iPhone、iPad、Xperiaとか。スマホケースやアプリレビューも。

リブウェル!

iPad

iPadのキーボード設定で「位置変更」し「フリック入力」にしてみたら世界が変わった

投稿日:

あなたはiPadで文字を入力する際、キーボードをどう表示させて入力していますか?

iPadのキーボードで画面が隠れる

デフォルト設定で使用している場合はフルキーボードが表示されるようになっているので、文字を入力しようとすると画面の半分程度がキーボードで隠れてしまいますし、iPadを持った状態で入力するときはぐぐっと親指を伸ばさないと入力できません。

iPadを縦にしても親指を伸ばさないといけない

このようにiPadの画面を縦にすると隠れる範囲が狭くなるので見やすくなりますが、この状態でもまだなお親指を伸ばさないとスムーズに入力できません。

この状態では親指を駆使しないといけないので、長時間文字入力をすることは難しいでしょう。

うーん、これは不便!ということで今回は僕が利用しているキーボードスタイルを紹介したいと思います。

「iPadのキーボードは入力しにくいなぁ」と感じている人にとっては必須設定です。世界が変わりますよ!

どうしてもPCスタイルで文字を入力したい人はiPadに使える外部キーボードを検討してみてください。この場合iPadを持ったまま文字入力することはできませんが、机の上で利用するときであればPCと同じようにさらに入力スピードが上がります。

iPadのキーボード設定をカスタマイズしたらこうなる

この記事に沿ってキーボード設定をすればこのようなかたちになります。

Ipad keyboard flick11

詳しい設定方法はこのあと解説しますが、僕はこのスタイルに落ち着きました。

キーボードを分割することでiPadを持った状態でも入力しやすく、さらにフリック入力を設定することで入力スピードが格段にアップしました。

なぜ今までこの設定に気づかなかったんだろうと思うほど捗りまくりなので、あなたもぜひこの記事を参考にキーボード設定をいじってみてください。

ちなみにフリック入力でなくローマ字入力の場合でも、このようにキーボードを分割した方が親指の運動量が少なくなるので疲労度が全然違ってきますよ!

Ipad keyboard flick11

iPadで楽に、速く入力するためのキーボード設定

完成形は先ほどの画像のようになります。早速キーボード設定を変更して見ましょう。

まずは「設定」>「キーボード」に進みます。

「設定」>「キーボード設定」

さらに「キーボード」をタップして、

「キーボード」をタップ

「新しいキーボードを追加」しキーボードに「日本語入力 - かな」を追加します。※すでに「日本語入力 - かな」が追加されている場合はこの作業は不要です。

次に前の「キーボード」の画面に戻り「キーボードの分割」と「フリックのみ」をオンの状態にしてください。

「キーボードの分割」「フリックのみ」をオン

これでキーボードの設定は完了です。

実際にキーボード分割、フリック入力を使ってみる

続いては実際にキーボード分割、フリック入力を使ってみましょう。

まずは文字入力できる場面で「地球儀マーク」をタップして追加した「日本語 - かな」に切り替えてください。

「日本語  - かな」に切り替える

キーボードを「日本語 - かな」に切り替えたら、「キーボードマーク」を長押しし、「分割」を選択します。

「キーボードマーク」を長押しし「分割」を選択

そうすると・・・

キーボードが分割された

このようにキーボードが分割されiPadを持ったままでも入力しやすくなります。

また「キーボードマーク」を長押しした状態で上下に動かせばキーボードの位置を調整することもできます。

キーボードの位置を調整

操作は基本的にiPhoneと同じです。

マジ便利。

フリック入力が可能

いかがでしたでしょうか?

僕はこの方法にたどり着いたときはちょっとした感動に包まれました。

このスタイルであればiPadを横にしてもキーボードが邪魔になることもありませんし、無理やり親指を伸ばす必要もありません。

フリック入力でなくローマ字入力を使っている人でもキーボードを分割すれば同じように楽に入力することができますよ。

iPadを愛用している人はぜひ試してみてください。世界が変わりますよ!

-iPad

Copyright© リブウェル! , 2017 AllRights Reserved.