyeah カメラレンズガラスフィルム

Beyeah カメラ保護ガラスフィルム

こちらのガラスフィルムはiPhone7 Plusのみなのでご注意。

【iPhone7 Plusのみ】Beyeah カメラレンズガラスフィルム

フィルムの貼り付けがシール式になっていて非常に簡単。フィルムの張り付けやすさって結構重要だったりしますからね。

このアイテムのポイント!
  • iPhone 7 Plus専用のカメラ保護フィルム
  • 硬度9Hで傷付いにくい
  • 撥油コーティングで指紋が付きにくい
  • シール式で貼り付け簡単
  • お得な2枚入り

 

 

iPhone 7 / 7 Plus用おすすめカメラレンズ保護リング

次におすすめしたいのが「保護リング」です。仕組みは簡単で、iPhone7/7 Plusのカメラの出っ張り部分よりも少し高く作られているので、擦ってできてしまう傷から守ってくれるというわけです。

高さのある手帳型ケースを使っている場合であれば心配ないですが、バンパーケースといった背面が露出しているものを使っているのであれば保護リングは必須です。

レンズ部分が出っ張っている分、どうしても負荷がかかりやすいので、バンパーケースやケースを付けずにiPhoneを使っているのであれば最低限保護リングを付けておきましょう。

【iPhone7向け】MaxKu カメラレンズ保護リング

【iPhone7向け】MaxKu カメラレンズ保護リング

【iPhone7 Plus向け】MaxKu カメラレンズ保護リング

【iPhone7 Plus向け】MaxKu カメラレンズ保護リング

カメラレンズを守るその他のポイント

特にカメラレンズが傷付きやすいのは、机などに背面を下にして置いた時や、鞄の中で鍵などの硬い物とこすれてできる傷が多くなっています。

保護フィルム以外にスマホケースにもカメラレンズを傷から守る機能があるものがあります。iPhone7/Plusのカメラレンズのでっぱりは3mmですので、それ以上に厚みのあるスマホケースを選べば何かと接触する可能性がぐんとさがります。カメラレンズを傷つけたくない!という方はカメラレンズ保護フィルムと一緒にスマホケースもそのようなものを選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク
iPhone7 / 7 Plusのカメラレンズ保護対策ってちゃんとしてる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です